名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北山顕一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北山顕一のプロフィール

北山顕一、きたやま・あきかず。日本の経営者、教育者。「大阪松下LEC」社長、「松下幸之助商学院」学院長。奈良県出身。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。ビデオ事業部事業部長、大阪松下ライフエレクトロニクス社長、松下流通研究所(のちのパナソニックマーケティングスクール)学院長、松下電器商学院(のちの松下幸之助商学院)学院長などを務めた。退職後、寺子屋形式で子供達に論語を教えた。著書に『人生を豊かにする50の道話』。

北山顕一の名言 一覧

人は、感動した瞬間に変われる。


先生が生徒と全力で向き合い、薫製(くんせい)をつくるかのように、燻(いぶ)し染み込ませていく「薫育」。これこそが、本当の教育。


教育とは「師生同学」だと、私は思っています。先生と生徒が同じ目線で学ぶということです。上から目線ではダメなんです。


学ぶとは、謙虚になること。自分の無知を知ること。


古典の「典」は、普遍的な原理原則という意味です。単に古いのが古書なのに対し、いつの時代にも通じるものが古典です。


「弱い者いじめをしてはいけません」と言って指導するのは、先生が一方的に価値観を押しつけているだけです。でも「論語塾」では、子どもが自分で○×を判断しています。その答えが正しかったらほめる。これによって、彼らに自信がつきます。決して一方通行ではないのです。


「己の欲望のために、他人を犠牲にする」。これがすべての事件の根本にあります。むしゃくしゃしたから他人を殺傷する、自分の利益のために不正を働く、立身出世のために賄賂をもらうなど。この根本が治らないかぎり、いくら法律をつくっても事件は減らないと思います。


北山顕一の経歴・略歴

北山顕一、きたやま・あきかず。日本の経営者、教育者。「大阪松下LEC」社長、「松下幸之助商学院」学院長。奈良県出身。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。ビデオ事業部事業部長、大阪松下ライフエレクトロニクス社長、松下流通研究所(のちのパナソニックマーケティングスクール)学院長、松下電器商学院(のちの松下幸之助商学院)学院長などを務めた。退職後、寺子屋形式で子供達に論語を教えた。著書に『人生を豊かにする50の道話』。

他の記事も読んでみる

デービッド・アトキンソン

世界の「観光立国」の成功要因を分析すると、いくつかの条件を備えていることが浮かび上がってきます。それは「気候」「自然」「文化」「食事」の4つです。このうちのどれかを伸ばして差別化を図ることもできるかもしれませんが、それには限界があります。そるやはりすべて揃っているのが理想であることは、言うまでもありません。


宮内義彦

どの事業にも共通することですが、経営のポイントは流れに乗っているかどうかを見極め、分岐点を見誤らないようにすることです。常に変わる流れを見て、流れに乗っていれば外れないように舵を取り、流れから外れていれば乗るための方策を考える。それが経営者の役割です。


吉村篤(不動産)

不動産投資をするなら都心・駅近が良いと思う方は多いでしょう。ですが、都心は競合がひしめき合う地域のため、入居者を確保するのが難しい場合もある激戦区です。賃料を高く設定できる代わりに、空室リスクも覚悟しなければならないのが、都心の不動産投資事情です。一方で当社が手がけているのは、千葉県や埼玉県などの東京近郊で、平方キロメートルあたりの人口密度が1千人前後の地域最安値圏。競合他社が最も参入しづらい地域であるうえに、家賃設定は近隣のアパートの2LDKや2DKタイプとほぼ同額です。同じ家賃で戸建てが借りられるため、とくに家族連れの入居者が長期にわたって住んでくれるメリットがあります。


宋文洲

よく「宋さんは日本人の働き方を批判するけど、残業は日本の文化だから変えようがない」という人がいますが、それは違う。だって文化が変わらないのなら、なんでみんな、ちょんまげにしてないの(笑)。僕にいわせれば日本人の残業は、文化というよりただのクセ。いままでやってきたことを変えたくないだけです。おかしいと思っても、残業を続けているほうが精神的にラクだから、そうしているだけでしよ。


森川亮

ほとんどの場合、人は本能で行動しているんです。そこに本質があります。特に「無意識のとき、何に時間を使っているか」。そのときの行動に本当のニーズがあるんですよ。


杉山龍一(経営者)

現在は王子紙器製造というギフト関係のボックスを扱う会社を経営しながら、EKO JAPANを運営しています。ボストン滞在時に知り合った中国人の友人に創業者のジェームス・チェンを紹介してもらい、少数精鋭で当社を設立しました。1年が経過し、ようやくノウハウをつかんできたところです。


熊谷眞一

これまでの経営を振り返ってみると、社内の人間に十分に議論をさせ、その意見をもとに自分が最終的な決定を下すというプロセスを、もう少し取り入れるべきだったと反省しています。シベール会長を辞めてつくった会社では、山形県出身の著名な工業デザイナーである奥山清行さんや、東北芸術工科大学の先生方に取締役として入ってもらいました。彼らとの議論は楽しいし、事業計画をつくるうえで役に立ちます。経営者は独断が過ぎては駄目ですね。


宿澤広朗

3割あったら『これ、勝てる』それを5割以上に引き上げていけばいいんだから。あの時、じゃあ、オールブラックス(ニュージーランド代表)とやるといったら、 勝てるとは絶対言わない。だって(勝てる確率は)ゼロなんだから。0%の確率を50%に持っていく、これは無理。3割ぐらいの確率がある試合を、5割以上 に持っていくことはできる。


矢野香

大人の話し方とは、どのような話し方でしょうか。私が考える大人の話し方の定義は、「確実性、信頼性を重視し、落ち着いた、重みのある話し方」「自分が公人であることを意識した、責任感のある言動」です。このような話し方をしていれば、顧客や部下などから信頼を得ることができます。


若林正恭

想いに苦しめられるとき、脳は味方だろうか? 敵だと思う。脳に人差し指を当てて「お前には負けない」と言うべきだ。


越智仁

素材に要求される技術レベルは年々高くなっています。これまで以上に時代の先を見て、新しい動きに素早く対応する必要があります。ホールディングスの中に社長直轄の「先端技術・事業開発室」を作りました。通常、各事業部の研究部門は3~7年先を見て動いていますが、この部署では5~20年先の市場を見据えて、もっと専門的に深掘りした技術開発をするのがミッションです。


澤田秀雄

読書は経営する上で勉強になりました。『徳川家康』には武田信玄や豊臣秀吉などいろんな人物が登場するわけですね。一番勉強になったのは「継続は力なり」ということですかね。徳川家康は非常に粘り強くて、継続力があるんですね。僕は3か月で辞めようかと思いましたけど、『徳川家康』を読んでいると、最低でも石の上にも3年、桃栗三年柿八年はやらなくちゃと書いてありましたから。