名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

勝野哲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝野哲のプロフィール

勝野哲、かつの・さとる。日本の経営者。「中部電力」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部電気工学科卒業後、中部電力に入社。工務部発変電グループ部長、静岡支店工務部長、執行役員岡崎支店長、常務執行役員東京支社長、取締役専務執行役員・経営戦略本部長、代表取締役副社長執行役員経営戦略本部長などを経て社長に就任。また、電気事業連合会会長を務めた。

勝野哲の名言 一覧

再編自体が目的となってはいけない。顧客ニーズを原点に、必要に応じて連携を模索する。そういうスタンスが重要だ。


激化する競争に生き残るためには、現場がもっと危機感を持つ必要がある。何のために会社全体の稼ぎ頭を切り出したのか、もっと考えてもらいたい。中部電力に残る人も、「自分たちは大丈夫なのか」と自問してほしい。


現場の各事業部門それぞれが知恵を絞ってビジネスモデルを作る必要がある。自分たちだけで新事業を作れないのであれば、それができる人材を外部から連れてくればいい。他社と連携したって構わない。


ビジネスモデルを変える必要があるのは発電部門だけではない。送配電も販売部門も、それぞれが新しいサービスを開発して戦う時代が始まっている。特に今、注目しているのはICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)の活用だ。こうした分野とエネルギーとの融合はどんどん進む。発電から送配電、販売に至るまで無関係ではいられなくなる。


火力発電の今後に対して強い危機感も覚えていた。省エネ機器の普及もあって電力需要の伸びは見込めず、再生可能エネルギーもどんどん入ってくる。産業構造が変わる中で火力発電の競争力をどう保てばいいのか。JERA(東京電力と中部電力のエネルギー事業の合弁会社)は、こうした課題を乗り越え、親会社の企業価値を高める存在になるはずだ。新しいことにチャレンジしてもらい、国内のみならず海外でも競争力のある会社に育ってほしい。まだJERAはよちよち歩きの状態だが、しっかりと成長させたい。


勝野哲の経歴・略歴

勝野哲、かつの・さとる。日本の経営者。「中部電力」社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部電気工学科卒業後、中部電力に入社。工務部発変電グループ部長、静岡支店工務部長、執行役員岡崎支店長、常務執行役員東京支社長、取締役専務執行役員・経営戦略本部長、代表取締役副社長執行役員経営戦略本部長などを経て社長に就任。また、電気事業連合会会長を務めた。

他の記事も読んでみる

河野英太郎

部下に任せるとかえって時間がかかると言う人がいますが、それは当然のことです。でも、自分がやったほうが早いからと、いつまでも部下に仕事を任せることができない状況が続けば、どんどん自分の時間がなくなり、仕事が終わらなくなってしまいます。すると、日々の業務をこなすだけで精一杯となり、本来、管理職がやるべき仕事があと回しになります。結果、部署や会社の成長が鈍化してしまいます。


宇多喜代子

トータルで良ければいいんですよ、人生は。


夏野剛

人を使うということは、その人数分だけのレバレッジが利きます。1人が2倍、3倍、10倍の力を発揮でき、そのような部下が2人、3人、10人存在する場合、チームのアウトプット(成果)は、自分1人がこなせる力量の何十倍、何百倍にもなります。人を使う実力の差は歴然で、一度差がつくとちょっとやそっとでは追いつけません。このスキルが歩かないかによって、中・上級の管理職となる40、50歳代の成果が大きく変わってきます。


瀧本哲史

投資先で人材採用を行うとき、面接で必ず聞く質問があります。「いままであなたがやってきた仕事の中で、最も会社を儲けさせた私語とは何ですか?チームで取り組んだ仕事の場合、あなたがそこで果たした役割は何ですか?」これに答えられない人は基本的に採用しません。逆にきちんと結果を出してきた人は、この質問に即答できるはずです。


竹中平蔵

リーダーには3つの条件が必要です。1つ目は自分の頭で世界や日本の将来を見通せること。2つ目にリーダーは周りの人に語って聞かせなければいけません。3つ目は組織を作ることです。


一宮忠男

当社はCSR(企業の社会的責任)を推進していく上で、CS(顧客満足度)、労働問題、環境問題、コンプライアンス(法令遵守)の4点を掲げ、具体的に当社の事業の中で推進していますが、そのために大事なことは、人材だと思っています。人があって初めて、企業は成り立つ。そのように考えています。


執行草舟

禅と武士道の共通点は、一命を投げ捨てて、何者かのために生きることです。一番尊い自分の命を投げ捨てることが前提にあると思います。


丸山茂樹(プロゴルファー)

努力する習慣や忍耐力が身につき、日々の積み重ねで得た技術が僕の武器になった。だから身長160cm台の小柄な僕でも、海外で通用したのだと思う。


白坂亜紀

最後の場面で気が抜けてしまう人はもったいないですね。たとえば、接待相手が「そろそろ……」と言うと、ついホッとした表情を出してしまうとか。その空気は私たちにもわかりますので、それまでせっかく良い雰囲気でもガッカリ。それに、接待相手にもその空気は絶対伝わっていますからね。


加藤俊徳

子供たちがやるべきことは、「学校の成績をあげるために、勉強しなさい!」に従うのではなく、「自分の夢や目標を達成するためにその時の脳で精いっぱい考えて、自分で自分の脳を成長させること」ではないかと思う。周りの大人からのアドバイスや教育が子供の成長には欠かせません。これらのアドバイスの中に、「自分の脳の育て方」が入ることは早過ぎることではない。


倉重英樹

どうしたら優秀な人材が同じ場所で働き続けてくれるのか。プライスウォーターハウス、日本テレコムで社長をしていた時も考えました。突き詰めていくと、結局、「仕事の面白さ」に鍵があるのです。


榊原健太郎

スポーツでは、サッカーや野球の日本代表が世界で活躍しています。彼らが世界に近くなった理由は、まずは競技人口が多いからです。同様に起業を志す人口が増えれば、必ず世界で活躍できるベンチャーが日本からも出てくるはずです。