名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

北山顕一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北山顕一のプロフィール

北山顕一、きたやま・あきかず。日本の経営者、教育者。「大阪松下LEC」社長、「松下幸之助商学院」学院長。奈良県出身。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。ビデオ事業部事業部長、大阪松下ライフエレクトロニクス社長、松下流通研究所(のちのパナソニックマーケティングスクール)学院長、松下電器商学院(のちの松下幸之助商学院)学院長などを務めた。退職後、寺子屋形式で子供達に論語を教えた。著書に『人生を豊かにする50の道話』。

北山顕一の名言 一覧

人は、感動した瞬間に変われる。


先生が生徒と全力で向き合い、薫製(くんせい)をつくるかのように、燻(いぶ)し染み込ませていく「薫育」。これこそが、本当の教育。


教育とは「師生同学」だと、私は思っています。先生と生徒が同じ目線で学ぶということです。上から目線ではダメなんです。


学ぶとは、謙虚になること。自分の無知を知ること。


古典の「典」は、普遍的な原理原則という意味です。単に古いのが古書なのに対し、いつの時代にも通じるものが古典です。


「弱い者いじめをしてはいけません」と言って指導するのは、先生が一方的に価値観を押しつけているだけです。でも「論語塾」では、子どもが自分で○×を判断しています。その答えが正しかったらほめる。これによって、彼らに自信がつきます。決して一方通行ではないのです。


「己の欲望のために、他人を犠牲にする」。これがすべての事件の根本にあります。むしゃくしゃしたから他人を殺傷する、自分の利益のために不正を働く、立身出世のために賄賂をもらうなど。この根本が治らないかぎり、いくら法律をつくっても事件は減らないと思います。


北山顕一の経歴・略歴

北山顕一、きたやま・あきかず。日本の経営者、教育者。「大阪松下LEC」社長、「松下幸之助商学院」学院長。奈良県出身。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。ビデオ事業部事業部長、大阪松下ライフエレクトロニクス社長、松下流通研究所(のちのパナソニックマーケティングスクール)学院長、松下電器商学院(のちの松下幸之助商学院)学院長などを務めた。退職後、寺子屋形式で子供達に論語を教えた。著書に『人生を豊かにする50の道話』。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

もっと経営者が自らリスクを取る気概が必要。リスクを取らなければ好機をつかむことはできない。


中原淳

どんな苦難に際しても、選択肢をいくつか考え、ものごとを前向きにとらえる。現在、こうした姿勢そのものが資本として機能する時代になってしまったといえるでしょう。これを専門用語ではポジティブ心理資本と呼びます。右肩上がりの時代において、心理資本はそれほど意識しなくてもいいものでした。企業や組織は安定的に拡張していたため、個人は粛々と与えられた仕事をやっていれば、それが成功を意味する可能性が高かったからです。


小宮一慶

ふとしたときに、「お客のため」ではなく「売上や利益のため」と言う。「会社のため」ではなく「自分のため」といった言動をする。そんな自己チューを匂わす口ぐせは、お客からも同僚からも嫌われます。何人もの経営者を見てきた経験から言いますが、成功する人は間違いなく利他的ですから。


山中伸弥

本当に偶然なのですが、私の場合、実験結果に導かれるように研究テーマがどんどん変わっていきました。実験をすると、全く予想していなかった結果が起きる。すると、なぜそんな結果が出たのか、俄然興味がわいてくる。それを追究するために研究対象が変わる。そんなことを繰り返してきました。自分で決めたというより、自然に導かれたように感じています。


中山雅史

何が何でも第一線での活躍を目指すというより、ケガのストレスがあっても何とか自分がサッカーを楽しめるレベルまでに持っていければという思いが強かった。そんな姿を見てくれていたトレーナーが、「中山さん、まだ諦められないんでしょう」と、全国のトレーナー仲間に声をかけて、それぞれの専門分野のトレーナーが手助けをしてくれるようになったんです。トップレベルの頃の身体には戻れないにしろ、現状から、自分の体の動きをどこまで向上させることができるのか、挑戦しようと思いました。様々な人のサポートを受けながらピッチに立つことができれば、僕の勝ちだとも思ったりしてね。


水野雅義

私からああしろ、こうしろと指示をする気はありません。価格に関しても、かつては上司から「なんでこんな値段で売っているんだ」と怒られたり、呼び出されたりということがありましたが、私は価格にはいっさい口を出しません。辛抱の要ることですが、もし口を出せば、うまくいかなかったときに「指示どおりにやったらできませんでした」という言い訳ができる。そうならないために、「自分のやることに責任をもって堂々とやればいい」と言っています。


長島徹

自分の番で、いったいどんな経営をやるべきかを知るために、帝人の過去を勉強する必要があると考えたのです。過去の経営者がやってきたことを学ぶことで、自分は何をやるべきかが見えてくるのではないかと。自分のボジショニングを知るために、歴史を学ぶことはとても有効だと思います。帝人の過去を学ぶことから、CSR経営や環境経営という発想が出てきました。
【覚書き|社長就任時に自社の歴史について学んだ理由を語った言葉】


ジャック・ウェルチ

部下とは仕事に関して同じ価値を共有していればいいのであって、友人になる必要はありません。しかし、あなたが部下と友達であるなら、それは幸せなことです。心底いいやつだと思っている人たちと1日8時間から10時間一緒に働くわけですから、あらゆることがより楽しくなります。


堀之内九一郎

人は、外見で判断するのです。なぜなら人間の中身なんて、そう簡単に見えないからです。「人は外見で判断するものではない。ええかっこばかりするな」。私はこう言われて育ってきましたが、社会に出て、人は人を外見で判断するものだということがわかりました


西村英俊

会社の中で社長のあなたがいくら偉いからといって、どんな些細なことでも報告せよと命令しても、決して情報は上がってきません。情報の収集は決めた手順に従って始めることが必要です。定期的にチェックする項目を点検する。社長が情報の収集、集中に熱心になってみせ、現場レベルの情報を要求し、はじめて社内がついてくるのです。


出雲充

過去問と予想問題にはかなり力を入れました。自分で予想問題を作ったりもしましたね。どういう先生が出題しているのか見当をつけて、出題者とおぼしき先生の本を読んで研究したり。大学の先生が書く本ですから、もちろん受験とは全然関係ない内容の本です。そうやって出題されそうな問題を予想して、本番ではギリギリの合格点が取れれば良いだろうと考えていました。今から考えれば、「自分自身がすごい能力を身につける必要はない」という発想が、当時からあったのかもしれません。


タッド・バッジ

私の目標の達成率は、いつも70%くらいです。でも、計画的に行動していなければ、おそらく達成率は10%にも満たなかったはずです。たとえ100%でなくても、目標に近づいたことに大きな意味があるのです。