名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

包行均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

包行均のプロフィール

包行均、かねゆき・ひとし。日本の経営者。運搬車・草刈り機メーカー「筑水キャニコム」社長。福岡県出身。第一経済大学(のちの日本経済大学)卒業後、近藤鉄工を経て、父の創業した筑水農機に入社。営業本部長などを経て社長に就任。同社を大きく成長させた。著書に『ものづくりは、演歌だ』。

包行均の名言 一覧

コストアップ経営の時代が来ると思う。ダウンじゃなくて、アップね。品質問題が騒がれているけど、元をたどればコストダウンに行き着く。確かにコストダウンは必要でしょうけど、行き過ぎが品質の悪化を招いているんじゃないか、と。


そもそも安い高いっていうのは比較対象があるから。唯一無二の製品だったらそういうのはない。


中小企業は量を追わなくてもいいから、ニッチな商品を作って世界中のニッチな市場に出ていける。そのニッチ市場で独占的なシェアを取れば、絶対大企業は来ない。そういうところを探していけば、価格競争にも陥らない。コストダウンだって必要ない。


中小企業が生き残るためには「DNB」が不可欠。「D」はデザイン、「N」はネーミング、「B」はブランディングのこと。この3つがないと小さな企業は存続できない。


うちは、お客さんから、「安くしてくれ」なんて言葉は聞いたことないよ。もしそういう声があるとすれば、それは、顧客じゃなくて、楽をしてモノを売りたい販売店の要望だと思いますよ。1人でもそれを欲しがるお客さんがいれば、それをきちんと作ればいいじゃない。


「世界初、業界初の商品」を連発しないと、これからは厳しいんじゃないかな。消費者はもう「安いものにはそれだけの価値しかない」と気づいてるわけだし、良いものを安くつくることしかできない会社は失速していくはず。


「農機具にネーミングやデザインなんて関係あるかい」と思う人もいるだろうけど、それは現場を見てないだけ。皆さんが知らないだけで、今は農業に携わる方だって「隣の田んぼのおっさんとは違う、格好いい農機を使いたい」と思う時代になってる。


ただ高性能な農機を低コストで作るだけでは、もう商売は伸びないと思う。社会が成熟する中で、消費者が商品を選ぶ基準は今や性能や価格だけではない。農機だって同じ。じゃあ、機能や値段に代わる新しい基準は何か。それはネーミングであり、デザインだよ。


技術屋がすぐに「できます」と返事をする場合は、たいしたものはできない。反対に「絶対に作れません」と言う場合は、すごい新商品になるんです。


最高級のお客さんのボヤキは、実は、インタビュー時のビデオカメラを止めた後、カメラをしまってさあ帰ろうかというときに、ぽろっと本音が出ることがある。それを拾える営業マンこそ、最高の営業マンです。


世の中全体がコストコストと言うせいで、安い物を作れば売れると思っている人が多いですが、そんなことはありません。うちのお客さんは、本気で農業をやっているプロ中のプロ。そういうお客さんに、高くても買ってもらえる機械だけを作っているのです。


たとえば当社の「草刈機まさお」の場合、環境が厳しい地域に行けば行くほどシェアが大きくなります。九州なら宮崎の高千穂町や熊本の小国町。こうした「うちの商品じゃないとダメ」という地域が、日本にも世界にも点々とあるのです。


子供の頃、家の手伝いで草刈りをやらされるのが嫌で嫌で、ゴーカートに乗って走り回っているうちに草が刈れたらいいなと思っていたんですよ。


中小企業も「DNB(デザイン、ネーミング、ブランド)」が大事と言ってきたけど、農機業界でもそう考える経営者は増えている。最近では、草を集める農機「ブッシュカッタージョージ」がアメリカで大ウケしました。ブッシュ(やぶ)をカッターするからブッシュカッター。ブッシュとくればジョージ。


うちは、研究開発の段階から、必要な部分ならなんぼでもコストをかけて作れと言ってる。お客さんが本当に欲しいのはどんな商品か知るためのマーケティングにもコストをかけています。いい商品を作るには、お客さんの「ウォンツ」を集めるしかないからです。そこを削って安くして、お客さんは喜ぶの?


今後、企業の明暗を分ける要素を挙げれば「顧客のボヤキを聴き取る力」だろうと思う。業界問わず、ヒット商品を開発する最も簡単な方法は、顧客にどんなものが欲しいか聞くこと。ところがいまは顧客自身も何を欲しいか思いつかなくなってる。そんな状況で、潜在ニーズを発掘するには、営業や販売の現場で顧客がふと漏らす小さなボヤキを辛抱強く集めるしかない。うちなんか営業担当者にビデオカメラを持たせ、顧客訪問の一部始終をなるべく記録し、ボヤキを拾い損ねないようにしてる。


