名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

勝栄二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝栄二郎のプロフィール

勝栄二郎、かつ・えいじろう。日本の官僚(大蔵)、経営者。「インターネットイニシアティブ(IIJ)」社長。埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業、東京大学法学部卒業。大蔵省に入省。岸和田税務署長、主計局主計企画官、内閣官房長官秘書官、国際金融局為替資金課長、主計局主計官、財務省大臣官房文書課長、主計局次長、理財局長、大臣官房長、主計局長、財務事務次長などを務めたのち退官。IIJ特別顧問を経て社長に就任。

勝栄二郎の名言 一覧

読書をする意味は2つあると思います。ひとつは娯楽の世界。こんな面白い世界があるんだとか、悲しい世界があるんだとか、喜びや悲しみを追体験することで心が刺激される。もうひとつは、いま起こっていることが将来にどんなインパクトを与えるのか。例えば、毎年労働力が数十万人減っていきますよね。これからの世界は、経済はどうなるのかと自分で想像してみる。知的な刺激になりますね。


勝栄二郎の経歴・略歴

勝栄二郎、かつ・えいじろう。日本の官僚(大蔵)、経営者。「インターネットイニシアティブ(IIJ)」社長。埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業、東京大学法学部卒業。大蔵省に入省。岸和田税務署長、主計局主計企画官、内閣官房長官秘書官、国際金融局為替資金課長、主計局主計官、財務省大臣官房文書課長、主計局次長、理財局長、大臣官房長、主計局長、財務事務次長などを務めたのち退官。IIJ特別顧問を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

上田準二

少人数の会議では、聞き手に「あなたを理解していますよ」とアイコンタクトしながら話すのが重要。するとこっちの気持ちが伝わるのか、内容以上に面白いと思われます。プレゼンを聞いてるときも、社員の目が泳いでたら、目の合ったタイミングで「おまえ、緊張してるな。でも、大丈夫だぞ」と笑いかけるんです。そして肝心な部分では大きく頷く。すると話すほうも落ちついてきます。


桜井章一

ため込んだものはすべて腐ってしまうと考えた方がいい。お金でも何でもそうだ。もし、100万円あったとして、3日で腐るとしたら、「私はそんなにいらない。皆で分けようよ」と思うだろう。そういう心がけが大事なんだよ。


和田裕美

人生は自分の決断の積み重ねです。だからこそ思考パターンが変われば仕事も人間関係も嘘のように良くなっていきます。


伊藤良二

ものごとを新しい視点で定義する、考え方を進化させるということが大切です。たとえば、同じテーマで課題に取り組むとき、過去と同じ時間をかけていては進歩がないので、より効率を上げるにはどうすべきかを考えます。テーマ設定にしても、経験を積んでいる分、絞り込み方にせよ掘り下げ方にせよ、もう一段上の取り組みを志向してみるのです。課題設定力を磨くコツでもあります。


山口拓朗

時には無愛想な相手もいますが、「感じの悪い人だ」などと相手をジャッジするのは禁物。その気持ちが表情や言葉に出てしまうからです。「相手も忙しいのだろう」と考える想像力が必要です。


加治敬通

私が今あるのは、経営危機当時の社員やパートのみんなに助けてもらったからこそ。だからパートに対しては、「面白くないかもしれない仕事を、どうしたら楽しくしてもらえるか」を常に念頭に置いています。それが私の一番の恩返しだと思いますから。


小室淑恵

数をこなす時代は、ミスをさせないよう、上司が厳しく緊張感を持って部下を管理する手法が有効でした。しかし、創造性を発揮させるには、そのやり方では逆効果です。上司に怒られてばかりで萎縮したメンバーは、いいアイデアや企画があってもなかなか提案しないし、会議でも発言しません。これでは、チームとして付加価値の高い仕事をすることなど不可能です。


大林伸安

私が知るかぎりでは、時間に追われて仕事をしている方の多くは、PDCAサイクルの中のC(チェック)とA(アクト改善)が抜けてしまっています。そのために、仕事時間の見積もりを誤ったときに「次は頑張る」といった曖昧な結論にしか達しない。これでは、無理をするしか選択肢がなくなり、最終的には疲弊してしまいます。


香山誠

中国では今、既存の銀行に置かれていた預金がアリペイのプリペイド口座やMMF(投資信託事業)に流出する現象が起きています。ただ、私たちは銀行から何かを奪おうと思ったわけではありません。こうした現象は、あくまでユーザーの利便性を追求した結果なのです。


角川歴彦

プラットフォーマーにならなければいけないというのは、別にコンテンツ産業だけじゃなくて、実はソニーにもセブン&アイにも、どんな産業界にも当てはまることなんですね。そうすると、川上(量生)君に言わせればプラットフォーマーは技術力がなければいけないと。つまり、どの産業界、企業だってITの技術集団を持たなきゃいけない時代なんですよ。


織田大蔵

事業を拡張するにもカネがない。自分の金では足りないから見送ってしまう。これでは事業家として大成しない。人の金を使うのだ。大企業と提携してもいいではないか。乗っ取られるなどと心配するな。そんな小さい了見だから大きくなれないのだ。


茂木啓三郎

一年に二回親族会を開くこと。その際、富の程度によって人のランクの上下を決めてはならない。貴ばなければならないのは人格である。