名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

勝俣恒久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝俣恒久のプロフィール

勝俣恒久、かつまた・つねひさ。日本の経営者。東京電力会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、東京電力に入社。料金課長、取締役企画部長、常務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任した。そのほか、日本経済団体連合会評議員会副議長、日本経済団体連合会副会長、日本原燃会長、電気事業連合会会長、KDDI株式会社取締役、日本原子力発電株式会社取締役、行政刷新会議 政府の物品調達のあり方などを見直す公共サービス改革分科会会長代理、CHAdeMO協議会会長、安全保障と防衛力に関する懇談会(防衛大綱有識者会議)座長、「経済危機克服のための『有識者会合』」メンバーなどを務めた経営者。

勝俣恒久の名言 一覧

考えてみてください。会社の顔である社長が、この先の経営を悲観したり、暗くなっていたりしたら、それこそ会社全体が意気消沈してしまいます。
【覚書き|モットーである「明るく・楽しく・元気よく」について尋ねられたときの発言】


社会に対して情報を公開すること、品質監査の体制強化、教育や研修を実施することで、「しない風土」「させない仕組み」を構築し、企業倫理を順守した業務運営の実施・定着に取り組みました。
【覚書き|2002年の福島第一原子力発電所データ改ざん事件後、社長に就任し改革を行ったときを振り返っての発言】


社員には、いま自分の行っている仕事が、自分以外の社員や、陰で汗を流す縁の下の力持ちがあってこそ成り立っているんだということをしっかりと理解して、そのうえで自分の仕事に誇りを持って取り組んでもらいたい。


私が各部門に言っているのは「公正・公平、これだけは守って闘って欲しい」ということです。競争を長い目で見たとき、「東電はフェアじゃない」と思われることの方が痛手です。もちろん、奪われたお客様を取り戻すことは、重要な経営課題です。今後、お客様に選ばれるように、価格の面だけでなく、ブランド力の強化や当社独自の付加価値サービスの提供をしていかなければなりません。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


ミスはできないと、自分を追い詰めれば追い詰めるほど、かえってミスしてしまうことがあるのです。


公正・公平のルールのもとで、フェアプレイの精神で闘う。事業の効率化だけでなく、安定供給の確保などの公益的な課題の両立も考えることが大切です。


ミッションを達成するには、みんなで力を合わせなければ切り抜けられません。そのような意味でも、平素からのコミュニケーションが大切です。


各部門には何年までに何%のコスト削減といった具体的な目標を立ててハッパをかけました。というのは自由化、競争は嫌だ嫌だという逃げの姿勢でなく、競争に積極的に「立ち向かおう」といってやってきたんです。
【覚書き|電力小売りの一部自由化が始まった当時を振り返っての発言】


最初に競争を意識したのは95年の制度改革でIPP(独立系発電事業者)が火力分野に参入したときです。IPPの方が安いとなれば、そちらから買います。そうなれば、当社は仕事がなくなるということですから、猛烈な刺激になりました。これまでのやり方では、とても太刀打ちできません。当社の火力部門は、IPPがどういうやり方をしているのかを徹底的に調べて、コストダウンの仕組みを学びました。IPPの参入は、社内を刺激し、様々な仕事のあり方を変えるきっかけになりました。


仕事の効率化、競争力確保のために、グループ全体で標準化された仕組みを持つべきなんです。それと同時に、それぞれの部門が創意工夫をして、自主的に仕事に向かわなければいけません。


幸いなことに東京電力には良き伝統はいまでも受け継がれています。何かの危機のとき、直接関わりのない人までが駆けつけてきます。みんなで乗り切り、頑張ろうという姿勢と、力を発揮する風土は健在です。この風土を残していくことは、社長としての大きな役割だと思います。


隣の人とメールでやり取りするようなことが、冗談ではなくあり得る時代です。「コミュニケーションの仕方がわからない」と悩んでいる人がいます。社員旅行のような会社行事も少なくなってきているようです。そういった状況の中、どうやってお互いの意思疎通を円滑にはかるかは、今風に工夫しなければいけません。


大切なのは、現場と本店のコミュニケーションです。現場と本店に壁があっては困ります。私は口を酸っぱくして、「現場の声を汲み上げよ」と言っています。現場の仕事の第一線が一番、お客様や設備に近いのです。彼らが意欲や達成感の持てる会社をつくらなければ、上手くいきません。


