名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北井博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北井博のプロフィール

北井博、きたい・ひろし。日本の経営者。「高栄ホーム」社長。滋賀県出身。ハウスメーカー勤務を経て高栄産業(のちの高栄ホーム)に入社。父の急逝により24歳で同社を継承。不動産業に進出し同社を成長させた。

北井博の名言 一覧

いろいろなところに出向いて、人の話を聞き、そこで浮かんだアイデアを形にしていくのが好きなんです。


信用第一に、ひとつひとつの仕事を着実にやってきたからこそ今がある。


迷った時に面と向かって相談できる絶対的な存在がいないから、「先代ならこういう時はどうするかなあ」と考えることが今もよくある。


志は、衆知を集めることではじめて達成できると、最近つくづく思います。親父(創業者)は賢かったけど、私はそうではないしね。そして、衆知が自分の元に集まってくるためには、やっぱり信用がないとダメ。


信用を得るために心がけてきたのは、やはり事業を着実に遂行していくことですね。当たり前のことですが、取り掛かったら最後までやり遂げる。一つ失敗したら会社がふっとんでしまいますから、ひとつひとつのプロジェクトを大事にしてきました。


当社の発展要因の一つは運がよかったこと。実はこれが一番です。私は運のよさだけでやってきたようなものですから。不思議ですよ。私は思ったことが叶うんです。シンクロニシティって言うんですか。それはもう、びっくりしますよ。


北井博の経歴・略歴

北井博、きたい・ひろし。日本の経営者。「高栄ホーム」社長。滋賀県出身。ハウスメーカー勤務を経て高栄産業(のちの高栄ホーム)に入社。父の急逝により24歳で同社を継承。不動産業に進出し同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

牛尾治朗

青い鳥というのは自分の手のひらの中にあっても、懸命に探さなければ見つけ出すことはできないものなのです。会社でも同じです。目的意識は自分自身で見つけ出さなければいけません。自分の才能の開発も、みずから求めて見つけ出すものです。


竹下雄真

運動への苦手意識が先に立つときは、体を車にたとえて考えてみてください。年式が古くなると傷んできますから、絶対にメンテナンスは必要です。そのほうが故障が減りますから。走らずにずっと置いておいてもダメですし、ある程度走らせておかないとエンジンにもガタが来る。だからいい感じに走って、いい感じにメンテナンスして、大事に乗ることが大切。


小林佳雄

他人のブランドにぶら下がるのは、本質論ではない。自分を出していかないとお客は信用してくれないし、部下も信用してくれない。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

自分の行動を振り返ってみる。それによってムダな出費に気づくことができ、翌月から改善していくことで、貯蓄が徐々に増えていく。


原田泳幸

お客さまにとっての商品価値はお客さま一人ひとり異なります。おいしさ、質の高さ、安全性はもちろん、クイックサービスやおもてなし、便利な店舗立地、24時間営業など、見える価値、見えない価値さまざまです。それら価値がお客さまにとってのご満足につながって初めてお客さまがその対価をお支払いいただける。


眞鍋淳(真鍋淳)

かつて研究所にいた私は、製薬会社におけるゴールを「新たな薬を創り出す」という次元でとらえているところがありました。しかし、筑波大学に派遣され、附属病院病理部で指導を受ける中、手術中の迅速病理診断、病理解剖など、がんと戦う臨床の現場を目にし、私の意識が変わりました。製薬会社の本当のゴール、本当の価値は、「新薬が確かな治療効果をもたらし、患者さんの人生に貢献すること」だと強く実感したのです。


坂本光司

福利厚生制度についていえば、できることから順番にやっていけばいい。周りの会社と比べる必要もありません。まずは社員とその家族が最も必要としていることは何か。それをしっかり見極めることが第一歩です。


小林弘人

語るべきものがないという企業でも、掘り下げていけば必ず何かが出てくる。提供する商品やサービスのエッセンスを抽出することは、企業にとって「核心探し」の作業でもあります。そこで自社の本質が見つかれば、顧客とどう付き合っていくのか、あるいはどんな商品を提供していくのかが見えてくる。メディアを作ることは、自社を再認識し、戦略を再確認することでもあります。


廣岡哲也

マーケットには出ていないが、顧客が本当は欲している商品を提供しよう。


夏野剛

仕事が速い人は、いまこの場でできることはこの場でやってしまいます。たとえば、次の会議までに15分の空き時間があるなら、メールの返信や顧客訪問のアポ入れなど、いまやるべきことにすぐに取りかかります。たとえ15分でも無駄にしません。


傳田信行

62歳のとき、ゼロからピアノを始めました。腎臓の移植手術後、いままでのような仕事人間ではなく、やりたいことをやろうと。講演は緊張しませんが、ピアノの発表会は超緊張する。集中が大切。少しでも他のことを考えると、手が止まる。僕も人間だな(笑)。


なかにし礼

がんを乗り越えた今は、これまで生きた73年が助走期間であったと感じています。ガンを克服するという体験をした者だから書けるものを送り出していくこと。そういう意識と意志を持ち、努力を持続させ、進化し続ける。それが僕のやるべきことだと思っています。