名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北山ひとみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北山ひとみのプロフィール

北山ひとみ、きたやま・ひとみ。日本の経営者。「二期リゾート」社長。東京出身。栄光ゼミナールを展開する栄光の創業に携わる。栄光・経営企画室取締役第二営業部長などを経て、二期リゾートを設立。小規模リゾートの経営を行った。

北山ひとみの名言 一覧

どんな時代でも、本質をみる眼が大切。


文化なきところに経済の繁栄はない。シェア争いや、乱暴なM&Aや事業提携ではなく、21世紀型のモデルに転換しなければならない。


良い時代から悪い時代と、いろんな経験をして、とてもたくましい組織になった。


遠くの人より近くの人からの理解を得ることの方が難しいもの。


良いリゾート地には良い人々が集まり、良いものを生み出していく。


今、私が経営者としてこうして立っていられるのには、様々な先生方の思想に触れたことが大きく影響していると思います。


マーケティングが、理念に沿って市場を開拓し、新しい顧客を生み出すこととするならば、私の歩んできた道は一貫して、新しい時代の風を受けながら、既存のマーケットをちょっぴり揺り動かし、独自のものを創ってきたと、振り返っています。


現代は、子どもも大人も「ヒトとしての自然」を「文化」があまりに抑圧していると思っています。自然に還ることが現代人にとっては最も重要だと思っています。


私の姿勢は一貫して、業種や業態を超え、文化を求心力にしながら仕事を進めるという信念に基づいています。とくに教育は文化風土を育むことが大切ですね。人間には、善い面と悪い面があるものです。それを望ましい方向に導き、文化的価値を生み出すこと、その営み全てが教育でもあり、文化でもあるといえるのではないでしょうか。


北山ひとみの経歴・略歴

北山ひとみ、きたやま・ひとみ。日本の経営者。「二期リゾート」社長。東京出身。栄光ゼミナールを展開する栄光の創業に携わる。栄光・経営企画室取締役第二営業部長などを経て、二期リゾートを設立。小規模リゾートの経営を行った。

他の記事も読んでみる

下元朗

目先の小さなメンツを捨てることが、大きな飛躍につながっていく。


森田勉(経営者)

25歳でホテルオークラに入社して5年目、30歳のとき大きな転機が訪れました。当時、ホテルオークラでは夏枯れ対策として、全社員1500名でセールスコンクールというのをやっていたんですが、僕は絶対にトップになってやろうと思いました。それには、他人と違う方法を考えるしかない。普通、自分の親戚や地方の友人に声をかけるわけです。でも、それじゃ良くて数十人がやっとでしょ。それで僕がどうしたかというと、OLさんがたくさんいそうな百貨店とか商社の社員食堂に行って、「一泊8900円。ウェルカムドリンク付き。ご連絡は森田まで」というポスターを貼ったんです。男性は都心のホテルなんて利用しないけど、OLさんはリフレッシュのためにとまると思ったからです。結果2400泊も予約がとれちゃいました。2位が20泊だからいかにすごい数字かわかるでしょ?


浅野秀則

いろいろ研究していく中で、デリバリーでは出せないピザもあるわけなんです。たとえば、サーモンのピザ。高温のオーブンで焼くとただの焼き鮭になってしまうんですが、生地だけ焼いて、上にフレッシュサーモンを乗せるとすごくおいしいピザができる。またはレタスやトマトなどのフレッシュな素材をトッピングするのは、お店じゃないとできないんです。その次なるフランチャイズや、商品開発のための実験店舗、それが外食事業部の始まりだったんです。


小島順彦

国際社会では、まずは自分の考えを持つことが肝要である。自分はどう思い、何をしたいのか。意思表明がなければビジネスは始まりません。言語はあくまでも相手に自分の意志を伝える手段です。いくら正しい発音や文法ができたところで、伝える中身がなければ宝の持ち腐れに終わってしまいます。
【覚書き|30代で2年間サウジアラビアに駐在し、世界中から集まった人々と仕事したとき、発音も文法もめちゃくちゃな英語を使う非英語圏の人たちが活発に意思表示するのを見たときのことを語った言葉】


ケリー・マクゴニガル

成功の階段を上っていくためには、リスクを取ること、居心地のいい領域から抜け出すこと、失敗に前向きであることが不可欠。


林修

調子に乗っているとか、ちゃらちゃらしているように見られるとか、ぜんぜんかまわないんですよ。そのあたり僕自身は冷静に見ているし、計算ずくでやっていることですから。


下村朱美

社員を見ても感じますが、ご両親の愛情に包まれて育った子は、逆境や苦労にも柳のようにしなやかに対処できます。逆に、ご両親との関係があまりうまく行っていない子は、考え方や生き方のしなやかさが足りず、固くポキッと折れてしまうように感じることがあります。そういう子たちには「あなたのことを大切に思っていますよ」「気に掛けていますよ」と伝えることが大切です。人は、誰かに大切にしてもらうことで、強く、たくましく生きていけるものだと思います。ですから、お客様に対しても「おせっかいと思われるくらい、お客様のお世話を焼きなさい」と伝えています。


田原総一朗

いま時代は古き悪しきものを破壊し、新しいものを創造しなければいけない局面に来ています。僕たち一人ひとりが、これまでの価値観の中に埋もれて生きるのではなく、仕事も生活も変えていこうとする意識を積極的に持たなければいけない。本気になった若者が、これからの日本を創っていくのだと思う。


大串亜由美

話し方にせよ、立ち居振る舞いにせよ、下手でいいわけではないのはもちろんです。ただ、目的は巧みなプレゼンではなく、聴き手が求める情報を提供すること。細かいことを気にしすぎず、真剣に聴き手を尊重して、できるかぎりの努力をするようにしましょう。


服部真二

あまりに技術革新しすぎて二歩三歩進んでしまったら、お客さまには受け入れられない。


生田正治

何事も現状維持は衰退に通じる。


髙松修身(高松修身)

私は初めて会う経営者とビジネスの話はしません。人と人は出逢って知人になり、親しくなって友人になる。つき合いを重ねるうちに、自然に親しみの感情もにじみでて、やっと心が通い信頼が深まり親友となり、共に助け合ってこそ初めて心友になれる。すべてのことはこの「心友」からスタートするのです。そこでやっと人としてだけでなく、ビジネスパートナーとしても、協力し合う関係が生まれるのです。