名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

勝俣宣夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

勝俣宣夫のプロフィール

勝俣宣夫、かつまた・のぶお。日本の経営者。大手商社の丸紅会長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、丸紅飯田(のちの丸紅)に入社。印刷用紙部長、紙パルプ本部副本部長、紙パルプ本部長、取締役物資・建設部門統轄役員補佐、取締役物資・建設部門統轄役員、常務取締役物資・建設部門統轄役員、常務取締役秘書部人事部経営企画部担当役員、資材・紙パルプ部門管掌役員、投融資委員会副委員長・委員長、などを経て社長に就任。社長時代には5年連続最高純利益を達成し、ハーバード大学が選ぶ「業績・株価の向上に貢献した世界のCEOベスト100」に選出された。また、経済同友会副代表幹事、日本経団連副会長なども務めた。

勝俣宣夫の名言 一覧

丸紅では、経営戦略、経営管理システムを全員に浸透させています。それらを頭に入れながら、自らのビジネスモデルをつくりあげ、実行できる人材が必要なんです。


現在、モノづくりの世界でもヒトが非常に注目されていますが、とくに商社は様々な仕組みの組み合わせですから、ヒトと信用力がすべてといってもいい。信用力をベースに、ヒトがどれだけチャレンジできるかが、経営の要諦です。一人一人が将来を見据えて、自分たちはどういう構造改革をして、どう進んでいくのか、自ら抗争を持つことが重要です。


印刷用紙は、白色度という意味では数値は同じでも、じつは、国によって好まれる色味がわずかに異なります。欧米では青みがかった色が好まれるのに対して、日本では黄色がかった色が好まれました。そのため、フィンランド・メーカーの既製の印刷用紙は、当初、日本ではなかなか売れませんでした。そこで、フィンランドの工場を回り、色味や紙の厚さ、質感などを提案し、日本人好みの紙をつくりあげました。7~8年も試行錯誤を繰り返しましたが、その過程で、新しい品種も生まれましたので、成果は大きかったですね。


丸紅に入社したとき、上司は私と歳がひとまわり違う新任の課長でした。何でも先頭に立って引っ張っていく鬼軍曹のような人でした。ときには怒鳴られもしましたが、仕事の仕方をいちから教えてもらった印象が強いです。


新入社員のときは、自分で自由にできる時間がまったくありませんでした。当時は週休1日で土曜日も半日出勤でしたので、勤務時間が終わったあと午後もそのまま残って、腰を落ち着けて仕事をする時間にあてていました。休日に出勤することもありましたが、残業や休日出勤をすることについて、格別おかしいという認識はありませんでした。いまの時代からからすると非常におかしいことなんでしょうけれど、我々の時代はそれが当たり前だったんです。


勝俣宣夫の経歴・略歴

勝俣宣夫、かつまた・のぶお。日本の経営者。大手商社の丸紅会長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、丸紅飯田(のちの丸紅)に入社。印刷用紙部長、紙パルプ本部副本部長、紙パルプ本部長、取締役物資・建設部門統轄役員補佐、取締役物資・建設部門統轄役員、常務取締役物資・建設部門統轄役員、常務取締役秘書部人事部経営企画部担当役員、資材・紙パルプ部門管掌役員、投融資委員会副委員長・委員長、などを経て社長に就任。社長時代には5年連続最高純利益を達成し、ハーバード大学が選ぶ「業績・株価の向上に貢献した世界のCEOベスト100」に選出された。また、経済同友会副代表幹事、日本経団連副会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

福嶋康博

私は事業計画を入念に練ることはしません。事業は重要なポイントが当たるかどうかだと思いますし、結局は始めてみなければわかりません。


玉塚元一

「偏差」を解消しなくてはいけない。ローソンは全国に1万2千店あるけれど、頑張っている店舗とそうでない店舗との差が大きい。これまではベストプラクティスを言語化し、標準化するためのツールが不足していたのかもしれません。ただ、偏差があるということは、改善する余地があるということです。差を劇的に縮めて、頑張っている店舗のやり方を体系化し、みんなでそれを目指せばいい。


狩野みき

日本の教育は「正解主義」であり、「自分の頭で考えて答えを出す」ことを教えません。だから社会に出て突然「自分の頭で考えろ」と言われても戸惑ってしまう。結果、雰囲気に流されてしまう人が多いようです。


川崎貴子

本格的にビジネス書を読むようになったのは、自分で会社を経営しはじめてからです。OLをやっていたころは、ドキュメンタリー、小説、歴史ものなど、自分が興味を持ったものを思いつくままに乱読していました。仕事に役立てようという意図では読みませんでした。


津谷正明

相手との距離を縮めるには質問が役に立ちます。とくに外国人相手だと日本人は引っ込み思案になりがちですが、情報が少ない相手ほど、質問して相手のことを聞き出すべきです。外国人の交渉相手と会食をしたときのこと。私がいつものように家族や趣味など仕事と関係ない話をあれこれ質問すると、相手は切手に興味があるらしいということがわかりました。そこで、次に会うとき日本の切手を持っていったところ、以後の交渉が非常にスムーズに進んだという経験があります。


西村貴好

人はただ褒められたいだけじゃなく、誰かの役に立っていることをすごく知りたいということです。「笑顔が素敵ですね」で終わるのではなく、「その笑顔ですごく場が明るくなる。何か元気をもらえたような気がします」といった形で、周囲にも好影響を与えていることを伝えると、すごく心に響く褒め言葉になります。


梁瀬泰孝

世界初のVR(仮想現実)不動産遠隔接客店舗「どこでもストア」をオープンしました。人手不足や潜在顧客の発掘など不動産業者の悩みを解決する手段を通信サービスの面から提供していきます。


荘司紀夫

大事なのは長期目線であり、社会のためになるか、天下国家のためになるかという判断。


伊藤淳史

目の前の現場で勝負できなければ、次の作品に呼ばれる保証はありません。自分はこうあるべきという理想を決めるよりも、周りの人が求める形を作り込んでいくのが役者の仕事かなと思います。


岩田聡

ときには踏み鳴らされた道を離れ、新しい道に入ってみる。そこで出会った偶然を活かせば非連続的な変化を起こせる。人と違うことをするのは常にリスクを伴いますが、不可能だと思ったことを可能にできる自信がつけば、みんなが新しい道に進もうとする。


出口治明

我々は全国枠でテレビCMをやったことがなく、地区と期間を限定して流しています。その結果、どのくらいのお客様がホームページにアクセスし、実際にどれくらい契約に至ったかを見ているのです。地区を限っているから、何もしなかったところとの比較ができます。効果があり1件あたりの獲得コストも安いという仮説が立てられれば、ほかの地区でもやる。いくつかの地区で行った結果、費用対効果が見えてくれば、料金が高い東京地区でもやってみようとなるわけです。


内田和成

私が最近、「いい会社」だと思うのは、こんなイメージです。例えば、社員の一人ひとりがほかの会社に転職すると、今の給料の2倍ぐらいもらえる実力があるとします。ただ、社員からすると給料の問題ではなくて、今の会社にいた方が面白かったり、大きな仕事ができたり、自分が成長できる点にメリットを感じて、その会社に在籍し続ける。こういう関係が社員と企業の問で生まれると、企業は本当に強くなるんじゃないかと思っています。