名言DB

9413 人 / 110706 名言

北井博の名言

twitter Facebook はてブ

北井博のプロフィール

北井博、きたい・ひろし。日本の経営者。「高栄ホーム」社長。滋賀県出身。ハウスメーカー勤務を経て高栄産業(のちの高栄ホーム)に入社。父の急逝により24歳で同社を継承。不動産業に進出し同社を成長させた。

北井博の名言 一覧

いろいろなところに出向いて、人の話を聞き、そこで浮かんだアイデアを形にしていくのが好きなんです。


信用第一に、ひとつひとつの仕事を着実にやってきたからこそ今がある。


迷った時に面と向かって相談できる絶対的な存在がいないから、「先代ならこういう時はどうするかなあ」と考えることが今もよくある。


志は、衆知を集めることではじめて達成できると、最近つくづく思います。親父(創業者)は賢かったけど、私はそうではないしね。そして、衆知が自分の元に集まってくるためには、やっぱり信用がないとダメ。


信用を得るために心がけてきたのは、やはり事業を着実に遂行していくことですね。当たり前のことですが、取り掛かったら最後までやり遂げる。一つ失敗したら会社がふっとんでしまいますから、ひとつひとつのプロジェクトを大事にしてきました。


当社の発展要因の一つは運がよかったこと。実はこれが一番です。私は運のよさだけでやってきたようなものですから。不思議ですよ。私は思ったことが叶うんです。シンクロニシティって言うんですか。それはもう、びっくりしますよ。


北井博の経歴・略歴

北井博、きたい・ひろし。日本の経営者。「高栄ホーム」社長。滋賀県出身。ハウスメーカー勤務を経て高栄産業(のちの高栄ホーム)に入社。父の急逝により24歳で同社を継承。不動産業に進出し同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

陰山英男

読む、書く、聴く、話すの4つを比較すると、書くことが一番脳を動かすんです。聴くことが一番動かない。よく「シャワーのように英語を聴きなさい」といったりしますけど、聴くだけではなく、書くことにも注目してほしいですね。


勅使河原茜

初代家元である祖父の蒼風は、型通りにいけるいけばなに疑問を持ち、華道家である父親と決別して草月流を創流した型破りな人。「建築が変われば空間が変わり、花も変わる。時代とともにいけばなも進化する。床の間だけで花をいけてはダメだ」というのは、創流当時からの教えです。


涌井雅之(涌井史郎)

交通機関も、人や物を運ぶだけでなく、今ではコトを提供する場に変わっています。エキナカがいい例です。魅力的な商業空間が、駅の構内にどんどん生まれています。情報の拠点にもなっています。


佐藤優

完全に嘘をついてしまえば、それを隠すために大変な労力が必要になる。逆に言うならば、相手に嘘をつかせたら交渉事で有利に立てる。


三木雄信

計画内容をメンバー全員とキッチリ共有しようと思うのなら、ポイントを7つくらいまでに抑え、A4二枚以上書いてはいけません。


魚谷雅彦

資生堂の問題は、あらゆる商品に資生堂ブランドを付けたことにある。化粧品だけを扱っている時代は企業とブランドが一緒でもよかったが、(シャンプーなどの)トイレタリーまで商品を広げる過程で、資生堂というブランドの価値が拡散してしまった。今後は、どのブランドに資生堂のロゴを付けて売るかを検討していく。


山梨広一

提案書にはプロセスや分析よりもまず結論をわかりやすい言葉で書くことが必要です。現状やデータに基づいて論理的にシミュレーションされた複数の可能性の中で、実現可能性と思うものを3つくらいに絞り、結論としてクライアントに明示するのです。相手の心に突き刺さる短いメッセージが書けないのであれば、提案のどこかに現実味が欠けていたり、論理が破綻している可能性が高い。


香山リカ(精神科医)

みんなに認めてもらえる働き方をめざす自分に疲れを感じるなら、いっそ自分磨きをやめてもいいと思います。仕事で輝かなくてはいけないという考え方は、普遍的ではありません。日々の生活ができればいいという考え方があってもいいはずだし、経済的に豊かではなかった時代はそれが当たり前でした。


冨山和彦

変わることりができた会社にはチャンスが広がるけど、変われなかった会社は消えていくだけ。そういうことを腹を据えてトップが決断できるかどうか。


高橋恭介(経営者)

まず社員の本音を「見える化」するところから始め、組織の根本的な問題を解消へと導きます。社員のモチベーションが低かったり、現場の声がトップに届かないというような問題がたくさん存在するのですが、改善策に向けて徹底的に見える化を行います。


林文子

営業で人との出会いを楽しむためには、「誠実であること」「謙虚であること」「相手の立場をよく考えること」が大切です。笑顔できちんと挨拶して、相手の話をしっかりとうかがう。内気な方でも、相手の話を聞くことはできるでしょう?そして、訪問先の会社のことをよく調べて、相手の方のビジネスについておうかがいするんです。


出口治明

「あなたは間違っている」と言ってくれる人をそばに置かない限り、人は必ず間違う。


船ヶ山哲

多くの人がビジネスを無残にも失敗させてしまうのは、商品を作ってから「買ってくれる人はどこにいるのか」を探すからです。成功者は決してこのような考え方を持っていません。まず、戦う市場を一つ定め、その内側に向けてメッセージを打ち出します。「商品は一つでも市場はたくさんあり、どの市場で戦うかで勝敗は決まる」からです。


楡周平

とりあえず様々な情報を、自分の頭の引き出しの中に放り込んでおけば、何かの拍子に別々の知識が組み合わさり、アイデアとなって湧いて出てきます。それが、人とは違う発想力につがなるのです。


亀梨和也

役者以外の仕事をしていることはリスクでもあるし、だからこそ出せるものもあるのかな。