名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

勝田和一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝田和一郎のプロフィール

勝田和一郎、かつだ・わいちろう。日本の経営者。「ThinkCyte(シンクサイト)」社長。福岡県出身。東京大学法学部卒業、INSEAD経営大学院でMBAを取得。バイオベンチャー「アキュメンバイオファーマ」、経営コンサルティング会社などを経てシンクサイトを共同創業。

勝田和一郎の名言 一覧

当社の装置は様々な分野で活用できると考えています。ただ、一手に多くの分野に広げると、装置のメンテナンスが大変になるだろうと懸念しているのが現状です。装置は、少なくとも最初は、世界トップレベルの研究機関等にしか設置しないつもりです。そのような研究機関が、研究の際にこの装置を使用して輝かしい成果を出してくれるのではないでしょうか。それがまた良いプロモーションになります。


(細胞分類の)装置の販売以外にも、新しい可能性を模索している段階です。将来的には、この装置や技術が、形を変えて生活の様々なところに入っていくでしょう。装置の販売に加え、ソフトウェアサービスを提供することも考えております。実際にこの機械自体を使用する方は限られますが、装置を使っていると意識することなく、実は人々の生活に浸透している。そんなサービスを目指していきたいです。


東大法学部と言えば、官僚や法曹の道に進む人が多いのですが、自分はそのような道が向いていないと入学後に気付きました。大学卒業後、やり甲斐と好奇心を感じてバイオベンチャーに入社し、その後経営コンサルティング会社、ビジネススクールで経営について学びました。そんな時、大学の後輩である太田に「今の研究を研究のまま終わらせたくない。ビジネス化するにはどうしたらいいか」と相談を受けました。そして一緒に起業することとなったのです。現在は彼が研究、私が経営を担当しています。


ありがたいことにアメリカや中国、シンガポールから沢山の問い合わせをいただいております。『サイエンス』に掲載されたことで、確実に知名度が上がりました。苦労したことは、掲載までに時間がかかってしまったことです。最初のレビューで、サイエンス側から研究の実証が必要不可欠との指示を受け、その条件を満たすのに1年半を要しました。ただ、せっかく載せるのであれば、やはり世界一と謳われるサイエンスが良かったですし、自信もありました。非常に苦労しましたが、大きな目標を達成できたので良かったです。また、投資家の方々からは「サイエンスに載ったということは、技術面は大丈夫ですね」と認めていただけるようになりました。


勝田和一郎の経歴・略歴

勝田和一郎、かつだ・わいちろう。日本の経営者。「ThinkCyte(シンクサイト)」社長。福岡県出身。東京大学法学部卒業、INSEAD経営大学院でMBAを取得。バイオベンチャー「アキュメンバイオファーマ」、経営コンサルティング会社などを経てシンクサイトを共同創業。

他の記事も読んでみる

渡邊陽一

大事にしていることは、金銭欲を先行させないこと。儲けるために、いいかげんなものを売りつけない。当たり前なのですが、できていない人は多い。


野尻佳孝

僕自身が独立前に勤めていたところに心から「この会社最高!」と思えなかった。だから自分が会社を創ったら、絶対に全社員が面白いと言ってくれる会社にしよう、という思いが強かったんです。


植田統

仮説構築は難しくありません。世の中で起きることは、たいてい常識の範囲内。突拍子もないことなど、なかなか起こりません。過去にビジネスの世界で起きたことを知っていれば、大方の予想はつきます。


澤田秀雄

他でやっているようなモノマネでは勝ち目がないし、意味がない。


山西健一郎

地道な取り組みが三菱電機の強さ。競合に先駆けて「集中と選択」したことに注目されますが、強さのベースは改善活動です。


湯川秀樹

一日生きることは、一歩進むことでありたい。


孫正義

色んな指標をグラフ化し、時系列化すると、経営状況が一目瞭然となる。


菊地唯夫

外食などのサービス業では、小さな積み上げで経営に連続性を持たせることが重要になる。前任者の否定ではなく、その時代に合った形で、社長が必要な役割を果たしていけるように経営をつないでいくべきだ。


玉川長雄

お客さまが「あったらいいな」と思っているのに、世にないもの「は」自分で作る。ないもの「を」を作ろうとすると間違いが起こりますよ。独善的で、こんなすごい技術ができたぞと自慢するようなものをやったら、売れない。


小池利和

4代目社長・安井正義さんは常々、「部下が何か新しいことをやりたいと言ってきたら3回はNOと言え」と管理職に言い聞かせていたそうです。3回ダメ出しをしたにもかかわらず、まだ挑戦してくる技術者は、自分のためではなく会社や社会を良くするために真剣に考えているから、GOサインを出す。この教えは現在まで受け継がれています。


芳垣玲子

「なるべく」「できるだけ」「ちょっと」といった言葉がつく曖昧な指示ならば、よく内容を確認しておくことが大切。


西尾進路

我々は需要構造の変化に対応して、お客様が望まれる様々なエネルギーを提供していく必要があります。それが我々の生き残る道なのです。