名言DB

9425 人 / 110833 名言

北修爾の名言

twitter Facebook はてブ

北修爾のプロフィール

北修爾、きた・しゅうじ。日本の官僚(通産)、経営者。「阪和興業」会長。東京大学経済学部卒業後、通商産業省に入省。外務省ロサンゼルス日本国総領事館領事、大阪通商産業局商工部長、日本貿易振興会ジャカルタ・センター所長、関東通商産業局総務企画部長、経済企画庁長官官房審議官、阪和興業常務・社長・会長を務めた。

北修爾の名言 一覧

上意下達、下意上達の双方向、かつ部門間の壁も破って侃々諤々(かんかんがくがく)議論した。すべてが大仕事だったが、本業重視の旗印の下、役員・社員がやる気を出し、会社の建て直しに励んでくれた。


私は社長に就任してすぐに目安箱の故事に倣い、社員から「社長への手紙」を募った。全社員の3分の1の約400人から手紙をもらい、社内の問題点が手に取るようにわかった。


バブル期における当社の最大の問題は、大阪本社は当時会長の父・二郎が、東京本社は社長の茂が引っ張っていて、実質的に会社が二つに分断されていたことだ。人事の定期交流も少ない歪な状況だった。


「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」。この言葉は江戸時代中期に米沢藩を再生し、名君と謳われた上杉鷹山公が遺した教訓です。この言葉を、いつの頃からか母は私に言い聞かせていました。目標を立てたら、それに向けて動け、というこの教えは私の人生の様々な節目に影響を与えてきました。


難しい案件は、それが本当に会社のためになるのかどうか、経営陣全員がよく議論する。トップの独断専行に陥らないようにすることが大事。そして、商社としてユーザー(顧客)のために仕事をする。それが今の阪和の活力になっている。


バブルのときに茂社長は財テクにのめり込んだが、当初は上手くいっていたこともあり、社長の暴走を社内の誰も止めることはできなかった。社長に諫言(かんげん)した人はいたが、会社を去ってしまった。そうして会社として軌道が修正されないまま、バブルが崩壊し、株価が落ちて信用が失墜するという市場の圧力によって、初めて暴走が止まった。その後、私が社長になって、社外取締を招いて客観的な目での経営監視をお願いした。


94年1月に(北)茂社長の退任の発表と同時に日本経済新聞をはじめ各紙で約1300億円もの阪和の大規模な特別損失が報じられ、私が再建を託されることになった。51歳の若さで上場企業の社長になるので霞が関の元同僚からも関心を持たれ、「よく焼け火ばしを握ったなあ」とも言われた。阪和の株価は信用不安で奈落の底へ落ちていた。ただ、営業基盤はしっかりしており資産も残っていたので、財テク資産を損切りしても債務超過にはならないと考えていた。頑張れば再建できると。


北修爾の経歴・略歴

北修爾、きた・しゅうじ。日本の官僚(通産)、経営者。「阪和興業」会長。東京大学経済学部卒業後、通商産業省に入省。外務省ロサンゼルス日本国総領事館領事、大阪通商産業局商工部長、日本貿易振興会ジャカルタ・センター所長、関東通商産業局総務企画部長、経済企画庁長官官房審議官、阪和興業常務・社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

安藤徳隆

チキンラーメンやカップヌードルぐらい市場で圧倒的なシェアを持つ商品があれば、恐らく10年はそれで食べていけます。すると大企業病といった甘えの構造が出てくる。「このままでは、いつか滅びるかもしれない」。この危機感を常に持っています。


小宮山宏

自分は完全ではない。いつでも人に教えを請い、刺激を受けたい。そうやって一生学び続ける態度をとれるかどうか。自分の頭で考えられる人は、決して自説に凝り固まってはいけません。


羽生善治

よほど先見性のある人でない限り、「自分が進むべき羅針盤を見つけることができて、それがいつも合っている」ということは、ほとんどないと思います。羅針盤は、「方向性が完璧に合っていないといけない」わけではなく、大まかでいいわけです。北に行くのか、南に行くのかさえ間違えなければいい。行きたい方角が間違っていなければ、少しずつ軌道修正しながら、だんだんと目的地に近づくことはできるはずです。


高田明(ジャパネットたかた)

スティーブ・ジョブズはプレゼンが上手いとよく言われますが、1か月前からプレゼンのプロを雇って、部屋にこもって猛勉強していたそうです。それぐらいやらないと伝わりません。


小笹芳央

成長や進化は、右肩上がりではない。1ステップごとに必ず、踊り場が来る。そこを耐えて努力することで、ブレークスルーの瞬間が訪れる。組織も個人も同じ。


野矢茂樹

本当は八方ふさがりじゃなくてどこかに隙間があるかもしれない。それを「八方ふさがり」と言い切ってしまうことで、その隙間を探そうという姿勢が断ち切られる。一方の言い分と他方の言い分にはどこか妥協できるラインがあるかもしれないのに、「板ばさみ」と言い切ってしまうことで、妥協の可能性に目が向かなくなってしまう。


村木厚子

仕事を続けること、生きていくことは困難の連続かもしれませんが、「何とかなる」ものです。だから諦めずに歩みを進めてほしい。


二宮雅也

他社の動きは参考にはしなければいけませんが、そこだけに囚われることなく、我々自身の哲学に基づいてやり切っていかなければいけない。


森川亮

僕たちは今、収益を二の次にしています。もちろん収益も上げていますが、そのすべてをサービス開発の原資に回しています。これも僕たちが上場していないからこそできることです。


馬場じむこ

できない部分を補ってもらい、できる部分で成果を出すという方法なら、最短の時間で円滑かつ効率的に仕事をこなすことができます。