北大路欣也の名言

北大路欣也のプロフィール

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

北大路欣也の名言 一覧

私がいつも現場で心がけているのは、「単純なこと」「なんでもないこと」をおろそかにしないと。慣れてくると当たり前になってくるからね。


知らない世界を覗く気持ちは、いくつになってもやまない。むしろ歳をとるごとに強まっているかもしれない。


易しいことを一生懸命やることが、将来、難しい仕事へとつながっていく。


新しいものに触れてみたい。モノを作られる方は、私が知らない世界であろうと、何かそこには生む努力、生むパワーが必ずあるはず。そのパワーや熱に接して、感じてみたい。


自分より若い俳優さんと接してみることは、いろんな意味で刺激と魅力がある。


いい仕事をして、いい人生を送る。そのためには、毎朝起きた瞬間の気持ちがポジティブか、ネガティブかって重要ですね。パッと目が覚めたときに何を思うかで、その日1日が決まる気がします。


私もときには「昨夜は眠れなかったなあ」とかネガティブな感情になる日もあります。でも、次の瞬間には、今日も頑張ろうと切り替えます。元気に自分のやるべきことをやっていく。そうしていい過ごし方をすれば、1日の終わりに快眠できる。それが、翌日のいい目覚めにつながる。


北大路欣也の経歴・略歴

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

井上ゆかり(経営者)

社長になって改めて思ったことは、社員の士気をいかに高めていくか、ということの大切さでした。ビジョンを作り、人々を鼓舞し、モチベートして、結果を出す。これこそまさに経営者の仕事です。


清家修吾

当社は2年ごとに社長を替えています。社長が次々に代わることで、社内に「上に頼らず、何事も自分たちで解決しよう」という空気が醸成される。


池森賢二

新しい市場をつくるためには、一度ゼロに戻って部外者の視点でものごとを単純に考えなおすことが大事です。


荻原紀男

新しい技術にはリスクを取っていち早くチャレンジし、成功させてきました。既存の考え方や手法といった業界の図式にとらわれないスタイルは創業当時から変わりません。


中鉢良治

一流の技術者たちがひしめき合って、世界で一番を取るためにはどうしたらいいか、毎日活発に議論を戦わせ、切磋琢磨して競争力を高めていました。若き日の僕が、この環境から学んだものは計り知れません。
【覚書き|入社した1970年代後期から80年代のソニーの状況を振り返っての発言】


小杉竜一

さんまさんをはじめ、年収がすごい人はめちゃくちゃしんどいことをしています。種類が違うというか、ディープインパクト(三冠馬)に嫉妬するミミズみたいなもんですよ。その埋められない距離が、つらさの原因やと思うんですよね。まずは、ミミズが生意気にディープインパクトと自分を比べるなって話ですよ。

【覚え書き|成功者に嫉妬してしまうという相談者に対して】


山海嘉之

これからの人材は「開拓型」でなくてはならない。トップになる人は、手探りで未知の分野を開拓する必要があります。自らが発信して行動できる人間を育てなくてはいけません。


森永卓郎

仕事に付加価値をつけるために具体的に何をすべきか。まずは日々の業務の洗い出しから始めます。単調で誰がやっても同じような業務を効率化できないか、そこから考えてみましょう。そして、短時間で処理できる方法を見つけたら、余った時間をクリエイティブな業務に充てるべきです。


トマス・J・スタンリー

蓄財劣等生、とくに高所得を得る劣等生は、使う金が欲しいから働く。次から次へと贅沢な生活を追いかけていくために働く。経済的に自立するために働くのではないのだ。蓄財優等生と劣等生では、どちらのほうが仕事を楽しみ、満足感を得ているだろうか?私たちの調査によれば、蓄財優等生は働くことに喜びを感じているのに対し、蓄財劣等生は金のかかる生活を支えるために働かざるを得ないと感じている。


有馬朗人

日本的な考えでは「出る杭は打たれる」となって特定の人にだけ光を当てるような方策は嫌われますが、そんなことでは独創的な人間は生まれない。伸びる可能性のある子供たちの才能をどんどん伸ばしていく環境を我々がつくっていく必要がある。


矢倉英一

世の中が最悪の状況だからこそ、後は良くなるだけと思い、夢だった独立に踏み切った。


石川泰彦

介護業界は、大きな市場シェアを占める企業が存在せず、多くの中小企業で成り立っている業界です。日本の介護は業界リーダーを必要としています。業界リーダーとして相応しい規模を早期に築くとともに、リーダーとして相応しい行動がとれる会社になりたい。


徳岡邦夫

ある程度の力が身につけば、目の前の仕事に対して80%の力で当たっても、それなりにこなすことは可能でしょう。ところが、それを続けていると、80%と思っていた力がいつの間にか自分の全力になり、本気を出してもそれだけの結果しか出せなくなります。私の感覚では、101%の努力でようやく現状維持。そこからさらに自分を伸ばそうと思ったら、102%、103%の精進が必要だと思います。そう考えれば、全力投球の気持ちを忘れるわけにはいかないのです。


梁瀬行雄

人は立場や待遇が変わっても、そこでその人独自の能力が活かせることが実感できれば、落ち着いて仕事に専念できるものです。


大久保幸夫

「自分探し」という言葉がありますが、この「自分」は、探して見つかるものではありません。自分とは、仕事やそれを含めた生活のなかで築き上げていくものです。仕事を始めて少し経ったくらいでは、まだ「仕事における自分」はできていない。ないものを探しても、見つかるわけはありません。だから、20代で自分の適性を考えるのはまだ早い。もし、「仕事が合っていないのかなあ」と弱気になったときは、いまは自分をつくり上げている最中だと考えるべきでしょう。


ページの先頭へ