名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北嶋一甫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北嶋一甫のプロフィール

北嶋一甫、きたじま・かずとし。金属加工の北嶋絞製作所社長。同社は純国産ロケットH2に部品を提供したことでも有名。精巧な金属加工技術を持つ会社

北嶋一甫の名言 一覧

「匠」という言葉が使われますが、私たちは自分たちを「企み屋」と呼んでいるんです。図面と向き合い、どうやって作ろうかと企むことから仕事が始まるからです。


何故私たちにできないものはないのかというと、要するにできるまでやるからです。今までの蓄積を体がすべて覚えているんです。だから一度覚えた技能は忘れることがない。苦労が多く、不良品がたくさん出るような難しい仕事もあります。でもやってできないものはないんです。


人に教わるのではなく、何としてでも自分で解決していこうと一つ一つ一生懸命に取り組んできました。一つのハードルを越えると、目の前にさらに高いハードルが現れる。その繰り返しです。


要所は先輩が教えてくれます。しかし、教えられたことをやっているだけでは駄目です。一を教わったら、十のことを自分で考えながら、自分で学ばなければいけません。金属は変幻自在の生き物です。それなのに、作業に使うのは単純な道具だけ。一回の作業に今まで自分が培ってきたノウハウのすべてを凝縮させるわけですから、自分で考えなければ仕事なんてできません。失敗したり、上手くいかない時もある。


北嶋一甫の経歴・略歴

北嶋一甫、きたじま・かずとし。金属加工の北嶋絞製作所社長。同社は純国産ロケットH2に部品を提供したことでも有名。精巧な金属加工技術を持つ会社

他の記事も読んでみる

大久保恒夫

小売業で言えば、仕入れと販売というような異なる立場で対立が生じがちです。こういう対立を招く責任は両部門の上に立つ人にあると基本的に思いますが、どちらの部門にしても目的はひとつ、お客様を喜ばせることです。だから、力を合わせなさいと、両部門の上に立つ人が言わなければダメです。


石川康晴

新規ブランドや新規事業は特に、数字管理を徹底します。撤退ラインを投資額とともに定め、赤字が続けばどんなブランドでも撤退します。数字があれば、現場も経営も納得できます。


北尾吉孝

ただ厳しいだけでは人は付いてきません。組織を大きくする上でも、愛情を持って人と接することは大事。


西成活裕

私のやる気の源は「もっとみんなが幸せになれる世の中にしたい」という理想です。それからはまだほど遠いと思っているので、そのギャップを少しでも埋めようと頑張っています。


川端裕人

「○○先生が言っていた」という基準で情報の真偽を決めるのは賢くありません。だいたい正しいことを言っている専門家でも、一貫して正しい保証はないのです。確実に言えるのは、「間違ったときに、あとで訂正しない人は信用できない」というくらいです。


ロッシェル・カップ

日米では愛社精神に対する考え方が異なります。アメリカでは、社員は自分が会社にどんな貢献ができるか、どういう付加価値を提供できるかが重要で、会社側はその社員を最大限に活用するために最高の環境を与えます。いわゆるギブ&テイクの関係が、明確な利益によって成り立っているのです。


西澤敬二

介護事業などでは社内に異論があったのも確かです。入居者が事故に遭遇するようなことがあれば、当社の信用に関わるのではないか、といった不安があるからです。利益の出しにくい事業であることも知られてましたから、それを心配する声もありました。でも、自動車保険だってモータリゼーションが始まった頃は赤字でした。それでも日本にとって重要な事業だし、やがて大きな市場になるのは分かっていたからやった。介護事業もそれと同じです。


枡野俊明

お客さんから信頼されない原因は、簡単に言えば、お客さんの立場になりきれていないから。相手の気持ちになることがヘソ(秘訣)です。


菊川剛

一般向けデジタルカメラへの参入について、私には勝算がありました。マーケティング調査のデータも有力な根拠でしたが、手帳にそれまでメモし続けてきた数々のビジネスのヒントや自分の考えをつなぎ合わせると、デジカメ市場の将来性が導き出されていたのです。


内藤忍

資産とは、「貯める」ものではなく、配分を「デザインする」もの。


鈴木純(経営者)

社会を支える会社という理念はあって、環境、防災、少子高齢化などに取り組むことは決めていますが、一言で説明するのは難しいですね。もちろん飛び地の事業をやるつもりはなくて、自分たちの資産を最大限に生かしつつビジネスの本業は広げていく形で進化させていきます。


カーネル・サンダース

私が良い気分になれるのは、初めて私のチキンを食べた人を見るときだ。私は何百万の食卓に素晴らしいチキンを届ける手伝いができたことを誇りに思っている。