名言DB

9419 人 / 110788 名言

北大路欣也の名言

twitter Facebook はてブ

北大路欣也のプロフィール

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

北大路欣也の名言 一覧

私がいつも現場で心がけているのは、「単純なこと」「なんでもないこと」をおろそかにしないと。慣れてくると当たり前になってくるからね。


知らない世界を覗く気持ちは、いくつになってもやまない。むしろ歳をとるごとに強まっているかもしれない。


易しいことを一生懸命やることが、将来、難しい仕事へとつながっていく。


新しいものに触れてみたい。モノを作られる方は、私が知らない世界であろうと、何かそこには生む努力、生むパワーが必ずあるはず。そのパワーや熱に接して、感じてみたい。


自分より若い俳優さんと接してみることは、いろんな意味で刺激と魅力がある。


いい仕事をして、いい人生を送る。そのためには、毎朝起きた瞬間の気持ちがポジティブか、ネガティブかって重要ですね。パッと目が覚めたときに何を思うかで、その日1日が決まる気がします。


私もときには「昨夜は眠れなかったなあ」とかネガティブな感情になる日もあります。でも、次の瞬間には、今日も頑張ろうと切り替えます。元気に自分のやるべきことをやっていく。そうしていい過ごし方をすれば、1日の終わりに快眠できる。それが、翌日のいい目覚めにつながる。


北大路欣也の経歴・略歴

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

西川徹(経営者)

意外かもしれませんが、トヨタは意思決定に関わる人たちの判断が速い。AIの自動運転などのプロジェクトに関して、何か問題があれば、常務クラスの人がすぐにミーティングを開き、解決してくれる。しかもいったんやろうと決めたことに関して、裏切ったり、はしごを外したりしません。


安田善次郎

苦しい仕事のうちにも愉快があることを発見するまでには、幾多の修養を積まねばならない。


田中仁(経営者)

メガネには、視力補正、目を守る、よりよく見えるという3つの機能を持たせています。しかし、これは全部外の世界に対してのもの。外の世界を見るものという発想を変えて、内側、つまり「自分を見る」という機能も実現できるのではないかという視点から開発に着手しました。目は心の窓、目は口ほどに物を言う、という言葉からもわかるように、目は非常に多くの情報を有しています。自身の状態を知ることで新しいライフスタイルを提供することを約束します。


竹内一正

どんな商品も、世に出した瞬間が価格が最も高く、時間とともに下落する。ピークを過ぎれば過剰設備となり、経営を圧迫してしまいます。


村井勉

ポルシェ924が1万2千ドルだから、価格を半分に設定して燃費を節約して挑戦しようといったら、技術屋が「インポッシブル(不可能)」とぬかしやがったんです。何がインポッシブルか、やってみろといって、2年で「サバンナRX‐7」を開発して逆上陸したら大成功です。


和田裕美

上手に話そうとか、面白い話をしようと思う前に、楽しく会話をしようと思うことが大切です。楽しいと思うことで、表情も柔らかくなり雰囲気もよくなります。


佐藤綾子(心理学者)

通勤の往復で通りかかるガラス戸などに映る自分の姿勢や顔を見ることも、ぜひ習慣化してください。英語には、「習慣は第二の天性」というおもしろいことわざがあります。顔の表情や身体動作、姿勢などに気をつかうことは、習慣化すれば誰にでもできることです。しかも一切の資本いらず、一円の出費もかからないのです。失敗しない初対面からの人脈づくりは、この習慣化にかかっています。


赤塚保正

柿安にとって「おいしいものをお値打ちに提供する」は絶対に譲れない価値観。そうでないと、社員が誇りを持って仕事ができなくなる可能性があるからです。


野口啓代

友達からすると、プロとしてのプレッシャーもあるし、結果も残さなくちゃいけないし。クライミング自体も危ない競技で、難しいイメージもあって、羨ましいと言うよりは「大変だな」と思われているんじゃないですか。でも、私は私で、就職して働き始めたみんなは毎日、朝早く起きて、仕事に行って残業して、大変だなって。


森川亮

プロセスではなく、結果で評価しましょう。ダメな人は、とかく「私はこんなに頑張ったのに」とプロセスを訴えてきます。しかし、ビジネスは結果がすべてです。結果を出していない人を高く評価すると、本当に結果を出した人が上司や会社に幻滅し、その会社にいるのが嫌になります。「結果を出しても評価しないような会社は、この先きっと伸びないだろう」という未来が見えてしまい、見切りをつけ、辞めてしまう。