北山禎介の名言

北山禎介のプロフィール

北山禎介、きたやま・ていすけ。日本の経営者。三井住友銀行会長、三井住友フィナンシャルグループ社長。東京都出身。東京大学教養学部卒業後、三井銀行(のちの三井住友銀行)に入行。さくら銀行(のちの三井住友銀行)取締役、常務執行役員、三井住友銀行設立時に統合業務の中核を担い、三井住友銀行常務、専務などを経て、三井住友フィナンシャルグループ社長に就任。

北山禎介の名言 一覧

いま、社内でも社員同士ができるだけフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションをとることを奨励しています。メールの文字だけではやはり不十分です。忙しくても顔を合わせ表情やしぐさを確認し合ってこそ本当の絆が生まれるのです。これは、国境や年代を超えた、普遍的な価値なのではないでしょうか。


私自身、社会人になってから、お客様や同業者、社内の先輩や同僚などと出会い、ひとつひとつ信頼を築く中で仕事を続けてくることができました。1990年代後半、金融業界が危機に陥ったときも、応援している、くじけるなと支えてくれたのは、いつも懇意にしていたお客様や友人たちでした。


銀行という職場は、だいたい2から3年で異動や転勤になることが多く、その都度新しい人と出会い、それらひとつひとつの関係がのちに大切になってくるのです。


若かったころは、経験あふれる年上の方々と関わることで、多くのことを学びました。いまは逆に、若い人との触れ合いで得るものがたくさんあります。


人間という生き物は、他の動物と違い高度なコミュニケーションの仕組みを与えられています。どれほど科学が発達し、バーチャルな世界が広がっても、結局、社会を形成しているのは人と人の絆や交流なのです。


北山禎介の経歴・略歴

北山禎介、きたやま・ていすけ。日本の経営者。三井住友銀行会長、三井住友フィナンシャルグループ社長。東京都出身。東京大学教養学部卒業後、三井銀行(のちの三井住友銀行)に入行。さくら銀行(のちの三井住友銀行)取締役、常務執行役員、三井住友銀行設立時に統合業務の中核を担い、三井住友銀行常務、専務などを経て、三井住友フィナンシャルグループ社長に就任。

他の記事も読んでみる

二宮雅也

(東日本大震災時)私たち保険会社や代理店にとって、今回ほど保険事業に携わっていることの役割、使命感を強く意識したことはなかったと思います。みんなが日常的な業務の範疇を超えて工夫をし、努力してくれました。それによって会社の総合力が向上し、また保険金の支払いが早く進んだことで、お客様からの評価が高まるという好循環が生まれました。


村井史郎

勝負ごとで大事なことは、選択肢をいくつも持つこと。下手な人にかぎって、2つぐらいしか選択肢がない。うまくなればなるほど、何百手も先まで読み、多くの選択肢を用意している。


曽根原稔人

リーマンショックを経験したことで、一つの領域だけに特化することのリスクが身に染みました。様々な事業を軸として育てるようになったのはここからです。


阿刀田高

人生において「よい出会い」はめったにない。同じメンバーであっても、本当に充実した1時間なり2時間なりを過ごすということは極めて少ない。双方の心理状態、健康状態、天候など、いろんなことが影響しているからだ。そうである以上、良い出会いは大切にしなければならないし、良い出会いを持つために努力することは、生きていくうえで最も大切なことだと言っていい。


ナポレオン

手の内がわかってしまうので、同じ敵とは何度も戦いたくない。


柳川範之

スキルとは直接的関係がないような学問をあらためて学ぶことも、スキルアップや将来の仕事に役立つ。


梅原誠

「机上で考える前に手で考えろ」。大学の教授からの言葉でいまも記憶に残っている。理論武装する前に手で触れ、考えろ。ものづくりの基本です。


中本晃

あくまで最新鋭の製品を作ろうとしなければ、既存のものとレベルが違うくらい高度な技術というのは生まれない。


武田信繁

戦場で敵と味方とが対陣したならば、敵陣のほうでまだ防備の不十分な箇所を速やかに撃ち破るといいだろう。古語にも、「よく敵に勝っ者は、形成が優れていて勝つのではなく、臨機によく敵を制したからである」といい、また、「即戦即決の勝利」という言葉もあるのである。


トマス・エジソン

私は実験において 失敗など一度たりともしていないこれでは電球は光らないという発見を いままでに、2万回してきたのだ。私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。なにをやっても楽しくてたまらないから。


稲盛和夫

いまは核家族になっていますから、両親が美徳や価値観を子供に教えていかないとならない。両親にも日本人としての美徳や価値観が薄らいできている可能性があります。世界に誇れる日本であり続けるには、やはり親御さんの教育といいますか、親にしっかりしてもらうことが大事じゃないかと思います。


中村勇吾

一人前になるまでには、たぶんかなりの時間がいるのではないでしょうか。


桑原祐

マッキンゼーでもロジカルシンキングのトレーニングを何カ月もやるわけではありません。入社当初にちょっと研修をしたら、あとはOJTです。もちろん最初から上手くはいきません。同僚の思考プロセスを見様見真似で学び、できていない部分を指摘されながら、徐々にロジカルシンキングを磨いてきました。感覚としては、千本ノックのようなものですね。ある程度は、時間をかけて練習するしかないものなのです。


安川英昭

私が社長になったころから多角化路線とは決別し、当社の強みを生かせる事業に経営資源を集中させました。その結果、小型液晶ディスプレーやインクジェットプリンター、眼鏡用累進焦点レンズなど世界一の製品がいくつも生まれました。


清水久三子

資料作成という作業は、良くも悪くも「頑張った感」を覚えさせるものです。図や表を多用した資料は立派に見えますし、そうしたビジュアル効果を高めるツールも多くあります。しかし、それらが職場における「ムダ資料」の量産を招いていることもまた事実。凝った資料を作るために時間をかけ、その実、「何が言いたいのかわからない」資料ができあがる、といったことも起こりがちです。


ページの先頭へ