名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

勝本竜二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝本竜二のプロフィール

勝本竜二、かつもと・りゅうじ。日本の経営者。「保険クリニック」などを展開する「アイリックコーポレーション」社長。石川県出身。金融機関、アメリカン・ライフインシュアランス・カンパニー(のちのメットライフアリコ)などを経てアイリックコーポレーションを設立。

勝本竜二の名言 一覧

我々の開業当初は、保険業界への黒船到来と言われましたが、黒船にふさわしい革新性を保険販売にもたらしたい。


当社の戦略は、保険ショップを運営する同業他社を敵対視するのではなく、共に保険市場の活性化を目指したいという考えです。実際、当社のシステムを導入している同業他社は少なくありません。


来店型ショップの保険ショップに占める販売シェアは6%程度と見込まれています。訪問販売に加えて銀行窓販やネット通販など幅広いチャネルがあるため、今後ショップにおけるシェアが急拡大するとは思っていません。ですから、多様な事業者と協力体制を築きながら業績を拡大していきたいと考えています。


勝本竜二の経歴・略歴

勝本竜二、かつもと・りゅうじ。日本の経営者。「保険クリニック」などを展開する「アイリックコーポレーション」社長。石川県出身。金融機関、アメリカン・ライフインシュアランス・カンパニー(のちのメットライフアリコ)などを経てアイリックコーポレーションを設立。

他の記事も読んでみる

岩瀬昌美

日本人と最も異なるのは、平日に会社の人と飲みにいくことがほとんどないこと。彼らは、平日は仕事がメーンの日と決めているのです。日本人は夜遅くまで二次会、三次会と飲み歩く人も珍しくありませんが、グローバルエリートは10時には帰宅しているどころか寝ているのです。繁華街のバーは深夜2時まで営業しているところもありますが、グローバルエリートのような出で立ちの人を見かけたことは一度もありませんね。


樫尾和雄

いま大事なのは、規模を追わずに利益を重視すること。事業は安定性が大事だ。


本田有明

自分を慕ってくれる部下は、どんな上司であってもいろいろと目をかけて、フォローしたくなります。受け身の姿勢ではなく、自分から上司の懐に飛び込んでいくことで、上司を動かし、良い関係へと舵取りしていくことができる。


ディビッド・ユーゼ

特定分野の売上が過大になると、事業運営上のリスクが大きくなります。特定分野に偏らせないことは、開発から市場投入までの時間が分野によって異なることを利用して、品質の要求が高い製品の成熟度を時間をかけて高めることができるという利点もあります。


島田和幸(経営者)

大学卒業後にダイエーに入社し8年間、創業者の中内功さんの下で秘書を務めました。ワンマン経営者のイメージが強い中内さんですが、それとは違う一面もありました。人の話を聞く姿勢です。多忙を極める雲の上の怖い人でしたが、私が報告や相談をしに行った時に、忙しいという理由で突っぱねられたことは一度もありません。


森辺一樹

特に、差別化の難い消費財において、プロモーションは選ばれる力を大きく左右する。


木村惠司(木村恵司)

いつの時代でも基本はチャレンジ精神でしょう。新しいマーケットを開拓しようと頑張ることで洞察力が備わり、新しい考え方も生まれてきます。そのためには情報が必要です。それも書物で得るだけではなく、実際に自分で見たり、聞いたり、あるいは人と接したりして得る生きた情報が重要です。


高田明(ジャパネットたかた)

テレビにしてもチラシにしても3年も経てば、お客さんは飽きてしまいます。だから飽きられないように常に新しいことをするためには、社員と一緒に議論する必要があります。議論することを会社のひとつの文化にしていきたい。


鈴木敏文

世の中の先行ニーズというのは毎日の中にある。砂っ原で砂金を拾いあげていくようなことが、マーケティングである。


柳井正

チャンスはあらゆる人の前を通っている。でも、ほとんどの人は気づかない。「もし、こうなったら」っていうことを前もって把握し準備して、自分から取りに行かなきゃチャンスは掴めない。


五木寛之

古代インドでは、人の人生を「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」に区切った。40代は「家住期」に当たる。この時期は、知力、精神力も旺盛で一番エネルギッシュに活動できる、人生の黄金期なのです。もう若くないなどとひねくれず、新たな一歩を踏み出してもらいたいですね。青春の終わりでもなんでもない。自分ならではの、人生のはじまりなんですから。


マイケル・デル

各社ごとにビジネスモデルはさまざまであり、日本の企業のすべてが垂直統合を採用しているわけではない。例えば、先日、中国のサプライヤーパートナーのところを訪問したが、そこでも日本のメーカー向けの製品が作られている。むしろ、依然として、競合他社の方が我々のやり方を追いかけているのではないだろうか。当社のモデルが成功しているということは、日本市場での実績を見ても明らかだ。日本では、昨年の段階で第 3位のシェアとなり、前年比25%という業界平均を大きく上回る成長を遂げている。これは上位4社のなかでは最も高い成長率となっている。