勝田忠緒の名言

勝田忠緒のプロフィール

勝田忠緒、かつた・ただお。日本の経営者。「中央土地株式会社」社長。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、三菱信託銀行不動産部、三井信託銀行不動産部を経て家業の中央土地に入社。その後、社長を務めた。そのほか、東京都不動産のれん会代表などを務めた。

勝田忠緒の名言 一覧

じっとしているのも勇気。


大事なのが心理学の知識です。取引をする際は、相手の気持ちを汲む必要があるからです。


挑戦した結果の前向きな失敗はいくらでもカバーする。だから、失敗を恐れずにチャレンジ精神を持つことが重要だ。


先代は「不動産はどんなによい立地でも、好不況に関わらず人が集まる場所でなければいけない」と言っていました。中央土地は名前の通り、東京駅の八重洲口周辺にビル事業、そして都内でも代表的な住宅地域である麻布、赤坂、芝周辺にマンション事業をしており、確固たる基盤となっています。


「不動産業の王道は賃貸だ」。先代社長であった父の教えです。所有しているビルを自社ビルにし、余ったスペースは賃貸する。苦しい時も物件を手放さなければ、家賃収入で社員と家族を守ることができます。私は好況の時も不況の時もこの先代の教えを噛みしめながら、激動の不動産業界を乗り切って来ました。


先代(父)が亡くなったことで最終的に社長業を継ぎました。私が35歳の時です。社長就任当時、こんな若造に社長が務まるかという雰囲気がありました。私自身、一人で先走ったような結論は出さず、先輩や友人の意見を広く聞きました。でも、最後は自分で決断しないといけませんから、100%正解かどうかはわからなくても周囲ができる限り納得できる最大公約数を考えて判断しました。


1990年代のバブルの頃、私は大学を卒業してアメリカに約1年行っていました。おかげで、外から冷静に日本の状況を見ることができたのです。正直、国内で不動産の値段がどんどん上がっていた時も、これが永遠に続くわけはないと思っていました。一部の銀行は、物件を見もせずに取引先の不動産会社に電話しては、物件を買うお金を貸しつけたと聞きます。その中で、中央土地は拡張路線を採らずにじっとしてバブル崩壊の難を逃れました。


勝田忠緒の経歴・略歴

勝田忠緒、かつた・ただお。日本の経営者。「中央土地株式会社」社長。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、三菱信託銀行不動産部、三井信託銀行不動産部を経て家業の中央土地に入社。その後、社長を務めた。そのほか、東京都不動産のれん会代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉田兼好

改めて益なきことは、改めぬをよしとするなり。


徳岡邦夫

話を聞きに行って京都大学の先生から教わったのは、日常と非日常のギャップが涙を生むということでした。人は日々ストレスを抱えて生活しています。ただ、ストレスが溜まる一方では生き続ける意欲が衰えてしまいます。そこで防衛本能として、非日常を経験することで脳内物質が分泌され、日常のストレスを洗い流すように涙が流れるのだそうです。つまりお客様に泣いていただくには、普段は体験できない非日常を提供することが欠かせない条件だとわかりました。


浅田すぐる

「お客様目線で頑張ります」と伝えても、言われたほうは何をしてくれるのかわかりません。例えば「明日A社に訪問して要望を聴いてきます」と動作にすれば、よりはっきりと伝わるのです。


松井稼頭央

実際にメジャーでプレーをして勉強になったことはたくさんあります。メジャーでも「基本」が大事だということを思い知らされました。超一流選手も、ノックを受けて、しっかり取って、投げる。これを怠っていませんでしたからね。


川西修

海外に関しては別の考え方を持っています。国内でも現在は米そのものよりごはん商品への移行が加速しています。既に2割の消費者はご飯は「炊く」のではなくすぐ食べられるレトルトを購入するほうに移行しています。レトルトは簡単、便利に加え、今やおいしい、安心安全と消費者が求めるすべてのニーズを満たす商品に成長しました。要は「お米」から「ご飯」の時代に突入したということです。炊くことから遠ざかってしまうと、なかなか、元には戻れませんからレトルトの取り扱いが、さらに増加することは避けられませんね。海外にも同じことが言えますから、加工した商品を輸出する方向性でとらえています。設備投資も精米工場から加工工場にシフトしていくことになりますね。


レイ・クロック

職権は仕事とともにあるべきだ。たしかに間違った決断もおかしてしまうだろうが、それが人々を企業とともに成長させる唯一の方法なのだ。抑え付けようとすれば、息が詰まってしまい、良い人材は他へ流れていくだろう。


渡文明

過去にも合併は経験しており、それなりに成功したと自負しています。最も重要なのは、ふたつの異なる企業文化をいかに融合させていくかです。もうひとつは、重要なプロジェクトについて社内の各部署から横断的にチームを編成し、議論させたことです。たとえば新しい人事制度も横断プロジェクトの中で時間をかけてつくり上げました。人事部だけでは過去の延長上の改善にとどまり、改革は期待できないと考えたためです。


有馬浩二

我々は、IoTを人の知恵を引き出すために使おうとしています。それに対して欧米の企業が考えるIoTは、工場の生産設備から得られる情報を、また設備に戻す。我々は設備から得た情報の一部を人に戻して、人に考えさせる。そこが全然違います。


山口真導

お金はよく会社経営における血液に例えられます。いま皆さんの鼻から鼻血が流れてきたとします。皆さんは鼻血を止めるために何らかの措置をしますよね。しかし、鼻血くらいいずれ止まると放っておいたあげく、止まらずに流れ続けたら鼻血が原因でいずれ死に至るかもしれません。資金繰りが悪い状態とは、鼻血程度の些細なロスが蓄積されている状態であり、死とは倒産ということです。資金繰りを良くするためには、鼻血が出ない健康体を作り、仮に鼻血が出てもすぐ止血することが重要なのです。


安河内哲也

座っている相手に立った状態で教えているとき、急にしゃがんでみて、相手を見上げるように話してみる。すると相手は突然の行動に驚き、相手に集中するようになる。


田坂広志

読書においては、「縁あって、この本に巡り合ったのだから、何かひとつ学ばせていただこう」という謙虚な気持ちを大切にするべきでしょう。読書とは、読む力さえあれば、ときに著者の知恵を超えたものをつかみ取ることもできる、素晴らしい営みだからです。


小倉昌男

数千人の社員にいろいろなことを徹底させるには、短い言葉で伝えないと浸透しない。


高原豪久

毎週毎週の反復繰り返し、その継続が結局のところ人を進化させるのではないでしょうか。平凡なことですが、それを徹底的にやることが大切だと思うんですね。


菱田雅生

覚える量に圧倒されてやる気や自信を失いがちなときは「ハードルを下げる」といいでしょう。たとえば、覚えなくてはならないものが1000あるとして、「今日は5つだけ覚えればいい」というくらいまでハードルを下げてしまえば、毎日少しずつ達成感を得ながら記憶することができるはず。そして、楽しく覚えるうちに気がついたら1000すべてを記憶していた、となっているはずです。大きな物事を成し遂げることができる人は、「自分の小さな成功を喜ぶ」ことができる人なのです。


ドナルド・トランプ

成功が成功を生むように、発見は発見を生む。質間とは探求する心である。


ページの先頭へ