我が社の売れ筋である乗用雑草刈り機「草刈機まさお」。ユニークなのは商品名のみならず。赤と黄色を基調にしたF1風のデザインも目を引くし、性能面でも妥協はなく、30度の傾斜地でも苦もなく草を刈れる四輪駆動仕様。草刈り機なのに四駆。その分、一般の草刈り機の約2倍の価格設定だけど、それでも売れている。坂がなくて四駆じゃなくてもいいのにまさおを買って、「ヘイヘーイ!!」と孫に自慢したいわけ。こうした農機が増えると日本の農村も明るくなっていくと思う。


(「草刈り機まさお」は)赤と黄色を基調にしたF1風のデザインも目を引くし、性能面でも妥協はなく、芝の長さも自在に調節できるし、30度の傾斜地でも苦もなく草を刈れる4輪駆動仕様。価格は高いんだけど、日本中の田畑を走り回っているよ。孫たちに自慢できるんだろうな。乗っている農家のおじいちゃんもみんなどや顔。我ながらいい製品を作った。自信作だよ。


中小企業はちょっと頑張ったら、海外の売り上げはすぐ2倍になる。遊び心を持って、どんどん出ていけばいいんじゃないかな。キャニコムは今、46か国に進出しているけど、新しく出ていく国を決める時、最初から代理店頼みとか、何が売れそうかとか、考えて行ってない。あーこの国に行きたいな、ってまず思って、そこから考える。


包行均の経歴・略歴

包行均、かねゆき・ひとし。日本の経営者。運搬車・草刈り機メーカー「筑水キャニコム」社長。福岡県出身。第一経済大学(のちの日本経済大学)卒業後、近藤鉄工を経て、父の創業した筑水農機に入社。営業本部長などを経て社長に就任。同社を大きく成長させた。著書に『ものづくりは、演歌だ』。

他の記事も読んでみる

山内奏人

じつは事業は中1の頃からやろうしていたんです。ただ、つくったサービスがビックリするほど誰も使ってくれなくて失敗しました(笑)。学校の授業って、つまらないものもありますよね。だから学生の投票で新しく授業をつくるサービスをリリースしてみたのですが、十数人しか投票してもらえなくて。大失敗です。ただ、そのとき使っていたシェアオフィスにdelyの堀江(裕介)さんという人がいて、「うちに来なよ」と誘ってもらいました。だから12歳から報酬をもらって働いていました。やっていたのは半年くらい。そのあとはいろんな会社でプログラマーとして仕事をしていました。


樋口武男

人間、生まれたときはだれでもそう大差はない。持っている細胞の数もそれほど変わらない。揉まれて努力することで初めて能力差がつく。しかし、いくら努力しても運がついてこない人がいる。運と努力がマッチしないと芽は出ない。ならば、運はどうやってつくのか。不義理をするとか、王道を進もうとしない人には、運はついてこない。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

ITの力で二兎ではなくて、三兎、四兎、いっぺんに追う。


いぬかいはづき

あやふやな目的や動機で、仮に資格を取得できても、そこでおしまいです。志のないまま勉強を始めても、長続きしません。


古川武士

業務で手を抜くことはリスクですが、時間は有限。選択と集中は必須です。「最善主義の人」はそれを理解したうえで、成果への最短距離と最小時間を意識して、仕事を進めるのです。


似鳥昭雄

ニトリではお客様からご好評をいただいている製品でも、その声に甘んじず毎年、改善を重ね続けています。数ある商品の中で、それを手に取りたくなる、そんな品質を常に磨き続けることが大切だと思います。


篠塚孝哉

「机の汚い人は仕事ができない」とよくいいますが、たしかに身の周りを整理できないと、仕事の効率は著しく下がります。しかし一方で、「一見綺麗な机なのに、モノを探してばかりいる」人もいます。これはいわば、「整理のワナ」に陥った状態です。整理そのものが目的になり、効率化が忘れ去られているのです。このワナに落ちやすい人の多くは、「整理グッズ好き」という特徴をもっています。グッズを買うたびに手間をかけて収納・分類したわりには、配置が把握しきれない、という事態を招きがちです。


古森重隆

技術とは、一足飛びには進化しないものだ。飛躍的なイノベーションとて、連綿と磨く技術の組み合わせだったりする。オープンイノベーションは、そうした価値を創造する結びつきを生み出す原動力とも言える。


バード・ジョンソン

子供というのは、あなたが子どもの何を信じてあげるかによって育つものなのです。


ドナルド・トランプ

問題を投げ出してはいけないが、考え込んでしまってもいけない。対処するのだ。問題とあなたと、どちらが主役なのか。姿勢を明らかにしたほうがよい。


尾賀真城

様々な課題が出てきて一喜一憂する場面もあるかもしれませんが、それに合わせて何をしていくかを考えていくべきだ。


金杉恭三

マスコミには「大手4社」といっていただけるが、私は「3+1」でいいと考えている。上位3社にボリュームで肩を並べることも大切だが、それを追求するあまり大手意識になって発想が画一化されていくのは困る。もともと個性的な社員が多い会社なので、さらにそれを伸ばしていくことが大事だ。