名言DB

9412 人 / 110637 名言

勝俣良介の名言

twitter Facebook はてブ

勝俣良介のプロフィール

勝俣良介、かつまた・りょうすけ。日本の防災・危機管理コンサルタント。「ニュートン・コンサルティング」副社長・シニアコンサルタント。早稲田大学卒業、オックスフォード大学でMBAを取得。ITセキュリティスペシャリストを経てニュートン・コンサルティング設立に参画。

勝俣良介の名言 一覧

自分に課題を与えることが成長につながる。


出勤後の3時間については、特に2つのルールを設けています。1つは「自分に課題を与える」。もう1つは「中長期的なことを考える」。


経営者であると同時に、シニアコンサルタントとしてお客様も相手にするため、正直、多忙です。そこで朝の時間をフル活用して、能力アップに励んでいます。朝、出勤してから会社の始業までの間に何をやるか、あらかじめルール化して取り組むのです。


勝俣良介の経歴・略歴

勝俣良介、かつまた・りょうすけ。日本の防災・危機管理コンサルタント。「ニュートン・コンサルティング」副社長・シニアコンサルタント。早稲田大学卒業、オックスフォード大学でMBAを取得。ITセキュリティスペシャリストを経てニュートン・コンサルティング設立に参画。

他の記事も読んでみる

横井啓之

新聞に「ABCクッキングスタジオが首都圏進出」と書かれた直後、税務署の調査が入り、多額の追徴金を科せられました。財務について自分は勉強不足だったと反省しています。一方で、「出る杭は打たれるんだな」と感じましたね。この件があり、しばらくの間、おとなしくしていたんです(笑)。


瀬々敬久

そんなに人生って調子いいことばっかりじゃないじゃないですか。基本的にはみんな、ほの暗いものを抱えて生きているわけであって。


尾賀真城

営業時代に得た教訓は、とにかく日参するということ。商談ですから当然、内容やノウハウも必要なのですが、まずは通うことが大事だと。お客様のところに通っていると、あるときライバルとの勝負というときに「よく来ていた」「何度も来るから仕方ないなあ」と言ってもらえるのです。


エラン・カッツ

マクドナルドのロゴを思い出してください。といってもシンプルですし、誰もが絵に描けるでしょう。しかし、ピザハットは? スターバックスは? と聞かれたら困惑するでしょう。デザインが複雑とはいえ、何度も目にしているものを、なぜちゃんと覚えられないのでしょうか? それは、視界に入っていても注意を払っていないから。物事を漫然と見たり聞いたりするだけでは、頭には入ってきません。パソコンと同じで、最後「Saveボタン」を押さないと記憶に留まらないのです。対象に注意を払うということが、この「Saveボタン」を押す行為に当たります。家を出て5分後に「鍵を閉めたかな?」「アイロンのコンセントを抜いたかな?」と心配するのも同じ理由です。


木下ほうか

今まで役者を続けてこれたのは、常に持ち歩く「電子辞書」のおかげかもしれません。難しい漢字、あまり使わない四字熟語やことわざ、最近のカタカナ言葉……。読み方を間違えないためでもありますが、もっと大きな理由は、その物語や登場人物に対する理解を深めるためです。


山海嘉之

自分の研究が、世の中の人々の役に立てばいいと思ってやっています。


森田直行(経営者)

各組織のメンバーが知恵を絞って努力すれば、売上が増えてもそれにかかる経費を増やさない、あるいは減らすことができる。どこに無駄な経費が使われているかをわかりやすくするのが部門採算制度導入の目的である。


上田輝久

情報を精査する力を磨き、自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出そうと考えている。


堀江貴文

金のことを考えなくなったのは、21、22歳ぐらいからかな。お金は制限要因にすぎないと思うんですよ。たとえばコンビニに行って何か買いたいものがあるのに、お金が足りなくて買えないのは嫌ですよね。そうした制限要因としてお金があるのであって、お金そのものはどうでもいい。そういう意味でいうと、僕は早いうちに解放されたので。


工藤公康

きつい練習をするとき、やる前から「嫌だなあ」と思って臨んだら体は絶対については来ません。たとえきつくても覚悟を決めてやり続けることで、体力も自然とついてきて「嫌だ」という部分が消えていきます。さらに続けると体力の限界が近づいてきます。そこで心の葛藤が起こるはずです。葛藤に打ち勝ち、その壁を乗り越えられるかどうかが、その人がそこで終わるかさらにステップアップするかの試練なんです。ここで問われるのが気力です。


森平茂生

大切なのは成功そのものではなく、挑戦し続ける生き方だと私は思います。父が創業した会社を辞めて父からもらった財産も返上して、家内と3歳の子供を連れて小さなアパートに移り住んだのも、そういう思いからです。


三木谷浩史

僕はいつも自分にこう問いかけている。この作業で省くべき無駄はないだろうか、もっと早く処理できるようにこの作業を改善できないだろうか。速度はいつでも優先課題なのだ。


江上治

人生の目的や志を聞かれても、すぐにそれを語ることができる人は、そうはいない。だが、自分の生い立ちについては語ることができる。これまでの人生の目的や志を、意識するチャンスがなかった人は、まずは自分の生い立ちを棚卸するところから始めてみてはどうだろう。そこに人生の目的や志につながるヒントも潜んでいるはずだ。


渡辺良機

ばねづくりは人づくり。それは仕事を通じて自分(社員)の能力が伸びていく仕組みが会社にあること、あるいは自分たちが作るばねに誇りと喜びがあること。


松本晃(経営者)

会社には本来、何の秘密もないはずです。ところが、偉い人はなぜか隠したがる。インサイダー情報を除いて、会社に秘密はないのです。情報は大抵、上に集まり、そこでとどまりがちですが、情報を上から流せば、社員はそれに応じて、様々なことを考えられる。すると組織が活性化する。