名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北山禎介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北山禎介のプロフィール

北山禎介、きたやま・ていすけ。日本の経営者。三井住友銀行会長、三井住友フィナンシャルグループ社長。東京都出身。東京大学教養学部卒業後、三井銀行(のちの三井住友銀行)に入行。さくら銀行(のちの三井住友銀行)取締役、常務執行役員、三井住友銀行設立時に統合業務の中核を担い、三井住友銀行常務、専務などを経て、三井住友フィナンシャルグループ社長に就任。

北山禎介の名言 一覧

いま、社内でも社員同士ができるだけフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションをとることを奨励しています。メールの文字だけではやはり不十分です。忙しくても顔を合わせ表情やしぐさを確認し合ってこそ本当の絆が生まれるのです。これは、国境や年代を超えた、普遍的な価値なのではないでしょうか。


私自身、社会人になってから、お客様や同業者、社内の先輩や同僚などと出会い、ひとつひとつ信頼を築く中で仕事を続けてくることができました。1990年代後半、金融業界が危機に陥ったときも、応援している、くじけるなと支えてくれたのは、いつも懇意にしていたお客様や友人たちでした。


銀行という職場は、だいたい2から3年で異動や転勤になることが多く、その都度新しい人と出会い、それらひとつひとつの関係がのちに大切になってくるのです。


若かったころは、経験あふれる年上の方々と関わることで、多くのことを学びました。いまは逆に、若い人との触れ合いで得るものがたくさんあります。


人間という生き物は、他の動物と違い高度なコミュニケーションの仕組みを与えられています。どれほど科学が発達し、バーチャルな世界が広がっても、結局、社会を形成しているのは人と人の絆や交流なのです。


北山禎介の経歴・略歴

北山禎介、きたやま・ていすけ。日本の経営者。三井住友銀行会長、三井住友フィナンシャルグループ社長。東京都出身。東京大学教養学部卒業後、三井銀行(のちの三井住友銀行)に入行。さくら銀行(のちの三井住友銀行)取締役、常務執行役員、三井住友銀行設立時に統合業務の中核を担い、三井住友銀行常務、専務などを経て、三井住友フィナンシャルグループ社長に就任。

他の記事も読んでみる

ロバート・マクナマラ

マネジメントとは、社会的、経済的および政治的ないろいろな変化、つまり人間社会のあらゆる変化を合理的に組織し、それを社会全体に行きわたらせることのできる手段である。


奥村綱雄

ダイヤモンドは中央の面を囲み、多くの面が多角的に集まって底知れぬ光を放つ。会社経営もまたかくありたい。一人の独裁でもいけないし、多数の悪平等でもいけない。個が集まって全を形成するが、個は全あっての個であり、個あっての全ではない。


遠藤功

日本でリーダーシップ教育を重視してこなかったのは事実でしょう。日本は、意図的にリーダーを育ててこなかったし、重視してきませんでした。きちんとした実務家を育てることはしてきましたが、実務家は必ずしもリーダーではありません。だから、実務家としては何とかなりますが、先天的にリーダーシップの才能を持っている人以外は、リーダーのポジションになるとダメになってしまう。つまり突出した人間を作ることを嫌がってきたのです。


須田将啓

バイマには偽物の割合は10万件に1件も無いですね。真っ当に取引するほど売上げに繋がるような仕組みを構築してきました。ユーザー評価も、通常のオークションサイトでは「良い・悪い」しかありませんが、バイマはそれをさらに細分化し、「梱包の綺麗さ」「返事の早さ」など、ユーザーが気になるポイントをいくつか評価してもらっています。それが低いと全体評価が下がって売れなくなり、高いと売れていく。評価が見える化されているので自分で改善でき、それによってバイマのサービスレベルがどんどん底上げされていくという具合です。


大竹美喜

コミュニケーションには4つの要素があります。ひとつ目は「インフォメーション」、正確なデータをもとにした情報。2つ目は「双方向」。3つ目は「コラボレーション」。そして4つ目は「ファシリテーション」、その気にさせ、行動を起こすところまで追い込むということです。この4要素のひとつでも欠けたら、コミュニケーションは成立しません。


五嶋みどり

新興国支援では人と人のかかわりが一番大切。送り込むだけでなく、一緒につくっていくアクションが重要なので、できるだけ現地の音楽家とのコラボレーションや、話し合いをもったりします。食べ物や医療だけに限らずに、文化的な交流や支援も増えていけばいいと思います。


小宮一慶

数字で具体化することによって、目標達成の確率が上がり、発見力や発想力もアップします。他者への説得力、プレゼンテーション力も強化されます。説得やプレゼンの要諦はロジカルであること。数字力とは論理思考のひとつの基本です。数値化するということは定量化するということであり、それはものごとを論理的に分析したり、推論するのが可能になるということです。


藤井孝一

会社での成績が上位二割層に入るような優秀で問題意識が高い人ほど、現状に強い危機感を持ち、週末起業などの社外活動を開始しています。企業の耐用年数が短くなっている時代に、ひとつの会社だけで働き続けることは丁半博打のように危険な賭けだからです。


米山久

初めから理想論に終始しても、現実的な利益につながらなければ、相手は動いてくれないということです。理想について語るのは、実際に生産者の所得向上を達成してから。


松下正幸

私の大学時代、友だちが夏休みに、わが家に10日間ほど泊まったことがありました。私は日曜日ごとに祖父のところに行っておりましたので、その友だちを連れていきましたら、彼を1時間ぐらい質問攻めにするわけです。ようやく尽きたかなと思ったら、今度は、「ところで、きみのお父さんは何をしていらっしゃるんだ」と聞く。彼のお父上は浅草で産婦人科の開業医をやっていたので、今度は浅草での開業医の生活について、いろいろ質問攻めにするわけです。それほど、あらゆることに好奇心を持っていた人でした。


平岡昭良

おそらく、私は社内で一番失敗をしてきた人間です。会社にとっては、失敗を恐れてチャレンジをしなくなることが大きな損失ですから、今は当たり前にチャレンジのできる会社を目指して風通しの良い会社をつくろうと考えています。


高野泰明

デジタルAV(音響映像)事業の中でも、特に将来有望な「デジタルカメラ」「携帯電話」「液晶プロジェクター」の三分野を選び出し、他の事業部門に内緒で開発費や人件費の一部を本社費用で負担することにしたんです。もちろん、この特別対策費は三年で本社に返済し、ゼロに近かった事業規模をそれぞれ100億円まで引き上げるのが交換条件でした。