名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

勝谷誠彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝谷誠彦のプロフィール

勝谷誠彦、かつや・まさひこ。日本のジャーナリスト、コラムニスト。兵庫県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、電通を経て文藝春秋社に入社。編集者、出版局第二文庫部次長などを経て独立。多数の書籍を執筆。テレビやラジオでも活躍した。

勝谷誠彦の名言 一覧

今後については、分からない。人生、その日の朝、起きた気分で決めているから。


野党が駄目なのはつらい顔をしてつらさばかり訴えるところ。やらなきゃいけないことはたくさんある。それをどうやるかが大事で、つらいことでも明るく楽しくやればいいんですよ。


日本の政治を根底から狂わせているのは組織票だと思いますね。組合員であるとか、会社員であるということで投票行動を規定されるのはおかしい。まだ日本人はそんなものに縛られているのかなと、悲しくなるよね。もうちょっと、自由でいいんじゃないかな。


「イメチェン」は今回(兵庫県知事選)の戦略の最大の失敗。訳が分からないうちに髪を切られ、スーツを着させられ、写真も撮られて。結果、誰だか分からない。だけど陣営は大まじめにそうさせた。僕も選挙って全く知らない世界だからさ、そういうものなのかなと思うじゃない。でも大間違いだと思うよ。このままでさ、普通にやればよかったんだよ。


勝谷誠彦の経歴・略歴

勝谷誠彦、かつや・まさひこ。日本のジャーナリスト、コラムニスト。兵庫県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、電通を経て文藝春秋社に入社。編集者、出版局第二文庫部次長などを経て独立。多数の書籍を執筆。テレビやラジオでも活躍した。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

ハウステンボスの場合、何度も社長が交代しても従業員たちはあまり給与が上がる経験をしたことがありません。何をやっても無駄という、諦めムードが漂っていました。経費削減や新しいアトラクションの導入など、さまざまな取り組みに好意的な人だけではありません。でも、大きく変わってきたと思うのは、一年後に初めてのボーナスを支給してからです。自分たちの取り組みが無駄ではなく、良い方向に向かっていると実感できたと思います。それだけではなく、新しい取り組みによって、前よりももっとお客さんに喜んでもらえると、「やっていて良かった」というやりがいも生まれてきます。


小島弘章

「使っていない」と分類したモノも、すぐに捨てる必要はありません。捨てるとなると、不要な物であってもためらいを覚えるもの。ですから、しばらく猶予期間を持つのです。ただし、それらを入れた段ボールは一番目立つところに置きます。休憩所のテーブルの上や通路の脇、来客に見える場所など。これはかなり嫌ですよね(笑)。でもそれが狙いです。邪魔だと感じれば感じるほど、自発的に「処分しよう」という意識が芽生えるからです。


小飼弾

本は気の向くままに選べばいいと思いますが、大人になってからではないと読み込めない本のひとつが古典です。子供のころに『百人一首』を覚えた人は多いかもしれません。しかし、その内容を理解できたのは、おそらく大人になってからでしょう。古典を理解するためには教養が必要です。古典を読むから教養が身につくわけではなく、教養があるから古典を読めるようになり、それがまた教養をつくるのです。


宇田川憲一

私が技術についてイラン人の複数の技術者たちに教えた後に、「分かりましたか?」と確認すると必ず「分かった」と言うのですが、よく聞くと全然分かっていない。つい怒ってしまい、険悪な雰囲気になることも。なぜ「分からない」と言わないのかを探っていくと、彼らには人前で分からないとは言いづらい心理が働いているようでした。大学卒の技術者はインテリ意識が強い。このため、彼らのプライドを傷つけかねない会話は、1対1で行うよう心がけました。欧米もそうですが、とりわけ中東や中国ほかアジア圏はメンツの社会です。指摘をしたり叱ったりするような時は、必ずほかの人のいないところでするような配慮が不可欠なのです。


武田信繁

味方の勝ちが見えてきたら、その場に足をとめず、一気に敵陣を踏み破るといいだろう。ただし、この場合に、敵の軍勢が崩れずに抵抗してくるなら、一応陣営を整えてから攻め寄せるといい。『三略』に、「戦いは疾風のごとく攻めよ」というのがある。


豊田章男(モリゾウ)

無理をして急成長しても、そのあと急降下してしまえば、多くの方にご迷惑をおかけします。リーマン・ショックによる赤字転落などを経て、どのような局面にあっても一年一年、着実に「年輪」を刻んでいく「持続的成長」こそが最も大事だと学びました。


長谷川聰

新事業でうまくいくのは10のうち3つくらいだろう。だが、不振だからといってやめてしまえば、何十年か後に会社を支える柱がなくなってしまう。目先の収益のために投資や研究開発を絞らざるを得ないとすれば、それはメーカーにとっては危険な兆候だ。


小林正明(アートディレクター)

かつての大企業なら、たった1枚の広告写真や1つのビジュアルで自社の主張を表現すればよかったのです。しかし今は、多くの人が使うスマートフォンの小さな画面で、常にコミュニケーションをしなくてはいけません。


森伸介(経営者)

新しい価値を提案できる商品やニーズがあるのに売られていない商品を作っていきたい。オリジナル志向を求めているお客様はたくさんいらっしゃると考えております。当社では、そのようなお客様のニーズを汲み取って、少量でも製造販売していきたいと考えています。


小島順彦

国際社会では、まずは自分の考えを持つことが肝要である。自分はどう思い、何をしたいのか。意思表明がなければビジネスは始まりません。言語はあくまでも相手に自分の意志を伝える手段です。いくら正しい発音や文法ができたところで、伝える中身がなければ宝の持ち腐れに終わってしまいます。
【覚書き|30代で2年間サウジアラビアに駐在し、世界中から集まった人々と仕事したとき、発音も文法もめちゃくちゃな英語を使う非英語圏の人たちが活発に意思表示するのを見たときのことを語った言葉】


樋口裕一

会議などで上司をまともに敵に回したら損をするだけです。味方のふりをしてチクリと刺すのが賢い人のやり方です。「たしかにおっしゃるとおりです」といったん相手の主張を認めたうえで、「しかし」と切り返し、「その案を実行に移そうとしたときに、部長のような優秀な方ならできるかもしれませんが、私のような凡人では……」などと、相手を上手く持ち上げながら持論を展開していくのがコツです。これなら上司のメンツを潰さずに、自分の言いたいことを言えます。


早川幸治

勉強仲間をつくるのをお勧めします。社内でグループを作って定期的に会合を開き、その間は英語しか話さないと規則を設ければ英語を使わざるを得ません。社外ならSNS上でそうしたコミュニティに参加するという方法もあります。日本人同士であっても、英語をアウトプットする環境を作り出すことで「使える力」を養うことが可能です。