勝沼精蔵の名言

勝沼精蔵のプロフィール

勝沼精蔵、かつぬま・せいぞう。日本の医学者。専門は血液学と精神病学。東京帝国大学医学部卒業。オキシターゼの組織学的研究で学士院賞受賞。文化勲章受賞。「Electroencephalogram」を「脳波」と翻訳した人物としても知られている。

勝沼精蔵の名言 一覧

行動だ。何もしないで、ある日突然潜在能力は現われはしない。【覚書き|潜在能力を引き出すにはどうすればいいですか?と問われた時の返答】


勝沼精蔵の経歴・略歴

勝沼精蔵、かつぬま・せいぞう。日本の医学者。専門は血液学と精神病学。東京帝国大学医学部卒業。オキシターゼの組織学的研究で学士院賞受賞。文化勲章受賞。「Electroencephalogram」を「脳波」と翻訳した人物としても知られている。

他の記事も読んでみる

尾崎元規

いくら企業理念が立派にあっても、現場から反応情報を取って、消費者を見て、いろいろなものごとを動かし形にするのは社員。その社員にやる気がないとダメです。


鈴木陽介(写真家)

お金を使うときは、思いっきり使います。とくに目的がなくても常に貯金はしておき、いざチャンスという時に使うイメージです。貯めてはゼロになり、貯めてはゼロになりの繰り返しです。ゼロになってもマイナスにならなければOK。


井上康生

これまでと同じような練習に取り組むだけでは海外勢に食われてしまう。世界のレベルはどんどん上がっているので、これらの課題をしっかりと克服し、プラスアルファの形でやっていかなければ、生き残れない。


西田文郎

面白いことに、「ツイてる」「運がいい」と思える人の周りには、ツキのある人が集まってきます。「ツイてない」「運が悪い」と嘆く人の周りには、ツキのない人ばかりが集まります。ツキのある人同士は、協力者になりやすい。ツキがツキを呼び、運が運を呼ぶという好循環は、そうした人のネットワークによってつくられていくものです。


樋渡啓祐

最初の企画にこだわるのではなく、動きながら最適を目指す態度が大事です。その場その場の最適解の積み重ねが、全体としていいものにつながります。今でも修正を続けていますよ。


永守重信

一番のピンチは創業してからの10年間ぐらいですね。当時の日本はまだ今のような状態ではありませんでした。ベンチャーキャピタルもありませんでした。最初の頃はお金もないし、人も満足には集まりませんでした。最初の5年間で3回ぐらいは倒産の危機がありました。結果的には3回ともいろんな方のお陰で乗り切ったのですが、日本の社会はベンチャーが育ちにくい環境であるということを痛切に感じました。それでも経営危機があったのは初めの10年間くらいです。


岸見一郎

強いストレスを生じるケースの一つは、あまりに高い理想と現実のギャップです。高すぎる理想を掲げると、達成できない現実を受け止めきれず、苦悩することになります。まずは、達成できそうもない理想を掲げることを諦め、現実的な目標を設定し直すことが大切でしょう。


田中仁(経営者)

交流会や勉強会に積極的に参加している方もいらっしゃるようですが、それがやみくもに名刺を集めるだけのものであるとしたら意味がないと思います。そのようなことをしなくても、会いたい人物には「会いたい」と思い続けていれば、機会が巡ってくるものです。実際、ファーストリテイリングの柳井正会長をはじめ、私は「会いたいな」と思っていた方にはだいたい引き寄せられるようにお会いできています。


平井伯昌

結果を出すコーチは、明るくて人づき合いに長けたタイプが多い。選手はもちろん、自国の水泳連盟内で、うまくコミュニケーションが取れているように思います。コーチングスキルは必須ですが、コミュニケーション力の必要性も再認識させられます。


永守重信

私の言うことが180度変わったので、「では、過去の永守さんのやり方は間違っていたということですか」と聞いてくる人がいますが、間違っているはずがありません。極めて正しくやってきたからこそ、1兆円企業になれたのです。1兆円企業になり、10兆円企業を目指すからこその大改革なのです。

【覚え書き|長時間労働から残業ゼロに舵を切ったことについて】


高橋大輔(フィギュアスケート)

欲深さは必要だけど、それにとらわれすぎない「バランス」が大事。そのためには、「ここまで準備した」と言える自信が必要。


永井浩二(経営者)

動かす組織がいかに大きくなっても、その基盤は個別のコミュニケーション。


豊﨑賢一(豊崎賢一)

189円の皿を開始したのは、弊社の客層が広がっていく中、お客さまの中から「もう少し高くてもいいから、より高級なネタを食べてみたい」との声を聞くようになったことが契機です。これまでの1皿105円という制約にとらわれず、弊社の企業理念である「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」をより追求できるという理由から開始しました。新たな選択肢を増やす存在と位置付けています。


棚橋弘至

トレーニングは休みの日でも欠かしません。日々の鍛錬が理想の肉体をつくるんです。まだまだ。減らさないといけない脂肪もあります。好きなものだけを飲み食いしていたら理想の身体はつくれません。


北川登士彦

当社の仕事は賃貸管理ではない。お客様や社会のニーズを探り、解決することで、価値を創造することだ。


ページの先頭へ