北上弘明の名言

北上弘明のプロフィール

北上弘明、きたがみ・ひろあき。日本の経営コンサルタント。「マネージ・コンサルティング」代表。著書に『儲かる「商社ポジション経営」のやり方』。

北上弘明の名言 一覧

最初に自分が実現したいことを明確にすべきです。「会社をやめたい」などの後ろ向きな目的ではなく、「年収を倍にしたい」「このサービスを広めたい」など、プラスの目的を持つこと。それを原動力に、実現できる方法を考えることが大事ですね。「失敗したら死ぬ」くらいの気迫と根性も重要。必ずうまくいかせる前提で準備しましょう。


起業に必要なものは100%、アイデアだと思います。第三者の作為で多くの大手企業が風評被害を受けていた。業績や採用にも関係する部分なので企業のウェブ上の風評被害を解消する事業なら需要があると考え事業化しました。


開業後、東日本大震災の影響で苦戦した時期も、「リスクマネジメントの必要性」を訴えるアイデアで乗り越えた。発想力を磨くことは、抜かりない準備とリスク回避につながると思います。


個人起業でも上場企業と取引できたのは、「誰ならつき合えるか」よりも、「誰とつき合いたいか、どうすればつき合えるか」を考えたから。


現在、自分の成功モデルの正しさを証明するために、中小企業の経営コンサルティングも手がけています。自分が考えたことをすぐに実現できるのは起業したからこそですし、多くの経営者に頼りにしてもらえることが、今ではお金以上のやりがいになりました。


起業と倒産を経験したので、「成功の継続」と、「固定費の徹底削減」も念頭に置きました。社員を大量雇用し、人件費で苦しんだ経験があったので、固定費は徹底削減。費用をかけるべき部分と、かけない部分についてしっかりと考えました。全てをクリアできる方法を考え抜くことで実現できましたね。


北上弘明の経歴・略歴

北上弘明、きたがみ・ひろあき。日本の経営コンサルタント。「マネージ・コンサルティング」代表。著書に『儲かる「商社ポジション経営」のやり方』。

他の記事も読んでみる

桐山一憲

そんなにかかるのか、と思われる方もいるかもしれないが、風土改革は最低でも10年はかかると考えた方がよい。こうした、組織の認識を変えていくような取り組みには「ここで終わり」ということがないのが常である。仕組みからのサポートと風土改革を継続的に進めなければ、制度の運用が進まない。ということは、運用がうまくいけば効率化するのにそれが実現せず、結果として効率化から得られたはずの成果を、著しく損なうことにもなりかねない。


谷真

ニーズをつかむためのロジックと、そのニーズに応えるためのクリエイティビティ。この二つがマーケティングの両輪であり、最も重要なこと。


森下篤史

天ぷらを揚げるのには油を170℃にし、3分もあれば、うまい海老天が揚がる。40℃の油に10時間海老を入れたって、天ぷらにあらず。君の努力は40℃。


山崎将志

時代に合わせて、お客様が求める商品やサービスを生み出していかなければ、組織は存続できません。


北沢利文

変にその場しのぎの判断や行動をとってしまうと、後で考えると回り道になっている。


宮田亮平

もちろん芸術で自活できるかという問題は残るかもしれません。本学でも、オルガン一筋で頑張ってきた学生が、このままでいいのかと不安を訴えてきたことがあります。将来を考えたときに、音楽家を職業にすることに現実味が持てなかったのでしょう。しかし、ひとつの目的に向かって死に物狂いで努力して道を極めた子なら、たとえ他の道に方向転換しても、それを基礎力にして踏んばれるものなんです。


南場智子

うちは何でもオープンなのです。良くない出来事も多いですが、私たちの中では恨みつらみになっていないので、あまり陰のエネルギーは出ないのかなと思いました。


マイケル・オン

仕事上のミスなど、注意すべき場面はたしかにありますが、問題が起きてもすぐには手も口も出さず、部下が自分で解決するチャンスを与えること。そのうえで、うまくいかなかったときは叱りつけずに責任をとってやること。何を語るかより、リーダーとしての姿勢のほうが重要ではないでしょうか。


桑畑英紀

部下にとって上司っが同じ船に乗っているんだという「納得感」を与えることができるかがポイントです。部下だけが船に乗っていて、上司は川岸から「波がどうなっているか報告しろ」「船に問題があるのなら報告しろ」と言っているようでは駄目です。上司も船に乗り込み、「きつくないか」「どのルートが効率的か」と、一緒に考えなければなりません。


庵野秀明

近代史を勉強した方が、最新の流れが見えるというだけですね。古いものは、ある程度分かっているから。主流というのを見極めて、その上に接ぎ木するみたいにしないと。一からやるのもできるんだけど、それでは効率が悪すぎる。その次を見通してやった方が、成功する確率が高い。


大西洋

この先、縮小する市場の中で成長を続けるには、我々が既存の壁を越え、新たな場所や事業に乗り出さなくてはならない。それを成功させるには、我々の強みを武器にする必要がある。


神田昌典

いま市場において圧倒的なポジションを獲得しているビジネスは、顧客から指名検索(企業名、商品名、サービス名の直接検索)で検索されています。そして、ライバルなきフィールドにおいて、圧倒的な安定性と成長性を実現しています。だからこれらのビジネスは、「営業や広告をしなくても、顧客を集めることができる」のです。


中島輝

イライラはペン1本で解決することができます。相手へのイライラをぶつけるように、全力でペンを握りしめます。5秒ほどしたら手を緩め、嫌な感情と一緒に手放すイメージでベンを転がします。「こんなことで怒りが晴れるかよ」と思うでしょうが、思いのほかスッキリして気分も上がる効果があります。嫌な感情を捨てるイメージの力に加え、全力で握った後に脱力することで、リフレッシュできて嫌な気分から開放されます。


岩田松雄

30代は「才」、40代は「徳」を学ぶ時期。才とは仕事に直結するスキル。徳とは人間的魅力、自己修養のこと。


常陰均

厳しい交渉で大切なのはしっかりした理屈と誠意を持ち続けること。


ページの先頭へ