名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

包行均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

包行均のプロフィール

包行均、かねゆき・ひとし。日本の経営者。運搬車・草刈り機メーカー「筑水キャニコム」社長。福岡県出身。第一経済大学(のちの日本経済大学)卒業後、近藤鉄工を経て、父の創業した筑水農機に入社。営業本部長などを経て社長に就任。同社を大きく成長させた。著書に『ものづくりは、演歌だ』。

包行均の名言 一覧

コストアップ経営の時代が来ると思う。ダウンじゃなくて、アップね。品質問題が騒がれているけど、元をたどればコストダウンに行き着く。確かにコストダウンは必要でしょうけど、行き過ぎが品質の悪化を招いているんじゃないか、と。


そもそも安い高いっていうのは比較対象があるから。唯一無二の製品だったらそういうのはない。


中小企業は量を追わなくてもいいから、ニッチな商品を作って世界中のニッチな市場に出ていける。そのニッチ市場で独占的なシェアを取れば、絶対大企業は来ない。そういうところを探していけば、価格競争にも陥らない。コストダウンだって必要ない。


中小企業が生き残るためには「DNB」が不可欠。「D」はデザイン、「N」はネーミング、「B」はブランディングのこと。この3つがないと小さな企業は存続できない。


うちは、お客さんから、「安くしてくれ」なんて言葉は聞いたことないよ。もしそういう声があるとすれば、それは、顧客じゃなくて、楽をしてモノを売りたい販売店の要望だと思いますよ。1人でもそれを欲しがるお客さんがいれば、それをきちんと作ればいいじゃない。


「世界初、業界初の商品」を連発しないと、これからは厳しいんじゃないかな。消費者はもう「安いものにはそれだけの価値しかない」と気づいてるわけだし、良いものを安くつくることしかできない会社は失速していくはず。


「農機具にネーミングやデザインなんて関係あるかい」と思う人もいるだろうけど、それは現場を見てないだけ。皆さんが知らないだけで、今は農業に携わる方だって「隣の田んぼのおっさんとは違う、格好いい農機を使いたい」と思う時代になってる。


ただ高性能な農機を低コストで作るだけでは、もう商売は伸びないと思う。社会が成熟する中で、消費者が商品を選ぶ基準は今や性能や価格だけではない。農機だって同じ。じゃあ、機能や値段に代わる新しい基準は何か。それはネーミングであり、デザインだよ。


技術屋がすぐに「できます」と返事をする場合は、たいしたものはできない。反対に「絶対に作れません」と言う場合は、すごい新商品になるんです。


最高級のお客さんのボヤキは、実は、インタビュー時のビデオカメラを止めた後、カメラをしまってさあ帰ろうかというときに、ぽろっと本音が出ることがある。それを拾える営業マンこそ、最高の営業マンです。


世の中全体がコストコストと言うせいで、安い物を作れば売れると思っている人が多いですが、そんなことはありません。うちのお客さんは、本気で農業をやっているプロ中のプロ。そういうお客さんに、高くても買ってもらえる機械だけを作っているのです。


たとえば当社の「草刈機まさお」の場合、環境が厳しい地域に行けば行くほどシェアが大きくなります。九州なら宮崎の高千穂町や熊本の小国町。こうした「うちの商品じゃないとダメ」という地域が、日本にも世界にも点々とあるのです。


子供の頃、家の手伝いで草刈りをやらされるのが嫌で嫌で、ゴーカートに乗って走り回っているうちに草が刈れたらいいなと思っていたんですよ。


中小企業も「DNB(デザイン、ネーミング、ブランド)」が大事と言ってきたけど、農機業界でもそう考える経営者は増えている。最近では、草を集める農機「ブッシュカッタージョージ」がアメリカで大ウケしました。ブッシュ(やぶ)をカッターするからブッシュカッター。ブッシュとくればジョージ。


うちは、研究開発の段階から、必要な部分ならなんぼでもコストをかけて作れと言ってる。お客さんが本当に欲しいのはどんな商品か知るためのマーケティングにもコストをかけています。いい商品を作るには、お客さんの「ウォンツ」を集めるしかないからです。そこを削って安くして、お客さんは喜ぶの?


今後、企業の明暗を分ける要素を挙げれば「顧客のボヤキを聴き取る力」だろうと思う。業界問わず、ヒット商品を開発する最も簡単な方法は、顧客にどんなものが欲しいか聞くこと。ところがいまは顧客自身も何を欲しいか思いつかなくなってる。そんな状況で、潜在ニーズを発掘するには、営業や販売の現場で顧客がふと漏らす小さなボヤキを辛抱強く集めるしかない。うちなんか営業担当者にビデオカメラを持たせ、顧客訪問の一部始終をなるべく記録し、ボヤキを拾い損ねないようにしてる。


