名言DB

9429 人 / 110879 名言

勝野哲の名言

twitter Facebook はてブ

勝野哲のプロフィール

勝野哲、かつの・さとる。日本の経営者。「中部電力」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部電気工学科卒業後、中部電力に入社。工務部発変電グループ部長、静岡支店工務部長、執行役員岡崎支店長、常務執行役員東京支社長、取締役専務執行役員・経営戦略本部長、代表取締役副社長執行役員経営戦略本部長などを経て社長に就任。また、電気事業連合会会長を務めた。

勝野哲の名言 一覧

再編自体が目的となってはいけない。顧客ニーズを原点に、必要に応じて連携を模索する。そういうスタンスが重要だ。


激化する競争に生き残るためには、現場がもっと危機感を持つ必要がある。何のために会社全体の稼ぎ頭を切り出したのか、もっと考えてもらいたい。中部電力に残る人も、「自分たちは大丈夫なのか」と自問してほしい。


現場の各事業部門それぞれが知恵を絞ってビジネスモデルを作る必要がある。自分たちだけで新事業を作れないのであれば、それができる人材を外部から連れてくればいい。他社と連携したって構わない。


ビジネスモデルを変える必要があるのは発電部門だけではない。送配電も販売部門も、それぞれが新しいサービスを開発して戦う時代が始まっている。特に今、注目しているのはICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)の活用だ。こうした分野とエネルギーとの融合はどんどん進む。発電から送配電、販売に至るまで無関係ではいられなくなる。


火力発電の今後に対して強い危機感も覚えていた。省エネ機器の普及もあって電力需要の伸びは見込めず、再生可能エネルギーもどんどん入ってくる。産業構造が変わる中で火力発電の競争力をどう保てばいいのか。JERA(東京電力と中部電力のエネルギー事業の合弁会社)は、こうした課題を乗り越え、親会社の企業価値を高める存在になるはずだ。新しいことにチャレンジしてもらい、国内のみならず海外でも競争力のある会社に育ってほしい。まだJERAはよちよち歩きの状態だが、しっかりと成長させたい。


勝野哲の経歴・略歴

勝野哲、かつの・さとる。日本の経営者。「中部電力」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部電気工学科卒業後、中部電力に入社。工務部発変電グループ部長、静岡支店工務部長、執行役員岡崎支店長、常務執行役員東京支社長、取締役専務執行役員・経営戦略本部長、代表取締役副社長執行役員経営戦略本部長などを経て社長に就任。また、電気事業連合会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

尾崎元規

本当に求められるグローバルな人材とは、日本で実践してきたことをそのまま持ち込むのではなく、その本質を踏まえながら、「消費者起点の現場主義」をどこの国に行っても実践できる人のことだと思います。


菊川剛

私は週に一度、半日ほど打ち合わせや接客などの予定を一切いれず、考えることに集中する時間をつくるようにしています。その際には手帳を開き、これまで記してきた数々のメモに目を通しながら考えを巡らせます。


渡文明

諦めが早い人、傲慢で謙虚さが足りない人は伸び悩み、結局能力の発揮はできないでしょう。世界をマネーゲームに巻き込み、金融バブルを演出した人たちを見れば一目瞭然です。たとえ優れた知識を持っていても、誠意や礼節を欠いた仕事ぶりでは一時的に良くてもやがては崩壊し、早晩立場は暗転するでしょう。自由経済を説いたアダム・スミスさえも、フェアであることを絶対条件としています。


平田進也

「ほどこす」を常に意識しています。これは「程々を超える」ということ。お客様の予想を遙かに上回る、「参った」と言わせるほどのサービスをしないとダメ。


朝倉祐介

最近は、経営者についてのルポルタージュなどを読むことが多くなりました。ほかの経営者が何に悩み、どれだけ苦しみ、どんな手を打ったか。それを知りたいからです。そのためには経営学者の書いた学術的な本よりも、「リーダーシップとは何か」について当事者の生々しい証言で構成された本のほうが勉強になりますね。


飯島勲

同じタイプの部下を競わせると優劣が露骨に出てしまうが、違うタイプなら成果の質に違いも出てこよう。そこをうまく操れば、二人の競争意識は高まり、仕事へのモチベーションも高まるというものだ。


山本恵一(快眠アドバイザー)

一度の目覚ましではなかなか起きられないからと、目覚まし時計のスヌーズを使う人がいます。しかし、この機能、実はあまりお勧めできません。6時半に最初のアラーム、その後もウトウトしながら5分ごとにアラームを鳴らし、最終的に起きるのは7時という方法は、「睡眠の最後の30分を浅い眠りで過ごす」ということです。それなら最初から7時にセットしたほうが、最後までしっかり眠りを満喫でき、起きたときの眠気も軽減できます。


午堂登紀雄

コンビニチェーンに転職し、店長を任されたとき、検証のために自腹を切ったこともあります。「POPを飾れば売上げが伸びる」という仮説を思いついたものの、予算がなかったので、自腹で材料を買ってPOPをつくり、販売データをとったのです。するとPOPの効果が数字でも証明されたので、今度はそのデータをもとに本部に提案を行ない、その後は本部が予算を出してPOPをつくってくれるようになりました。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その17】10社の調査を行えば見通しが明るくなっている企業は1社はあるものである。50社を調査すれば5社はそのような企業であろう。株式市場にはいつでもウォール街が見過ごしている企業群がある。


村田昭治

例外なく人は自ら育ち、自ら苦労し、いろいろな火中の栗を拾っては学びを深めるなかで人物に成長していく。