本店は、いってみれば、バックアップ部門です。横から仕事ぶりを見ていて、各部門間やグループ企業との間で壁があれば、それを排するため、横串がきっちりと入るような仕組みをつくる。それには、いかに現場の声を上手く汲み上げて、仕事の仕組みの改善につなげられるかということです。


勝俣恒久の経歴・略歴

勝俣恒久、かつまた・つねひさ。日本の経営者。東京電力会長。東京出身。東京大学経済学部卒業後、東京電力に入社。料金課長、取締役企画部長、常務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任した。そのほか、日本経済団体連合会評議員会副議長、日本経済団体連合会副会長、日本原燃会長、電気事業連合会会長、KDDI株式会社取締役、日本原子力発電株式会社取締役、行政刷新会議 政府の物品調達のあり方などを見直す公共サービス改革分科会会長代理、CHAdeMO協議会会長、安全保障と防衛力に関する懇談会(防衛大綱有識者会議)座長、「経済危機克服のための『有識者会合』」メンバーなどを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

佐藤卓(グラフィックデザイナー)

若い時というのは、たいていは不遇ですよね。仕事の質、量、環境、クライアント、報酬などに不満があるからこそ、むしろ、力が湧いてくるとも言えるのではないのかな。


竹中平蔵

面白いことに政治のリーダーはある日、突然、降ってくるんです。つまり、資質も大切なのですが、それ以上に舞台によってつくられるんです。最近の大宰相といえば、小泉さんと中曽根さんの名前があがりますが、お二人が総理になられたとき、あれだけの名総理になるとは誰もが予想しませんでした。中曽根さんは「風見鶏」、小泉さんは「変人」ですから、むしろ批判され玩具にされていました。そういう意味では、リーダーになる人を予測するのは難しいといえます。


弘兼憲史

人間は変化をあまり好まない生き物です。変化しなければ、トラブルもストレスも少なくて済む。だから、つい職場でも変化をもたらす状況や人に対して文句を言ってしまう。でもそんな心持ちで、本当に人生が楽しくなるのでしょうか。変化そのものを楽しんだり、変化している状況に柔軟な姿勢で関わることで、新しい発見があり、新しい挑戦に出合い、新しい経験が積めるのではないかと僕は思っています。


塩﨑均(塩崎均)

プレスリリースを出して、我々の取り組みがタイムリーに世の中に広まると、研究者や学生もさらに取り組みを加速しようと尻をたたかれる形になります。非常にいい循環が生まれています。


柏本湊

年収が多くても残らなければ意味がありません。バブル時代に一千万円プレイヤーなどともてはやされていたのに、いまでは何も残っていない、という人は意外と多いものです。


デービッド・アーカー

CMO(最高マーケティング責任者)とは、文字通りマーケティングを仕切る最高責任者のことです。しかし、CMOはそれにとどまらず、縦割り組織に風穴を開け、組織をよくするキーパーソン足り得るのです。会社をあげてブランドを構築するにあたり、組織をひとつまとめる当事者になるのです。


荻原健司

指導者がメダルを獲らせようと情熱を傾けても、選手自身が「何が何でもメダルを独りたい」と思わなければダメなんですよ。その気持ちをもっと強め、長く維持させるためにどう指導すべきかを、常々考えています。


渡瀬謙

相手が黙っている時は返答を考えている時なので、その邪魔をしてはいけません。本音を聞き出せる直前のサインだと思って、焦らずに待つことですね。じっと待つ。そのことに相手は誠実さを感じて心を開いてくれるので、込み入った話もしてくれるようになります。


川西勝三

欠点を抱きながら長所だけで勝負している「自己流」のうちは、絶対に勝てません。人以上の基本動作の追求で欠点をなくすことが一流の条件です。それはスポーツでも経営でも同じです。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

ガンジーの言葉に「あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい」という言葉がありますが、人を動かそうとする前に、まず自分がロールモデルにならないといけない。


岡田昭彦

何より社員自身が電話帳ビジネスに可能性を感じ、自信を持ってお客さまに勧められるような「誇り」を持ってもらう必要がある。そこで各エリアに編集長という役職を置き、制作を各編集長の裁量に任せ、エリアの特性や個性を打ち出すようにした。


三宅占二

私が「キリンブランドにはこだわるが、キリンブランドで世界制覇するつもりはない」と言うと、皆がっかりした顔をします。しかし、自分の実力を認識したうえで、キリンらしいグローバル戦略を立てることが重要です。