名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

勝俣州和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝俣州和のプロフィール

勝俣州和、かつまた・くにかず。日本のタレント、アイドル。宮城県出身、静岡県育ち。日本大学文理学部国文学科中退。弁当店・サンドウィッチ店店長をしながら路上パフォーマンス集団一世風靡に入団。萩本欽一主催のオーディションに合格。アイドルグループ『CHA-CHA』を経てバラエティー番組で活躍。

勝俣州和の名言 一覧

富士登山とか、プライベートでもいろんなことにも挑戦したり、パパをやったりすることで、世界がまた広がった。


日頃の仕事に、オフる時間がどれだけ大切かってわかりました。30代はもうずっとエンジンかけっぱなしでしたから。ちゃんとオフれると、仕事のときのエンジンのかかり具合が違う。


小学校6年の時に、テレビドラマじゃないですけど、僕らの悩みにも真剣に向き合ってくれる素晴らしい男の先生と出会いましてね。その先生のようになりたいと思い、その先生が出た同じ高校、大学に入ったんですよ。ところが大学3年のときに、ある教員に「僕、先生になれますかね?」って聞いたら、「クラスで上位1、2番の成績じゃなきゃなれない」と言われて。「結局、成績なんですか? 人間性じゃないんですね。じゃあ、僕、やめます」って、4年になる前に大学やめちゃったんです。教師にはなれなかったけど、テレビを通して、誰かを元気づけていきたい。教師としてやりたかったことといっしょですよ。


勝俣州和の経歴・略歴

勝俣州和、かつまた・くにかず。日本のタレント、アイドル。宮城県出身、静岡県育ち。日本大学文理学部国文学科中退。弁当店・サンドウィッチ店店長をしながら路上パフォーマンス集団一世風靡に入団。萩本欽一主催のオーディションに合格。アイドルグループ『CHA-CHA』を経てバラエティー番組で活躍。

他の記事も読んでみる

渡部功治

自分が良いと思わないものを人に提供することはできない。私は仕事とはそういうものだと思っています。


森下裕道

多くの人が抱きがちなのは「好かれたい、嫌われたくない」という気持ちです。自分を良く見せたい気持ちが強すぎて、かえってギクシャクしてしまった経験が誰にでもあるでしょう。そういうときは、「好かれたい」の方向を180度変えて、「相手を好きになる」よう努めることです。そうすれば、笑顔や挨拶も自然になり、言葉もスムーズに出てくるでしょう。


最上悠

叱られる部下の側の問題として多いのは、極端な考え方をすることです。未熟な人は白か黒かの二分法で考えがちで、成熟した人のようにグレーな思考ができません。いきなり出社拒否する人は上司に自分の人格を全否定されたと極端に受け止めて、過剰反応した結果とも考えられます。


永崎一則

たった一言が人の心に温かみを与え、たった一言で人の心を傷つける。


三國清三

過去に僕が修業させていただいた尊敬するシェフたちは、みな厳しい方ばかり。でも、仕事場では理不尽に思える反面、外に飲みに連れていってくれた際に、厳しさの裏側にある持論を丁寧に語ってくれる。そういったギャップを併せ持った方々でした。僕のリーダーとしての姿勢も基本は同じです。


小池百合子

自分を印象づけることができたら、次は「また会いたいな」と思わせることが大切です。そう思われるのは、面白い話をしてくれる人、自分にとって有益な意見をくれる人でしょう。


大西洋

私は、将来、百貨店がなくなることは決してないと思っています。現在の百貨店にお客様が満足していないのであれば、それは我々が、時代やお客様の変化に対応できていなかったためでしょう。あるべき姿を見つめ直し、お客様に支持される形に生まれ変われば、百貨店はこの先も必ず残っていくはずです。


齋藤正勝

人の意見にもまれて初めて、その提案は「相手のためのもの」になるのです。そういう意識で行動し、提言を続けることが、いつか大きなリターンを生み出すものだと思います。


坂東眞理子

ビジネス文書には明確な目的があります。その目的を達するために何を伝えるのか、書きはじめる前にポイントを整理しておくことが大切です。ときどき主語と述語が一貫しない文章を見かけることがありますが、書きたい要素を整理せず、考えのおもむくまま、いきなり書きはじめることが原因だと思います。


宮本茂

ビジネスがうまくいっているときに出てくる人の話を聞くのがあまり好きじゃなくて。「いかにうまく、してやったか」というようなセミナーではそういう話が多いですから。僕らは「いかにその素材ができたか」とかのほうに興味がある。


トマス・J・スタンリー

最初に必要なのは生活改善の堅い決意だ。これがなければ始まらない。次に、専門家の手助けを求めよう。一番良いのは財産設計の手伝いをしてくれる会計士やファイナンシャルプランナーを利用することだ。彼らは蓄財劣等生を扱った経験が豊富なはずだ。というより、経験が豊富で劣等生を優等生に変身させた成功体験のある人でなければ困る。


阿部次郎

自嘲は強者のものである。自己憐憫は弱者のものである。