名言DB

9412 人 / 110637 名言

勝俣恒久の名言

twitter Facebook はてブ

勝俣恒久のプロフィール

勝俣恒久、かつまた・つねひさ。日本の経営者。東京電力会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、東京電力に入社。料金課長、取締役企画部長、常務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任した。そのほか、日本経済団体連合会評議員会副議長、日本経済団体連合会副会長、日本原燃会長、電気事業連合会会長、KDDI株式会社取締役、日本原子力発電株式会社取締役、行政刷新会議 政府の物品調達のあり方などを見直す公共サービス改革分科会会長代理、CHAdeMO協議会会長、安全保障と防衛力に関する懇談会(防衛大綱有識者会議)座長、「経済危機克服のための『有識者会合』」メンバーなどを務めた経営者。

勝俣恒久の名言 一覧

考えてみてください。会社の顔である社長が、この先の経営を悲観したり、暗くなっていたりしたら、それこそ会社全体が意気消沈してしまいます。
【覚書き|モットーである「明るく・楽しく・元気よく」について尋ねられたときの発言】


社会に対して情報を公開すること、品質監査の体制強化、教育や研修を実施することで、「しない風土」「させない仕組み」を構築し、企業倫理を順守した業務運営の実施・定着に取り組みました。
【覚書き|2002年の福島第一原子力発電所データ改ざん事件後、社長に就任し改革を行ったときを振り返っての発言】


社員には、いま自分の行っている仕事が、自分以外の社員や、陰で汗を流す縁の下の力持ちがあってこそ成り立っているんだということをしっかりと理解して、そのうえで自分の仕事に誇りを持って取り組んでもらいたい。


私が各部門に言っているのは「公正・公平、これだけは守って闘って欲しい」ということです。競争を長い目で見たとき、「東電はフェアじゃない」と思われることの方が痛手です。もちろん、奪われたお客様を取り戻すことは、重要な経営課題です。今後、お客様に選ばれるように、価格の面だけでなく、ブランド力の強化や当社独自の付加価値サービスの提供をしていかなければなりません。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


ミスはできないと、自分を追い詰めれば追い詰めるほど、かえってミスしてしまうことがあるのです。


公正・公平のルールのもとで、フェアプレイの精神で闘う。事業の効率化だけでなく、安定供給の確保などの公益的な課題の両立も考えることが大切です。


ミッションを達成するには、みんなで力を合わせなければ切り抜けられません。そのような意味でも、平素からのコミュニケーションが大切です。


各部門には何年までに何%のコスト削減といった具体的な目標を立ててハッパをかけました。というのは自由化、競争は嫌だ嫌だという逃げの姿勢でなく、競争に積極的に「立ち向かおう」といってやってきたんです。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


最初に競争を意識したのは95年の制度改革でIPP(独立系発電事業者)が火力分野に参入したときです。IPPの方が安いとなれば、そちらから買います。そうなれば、当社は仕事がなくなるということですから、猛烈な刺激になりました。これまでのやり方では、とても太刀打ちできません。当社の火力部門は、IPPがどういうやり方をしているのかを徹底的に調べて、コストダウンの仕組みを学びました。IPPの参入は、社内を刺激し、様々な仕事のあり方を変えるきっかけになりました。


仕事の効率化、競争力確保のために、グループ全体で標準化された仕組みを持つべきなんです。それと同時に、それぞれの部門が創意工夫をして、自主的に仕事に向かわなければいけません。


幸いなことに東京電力には良き伝統はいまでも受け継がれています。何かの危機のとき、直接関わりのない人までが駆けつけてきます。みんなで乗り切り、頑張ろうという姿勢と、力を発揮する風土は健在です。この風土を残していくことは、社長としての大きな役割だと思います。


隣の人とメールでやり取りするようなことが、冗談ではなくあり得る時代です。「コミュニケーションの仕方がわからない」と悩んでいる人がいます。社員旅行のような会社行事も少なくなってきているようです。そういった状況の中、どうやってお互いの意思疎通を円滑にはかるかは、今風に工夫しなければいけません。


大切なのは、現場と本店のコミュニケーションです。現場と本店に壁があっては困ります。私は口を酸っぱくして、「現場の声を汲み上げよ」と言っています。現場の仕事の第一線が一番、お客様や設備に近いのです。彼らが意欲や達成感の持てる会社をつくらなければ、上手くいきません。


本店は、いってみれば、バックアップ部門です。横から仕事ぶりを見ていて、各部門間やグループ企業との間で壁があれば、それを排するため、横串がきっちりと入るような仕組みをつくる。それには、いかに現場の声を上手く汲み上げて、仕事の仕組みの改善につなげられるかということです。


