名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

北大路欣也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北大路欣也のプロフィール

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

北大路欣也の名言 一覧

私がいつも現場で心がけているのは、「単純なこと」「なんでもないこと」をおろそかにしないと。慣れてくると当たり前になってくるからね。


知らない世界を覗く気持ちは、いくつになってもやまない。むしろ歳をとるごとに強まっているかもしれない。


易しいことを一生懸命やることが、将来、難しい仕事へとつながっていく。


新しいものに触れてみたい。モノを作られる方は、私が知らない世界であろうと、何かそこには生む努力、生むパワーが必ずあるはず。そのパワーや熱に接して、感じてみたい。


自分より若い俳優さんと接してみることは、いろんな意味で刺激と魅力がある。


いい仕事をして、いい人生を送る。そのためには、毎朝起きた瞬間の気持ちがポジティブか、ネガティブかって重要ですね。パッと目が覚めたときに何を思うかで、その日1日が決まる気がします。


私もときには「昨夜は眠れなかったなあ」とかネガティブな感情になる日もあります。でも、次の瞬間には、今日も頑張ろうと切り替えます。元気に自分のやるべきことをやっていく。そうしていい過ごし方をすれば、1日の終わりに快眠できる。それが、翌日のいい目覚めにつながる。


北大路欣也の経歴・略歴

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

照屋華子

優れたビジネス文書を書くうえでまず重要なことは、語彙量でも感性でもなく、何について書くのかというテーマと、読み手にどんな反応をしてほしいのかということが明確になっていることです。


漆紫穂子

学校改革に着手したとき、一度に変えようとしても何から手をつけていいかわかりませんでした。そこで、改革のスピードを優先させるため、まずは目の前の「見える小さなこと」から始めました。小さなことは成功しやすく、結果が目に見えます。そうすれば、「もしかしたら上手くいくかも」という前向きな気持ちが生まれてきます。そこで休まずに、続けざまに小さな成功を続けていくことで、正のスパイラルを生み出すことができました。


大原孝治

主語は常にお客様。お客様の目線に立てない限り、正解は見つからない。「自店の常識は、地域の非常識」だと肝に銘じるべき。


竹中平蔵

「戦略は細部に宿る」ことを知って準備することが必要。逃してはならないキーポイントが、小さな問題の中にはある。だからこそ、細部(小さなこと)から万全にしていく気持ちが重要。


槍田松瑩

まわりに惑わされず、自分の頭でよく考えて納得できる仕事、人生を目指してほしい。


柵山正樹

私が受配電システム事業所長だった頃の話です。当時の工場は、リードタイムが長く、仕掛かり在庫も多かった。運営効率を高めるため、私はほぼ毎日工場に入り、現場の班長に「力イゼン」の重要性を説いて回りました。現場の班長の中には、最初は反発するような態度の人がいたのは事実です。それでも私は何度もしつこく話をし、こちらの考えを伝え、相手にも考えてもらえるように努めました。最終的には現場で自らが考え、行動してくれるようになり、工場のリードタイムと仕掛かり在庫は半分になりました。


伊藤友則

将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


別所諒

会社で生き残るには、辞めさせられないための「守り」の仕事のしかたと、成果を上げて自分の評価を高める「攻め」の両方の力が必要になってくる。


棚橋弘至

絶対自分が正しいという確固たる信念がありましたから、どんなにブーイングされても凹みませんでしたね。頑固なんですよ。


松井忠三

人事の幹となる仕事は社員の給与の計算と管理です。ここはしっかりとやる必要がありますが、枝の仕事も発生する。たとえば勤怠管理の報告が各部門から上がってこないと、報告はまだですかといったサービス精神による電話のやり取りを頻繁にするようになります。さらに葉の部分では、子供が生まれたらこういうサービスがあります、通信教育はこういうのがありますとか、膨大な福利厚生のメニューまで用意し、仕事をつくる。これは余分な仕事であり、そういう枝葉を削ぎ落す作業を進めたのです。
【覚書き|人事部の作業見直しを行ったときを振り返っての発言】


清水亮

数学が得意な方がプログラミング思考に馴染みやすいとは思いますが、本質的には関係ないと思う。私は数学が苦手ですし(笑)。


柳井正

あらゆることは原点に返って、目的は何なのか、結果としてどういうものが必要なのかということを、よく考えないといけない。