勝栄二郎の名言

勝栄二郎のプロフィール

勝栄二郎、かつ・えいじろう。日本の官僚(大蔵)、経営者。「インターネットイニシアティブ(IIJ)」社長。埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業、東京大学法学部卒業。大蔵省に入省。岸和田税務署長、主計局主計企画官、内閣官房長官秘書官、国際金融局為替資金課長、主計局主計官、財務省大臣官房文書課長、主計局次長、理財局長、大臣官房長、主計局長、財務事務次長などを務めたのち退官。IIJ特別顧問を経て社長に就任。

勝栄二郎の名言 一覧

読書をする意味は2つあると思います。ひとつは娯楽の世界。こんな面白い世界があるんだとか、悲しい世界があるんだとか、喜びや悲しみを追体験することで心が刺激される。もうひとつは、いま起こっていることが将来にどんなインパクトを与えるのか。例えば、毎年労働力が数十万人減っていきますよね。これからの世界は、経済はどうなるのかと自分で想像してみる。知的な刺激になりますね。


勝栄二郎の経歴・略歴

勝栄二郎、かつ・えいじろう。日本の官僚(大蔵)、経営者。「インターネットイニシアティブ(IIJ)」社長。埼玉県出身。早稲田大学法学部卒業、東京大学法学部卒業。大蔵省に入省。岸和田税務署長、主計局主計企画官、内閣官房長官秘書官、国際金融局為替資金課長、主計局主計官、財務省大臣官房文書課長、主計局次長、理財局長、大臣官房長、主計局長、財務事務次長などを務めたのち退官。IIJ特別顧問を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

石村和彦

力を振るうには、勇気も必要。子会社での人事も「乱暴だ」と言われましたが、失敗なら戻せばいいと開き直っていました。


長谷川和廣

「怠惰・ルーズな人」「信用がない人」「弱い者に高圧的に接する人」「チャンスを目の前にしても行動を起こさない人」というのは、仕事の面白さをわかっていないだけなのです。面白いと思っていないから、仕事を自分から遠ざけようとしているわけです。ただし、こういう人たちに仕事の楽しさを教えることは本当に難しいことです。


丸谷智保

北海道のコンビニ業界も人口減少による総需要の落ち込みと店舗の過剰感という問題に直面しています。コンビニ業界のフロンティアだった北海道は、今や限られたパイを奪い合う状況になり、もはや個性のないコンビニは生き残れません。


澤田秀雄

ビジネスモデルは変わっていく。変化に対応するどころか変化の先を読んでいかないときつい。


孫正義

やみくもに攻める前に、全体をとらえるべきです。まずはじめに、どこで世界一になるのかの方向性を定めなければいけません。どの分野で事業をするかで、将来の半分は決まります。ナンバーワンと組むことに成功すれば、黙っていても全てがうまくいきます。


傳田信行

選択肢が複数あるときは、常に困難な道を選べ。


桑野祐一郎

1分1秒を争うビジネスの世界は激変の時代を迎えました。ミスや不正、時差が経営判断にとって致命傷になりかねない時代となったのです。その意味では「資金の見える化」を最初のステップとし、財務の高度化は今後、経営判断を行う上で最も重要な指標の1つになります。


田中道信

結局は人。やはり、企業が生き残るための一番のポイントは、いかにして良い人材を育てるかにかかっている。


佐治信忠

酒類を中心とした総合食品メーカーであるからには、それぞれが強くならなくてはいけません。何かがカバーしてビールをやっているようではダメだ。


新井直之(執事)

子供に稼ぐ力を引き継ぐことにお金をかける分、お金持ちは相続する資産自体を増やすことにはこだわりません。ですから、資産防衛でリスクのある投資は行わないのです。狙いは、今あるものを減らさない程度に引き継ぎ、次代にバトンを渡すこと。このように、一世代、二世代先を見据え、長いスパンで策を講じていく思想。これこそ、お金持ちが代々お金持ちであり続ける秘密です。


永松茂久

目指すは多店舗化ではなく、スタッフも楽しいし、お客さんにも心から楽しんでいただける店。


前田安正

とくに今は、ビジネスの企画や提案でも、「自分の思い」を伝えることが重要になっています。「高齢者が暮らしやすい世の中にしたい」「子供たちの未来のために、環境に優しい社会を作りたい」。最初にこうした思いを伝えたうえで、「だから私たちは、こんな商品を作りました」と説明を付け加える。これがプレゼンの基本になりつつあります。


熊谷正寿

一番大切なのは、人の役に立ち求められるサービスかどうか。シンプルに考えるとビジネスとは、喜ばれるプロダクトを作って提供し続けていくこと。本質的に良い物を提供している会社が勝つ時代。1番でなければお客様には喜んで頂けない。


木暮太一

自分の価値を高めるには、自主練を終えて本業の時間が始まったら、それに全精力を注ぐことが大切だ。


塚越友子(水希)

どんなに嫌な上司でも、8割くらいは服従している様子を見せていないと、その組織でやっていけません。自分の身を守りつつ、虎視眈々と自分の芽を出せる順番を待てばいいんです。男性は我慢していれば、いつかは順番が回ってきますから。とにかく中途半端が一番ダメです。能力がないのは問題外。変に自己を主張する人も嫌われます。


ページの先頭へ