名言DB

9419 人 / 110788 名言

北尾トロの名言

twitter Facebook はてブ

北尾トロのプロフィール

北尾トロ、きたお・とろ。日本のフリーライター。『季刊レポ』編集長。福岡県出身。法政大学社会学部卒業後、編集プロダクションなどを経てフリーライターとして独立。「ランブリン」代表。様々なジャンルの書籍を執筆。

北尾トロの名言 一覧

大事なのは、一気にトップスピードに持っていくこと。時間が経つと冷静になっちゃうから、バカになれる期間にどこまで振り切れるかが重要なんです。そのためのガソリンが妄想力。自分の思いつきに酔って、惚れ込む状態に持っていくって感じかな。


一つの専門分野を突き詰めていくタイプなら先生や評論家になっていてもおかしくない年齢だけど、僕は権威になりたくない。それよりも、新しいことをどんどん吸収したい。もう59歳だけど、面白いことを思いついたときはまっさらなスポンジになれるんだよね。


僕はマニア気質じゃないんです。一時夢中になれるけど、本にまとめて一区切りつく頃には、次にやりたいことが見えてくる。そうすると、とっとと次に行っちゃいますね。それに、裁判傍聴でも何でも新しいことを始めると、フォロワーができてくるでしょ? そうなったら、もう卒業。自分よりももっと上手にできる人が現れたら「ありがとう、これで僕は次にいける」って思うんです。


若い時は白黒つけたがるけど、長く生きていると世の中はグレーなことばかりってわかってきます。グレーにも濃淡があって、その中で「ここまではいいけど、ここからはアウト」っていう基準がそれぞれにできてくる。そういう線引きがちゃんとできて、自分なりの意見を自分の言葉で言える人が、僕にとっての大人かな。でも、自分がそうなりたいかって言われると、なりたくない(笑)。現役感の薄い「できあがっちゃった人」になるより、いつまでもモゾモゾやってるほうが僕には合ってるのかな。


いまハマっているのはピロシキ。あるとき、夜中に突然「ピロシキ」って単語が頭に浮かんで、笑いが止まらなくなっちゃって。翌日「そうだ、ピロシキを食べよう」と思ったら、これがなかなか売ってない。「どうなってんだ?」と思ったのが最初のきっかけでした。それに、僕が住んでる松本は観光都市のわりに食べ物の名物が少ない。長野県にはおやきがあるので、松本の食材をピロシキに詰めて「まつもとピロシキ」として売り出せば、名物ができちゃうんじゃないかと思って。「これは大変なことになってきたぞ!」ってワクワクしました。


『どくとるマンボウ航海記』は40年以上にわたり、何度も読み返してきました。もう10回は買い直してるんじゃないかな。本を読んで笑うって体験が、新鮮だったんでしょうね。ふざけたことが本に書いてあってもいいんだって、初めて気づいた。物書きとしての原点も、たぶんこの本。ライターになってわかったけど、人を笑かすって難しいんです。北杜夫は真面目な小説も書いているけど、笑わせるほうが高度な技術、センスが必要。しかも、ふざけているけど品がいい。僕が原稿を書く時もどこかで一発笑わせたくなるけれど、下品な文章にはしたくない。それは北杜夫の影響だね。


北尾トロの経歴・略歴

北尾トロ、きたお・とろ。日本のフリーライター。『季刊レポ』編集長。福岡県出身。法政大学社会学部卒業後、編集プロダクションなどを経てフリーライターとして独立。「ランブリン」代表。様々なジャンルの書籍を執筆。

他の記事も読んでみる

世耕石弘

今後少子化で、募集の厳しい大学はつぶれていくでしょう。それだけではありません。一定の大学が姿を消すことで、他の大学の位置が相対的に下がり、「中の上だと思っていたら、いつの間にか中の下」ということになりかねない。以前と同じようにやっていても必然的にレベルが下がる。これが少子化の怖さです。


羽生善治

先のことを考えるのは、楽しいといえば楽しいものです。でも、だいたいは、考えてもそのとおりにならない。いろんな人がいろんなことを予想していますが、まずそのとおりにはなりませんよね。あまり予想なんかしても仕方がないとさえ思います。


元谷外志雄

私が書いた『理論近現代史学Ⅱ』も中国から非難され、ずいぶん物議をかもしました。しかし、私には負けない自信があった。本の内容は、決して思い込みではなく、史実をくわしく調べ、理論武装していました。攻撃されても反論できるように備えていたんです。


瀧本哲史

営業目標に対して普通の営業マンは「どうやって達成しよう」と考えます。ところがトップセールスの人々は「目標の二倍、三倍の売上を達成するにはどうすればいいか」と発想します。それだけ高い目標には、他の人の真似や、これまでと同じやり方を続けるだけでは絶対に到達できません。何かしらの根本的な革新が必要になります。そこで彼らは自分の商品のマーケットについて徹底的に研究し、他の誰もやっていないやり方を発明する。だからダントツの数字が出せるのです。


小暮真久

外部環境を自分で変えることはできないのだから、環境悪化を嘆いても仕方がありません。そういうときは無理をしないで、できることに集中したほうが気持ちは切れないと思います。


坂根正弘

小泉改革のときに構造改革特別区域が全国に約600つくられました。私も聞いてびっくりしました。みんなすっかり忘れているのだから、はっきりいって失敗です。じゃあ、なぜうまくいかなかったのかというと、当時は特区をつくることが目的になっていた部分があったんじゃないかと。本当なら国から言われてつくるのではなく、自治体のほうから「うちの県はこうやって成長したいが、規制かあって難しいから特区にしてくれ」という戦略が必要ですよね。しかし小泉改革のときは、そうしたトップダウンとボトムアップのつながりがないまま特区をつくってしまった。


高橋茂雄

僕なら、なるべく相手の長所を見つける努力をするかなぁ。その人の良いところばっかり見るようにしたら、好きになれそうでしょ。


別所哲也

「あれ、このままでいいのかな」と感じたときの自分の気持ちをきちんと受け入れることが大切です。そういう危機感がなければ、何か大切なものが自分の前を通り過ぎても、それに気づくことができませんから。


増子直純

ライブに来てくれてる人に関して「対・お客」って見てない。MCも、初対面の人一人ずつにしゃべっているつもり。


織畠潤一

グローバルだからこそ、日本のことをちゃんと知っておく必要がある。これはとても残念なことですが、同世代の人にしても、自分の子どもたちに比べても、海外に育っていた私のほうがよほど日本の歴史や文化について詳しかったりするということです。外国人とコミュニケーションを交わす機会が増えてくれば、確実に聞かれます。京都はどんなところですか。奈良には何がありますか、と。それについて「いやぁ、ちょっとよくわからないです」では、やっぱり困るわけです。日本人が英語でしゃべるからこそ、日本のことを理解しておかないといけない。そうでなければ、アメリカ人が英語でしゃべっているのに、勝てるわけがないんですよ。