名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北嶋一甫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北嶋一甫のプロフィール

北嶋一甫、きたじま・かずとし。金属加工の北嶋絞製作所社長。同社は純国産ロケットH2に部品を提供したことでも有名。精巧な金属加工技術を持つ会社

北嶋一甫の名言 一覧

「匠」という言葉が使われますが、私たちは自分たちを「企み屋」と呼んでいるんです。図面と向き合い、どうやって作ろうかと企むことから仕事が始まるからです。


何故私たちにできないものはないのかというと、要するにできるまでやるからです。今までの蓄積を体がすべて覚えているんです。だから一度覚えた技能は忘れることがない。苦労が多く、不良品がたくさん出るような難しい仕事もあります。でもやってできないものはないんです。


人に教わるのではなく、何としてでも自分で解決していこうと一つ一つ一生懸命に取り組んできました。一つのハードルを越えると、目の前にさらに高いハードルが現れる。その繰り返しです。


要所は先輩が教えてくれます。しかし、教えられたことをやっているだけでは駄目です。一を教わったら、十のことを自分で考えながら、自分で学ばなければいけません。金属は変幻自在の生き物です。それなのに、作業に使うのは単純な道具だけ。一回の作業に今まで自分が培ってきたノウハウのすべてを凝縮させるわけですから、自分で考えなければ仕事なんてできません。失敗したり、上手くいかない時もある。


北嶋一甫の経歴・略歴

北嶋一甫、きたじま・かずとし。金属加工の北嶋絞製作所社長。同社は純国産ロケットH2に部品を提供したことでも有名。精巧な金属加工技術を持つ会社

他の記事も読んでみる

森田直行(経営者)

製造部門が市場の動向に敏感であれば、家電が値下がりを続けているにもかかわらず、売れない商品をつくり続けることなどありえない。例えば京セラの製造部門であれば、製造したところで赤字になることがわかれば、工場を止めてしまう。製造部門がより収益を上げられる製品を探して、それに切り替えていく。


山本良介

爆発的な力を発揮する練習は負けます。でも、長時間、地味な動きを反復する練習は、経験値がある分、若手より勝っている。努力という能力で挑みたい。


湊かなえ

小説を書くにあたっては、全く遠くの世界ではなく、読む人の日常の延長にある話を書こうと常に考えています。読書には知らない世界を訪ねる楽しみがあると同時に、日常の延長に踏み込むことで、普段は目に入らない何かに気づくという深みもあると思うからです。その本を読む前と後では、普段の景色も少し違って見えるような、そんな作品を書きたい。だから登場人物に関しても、あえて突飛なタイプにするようなことはしません。


バートランド・ラッセル

幸福な人とは、客観的な生き方をし、自由な愛情と広い興味を持っている人である。


後藤亘

私の解決法は、必要な相手と直接会って話をすること。至ってシンプル。


豊田喜一郎

誰もあまりやらないこと、やり難いことをものにしてみせることに人生の面白みがある。


市川秀夫(経営者)

これまで日本は全産業が同方向を向いて発展してきたと思いますが、これからは「右向け右」と言われたら、左を向くような独自性や、場合によっては異端児のような存在も必要になってくると感じます。


遠藤功

筋トレは多くの人が経験していると思うが、決して楽しいものではない。それでも続けることで体力がつく、体調が良くなる、仕事がはかどるなど効果を実感できれば、続けるモチベーションが上がってくる。筋トレをしないと気持ちが悪いというレベルまで達して初めて習慣づけることができる。


菅原洋平

「なんとなく落ち着かない」「些細なことで動揺する」といった状態も、セロトニン不足によって生じる睡眠不足のサインです。セロトニンは、脳を緩やかに覚醒させつつ、急な刺激に驚かないよう調整する物質です。セロトニンが不足すると、前述のように気分が不安定になりますが、一方でセロトニンはリズムのある運動で分泌される特徴があるため、「うろうろ歩き回る」「ボールペンをカチカチ鳴らす」「貧乏ゆすりをする」などの律動的な運動も生じてきます。これらは脳の覚醒レベルが下がっていることを示す生理現象です。生理学的な問題を心理学的な問題にすり替えるのではなく、脳という内臓の問題として、生理学的に解決していく必要があります。


齋藤孝(教育学者)

頭に入っているから大丈夫、などと思っているから忘れてしまうのである。修正ポイントを付箋に書き、パソコンのモニターの縁にでも貼っておくことをお勧めしたい。


ジョン・ロック

知性が考えるための材料はすべて、まず感覚のなかにある。


田中史朗

(ワールドカップで)結果を出したことで今や多くの選手の意識が高まりました。エディ(ジョーンズ日本代表ヘッドコーチ)の時代には僕がエディと意見を戦わせたり、チームメートにも直接意見したりしましたが、今は何も言わなくても高い意識を持っています。そういう意味では、精神面もプレーの面でも日本代表のレベルは上がっています。