勝俣恒久の経歴・略歴

勝俣恒久、かつまた・つねひさ。日本の経営者。東京電力会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、東京電力に入社。料金課長、取締役企画部長、常務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任した。そのほか、日本経済団体連合会評議員会副議長、日本経済団体連合会副会長、日本原燃会長、電気事業連合会会長、KDDI株式会社取締役、日本原子力発電株式会社取締役、行政刷新会議 政府の物品調達のあり方などを見直す公共サービス改革分科会会長代理、CHAdeMO協議会会長、安全保障と防衛力に関する懇談会(防衛大綱有識者会議)座長、「経済危機克服のための『有識者会合』」メンバーなどを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

設楽洋

店のスタッフが100人いれば、100のビームスがある。個々のスタッフが持つ感性に共感してファンが集まる。ビームスはそういうブランドです。


古賀信行

ファイナンシャルタイムズや、ウオールストリートジャーナルが海外の代表的な媒体でしょう。つぶさに読む必要はありません。見出しだけでもいい。日本ではまったく記事にもならないことが、少なくともどれぐらいの大きさで、どう報道されているかを知ることが大事なのです。そうすれば、世界の金融市場の鳥瞰図を描くことができる。古典的な言葉でいえば、大局観を養うことができます。


木村皓一

何事も長期的にものを見ないといけない。


岡田斗司夫

企画をつくるとき話す相手は、発想が面白い人や、頭がよくて自分の言いたいことをすぐに理解してくれるような人は、むしろやめた方がいいでしょう。僕のやっている仕事がまったくわからない人にわかるように説明しているうちに、自分の口から意外な言葉が出てきて企画のきっかけになったり、解決のヒントが見つかったりするのです。


塚越寛

経営者は、何が何でも自社の社員を守り抜くことを肝に銘じなければなりません。私は、「社員を守らずして何が経営者と言えるか」という強い気持ちで、あらゆる面から社員を守る仕組みをつくってきました。


鍵山秀三郎

幕末・明治時代の臨済宗の禅僧に今北洪川(いまきたこうぜん)という人がいました。この人の言葉に「百萬経典(ひゃくまんきょうてん)日下(にっか)の灯(とう)」という言葉があります。百万本の経典を読んで勉強しても、ただ頭の中に知識として持っているだけで活動しなければ、太陽の下のろうそくの火にすぎない。つまり、役に立たないことです。


観世清和

海外に出ていって、現地の人と交流し、お互いに刺激し合う。相手のことを知り、他の文化や芸能に接することが、逆にまた自分たちの文化や芸能を知ることにもつながる。


河盛好蔵

多くの人が絶望を感じ、不可能と判断することに対しても青年は希望を失わない。反対に多くの人々にとって自明の理と考えられていることがらについても、一応これを自分の目で見、自分の頭で考えてみる熱意と努力を惜しまない。天才が長い努力の結果到達した地点に、自分もまた出発点から自分の足で歩きなおしてみようとする野心を胸に一杯抱く。


山崎直子

不安を恐れず、最初の一歩を踏み出してみる。そのときできることを積み重ねていくことが、大きな夢につながっていくのではないでしょうか。それにとことんまで本気で考えていくと、その本気が人にも伝わり、状況が少しずつ前向きに動き始めていくように思えるのです。


福嶋康博

常に自己否定することが必要です。はじめにその事業がそれなりの利益を上げていても、「これでは満足できない」と自分に言い聞かせます。そういう面では、経営者にとって不安な状態はいいことかもしれません。不安によってすぐ解決しようとしますから、プラスに働くでしょう。


アンディ・ジャシー

クラウドを導入すると、アイデアが浮かんでから実現するまでの時間が極めて短くなる。何千台というサーバーを数分間で用意でき、必要なくなったら余計な料金は支払わなくてよい。試行錯誤のスピードが速まれば、それだけ競合より先を走れる。


フィリップ・ウィッカム

投資家を含むパートナーとの関係構築が非常に大切であり、テーブルに付いたすべてのメンバーが同じビジョンを共有していなければなりません。


村田昭

社長に自由にものを言える会社の雰囲気が、経営にとって一番大切なことだ。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

目標をもって生きれば、節約も貯金も自然にできますよ。いまが楽しければと遣っていたお金を、将来のためにガマンできるはず。


小飼雅道

「自分たちの強みはこれなんだ」と思うからこそ、社員たちは逆風にもめげず、開発に情熱を燃やせる。