名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

北上弘明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北上弘明のプロフィール

北上弘明、きたがみ・ひろあき。日本の経営コンサルタント。「マネージ・コンサルティング」代表。著書に『儲かる「商社ポジション経営」のやり方』。

北上弘明の名言 一覧

最初に自分が実現したいことを明確にすべきです。「会社をやめたい」などの後ろ向きな目的ではなく、「年収を倍にしたい」「このサービスを広めたい」など、プラスの目的を持つこと。それを原動力に、実現できる方法を考えることが大事ですね。「失敗したら死ぬ」くらいの気迫と根性も重要。必ずうまくいかせる前提で準備しましょう。


起業に必要なものは100%、アイデアだと思います。第三者の作為で多くの大手企業が風評被害を受けていた。業績や採用にも関係する部分なので企業のウェブ上の風評被害を解消する事業なら需要があると考え事業化しました。


開業後、東日本大震災の影響で苦戦した時期も、「リスクマネジメントの必要性」を訴えるアイデアで乗り越えた。発想力を磨くことは、抜かりない準備とリスク回避につながると思います。


個人起業でも上場企業と取引できたのは、「誰ならつき合えるか」よりも、「誰とつき合いたいか、どうすればつき合えるか」を考えたから。


現在、自分の成功モデルの正しさを証明するために、中小企業の経営コンサルティングも手がけています。自分が考えたことをすぐに実現できるのは起業したからこそですし、多くの経営者に頼りにしてもらえることが、今ではお金以上のやりがいになりました。


起業と倒産を経験したので、「成功の継続」と、「固定費の徹底削減」も念頭に置きました。社員を大量雇用し、人件費で苦しんだ経験があったので、固定費は徹底削減。費用をかけるべき部分と、かけない部分についてしっかりと考えました。全てをクリアできる方法を考え抜くことで実現できましたね。


北上弘明の経歴・略歴

北上弘明、きたがみ・ひろあき。日本の経営コンサルタント。「マネージ・コンサルティング」代表。著書に『儲かる「商社ポジション経営」のやり方』。

他の記事も読んでみる

ファンキー加藤

斜に構える姿勢は捨てて、1人の頑張る男として、1日1つ必ず音楽のために何かすると決めたんです。そうやって半歩ずつ、1ミリずつ前に進んだ結果、28歳でデビューすることができた。ステージに立つと、俺たちを必要とする人たちがいてくれる。音楽に真剣になって初めて、僕は自分が必要とされる場所を見つけた。


平野秀典

ビジネスもエンターテインメントもお客様の喜びを生み出すアプローチは同じ。トップセールスと一流の役者は同じスキルを磨いているのです。


吉川晃司

重心を低くキープできるようになったというか、打たれ強くなりました。怖いものがなくなりましたね。40くらいで人生折り返し、なんてよく言うけど、スゴロクじゃあるまいし、折り返してどうするんだよって思うんですよ。
【覚書き|40代になった感想を聞かれての発言】


津賀一宏

コア事業にこだわっていては一本足打法になってしまいます。


海老根智仁

自分の仕事人としての目標が何なのかを考え、それを達成するためにやるべきことを決めれば、時間に流されるという感覚は減るのではないでしょうか。私も社員に、「自分の目標を持ちなさい。そのためにはまず、1週間に30分でもいいから自分を見つめる時間をつくりなさい」と口酸っぱくしています。


福原裕一

スーパースターが「俺が、俺が」と突出していくブラジル型サッカーではなく、お互い能力をカバーしながら勝利を目指すイタリア型サッカーのようなチーム運営を心がけています。その結果、相乗効果が発揮されています。


細川馨

人1人、会社1社で分かること、できることには限りがあります。私の基本スタンスは「分かる人に聞く、できる人に任せる」です。


朝倉孝景(朝倉敏景)

我も一個の人間として、不思議に今日まで生きながらえて、かく国を握って立つようになったが、その間、日夜を分かたい工夫努力をし、ある時は諸方からその道の達人を集めて、その語るのを聞き、つねに怠らぬ注意をして、今に至っている次第である。


澤田秀雄

企業理念が必要だと感じ始めたのは、創業から2~3年が過ぎたあたりからですね。社員が倍々に増え始めたのはいいのですが、ベンチャー企業でしたから、社員のほとんどは中途採用で、しかも若手です。だから、ものの考え方や理念をきちんと示しておかないと、会社が発展しないと思いました。


福島和美

どんな時代になっても封筒は絶対に無くなりません。でも、封筒とは何かを考えると、それは情報を届けるための1つの手段だと気が付きました。当社が扱ってきたものは「情報を届ける資材」だと考えれば、封筒にこだわる必要はないわけです。


原安三郎

拝見するとお宅の御嬢さんたちはまるで婚礼のようなきらびやかな姿でいられる。それなのに山では給料遅配のため、険悪な空気がみなぎっています。ここに採金を持ってきたが、これは現金に換えてもらって絶対に持っていく。
【覚書き|薬丸金山の会計の仕事をやっていた際の発言。本社から山の労働者たちに給料が支払われなかったので暴動が起きそうになった。そのため直接社長の家に行き直談判した際の発言】


石原壮一郎

できる上司もそうじゃない上司も、「いい上司」「分かっている上司」になりたい、そう思われたい欲望を胸の奥に抱いている。