勝本竜二の名言

勝本竜二のプロフィール

勝本竜二、かつもと・りゅうじ。日本の経営者。「保険クリニック」などを展開する「アイリックコーポレーション」社長。石川県出身。金融機関、アメリカン・ライフインシュアランス・カンパニー(のちのメットライフアリコ)などを経てアイリックコーポレーションを設立。

勝本竜二の名言 一覧

我々の開業当初は、保険業界への黒船到来と言われましたが、黒船にふさわしい革新性を保険販売にもたらしたい。


当社の戦略は、保険ショップを運営する同業他社を敵対視するのではなく、共に保険市場の活性化を目指したいという考えです。実際、当社のシステムを導入している同業他社は少なくありません。


来店型ショップの保険ショップに占める販売シェアは6%程度と見込まれています。訪問販売に加えて銀行窓販やネット通販など幅広いチャネルがあるため、今後ショップにおけるシェアが急拡大するとは思っていません。ですから、多様な事業者と協力体制を築きながら業績を拡大していきたいと考えています。


勝本竜二の経歴・略歴

勝本竜二、かつもと・りゅうじ。日本の経営者。「保険クリニック」などを展開する「アイリックコーポレーション」社長。石川県出身。金融機関、アメリカン・ライフインシュアランス・カンパニー(のちのメットライフアリコ)などを経てアイリックコーポレーションを設立。

他の記事も読んでみる

水野学

若いころは流行を追いかけることによってセンスが更新されていきますが、年を重ねると、それまでに培ってきたセンスをもとにものごとを判断するようになっていきます。その曲がり角はだいたい20代半ばなのではないでしょうか。ですから僕自身は、自分の着たいものではなく、いま流行っているものを意識して着るようにしています。食にしても、インテリアにしても同じです。自分が食べたいものよりも、話題になっているお店にいくことを優先するようにしています。


ジョン・カビラ

いま自分があがっているなと思ったら、そういう自分を心のなかで実況してみる。「さあ、ジョン・力ビラ、緊張しています。いま、ドアノブに手がかかった。どうする? 笑顔で切り込め!」みたいな。自分を客観視することで、緊張や不安は意外と取れるものです。


島津義久

罰を薄くして賞を厚くせよ。


金丸恭文

価格ドットコムを見れば、家電の価格が発売から半年後には50%も下落することが分かる。これはメーカーの希望小売価格と実質的な市場価格の間に、大きな差があることを意味している。働き方改革だけでこの差は埋まらない。企業は、景気のいい今こそ、抜本的な「ビジネスモデル改革=稼ぎ方改革」をすべきではないか。


築山節

これまでは、人間が盛んに思考しているときは脳も活発に動いており、休息中は脳も休んでいる、と考えられてきました。ところが、ワシントン大学のM・レイクル教授らの最新研究ではそれと相反する結果が出ています。何もせず、ぼんやりしているときの脳の活動量は、活発に活動しているときとそう変わらない量であることがわかったのです。その間に脳が何をしているかと言うと、活動中の思考を整理し、次に何をすべきかを準備しているのだそうです。この働きを、「デフォルト・モード・ネットワーク」といいます。難しい問題を解こうと長時間悪戦苦闘してもムダだったのに、一晩眠って起きたら突然解決策がひらめいていた――ということを一度は経験したことがあるでしょう。これもデフォルト・モード・ネットワークの働きの結果だと考えられます。ですから、頭を使う作業は長時間続けず、疲れたら途中で切り上げること。そうすることで、肉体的・精神的には休みながらも、脳は自動的に思考を整理してくれるのです。


吉永泰之

販売台数もさほど多くないのだから、とにかく楽しいクルマをつくろうよ。


木川眞

当社は個人のお客様のニーズに合ったサービスを開発し続けてきました。それをご提供することで国民の生活習慣が変わり、新しい文化ができたということ。例えば、宅急便の誕生によって荷物の持ち運びが不要となる「手ぶらの文化」ができました。スキー宅急便やゴルフ宅急便がそうです。今や買い物ですら手ぶらにしようという文化も醸成されつつあります。


内藤誼人

部下は基本的にこちらの指示に応じてしか動きません。仕事が会社の命令系統に沿って動くものである以上、それは当然のことです。よく「部下が指示以上のことをしない」と不満を抱く人がいますが、してほしいことがあるなら、それも指示に組み込むべきです。


内村航平

いまは団体総合で金メダルを取ること。それしか考えていません。団体は皆で補い合って戦う。全員がまとまるチームが優勝すると思っています。


佐々木典士

欲しいモノを片っ端から手に入れても、それで自信がついたり、幸せになることに直結するわけではない。思いつくままにモノを手に入れることで得られる幸せは、手に入れた瞬間をピークに数日や数週間、ときには数時間で過ぎ去り、次の日からは「まだ足りない」と欠乏感が湧いてくる。


西真理子

ミスを防ぐため、一人でできる仕事でも、あえて複数人で確認しながら行う方法も採っていました。請求書など、絶対に送り間違ってはいけない書類を発送する際、先輩は常に私をアシスタント役に据えました。封筒と請求書の宛名が合っているか、二人で読み合わせをしてから封を閉じていたのです。お礼状や招待状なども、複数人での確認は必須です。宛名間違いは相手に失礼ですし、ひいては会社の信用にもかかわりますから。


須田将啓

目標は今まで無かった価値を生み出して世界をより良くしていくこと。他の会社を真似することや、効率化することより、今までになかった新しいサービスを生み出して、皆の生活をちょっとでも良くしていくようなことを目指している。


澤功

正しく流暢に話そうとするなら、高度な英語力が必要でしょう。しかし、本当の目的は「上手に話すこと」ではなく「通じること」「満足していただくこと」にあるはず。そのための英語なら、実際の現場に身を置くことで、誰もが身につけられるものなのです。


金田一秀穂

寅さんの有名な台詞「それを言っちゃあおしめえよ」。人は誰しもプライドがある。それを壊してまで本音で話すのは、どんな場合でも得策ではない。


三谷幸喜

小劇場の出身なので、どっちかというと自分がやりたい、見たいものを優先しがちで。自分の好きな世界を共有してくれるお客さんに作品を提供する。そういうやり方をしてきた人間ですから。1億人が面白いと思う笑えるものを作ろうとは思わないし、そんなのは作れない。


ページの先頭へ