名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北島祐治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北島祐治のプロフィール

北島祐治、きたじま・ゆうじ。日本のファイナンシャルプランナー。「北島ファイナンシャルデザイン」代表。千葉県出身。大学在学中にFP資格を取得。卒業後、高圧ガス販売会社を経て独立。著書に『ファイナンシャル・プランナーで独立・開業する法』。

北島祐治の名言 一覧

周囲を見ると、独立3年目くらいが危険。お金の余裕ができ、つい遊んでしまうのです。欲に惑わされないことが大事です。


現在は順調な事業も、いずれは利益が出なくなる危険性があります。そうなる前に別の事業に投資して新たな収益源を確保する必要がある。そのための投資資金は常に蓄えておきましょう。


配偶者が独立を応援してくるのとそうでないのとでは、事業の成功率はかなり異なる。家族の励ましがあれば、精神面で大きな支えとなるでしょう。また、実務面での支援を期待できるケースもありますから。


独立前には1年分程度の生活費を用意しておきましょう。家族からすれば、事業が上手くいかなくてもしばらくは何とかなると安心できます。また、「1年間は家族に迷惑をかけられないから、事業に打ち込ませてくれ」と説得すれば、配偶者からの同意も得られやすいでしょう。


独立前に子供の進学や住宅ローン完済などの時期を書き出し、これかの人生でいくらお金が必要か再確認するのもいい。いつまでにどの程度の蓄えが必要なのか分かれば、事業に対してどの程度のリスクが取れるのか確認できますから。


北島祐治の経歴・略歴

北島祐治、きたじま・ゆうじ。日本のファイナンシャルプランナー。「北島ファイナンシャルデザイン」代表。千葉県出身。大学在学中にFP資格を取得。卒業後、高圧ガス販売会社を経て独立。著書に『ファイナンシャル・プランナーで独立・開業する法』。

他の記事も読んでみる

浅野悦男(農業)

レストランのシェフたちの「こういう味の野菜はないか」「こんな調理法の料理に向いた素材はないだろうか」という相談に、それなら、とアイデアを出していくうちに、物好きなじいさんがいる、と評判になって、お客さんが増えました。


道脇裕

出発点は分解。廃棄されたテレビや車のパーツなどを集めて、分解や組み立てを繰り返していました。その仕組みや個々の個々の役割を知りたかったんです。ピリッと感電することもあったりしましたが、大学で物理学の教鞭をとっていた母からは、あまり怒られることはありませんでした。その後、母の研究室に入り浸るようになりました。発明・研究好きの自分にとっては、まるでパラダイス。時計やセンサーに興味を持ち、人が近づいたり離れたりすると点いたり消えたりする電球を作ったりもしました。また、小学校に入る頃には、コンピュータープログラムも手がけてましたね。


作山若子

営業センスを磨くには、やはり行動することに尽きます。最近は頭でっかちになり、なかなか行動できない営業マンが増えているように思います。とくに、頭がよくて立派な経歴を持っている人、歳を重ねた人ほど、そうした傾向にあるようです。


小松節子

100個作った時にもし不良品が出たら、どこが悪かったのか、作る過程を繰り返し見直し、徹底して問題を見つけ、解決していく。そうしたやり抜く粘り強さが不可欠。


セネカ

治そうと思うものは、もう半ば治っている。


ジャン・ポール・ゲティ

自分で100%の努力をするよりも、むしろ100人の1%ずつの努力を味方につけたいところだ。


益子修

仕事のやり方を変えることを躊躇したり、恐れたりする必要はありませんが、変えてはいけないもの、あるいは変えながらも残していく大切なものは必ずあるはず。人間の目や力で正しく判断し処理しなければいけない部分は、守っていかなければなりません。


江上治

達成すべき「目的」を間違えて、または意識せずに展開するビジネスなんて、どこの港に着くか分からずに漂流する船のようなものでしかない。


遊川和彦

簡単に言えば、好きこそものの上手なれです。好きでいられれば何とかなる、というふうに思うしかない。要するに人よりも好きかどうか。


三宅裕之

大事なのは何かを「やりたい」という気持ちに敏感であることです。自分の動きをしっかり把握していれば、勉強したいと思ったときに、情熱を燃やすことができます。


松下幸之助

人間のやることですから、いろいろなことがあります。しっかり理念をふまえてやる人も、勢いに任せてやる人もいる。そんなときにはやっぱり注意してやらないといけません。注意を怠ったら、その人を捨て去ってしまうのと一緒ですわ。


鈴木桂治

このまま現役にしがみついていていいのかと悩んだ時期もあった。でも、優勝の瞬間は、諦めなくて良かったと心から思いました。