北大路欣也の名言

北大路欣也のプロフィール

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

北大路欣也の名言 一覧

私がいつも現場で心がけているのは、「単純なこと」「なんでもないこと」をおろそかにしないと。慣れてくると当たり前になってくるからね。

知らない世界を覗く気持ちは、いくつになってもやまない。むしろ歳をとるごとに強まっているかもしれない。

易しいことを一生懸命やることが、将来、難しい仕事へとつながっていく。

新しいものに触れてみたい。モノを作られる方は、私が知らない世界であろうと、何かそこには生む努力、生むパワーが必ずあるはず。そのパワーや熱に接して、感じてみたい。

自分より若い俳優さんと接してみることは、いろんな意味で刺激と魅力がある。

いい仕事をして、いい人生を送る。そのためには、毎朝起きた瞬間の気持ちがポジティブか、ネガティブかって重要ですね。パッと目が覚めたときに何を思うかで、その日1日が決まる気がします。

私もときには「昨夜は眠れなかったなあ」とかネガティブな感情になる日もあります。でも、次の瞬間には、今日も頑張ろうと切り替えます。元気に自分のやるべきことをやっていく。そうしていい過ごし方をすれば、1日の終わりに快眠できる。それが、翌日のいい目覚めにつながる。

北大路欣也の経歴・略歴

北大路欣也、きたおおじ・きんや。日本の俳優。映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれる。京都府出身。早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。13歳で映画デビュー。その後、数多くの映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

ページの先頭へ