我が社の売れ筋である乗用雑草刈り機「草刈機まさお」。ユニークなのは商品名のみならず。赤と黄色を基調にしたF1風のデザインも目を引くし、性能面でも妥協はなく、30度の傾斜地でも苦もなく草を刈れる四輪駆動仕様。草刈り機なのに四駆。その分、一般の草刈り機の約2倍の価格設定だけど、それでも売れている。坂がなくて四駆じゃなくてもいいのにまさおを買って、「ヘイヘーイ!!」と孫に自慢したいわけ。こうした農機が増えると日本の農村も明るくなっていくと思う。


(「草刈り機まさお」は)赤と黄色を基調にしたF1風のデザインも目を引くし、性能面でも妥協はなく、芝の長さも自在に調節できるし、30度の傾斜地でも苦もなく草を刈れる4輪駆動仕様。価格は高いんだけど、日本中の田畑を走り回っているよ。孫たちに自慢できるんだろうな。乗っている農家のおじいちゃんもみんなどや顔。我ながらいい製品を作った。自信作だよ。


中小企業はちょっと頑張ったら、海外の売り上げはすぐ2倍になる。遊び心を持って、どんどん出ていけばいいんじゃないかな。キャニコムは今、46か国に進出しているけど、新しく出ていく国を決める時、最初から代理店頼みとか、何が売れそうかとか、考えて行ってない。あーこの国に行きたいな、ってまず思って、そこから考える。


包行均の経歴・略歴

包行均、かねゆき・ひとし。日本の経営者。運搬車・草刈り機メーカー「筑水キャニコム」社長。福岡県出身。第一経済大学(のちの日本経済大学)卒業後、近藤鉄工を経て、父の創業した筑水農機に入社。営業本部長などを経て社長に就任。同社を大きく成長させた。著書に『ものづくりは、演歌だ』。

他の記事も読んでみる

冨山和彦

仕事が速くなるために一番よい方法は、自分の処理能力をはるかに超える仕事量を抱えること。これなら、イヤでも身につきますね。そこまでしなくても、「○時○分までに~をやる」と時間を区切ったり、日ごろからすぐに集中するように心がけたりすれば、徐々に変わってくると思います。


成毛眞

「これで上手くやったから勝つことができた」と自賛しているような会社は、どうかと思いますね。英国の掃除器メーカー、ダイソンの経営トップは「いまにも潰れる」「もう駄目だ」なんてずっと言い続けて、業績は好調だったりします。そうした不安を抱えながらも勝っている。だから強い会社と言われるわけです。


旗持玲子

「人は誰しも磨けば光るダイヤモンドの原石」です。私は常々、指導する人たちには、縁あってみずからの部下となってくれた人の可能性を信じ、その人の成長、成功、幸福を願い、祈りながら育ててほしいと願っています。


丸山康幸

我が社の場合、一番大切なのはお客様に喜んでいただくことです。お客様は心も体もリラックスしたいと思って、はるばる宮崎まで足を運んでくださる。旅から帰ったとき、家族や友人に「シーガイアよかったよ」とひとこと言って下さるかどうか。顧客満足を高めてリピーターになっていただき、さらにクチコミを広めていくことが、我が社の活路となると考えました。


和地孝

「口だけの社長ではない」ことを社員に理解してもらうには、対話だけでは不十分です。社員の発言の中で、「これはいい」と思ったことを、帰社してすぐに経営会議で取り上げることにしました。逆に、ムリなことは、「こういう理由でできない」と、その場ではっきり伝えることにしました。こうしていくうちに、社員は自由にものが言えるようになり、社内の雰囲気がガラリと変わったのです。


小林喜光

散文的な表現や冗長な文章は、わかりにくいし人に訴えかける力も弱い。


篠原あかね

電話は会社の顔。皆さんの電話応対も意外と評価されているものです。


池田貴将

次のような実験があります。Aチームにはむき出しでクッキーが入っている箱を、Bチームには同じ数の個別包装されたクッキーをひと箱与えました。するとAチームのほうが約4倍も速くクッキーを完食したのです。つまり必要な「アクション数」(実験では包みを開ける手間)が少ないほど、行動は速くなるということです。これを応用し、やりたいこと、習慣化したいことに関してはアクション数を減らし、やめたいことはアクション数を多くするように工夫すれば、「やりたいこと」に着手することができるでしょう。


山内隆司

リーダーは、裸の王様になってはいけない。とくに社長は、本社の椅子に座って部下の報告を聞いているだけではいけない。


赤坂祐二

植木(義晴)会長には経済界など社外の様々な活動を通じて、当社のプレゼンスを保つことに専念してもらう形です。正直なところ整備一筋で外向きの活動には慣れていないので、非常に助かります。私は会社経営にできるだけ専念していこうと思っています。


森川亮

まずは世界に通用するビジネスの能力を高めることに力を入れるべき。そして、自分なりの強みを持っていないと、成功はできない。


藤田晋

会社は組織の特性上、社員が多ければ多いほど、自ら積極的にアピールしていかないと、「その他大勢」として埋もれてしまいます。組織の中で埋もれると、大きな仕事を任せてもらえなくなるだけでなく、最悪の場合、リストラの対象になったりもします。