北山ひとみの名言

北山ひとみのプロフィール

北山ひとみ、きたやま・ひとみ。日本の経営者。「二期リゾート」社長。東京出身。栄光ゼミナールを展開する栄光の創業に携わる。栄光・経営企画室取締役第二営業部長などを経て、二期リゾートを設立。小規模リゾートの経営を行った。

北山ひとみの名言 一覧

どんな時代でも、本質をみる眼が大切。


文化なきところに経済の繁栄はない。シェア争いや、乱暴なM&Aや事業提携ではなく、21世紀型のモデルに転換しなければならない。


良い時代から悪い時代と、いろんな経験をして、とてもたくましい組織になった。


遠くの人より近くの人からの理解を得ることの方が難しいもの。


良いリゾート地には良い人々が集まり、良いものを生み出していく。


今、私が経営者としてこうして立っていられるのには、様々な先生方の思想に触れたことが大きく影響していると思います。


マーケティングが、理念に沿って市場を開拓し、新しい顧客を生み出すこととするならば、私の歩んできた道は一貫して、新しい時代の風を受けながら、既存のマーケットをちょっぴり揺り動かし、独自のものを創ってきたと、振り返っています。


現代は、子どもも大人も「ヒトとしての自然」を「文化」があまりに抑圧していると思っています。自然に還ることが現代人にとっては最も重要だと思っています。


私の姿勢は一貫して、業種や業態を超え、文化を求心力にしながら仕事を進めるという信念に基づいています。とくに教育は文化風土を育むことが大切ですね。人間には、善い面と悪い面があるものです。それを望ましい方向に導き、文化的価値を生み出すこと、その営み全てが教育でもあり、文化でもあるといえるのではないでしょうか。


北山ひとみの経歴・略歴

北山ひとみ、きたやま・ひとみ。日本の経営者。「二期リゾート」社長。東京出身。栄光ゼミナールを展開する栄光の創業に携わる。栄光・経営企画室取締役第二営業部長などを経て、二期リゾートを設立。小規模リゾートの経営を行った。

他の記事も読んでみる

小川直也

昨年の大晦日は、相当なギャラでオファーがあったけど、断りました。プロレス界には何のプラスにもならないですから。それに、あれは「対紅白歌合戦」というひとつのプロジェクトで、出場選手はみんなその選手にすぎない。俺はワン・オブ・ゼムにはなりたくない。


関家一馬

制度は常に試行錯誤していますので、変更が頻繁にある。もしシステムを外注していたら、最初に仕様書を作って契約を結んで、その後の変更は全部追加料金が発生することになります。それでは、社内で新しい制度を立ち上げるのは無理です。


西多昌規

事業方針や予算策定などの大きな判断は、早く行なえばいいというものではありません。むしろ、じっくり考えて決めるべきです。対して、作業的なことは早めに着手したほうがよいでしょう。このように、「熟慮型」と「スピード型」の仕事を分けて整理すると、「全部の仕事を急いで行なう必要はない」と発見でき、気の進まない状態を一歩抜け出せます。


ミシェル・プラティニ

私は判断は早いし、誰よりも早く広くフィールドを見られる。
【覚書き:17歳、FCメツ入団テストのメディカルチェックで心臓がスポーツ選手に不適格と診断された時を振り返っての言葉。ミシェルはそこで諦めず、自分の長所を伸ばし、チームの司令塔として活躍することを選ぶ。その後、フランスを代表するプロサッカー選手へ成長する】


坪田信貴

子育てのゴールは何より「自立」。子供は育て方次第で年金をくれるような存在にも、スネをかじり続ける存在にもなり得る。


石田建昭

当社は「学び続ける会社」でありたい。


野村修也

各部署やチームごとに現場に合わせたルールをつくり、それを会社全体で積み上げていく方が、結局は企業としてのリスク管理も上手くいくのです。


奥島孝康

主張が相手に対して説得性を持つには、相手の立場に立って考えてみる必要がある。つまり、相手の立場からしてもその主張の正当性を認めざるを得ないだけの説得性を備えなければならない。


大野裕

体を動かすことも気分をラクにします。体を動かすと気分が変わるというエビデンス(科学的根拠)もあります。散歩など、簡単なことから始めてみてはどうでしょうか。ただし、歩きながらあれこれ心配事を反芻してしまうと、少しも気持ちがラクになりません。散歩中は風を感じたり、道端の草花に目をやったりするなど、散歩という「いまの行動」に集中しましょう。


伊藤次郎左衛門(16代目)

私の店(松坂屋)はどういうわけか、昔から火災と因縁があるようである。古くは安政の大地震、大正12年の大震災では上野が灰燼に帰し、昭和15年の大火で静岡の店が焼けている。それで復興の経験が豊富とでもいおうか、復興には素晴らしい腕前を見せている。
【覚書き|太平洋戦争の大空襲で名古屋、静岡、銀座の店が焼けてしまったとき素早く復興した理由を問われての発言】


杉村太蔵

逆境のとき、何か起死回生の行動に出るにしても、追い込まれていて通常の精神状態ではないため、まずうまくいきません。加えて周りの人たちも自分に対してネガティブ目線になっているため、評価もかなり辛口になってきます。政治家やタレントが、メディアで不用意な発言をして非難を集め、それを挽回しようと保身的な言動に出ることでますます炎上するというケースを見ることが、時々あります。まさにあれと同じことなんです。


田中仁(経営者)

我々はベンチャーですから厳しくなった時こそ、一人ひとりに新たな挑戦を促すことが重要。


天沼聰

採用の時には、まずスキルよりも、その人が当社の行動指針に合っているかを見極めます。どれほど賢い方でも、私たちの企業文化とマッチングしないのであれば、その人も会社も幸せではありません。他の企業でもっと活躍できるかもしれませんからね。


安永竜夫

いままで、世界中どこにいっても日本人の矜持を持って、会社や国を代表して自分を相手に売り込みながら仕事をするということを心掛けてきた。


小宮一慶

目的に沿って多くの分野にアンテナを立てていれば、意識しなくても、知りたい情報がひっかかってくるもの。すると、これまで見逃していた有益な情報の存在にも、気づけるようになる。


ページの先頭へ