名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北島義俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北島義俊のプロフィール

北島義俊、きたじま・よしとし。日本の経営者。「大日本印刷」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行を経て大日本印刷に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。

北島義俊の名言 一覧

重視するのは「対話」。付加価値の高い仕事をしていく上で、フェイストゥフェイスで「対話」することは必要不可欠。


大きな変化の中にいることは事実。だからこそ、常に変化を取り入れて行かないと衰退してしまうという危機感を抱いている。


新しい事業を取り入れていかなければ、成長はできない。印刷業は「本業」ではなく、そこから新しい価値を生み出していく「祖業」だと思っています。


印刷全体を取り巻く環境が変わったという意味では、新たな市場が広がる可能性がある一方で、危機的な状況でもあると考えています。


会社というものは時代のニーズに合わせて変わらなければいけませんから、ある程度先を見ながらやっていくことが大事。


印刷はもともとBtoBの世界ですが、やはり、その先の生活者、Cのことをもっと知らないと対応できない。


目に見えない努力を積み重ねていかないと、我々の事業は成り立たない。


いつでもピンチなんです。会社には次々とピンチが訪れるものですから、一カ所に安住してしのごうとすると存続にかかわってきます。


長寿企業と言っても、多くの企業はその間中身がものすごく変わっています。それを絶えずやっていかないと寿命が尽きてしまう。


未来から見れば当たり前にあるような事業を創造するという気概で頑張っていきたい。


これからは従来の印刷業務だけでは時代の波に取り残されてしまう。まさにお客様との「対話」に基づく新たな付加価値創造が問われるだけに、社員の「対話」の力が欠かせない。


多くのパートナーとコラボレーションしやすい環境を整えていく。「対話と協働」によって、まずは新しい価値につながるアイデアを出し、それを試作して、マーケティングの実証実験やテスト販売などを行い、その結果をフィードバックしてビジネスモデルを構築していくサイクルを回す。


新しい分野に進出するときの基準は、基礎となる部分が印刷とつながっているか。全くの飛び地は、やってもうまくいかないでしょう。今、手掛けているものは、一見印刷と関係がないように見えて、根っこには印刷の技術があり、そこから同心円状に伸ばしたものです。


手で組版を行っていた時代からコンピューター化する時には、社内外から反対がありました。ただ、先を見据えれば手作業を続けるのは不可能で、そうした変化に取り組んできたからこそ、当時のニューメディアや、今のネット時代にも対応できているということだと思います。


新しい分野へ出ていくのはリスクもあるわけですから、それら(新規事業)を最初にやったときには、社内にも随分反対があったらしいです。それでも印刷の領域を広げていったことが、今日につながっています。


我々の事業を紙の印刷と狭く考えず、いろいろな分野へ関連させることが重要。そのため、事業の成長領域も「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」の4つに分けて設定しました。


戦後、印刷業界では労働運動が激化し、当社も経営を揺るがすほどの状況になりましたが、労使協調を図り、出版物以外の分野に進出しました。この先達の苦労を教訓にして、私は全員一緒に伸びて行こうということを心掛けてきたつもりです。


バブル景気の時には、多くの会社が不動産投資などに走り、収益を伸ばしていました。当社にもお誘いがありましたが、私は否定的でした。あのころは余裕資金があったら、株式や不動産投資に踏み出さないと経営者失格だというような風潮でした。バブル景気で浮かれていた時期は、短い一瞬だったのです。あのときに本業に固執していたからこそ、今があるのだと思います。


出版印刷の関連では縮小傾向が続き、2016年は最盛期の70%程度まで落ちました。ですから、紙の印刷だけでなく、その周辺にあるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業や印刷技術を使った新しい素材の開発などを考えなければ伸びていけません。我々だけでなく、業界全体もそちらの方向に向かっています。


北島義俊の経歴・略歴

北島義俊、きたじま・よしとし。日本の経営者。「大日本印刷」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行を経て大日本印刷に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

三村明夫

物事は悪いことを見ればきりがないし、いい側面も見ればきりがない。その中で世界は動いていく。要は、それぞれ正確に事態をつかまえながらやっていく。


大坪清

現場にこそ真理がある。それぞれの現場を熟知した民間の我々こそが、新しいイノベーションの風を起こしていく主役だ。


重光昭夫(辛東彬)

経済が伸びるところ、伸びそうなところに賭けていくことが重要ではないでしょうか。縮小する市場で永続的に成長していくのは難しいですから。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

我々が狙うのは、日本の自動車流通に変革をもたらすこと。


村上太一

IT企業のカギは優秀なエンジニアがいるかどうかだと思い、クラスメイトや他校の友人に声をかけ紹介してもらいました。実際、創業メンバーの半分はそうして出会ったエンジニアです。


大須賀正孝

わが社は一見単純作業をやっているように見える「ライン」でも、パートさんを中心に「こうしたらもっと早くできるんじゃないか」という活気ある声が聞かれます。定期的に班長を経験することで、作業の見方も変わってくるのです。


佐々木常夫

部下というのは、新しい上司にすぐ慣れるものです。みんないい大人なのだから、「上司が変われば、仕事の進め方や方針も変わって当然」と、冷静に受け止めているはずです。


里岡美津奈

サービスは一期一会、同じ場面は二度とありません。その場その場のベストを探っていく、一回ごとの勝負なのです。


阿部孝司

海外製品は、例外を不効率な業務プロセスであると捉えているのに対し、当社ではその例外こそが大企業が長年培ってきた知見の詰まったプロセスであると考えています。例外というのはダイヤの原石のようなもので、提案しがいのある項目なのです。


高橋広明(パナソニック)

グローバル化というのはある意味、多様な価値観を受け入れるということですが、それだけだと組織がバラバラになってしまいます。多様性を認めながらそれを束ねていくためには、各リーダーが経営理念を共有し、それに基づいて行動しなければなりません。


小林喜光

私が国際会議で実感しているのは日本人の交渉能力の貧弱さです。欧米人に比べて圧倒的に弱いのです。日本の教育にディベートの訓練がほとんど皆無なのは日本として大きな問題だと思います。


陰山英男

私が一般的な教師と決定的に違っていたのは、徹底的なリアリストであるということです。特に、私が30代・40代の頃には、「教育=情熱・愛・道徳・人間性」といった価値観が多数派でした。「テストの点で一点を追求するのはやめよう。もっと違う尺度で子供を伸ばそう」と言う教師も多かった。しかし、こういう主張は、私からすればメルヘンとしか思えない。私の場合は、自分の仕事を客観的に見るために、数字で考えることにこだわりました。点数というわかりやすい結果を求めた私は、いわばメルヘンの虚構を剥いで、ノンフィクションにしてしまった。