名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

勝田龍夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝田龍夫のプロフィール

勝田龍夫、しょうだ・たつお。日本の経営者。日本債券信用銀行(日債銀)頭取・会長。京都大学卒業後、朝鮮銀行入行。その後、日債銀の前身である日本不動産銀行で総務部長を経て頭取・会長を務める。

勝田龍夫の名言 一覧

長い人類の歴史の中で過去と未来のつなぎ目に自分が生きているという認識を持つことがまず大切だ。そのために、歴史を学び、それが自分を知り人間を知ることになる。


長い人類の歴史の中で過去と未来のつなぎ目に自分が生きているという認識を持つことがまず大切だ。そのために歴史を学び、それが自分を知り人間を知ることになる。


勝田龍夫の経歴・略歴

勝田龍夫、しょうだ・たつお。日本の経営者。日本債券信用銀行(日債銀)頭取・会長。京都大学卒業後、朝鮮銀行入行。その後、日債銀の前身である日本不動産銀行で総務部長を経て頭取・会長を務める。

他の記事も読んでみる

矢野香

私は、アナウンサーの仕事で俳優の方にインタビューをする機会がよくあるのですが、インタビュー上手な方の特徴のひとつが、結論をぼかすこと。たとえば、「印象に残った出演映画は?」と聞くと、「20年前の作品かなあ?」などと答えます。当然こちらは「20年前の作品というと?」と質問します。こうして会話が盛り上がっていくのですが、実は、その俳優の方が意図的にコントロールしているというわけです。


坪田信貴

分からない状態を認識できると、どうすれば答えが見つかるかを考えるようになる。


デイヴィッド・エプスタイン

平均的な数字にとらわれると、個人差を理解するときの障害になってしまう。


松井忠三

方々から責められても、組織や人、仕組みを変えられる人がリーダーであるべきだと思います。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

勉強にはふたつの段階があります。まず全体像をつかむために、とにかく情報を詰め込む段階。全体を大まかに把握できたら、次はディティールを詰めていく段階に入ります。このときに重要なのがアウトプットのイメージです。学んだことを自分の仕事にどう生かすか。具体的にどのような成果物にするのか。そのイメージが鮮明であるほど、ディティールが頭に入ってきます。


西多昌規

修羅場に陥ってパニックになっている場合は、その場から離れて別の場所に身を移すことも効果的。例えば会議で緊張感が高まってみんながピリピリしているときには、トイレなどの理由をつけて一旦中座。場所を移すだけで空気が代わり、落ち着きを取り戻せます。


松山良一

一番のポイントは「ありのまま」です。こちらが、これがいいと思うから勧めるのではなく、海外の方の目線を大事にする。きれいな空気とおいしい水が飲めて、安全な国は世界中探してもほかにはありません。日本という国に自信と誇りを持っていけば何も心配することはありません。


福川伸次

重要なのが「温故創新」です。これはわたしの造語ですが「古きを温(た)ずねて新しきを創る」。つまり、過去の知を組み合わせて、新しいものを創っていく。


櫻井秀勲

ビジネスマンは「ホウレンソウ」、上司への報告・連絡・相談を欠かしてはならないといわれます。たしかに、現在手掛けている仕事について「報告」や「連絡」は毎日でもすべきです。しかし、「相談」だけは事情が異なります。いちいち相談をさせるということは、何をするにも上司の命令や確認が必要だということです。指示を徹底させれば、上司の思い通りに事を運ぶことはできるでしょうが。反面、部下は言われたことしかやらなくなります。結果、自分で考えるという一番大切な習慣を放棄することにつながり、指示待ち人間を量産することになります。


鎌田浩毅

理系には文章を最初から順番に書く発想はありません。全体の枠組みを決めたら、書きやすいところから文章を書いて、枠を埋めていきます。自分の最も主張したいことから書いてもいいし、データや事例といった客観的事実から書くのもいい。どちらにしても書きやすいところから始めれば、文章を書かなければいけないという心理的な負担も軽くなり、楽に作業に取りかかれます。


小笹芳央

若い人に納得しつつ働いてもらうためには、会社や上司は、これまでのようにお金やポストをインセンティブにするだけではなく、彼らの精神的な満足も重視しなければならないのです。


久保田裕也

当社は本を音で聴く「オーディオブック」を配信する「FeBe」や、新刊書籍を紹介する「新刊JP」を運営しています。今は電車に乗って周りを見ると、皆さんスマートフォンでゲーム、SNS閲覧、動画視聴などをしており、いわば「目」の取り合いといった状況になっています。一方、多くの方が「学習したい」、「エンターテインメントを消費したい」と思った時に、「耳」は比較的空いている状態です。そこにチャンスがあります。