勝田龍夫の名言

勝田龍夫のプロフィール

勝田龍夫、しょうだ・たつお。日本の経営者。日本債券信用銀行(日債銀)頭取・会長。京都大学卒業後、朝鮮銀行入行。その後、日債銀の前身である日本不動産銀行で総務部長を経て頭取・会長を務める。

勝田龍夫の名言 一覧

長い人類の歴史の中で過去と未来のつなぎ目に自分が生きているという認識を持つことがまず大切だ。そのために、歴史を学び、それが自分を知り人間を知ることになる。


長い人類の歴史の中で過去と未来のつなぎ目に自分が生きているという認識を持つことがまず大切だ。そのために歴史を学び、それが自分を知り人間を知ることになる。


勝田龍夫の経歴・略歴

勝田龍夫、しょうだ・たつお。日本の経営者。日本債券信用銀行(日債銀)頭取・会長。京都大学卒業後、朝鮮銀行入行。その後、日債銀の前身である日本不動産銀行で総務部長を経て頭取・会長を務める。

他の記事も読んでみる

柴田励司

私は20代後半に中小企業診断士の資格を取ろうと1年ほどかけて勉強しました。経済から経営、マーケティングも人事もわからないという状態だったため、体系的に知識を習得しようと考えたのです。実際、このときの勉強が以後のキャリアにおいて大きな財産になっています。


小林一三

人に頼り、人に期待するのが一番いけない。


山口義宏

日本企業が真の復活を果たすには、モノ作りの技術力だけでなく、人々を魅了する「ブランド」作りの力が欠かせない。


虚淵玄

『沙耶(さや)の唄』は、自分なりに結構キツい話を書いたなって感覚があったんですよ。デバッグしながら「イヤな話だなあ」ってしみじみ思ったんだけど(笑)。でも、いざ蓋を開けたら「沙耶かわいいよ沙耶」と言われて、むしろお客さんの懐の広さに負けましたね。ドン引きするだろ、というラインも越えて、萌えていただけた。いまだに海外のコンベンションに行くと、サイン会に『沙耶の唄』のパッケージを持ってくる人いますからね(笑)。お客さんは侮れないなと、あらためて思わされた作品です。


サルトル

人間は自由であり、常に自分自身の選択によって行動すべきものである。


森健次朗

「集中力が続かない」という悩みを持つビジネスマンも多いと思います。しかし、集中力が持続できないこと自体は、まったく問題ありません。周りから「なぜ、あの人は集中力が続くのか」と思われている人も、実際にはずっと集中しているわけではないのです。むしろ、「集中」と「リセット」を上手に繰り返しているのです。


前田晃伸

高校時代をひと言でいえば、異質の若者がごちゃ混ぜになった感じというか、それぞれがお互いの価値観を尊重しながら、日々過ごしていたんですね。いろんな価値観を持つ仲間たちに出会えたことは、本当に貴重な人生体験だったと思います。


山本真司

目標に向けて努力する熱意と成功体験は不可欠です。しかし、限界まで頑張っても思うような結果が出るとは限りません。ゆえに現実をあるがままに受け入れる受容力も不可欠です。一見矛盾する心理ですが、この両方を身につけることで成長できるのです。


小澤竹俊

人の本当の強さとは、「レジリエンス(復元力)」だと思います。強い人は自分の弱さを知った上でなお心が折れない。なぜなら誰かに支えられていると実感し、自らを委ねることができるから、自分ではどうにもならない問題を前にしても穏やかでいられるのです。


朝倉千恵子

恒例の月末ミーティングで、私は突如ひらめいて社員全員にある指令を出しました。「来月は100件面談を、何が何でも達成してください」と。実は、部下の数字報告・行動報告を聞いて「???」と思ったことがあったのです。「新規見込客がなかなか増えない」と言うが、聞けば面談件数は月に30~40件がほとんどで、50件できたら「すごい」。当たり前だ!そんな数で満足していて新規見込客数なんて増えるわけがない!私自身は営業時代、一日に最低4、5件は面談をしていた。月にすれば軽く100件は超えていたはず。自分がやっていたこと、しかもやる気になれば全員が必すできることを、どうして部下に求めてこなかったのだろう……。よし、一番稼働日数の少ない2月に100件の営業面談を課そう。そうやって負荷をかけることが社員の成長につながるはずだ、と。


岩崎隆夫(岩﨑隆夫)

多くの会社が取り組んでいる「選択と集中」は、どちらかといえば短期的に大きな利益が期待できる有望な事業や製品に絞り込み、そうでない事業や製品からは撤退していくというものです。一方、当社では当面は用途がなかったり、既存の用途の市場が小さかったりしても開発や販売をやめたりせず、大きなビジネスに育つまで何十年でも続けます。ここが一般的な「選択と集中」とは明らかに違います。


川西勝三

成熟社会になると少子高齢化が起こるのは必然であって、この流れを変えることは非常に難しいことです。そうであれば、解決策は人口一人あたりの生産性をアップすることしかありません。そして、どこに焦点を当てて生産性をアップしていくのかということが大事になってきます。これが、我々のような設備機器事業者の果たすべき役割です。業界団体の役割でもあります。


林悦道

ルールに守られた格闘技のスキルは、実際の喧嘩では意外なほど役に立たない。それと同じで、交渉術やマーケティング術をいくら勉強しても、現実の企業間競争では応用できないはず。企業同士の喧嘩に強くなるには、教科書的ではない別のノウハウが必要になる。


三谷宏治

勉強熱心な人ほど、次から次へと新しいことを勉強しようとして、ひとつのことにじっくりと腰を据えて取り組むことが意外とできていないように思います。続けないから成果が出ない、成果が出ないから続かない。こんな悪循環に陥っているのではないでしょうか。


樋口建介

患者さんや家族の方々からの要望があるわけですから、これは絶対に必要だと。患者さん、家族の皆様の声を聞いた結果です。私利私欲のために事業を拡大するのではなく、社会が必要としているんだという信念はありましたね。


ページの先頭へ