名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

北山禎介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北山禎介のプロフィール

北山禎介、きたやま・ていすけ。日本の経営者。三井住友銀行会長、三井住友フィナンシャルグループ社長。東京都出身。東京大学教養学部卒業後、三井銀行(のちの三井住友銀行)に入行。さくら銀行(のちの三井住友銀行)取締役、常務執行役員、三井住友銀行設立時に統合業務の中核を担い、三井住友銀行常務、専務などを経て、三井住友フィナンシャルグループ社長に就任。

北山禎介の名言 一覧

いま、社内でも社員同士ができるだけフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションをとることを奨励しています。メールの文字だけではやはり不十分です。忙しくても顔を合わせ表情やしぐさを確認し合ってこそ本当の絆が生まれるのです。これは、国境や年代を超えた、普遍的な価値なのではないでしょうか。


私自身、社会人になってから、お客様や同業者、社内の先輩や同僚などと出会い、ひとつひとつ信頼を築く中で仕事を続けてくることができました。1990年代後半、金融業界が危機に陥ったときも、応援している、くじけるなと支えてくれたのは、いつも懇意にしていたお客様や友人たちでした。


銀行という職場は、だいたい2から3年で異動や転勤になることが多く、その都度新しい人と出会い、それらひとつひとつの関係がのちに大切になってくるのです。


若かったころは、経験あふれる年上の方々と関わることで、多くのことを学びました。いまは逆に、若い人との触れ合いで得るものがたくさんあります。


人間という生き物は、他の動物と違い高度なコミュニケーションの仕組みを与えられています。どれほど科学が発達し、バーチャルな世界が広がっても、結局、社会を形成しているのは人と人の絆や交流なのです。


北山禎介の経歴・略歴

北山禎介、きたやま・ていすけ。日本の経営者。三井住友銀行会長、三井住友フィナンシャルグループ社長。東京都出身。東京大学教養学部卒業後、三井銀行(のちの三井住友銀行)に入行。さくら銀行(のちの三井住友銀行)取締役、常務執行役員、三井住友銀行設立時に統合業務の中核を担い、三井住友銀行常務、専務などを経て、三井住友フィナンシャルグループ社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

市場経済化して社会が良くなるかどうかという議論は不毛な面があって、大きくなったパイの一部分をどのように分配するかという政策によって、結論はどちらにも転ぶ可能性があります。


豊田圭一

「巧遅は拙速にしかず」と、古来言います。出来がよくて遅いより、多少、できは悪くとも早い方がよい。これが仕事の基本と心得てください。


冨安徳久

最初の職場で受けた教育は、その後もずっとその人に影響を与え続けます。同業他社で仕事をしてきた方を採用すれば、要領を得ていますから最低限の業務はできるでしょう。しかし、感動を生むために、もう一歩踏み込んだ仕事をするかと言うと疑問です。なまじ業界を経験しているだけに、私たちが求める社員像に近づくのは難しいかもしれません。したがって、提携やM&Aを行う際には、ティア本体以上に相当な力を入れて教育しなければならないと考えています。


アラン(哲学者)

死におそわれるのは生者のみであり、不幸の重荷を考えるのは、幸福な人たちのみである。


堤智章

特に大事なのは「心」、意識のあり方です。なぜなら、心はいま、この瞬間に自分が変えようと思えば変えることができる。


守島基博

仕事を任せて人を育てるという行為は、リスクをともなう行為である。任せてみて、ダメな場合もある。しばしばそのことを恐れて任せることをしなくなる。でも、本来考えるべきは、顕在化したリスクにどう対処するのか。また顕在化しないためにどこまでサポートできるのか、ということである。リスクテークなしの人材育成はありえないという言い方もできる。


土屋公三(経営者)

一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。


佐藤優

拘置所では、物事はわかりやすくやらなければいけないと決めていました。悪いことをしていないと思うのだったら、最後まで争うと。とにかく、わかりやすくやることが、次の人生のやり直しのためには絶対必要だと。


家本賢太郎

仕事を楽しむという視点からも、どういう働き方が生産的かを考えないといけません。経営者たるもの、頭の半分ぐらいはそこに使わないといけないと思っています。


羽生善治

直感とロジックの関係は、地図を使って目的地にたどり着くプロセスのようなものです。たとえば日比谷公園にいきたいとして、東京中をくまなく歩きまわるわけにはいきません。まずは地図で目星をつけて、近くまで電車やクルマでいく。そのうえで、最後は自分で一歩一歩歩いていかなくては目的地には着かない。直感とロジックの関係はそういうものだと思います。


海老原嗣生

どのような意図で働き方改革を行なうのか、それを用いてどのように主体的に働けばいいかまで、会社は設計し、伝えなくてはならないと思います。会社側の設計と個人の主体性、それが融合する仕組みを作ることができれば、日本企業の良さを生かした、欧米とは違う働き方改革が実現するのではないでしょうか。


山岡孫吉

私の一生は、そのまま私の仕事履歴であって、華やかな遊びも道楽もなかった。他人からは仕事気違いのようにいわれることもあるが、これは仕方のないことである。気楽なことをしていたのでは、とても今日の成功を見ることはできなかっただろう。