名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北尾トロの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北尾トロのプロフィール

北尾トロ、きたお・とろ。日本のフリーライター。『季刊レポ』編集長。福岡県出身。法政大学社会学部卒業後、編集プロダクションなどを経てフリーライターとして独立。「ランブリン」代表。様々なジャンルの書籍を執筆。

北尾トロの名言 一覧

大事なのは、一気にトップスピードに持っていくこと。時間が経つと冷静になっちゃうから、バカになれる期間にどこまで振り切れるかが重要なんです。そのためのガソリンが妄想力。自分の思いつきに酔って、惚れ込む状態に持っていくって感じかな。


一つの専門分野を突き詰めていくタイプなら先生や評論家になっていてもおかしくない年齢だけど、僕は権威になりたくない。それよりも、新しいことをどんどん吸収したい。もう59歳だけど、面白いことを思いついたときはまっさらなスポンジになれるんだよね。


僕はマニア気質じゃないんです。一時夢中になれるけど、本にまとめて一区切りつく頃には、次にやりたいことが見えてくる。そうすると、とっとと次に行っちゃいますね。それに、裁判傍聴でも何でも新しいことを始めると、フォロワーができてくるでしょ? そうなったら、もう卒業。自分よりももっと上手にできる人が現れたら「ありがとう、これで僕は次にいける」って思うんです。


若い時は白黒つけたがるけど、長く生きていると世の中はグレーなことばかりってわかってきます。グレーにも濃淡があって、その中で「ここまではいいけど、ここからはアウト」っていう基準がそれぞれにできてくる。そういう線引きがちゃんとできて、自分なりの意見を自分の言葉で言える人が、僕にとっての大人かな。でも、自分がそうなりたいかって言われると、なりたくない(笑)。現役感の薄い「できあがっちゃった人」になるより、いつまでもモゾモゾやってるほうが僕には合ってるのかな。


いまハマっているのはピロシキ。あるとき、夜中に突然「ピロシキ」って単語が頭に浮かんで、笑いが止まらなくなっちゃって。翌日「そうだ、ピロシキを食べよう」と思ったら、これがなかなか売ってない。「どうなってんだ?」と思ったのが最初のきっかけでした。それに、僕が住んでる松本は観光都市のわりに食べ物の名物が少ない。長野県にはおやきがあるので、松本の食材をピロシキに詰めて「まつもとピロシキ」として売り出せば、名物ができちゃうんじゃないかと思って。「これは大変なことになってきたぞ!」ってワクワクしました。


『どくとるマンボウ航海記』は40年以上にわたり、何度も読み返してきました。もう10回は買い直してるんじゃないかな。本を読んで笑うって体験が、新鮮だったんでしょうね。ふざけたことが本に書いてあってもいいんだって、初めて気づいた。物書きとしての原点も、たぶんこの本。ライターになってわかったけど、人を笑かすって難しいんです。北杜夫は真面目な小説も書いているけど、笑わせるほうが高度な技術、センスが必要。しかも、ふざけているけど品がいい。僕が原稿を書く時もどこかで一発笑わせたくなるけれど、下品な文章にはしたくない。それは北杜夫の影響だね。


北尾トロの経歴・略歴

北尾トロ、きたお・とろ。日本のフリーライター。『季刊レポ』編集長。福岡県出身。法政大学社会学部卒業後、編集プロダクションなどを経てフリーライターとして独立。「ランブリン」代表。様々なジャンルの書籍を執筆。

他の記事も読んでみる

野路國夫(野路国夫)

初めての海外出張で、まずアラバマ州のお客さんのところへ行きました。英語がきちんとしゃべれなくても、建機というモノがあれば何とかなりました。あそこが壊れたとか、ここがおかしいとか、技術屋同士の会話は難しくありません。


原田隆史

求められる人材とその教育のあり方が、世界的に大きく変化しています。従来の日本の学校教育は、知識の暗記を重視し、点数や偏差値、順位で人を評価してきました。しかし、知識や情報が即座に得られるIT時代の今は、知識の蓄積より、知識や情報をどう使いこなすかのほうが重要になります。つまり知の編集・編纂によって問題解決を図ったり、新しいものや仕組みを生み出す力がより重視されるのです。


林和人(経営者)

前に経営していた中国株を扱う証券会社の経営が苦しくなってテコ入れを考えていた時に、世界の企業の時価総額を自動的に計算して、時価総額と成長率順に載せている個人のサイトをたまたま見たんです。それを見ると上位はアメリカや中国、イスラエル、英国の会社。日本の企業はほとんど出てこない。海外の企業に投資しないと駄目だというのが、そのサイトを見ると一目瞭然なんですよ。当時はその自動計算のプログラムも面白いと思ったので、サイトをやっている人に連絡を取ってみたら、中国から来て早稲田大学を出たという人だった。その彼と会って、得たものが今につながっています。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

デザインは植物のようなものかもしれません。周囲の環境が変われば植物は枯れてしまう。常に観察してケアしてあげることが、多くの人に長年愛され続ける本物のスタンダードになるのではないでしょうか。


鳥居勝幸

営業で自己と顧客、双方にベネフィット(利益)をもたらす仕組みを提案して顧客に喜んでもらうことができれば、その仕事は成功といえるでしょう。


梶原しげる

アナウンサーは収録された自らの声を聞いて、日々声の出し方の鍛練を重ねます。録音された自分の声を聞くのは恥ずかしいもの。でもその作業により、聞く側の視点に立てて問題点が見えてくる。すると聞く人を魅了する術がわかります。


兼元謙任

「ありがとう」と「運がいい」は、口にすることが多いです。何か悪いことが起きたときも、意識的に使うようにしています。ポジティブな言葉を使えば、それだけで勝手に行動が変わっていきますから。


やくみつる

自分の珍品コレクションは「お金で買えない物」というのが基本スタンス。いろんな物を集めているので、毎日何かしらが増えていく。人からすれば、どんなしようもない物でも、自分にとっては毎日、一瞬の喜びを与えてくれているんです。


梅澤高明

現在、デジタル化、グローバル水平分業の波が押し寄せ、勝者総取りの市場構造ができています。


守屋淳

『十八史略』には唐代の名宰相・婁師徳(ろうしとく)が残した「唾面自乾(だめんじかん)」という言葉が収められています。顔に唾を吐きかけられたとき、顔を拭えば相手の怒りを買うかもしれないから乾くまで笑って待て、という教えです。怒りに身を任せて、「倍返しだ!」と叫んでも、現実には殺されておしまい。我慢や忍耐は、生き残るための処世術です。表面ではひたすらニコニコ笑いながら、復讐のチャンスをじっと待つ。中国の古典はそう教えています。


佐々木則夫(サッカー)

どこを目指すかについては、しっかり伝えておかないといけません。一方で、我々が、ああしろ、こうしろとやると、つまらないサッカーになることも分かっています。過程の中でいろんな問題が出てきたときに、ある程度時間をかけて自分たちで考えてほしいし、コーチたちにもそういう姿勢で指導してもらっています。


瀬戸上健二郎

仕事でやると決めた以上は、何事も極め、自分で面白くしていくことが大事。