北山顕一の名言

北山顕一のプロフィール

北山顕一、きたやま・あきかず。日本の経営者、教育者。「大阪松下LEC」社長、「松下幸之助商学院」学院長。奈良県出身。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。ビデオ事業部事業部長、大阪松下ライフエレクトロニクス社長、松下流通研究所(のちのパナソニックマーケティングスクール)学院長、松下電器商学院(のちの松下幸之助商学院)学院長などを務めた。退職後、寺子屋形式で子供達に論語を教えた。著書に『人生を豊かにする50の道話』。

北山顕一の名言 一覧

人は、感動した瞬間に変われる。


先生が生徒と全力で向き合い、薫製(くんせい)をつくるかのように、燻(いぶ)し染み込ませていく「薫育」。これこそが、本当の教育。


教育とは「師生同学」だと、私は思っています。先生と生徒が同じ目線で学ぶということです。上から目線ではダメなんです。


学ぶとは、謙虚になること。自分の無知を知ること。


古典の「典」は、普遍的な原理原則という意味です。単に古いのが古書なのに対し、いつの時代にも通じるものが古典です。


「弱い者いじめをしてはいけません」と言って指導するのは、先生が一方的に価値観を押しつけているだけです。でも「論語塾」では、子どもが自分で○×を判断しています。その答えが正しかったらほめる。これによって、彼らに自信がつきます。決して一方通行ではないのです。


「己の欲望のために、他人を犠牲にする」。これがすべての事件の根本にあります。むしゃくしゃしたから他人を殺傷する、自分の利益のために不正を働く、立身出世のために賄賂をもらうなど。この根本が治らないかぎり、いくら法律をつくっても事件は減らないと思います。


北山顕一の経歴・略歴

北山顕一、きたやま・あきかず。日本の経営者、教育者。「大阪松下LEC」社長、「松下幸之助商学院」学院長。奈良県出身。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。ビデオ事業部事業部長、大阪松下ライフエレクトロニクス社長、松下流通研究所(のちのパナソニックマーケティングスクール)学院長、松下電器商学院(のちの松下幸之助商学院)学院長などを務めた。退職後、寺子屋形式で子供達に論語を教えた。著書に『人生を豊かにする50の道話』。

他の記事も読んでみる

小池淳義

方向性を見極め、世界にないものを提供するメーカーになるのだという精神が必要。


佐々木大輔(経営者)

高い期待を持ってもらう努力がインターネット上の(クチコミの)拡散に繋がる。


天毛伸一

メーカーとしてやっていくためには雇用の安定がすべてと言ってもいい。人を切らない。給料を下げない。安定した環境があれば、クリエイターはのびのびとモノ作りに励むことができます。


北条早雲

神仏を礼拝することは、身の行ないというものである。神仏に対して拝む気持ちがあるならば、ただひたすらに心を正しくおだやかに持ち、正直一途に暮らし、上なる人を敬い、下なる者を燐み、包み隠しなく、有るをば有るとし、無きをば無いとして、ありのままの心持ちで生活することが、天意にも仏意にも叶うというものである。このような心持ちでいるならば、たとえ祈らなくとも神明の御加護はあるものであり、たとえ祈ったとしても心が曲がっていたならば、天道からも見はなされるものであることを、肝に銘じて、深く慎まなくてはならないのである。


山本昌(山本昌広)

今のメインは、野球解説者とスポーツコメンテーターです。小学3年生から野球を始め、50歳までプロ生活を続けてきました。一昨年から初めて野球以外の世界に出ましたが、まだまだ分からないことだらけです。でも、プロ野球選手であっても、引退後に野球の仕事に携われる人はほんの一握り。そんななかで、今も野球の近くにいられることは本当に幸せです。


田崎正巳

キャリアを選択するときに重要なのが「好き」という要素でしょうね。最終的に選んだ仕事がうまくいくかどうかは、誰にもわかりません。でも、好きなことならうまくいかなくても続けられると思いませんか?


手代木功

私の社員教育の原点は、2人の息子の教育にあります。私は、子供がどう育つかは、学校や社会よりもやっぱり親の責任が大きいと思っています。だから子供の教育には率先して関わってきました。


高田明(ジャパネットたかた)

私たちは「声の改革」ということをかなりやっています。お客様からの生の声が日々入りますから、それを元に商品のマニュアルに1枚の紙を入れて説明することにしたら、問い合わせの電話が3割減りました。


永守重信

経営者と社員の士気の高さこそが、企業にとって最大の財産。不安なときこそ、それを思いだした方がいい。


本田健

ビジネスで重要なのは、一つの仕事が二重、三重にお金を生み出すシステムになっているかどうか。


三木雄信

私の失敗談をお話ししましょう。ソフトバンク時代、私はコールセンターを含めたオペレーションの責任者をしていました。コールセンターではお客様からの電話1コールにつき平均8分30秒の時間がかかっていました。時間が長いとコストがかかるし、お客様の満足度も下がります。そこで孫(正義)社長は「1分短縮しよう」と方針を示しました。私は各プロセスの責任者を集めて、「7分30秒にしなさい」と指示。その結果、2か月後に現場から達成できたと報告がありました。しかし、これが大失敗。時間は短くなったのに、逆にお客様満足度が下がったのです。驚いて調べてみると、現場のオペレーターは1分短縮するために早口で話すようになり、中には7分30秒で強引に電話を切ってしまうケースもありました。これではお客様が不満を抱くのも当たり前です。このようなことが起きたのは、私や現場責任者などの中間管理職が、現場のオペレーターに目標数字を丸投げしたからでした。上から数字が降ってくると、現場はとにかくその数字を追いかけざるを得ません。そのため本来の目的から外れたやり方で対応してしまったわけです。これは間違った数字の使い方です。


織田大蔵

世の中には「濡れ手に粟」とか、「一攫千金」とかで大儲けをする者がいるが、しょせん悪銭身につかずのたとえの通り、努力の伴わない金は消えてしまう。


澤田秀雄

日本では新聞の一面で大きく取り上げられるようなニュースも、イギリスではほとんど報道されていない、ということはよくあります。つまり、日本から見る風景と、イギリスから見る風景は大きく異なるということです。私は今、ハウステンボスの事業のために、東京と長崎を行き来する生活を送っていますが、東京と長崎でさえも見える風景は全然違う。面白いことに、東京から発信される情報は長崎にも入って来ることが多いのですが、長崎から発信される情報が東京に入ってくることは少ない。長崎に滞在していると、地元の情報がどんどん入ってくるのに、東京に戻ってみると、「こんな重要な情報を、どうして東京の人は知らないの?」と驚くことがよくあります。


己之上潤二

我々は、常に技術面で先行し、お客様の競争力に貢献することを願っています。たとえば、取引先企業の研究開発部とは、素材、熱処理、加工できめ細かい意志疎通を図っています。


枡野俊明

苦労したからこそ、人の苦労が分かるようになり、悲しみを味わったからこそ、人の悲しみが分かるようになる。苦労せずに得られた結果より、苦労があるからこそ得られた喜びは大きい。つまり、苦労は人間としての幅を増していく。


ページの先頭へ