名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北尾トロの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北尾トロのプロフィール

北尾トロ、きたお・とろ。日本のフリーライター。『季刊レポ』編集長。福岡県出身。法政大学社会学部卒業後、編集プロダクションなどを経てフリーライターとして独立。「ランブリン」代表。様々なジャンルの書籍を執筆。

北尾トロの名言 一覧

大事なのは、一気にトップスピードに持っていくこと。時間が経つと冷静になっちゃうから、バカになれる期間にどこまで振り切れるかが重要なんです。そのためのガソリンが妄想力。自分の思いつきに酔って、惚れ込む状態に持っていくって感じかな。


一つの専門分野を突き詰めていくタイプなら先生や評論家になっていてもおかしくない年齢だけど、僕は権威になりたくない。それよりも、新しいことをどんどん吸収したい。もう59歳だけど、面白いことを思いついたときはまっさらなスポンジになれるんだよね。


僕はマニア気質じゃないんです。一時夢中になれるけど、本にまとめて一区切りつく頃には、次にやりたいことが見えてくる。そうすると、とっとと次に行っちゃいますね。それに、裁判傍聴でも何でも新しいことを始めると、フォロワーができてくるでしょ? そうなったら、もう卒業。自分よりももっと上手にできる人が現れたら「ありがとう、これで僕は次にいける」って思うんです。


若い時は白黒つけたがるけど、長く生きていると世の中はグレーなことばかりってわかってきます。グレーにも濃淡があって、その中で「ここまではいいけど、ここからはアウト」っていう基準がそれぞれにできてくる。そういう線引きがちゃんとできて、自分なりの意見を自分の言葉で言える人が、僕にとっての大人かな。でも、自分がそうなりたいかって言われると、なりたくない(笑)。現役感の薄い「できあがっちゃった人」になるより、いつまでもモゾモゾやってるほうが僕には合ってるのかな。


いまハマっているのはピロシキ。あるとき、夜中に突然「ピロシキ」って単語が頭に浮かんで、笑いが止まらなくなっちゃって。翌日「そうだ、ピロシキを食べよう」と思ったら、これがなかなか売ってない。「どうなってんだ?」と思ったのが最初のきっかけでした。それに、僕が住んでる松本は観光都市のわりに食べ物の名物が少ない。長野県にはおやきがあるので、松本の食材をピロシキに詰めて「まつもとピロシキ」として売り出せば、名物ができちゃうんじゃないかと思って。「これは大変なことになってきたぞ!」ってワクワクしました。


『どくとるマンボウ航海記』は40年以上にわたり、何度も読み返してきました。もう10回は買い直してるんじゃないかな。本を読んで笑うって体験が、新鮮だったんでしょうね。ふざけたことが本に書いてあってもいいんだって、初めて気づいた。物書きとしての原点も、たぶんこの本。ライターになってわかったけど、人を笑かすって難しいんです。北杜夫は真面目な小説も書いているけど、笑わせるほうが高度な技術、センスが必要。しかも、ふざけているけど品がいい。僕が原稿を書く時もどこかで一発笑わせたくなるけれど、下品な文章にはしたくない。それは北杜夫の影響だね。


北尾トロの経歴・略歴

北尾トロ、きたお・とろ。日本のフリーライター。『季刊レポ』編集長。福岡県出身。法政大学社会学部卒業後、編集プロダクションなどを経てフリーライターとして独立。「ランブリン」代表。様々なジャンルの書籍を執筆。

他の記事も読んでみる

鈴木修

社員全員が考え、主張する会社の組織運営は時間的コストがかかるかもしれません。これまでのスズキの特徴だった「即決即断のスピード経営」という良さを阻害するかもしれません。これまで、私が問題を指摘し、具体的な解決策を提示するケースが多かったのは事実です。しかし、それではダメだ。
【覚書き|自分がいなくなった後のスズキの理想とする未来像について語った言葉】


南場智子

「勝ちたい」という願望は強いですね。長く負けている時代があり、業界で負け組と言われていましたから、悔しさが擦り込まれています。


大河原愛子

私が「やりたい」と言ったことに対して父は慎重な姿勢を示すことが多かった一方で、母は私をサポートしてくれる役回りでした。実業家だった父は何事に対しても厳しく指導する人でしたので、母がバランスをとってくれたのだと思います。「両親が共に厳しくては子供も自由な発想ができなくなってしまう」。母はそのように思ったのではないでしょうか。


尾賀真城

シェアは買っていただいた結果、支持された結果ですから、我々にとっての通信簿です。だからものすごく意識はします。でも気にはしますが、シェアのためになんでもやるということではありません。利益の度外視など論外です。


菅野宏三

再就職の準備は、定年の10年以上前から始めておくといいでしょう。定年間際になって探し始めてもなかなか仕事は見つからない。


大島芳彦

家を作る時は「あれもこれもつけたい」と要素を足していくが、既にある家に対しては逆の発想で考えた方がいい。物件の持つ価値や住む人にとって本当に必要なものを見定め、それらを整理して編集し直す。余計なものを引いて、本当の価値を見極めることが大切だ。


池田貴将

次のような実験があります。Aチームにはむき出しでクッキーが入っている箱を、Bチームには同じ数の個別包装されたクッキーをひと箱与えました。するとAチームのほうが約4倍も速くクッキーを完食したのです。つまり必要な「アクション数」(実験では包みを開ける手間)が少ないほど、行動は速くなるということです。これを応用し、やりたいこと、習慣化したいことに関してはアクション数を減らし、やめたいことはアクション数を多くするように工夫すれば、「やりたいこと」に着手することができるでしょう。


稲盛和夫

楽観的に構想し、悲観的に計画せよ。計画するときには慎重に進めなければなりませんが、考えるときには楽観的に発想する。楽観的でないと、せばまったことしか思いつかない。


岩田松雄

成果を出すマネジャーは、仕事を任せるといっても部下に丸投げするわけではありません。理念や方針、目的といった大きな方向性をきちんと共有したうえで、具体的なやり方を本人に任せます。


村岡恵理

良い本との出会いはきっと良い友との出会いに等しい。人生には良い友をたくさん持ちたいものだ。


下田美咲

実際に、仕事として人の悩み相談を受けていた経験がもとになっています。小説を書いてみませんかというお話をいただいたとき、悩み相談なら書けるのではと思いました。人から相談されたときに答えに詰まったことがなくて。どれも私の中ではすでに悩み終えて解決していることだったから。私自身とても悩みやすくストレスに弱いんです。絶対に幸せでなければいやだ、というこだわりも強いので、幼いころから、悩みができたらすぐに具体的な作戦を立てて解決してきました。


波頭亮

20代というのは半分以上、仕事と会社、社会を知るための期間のような気がします。この間に腰を据えて頑張れば、30歳くらいで希望する仕事ができるようになるはずです。そして、この時期に一生の仕事を決める。三十にして立つためには、やはり20代は懸命に頑張るしかないでしょう。