名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北島義俊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北島義俊のプロフィール

北島義俊、きたじま・よしとし。日本の経営者。「大日本印刷」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行を経て大日本印刷に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。

北島義俊の名言 一覧

重視するのは「対話」。付加価値の高い仕事をしていく上で、フェイストゥフェイスで「対話」することは必要不可欠。


大きな変化の中にいることは事実。だからこそ、常に変化を取り入れて行かないと衰退してしまうという危機感を抱いている。


新しい事業を取り入れていかなければ、成長はできない。印刷業は「本業」ではなく、そこから新しい価値を生み出していく「祖業」だと思っています。


印刷全体を取り巻く環境が変わったという意味では、新たな市場が広がる可能性がある一方で、危機的な状況でもあると考えています。


会社というものは時代のニーズに合わせて変わらなければいけませんから、ある程度先を見ながらやっていくことが大事。


印刷はもともとBtoBの世界ですが、やはり、その先の生活者、Cのことをもっと知らないと対応できない。


目に見えない努力を積み重ねていかないと、我々の事業は成り立たない。


いつでもピンチなんです。会社には次々とピンチが訪れるものですから、一カ所に安住してしのごうとすると存続にかかわってきます。


長寿企業と言っても、多くの企業はその間中身がものすごく変わっています。それを絶えずやっていかないと寿命が尽きてしまう。


未来から見れば当たり前にあるような事業を創造するという気概で頑張っていきたい。


これからは従来の印刷業務だけでは時代の波に取り残されてしまう。まさにお客様との「対話」に基づく新たな付加価値創造が問われるだけに、社員の「対話」の力が欠かせない。


多くのパートナーとコラボレーションしやすい環境を整えていく。「対話と協働」によって、まずは新しい価値につながるアイデアを出し、それを試作して、マーケティングの実証実験やテスト販売などを行い、その結果をフィードバックしてビジネスモデルを構築していくサイクルを回す。


新しい分野に進出するときの基準は、基礎となる部分が印刷とつながっているか。全くの飛び地は、やってもうまくいかないでしょう。今、手掛けているものは、一見印刷と関係がないように見えて、根っこには印刷の技術があり、そこから同心円状に伸ばしたものです。


手で組版を行っていた時代からコンピューター化する時には、社内外から反対がありました。ただ、先を見据えれば手作業を続けるのは不可能で、そうした変化に取り組んできたからこそ、当時のニューメディアや、今のネット時代にも対応できているということだと思います。


新しい分野へ出ていくのはリスクもあるわけですから、それら(新規事業)を最初にやったときには、社内にも随分反対があったらしいです。それでも印刷の領域を広げていったことが、今日につながっています。


我々の事業を紙の印刷と狭く考えず、いろいろな分野へ関連させることが重要。そのため、事業の成長領域も「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」の4つに分けて設定しました。


戦後、印刷業界では労働運動が激化し、当社も経営を揺るがすほどの状況になりましたが、労使協調を図り、出版物以外の分野に進出しました。この先達の苦労を教訓にして、私は全員一緒に伸びて行こうということを心掛けてきたつもりです。


バブル景気の時には、多くの会社が不動産投資などに走り、収益を伸ばしていました。当社にもお誘いがありましたが、私は否定的でした。あのころは余裕資金があったら、株式や不動産投資に踏み出さないと経営者失格だというような風潮でした。バブル景気で浮かれていた時期は、短い一瞬だったのです。あのときに本業に固執していたからこそ、今があるのだと思います。


出版印刷の関連では縮小傾向が続き、2016年は最盛期の70%程度まで落ちました。ですから、紙の印刷だけでなく、その周辺にあるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業や印刷技術を使った新しい素材の開発などを考えなければ伸びていけません。我々だけでなく、業界全体もそちらの方向に向かっています。


北島義俊の経歴・略歴

北島義俊、きたじま・よしとし。日本の経営者。「大日本印刷」社長。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行を経て大日本印刷に入社。専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小宮山宏

ビジネスが生まれなければ、いくら地域創生だと言っても、結局、補助金漬けになるだけ。


出井伸之

二年前から私は、複雑系の経営ということを言っています。グループの企業価値の全体和は、その部分となっている事業ユニットの足し算よりも絶対に大きくなければいけない。この複雑系の経営は、ボーダーレス時代にふさわしいと考え、会社の部門を独立させる社内カンパニー制を強化しました。各事業ユニットであるカンパニーは執行役員に任せ、本社の十人の取締役会がグループ全体の経営の基本方針を決める形にしました。これは事業ユニットを切り離してソニー全体の価値を上げていく持ち株会社的な分散型モデルの第一歩です。


泉谷直木

私にとって、人にお目にかかって聞く話の内容はすべて勉強の材料である。新聞や雑誌でおもしろいと思う発言をしている人がいれば会いに行く。先日、島忠の山下視希夫社長が「プライベートブランドはやりません」と発言しているのを新聞で読んだ。興味を持ったのですぐに電話して会いに行き、お話を聞かせていただいた。


森下裕道

たとえその場は我慢が必要でも、相手に楽しい気分を伝染させられる人の方が、最終的には勝ちだと私は思います。


遠藤結蔵

年に1回アイデアコンテストを実施し、パートやアルバイトスタッフを含む全従業員から事業アイデアを広く募集しています。毎回200~300件の応募があり、その中から優秀賞に選ばれたアイデアには賞金を授与しています。全国のゲオショップで導入されている「90分映画」コーナーや、「ゲオ・アイドル社員プロジェクト」のように、すでに全社的な事業として採用されているものもあります。


土屋嶢

マンションなどの不動産を当行グループで管理するなど新しいサービスも広げている。OKB農場で生産した野菜やコメも規制がなくなれば自分たちで売りたい。まだ手がけられることは多い。中小企業の皆さんへの様々な支援もその一つ。そうやって幅広いサービスを提供して、いろんな事業で収益を上げられる存在になる。やがては「OKBって銀行もやっていたの?」と言われるようになりたいとさえ思っている。


木村皓一

当社は会社設立以来、売れる商品をつくるのではなく、良質な商品をお客様に提供することを徹底してきました。そうした甲斐あって、とくに贈答品用の子供服として高いブランド力を持てるようになり、今日の当社があるのだと思います。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

私はテーマパーク型事業構造と言っているのですが、ディズニーランドのように、当社グループのブランドの元で様々な事業を展開していく。「安心・安全・健康」に関するものであれば全部やっていこうと思っています。柱は国内損保、海外損保、国内生命保険、そして介護・ヘルスケアの4つです。


小山昇

その商品やサービスのどんな部分に魅力があるかを判断するのは、売り手ではなくてお客様ですよね。ですから、お客様がどんなニーズを持っているかを、まずは聞き出すことが大事。お客様のニーズをつかんでこそ、初めて相手の興味関心に沿った話ができるようになります。


宮内義彦

例えば、何か新規事業を始めるにしても、その事業に必要と思われる専門知識を持った最適な人を指名しなくてはなりません。開発段階では「型破りな発想ができる人」、立ち上げ段階になったら「寝食を忘れて集中できる人」、軌道に乗ってきたら「持久力に優れて大きな視野の持てる人」など、専門知識だけではなく、それぞれの社員の持つ特性まで考慮すべきでしょう。


高田明(ジャパネットたかた)

人生は一回。だから、その都度の年齢に応じた生き方がある。


名越康文

無理をして会社にしがみつくのは、そこにしか自分の居場所がないと考えているからです。別の世界にアイデンティティを担保しておけば、いざというときに会社に見切りをつけることができるでしょう。