名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北大路欣也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北大路欣也のプロフィール

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

北大路欣也の名言 一覧

私がいつも現場で心がけているのは、「単純なこと」「なんでもないこと」をおろそかにしないと。慣れてくると当たり前になってくるからね。


知らない世界を覗く気持ちは、いくつになってもやまない。むしろ歳をとるごとに強まっているかもしれない。


易しいことを一生懸命やることが、将来、難しい仕事へとつながっていく。


新しいものに触れてみたい。モノを作られる方は、私が知らない世界であろうと、何かそこには生む努力、生むパワーが必ずあるはず。そのパワーや熱に接して、感じてみたい。


自分より若い俳優さんと接してみることは、いろんな意味で刺激と魅力がある。


いい仕事をして、いい人生を送る。そのためには、毎朝起きた瞬間の気持ちがポジティブか、ネガティブかって重要ですね。パッと目が覚めたときに何を思うかで、その日1日が決まる気がします。


私もときには「昨夜は眠れなかったなあ」とかネガティブな感情になる日もあります。でも、次の瞬間には、今日も頑張ろうと切り替えます。元気に自分のやるべきことをやっていく。そうしていい過ごし方をすれば、1日の終わりに快眠できる。それが、翌日のいい目覚めにつながる。


北大路欣也の経歴・略歴

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

諸富祥彦

半ば強引に「実は自分もそうだ」と認めていくと、職場に出没する嫌われ者たちにも寛容になっていくでしょう。すると、「せめてここだけは直そうか。その方が職場のみんなも助かるだろう」という気持ちの余裕が生まれます。


坪田一男

性格的な強みを発揮するのに大事なことは、その強みをいつも頭に入れつつ、毎日1回は自分らしい新しいやり方で関連する何事かに取り組んでみることだ。それをせずに、ただ漫然と日常生活を送っているとしたら、たぶんいま以上に強みを発揮することはできないだろう。


澤田秀雄

厳しさや苦しさを乗り越えて継続し、より高い成長を目指す企業こそ、素晴らしい企業。


おちまさと

僕は会議で発言しない人は、謙虚さと図々しさを履き違えているんだと思います。口数は少なくてもいいのですが、ここは自分が魂を込めて語るべきところだと思ったら、嘘でもいいから自信満々に主張しないと駄目です。それもせずに、ただ謙虚なだけなんていうのは、周囲をムカつかせるだけです。


松尾静磨

当今は万事合理主義の時代になって、昔のような厳しい訓練がないので、いざという肝心なときに粘りがない。競技にしても、やれ向かい風が強かっただの、雨が降っていたのとコンディションのせいにするが、自分だけでなく相手も同じ条件でやっているのだ。日ごろの訓練が足りないから、とんでもない泣きごとを言ってしまうのである。


峰岸真澄

従来から私たちは、顧客企業の業績向上に寄与したいと考えてきました。美容院に対しては、営業担当が「来店頻度が2ヶ月に1回のお客様には、カットやカラーの安いプランを入れて、1か月後に来てもらいましょう」などと提案しています。今後は、データの分析を通じて、こうした提案力を高めていきます。


山崎元

ずっとその会社で働くとしても、会社には人事異動もあれば、合併や統合だってあり得ます。残業し、我慢をアピールして一時的に上司から評価が得られたところで、それがどれほどの意味があるのかな、と思います。


ヘレン・ケラー

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる。


中川政七・13代目(中川淳)

「良いモノを作れば売れる」という時代はとうに過ぎました。もちろん商品の重要性は変わっていません。それをいかに消費者に伝えるかを、重視すべき。


米山明日香

重要なことを繰り返すという手法自体が、話者の自信を醸し出す効果もある。


宮内義彦

深く突き詰めて考えるために、あえて考えない時間をつくることも大切。そのバランスを取らないと。


瀧本哲史

日本の苦境の背景にある原因のひとつが、全産業のコモディティ化です。コモディティとは本来「日用品」を指す言葉ですが、経済学では産業の発展に伴い、企業間で製品に有意な差がなくなり、どの会社のどの商品を買っても同じとなった状況をそう呼びます。日本企業の多くが価格競争で疲弊し、利益がどんどん減っているのもコモディティ化が大きな原因です。そして深刻なのは、商品だけでなく、働く人材にもコモディティ化の潮流が押し寄せていることです。