勅使河原茜の名言

勅使河原茜のプロフィール

勅使河原茜、てしがはら・あかね。日本の華道家。「草月流」家元。幼稚園教諭を4年間務めたのち、草月会に入会。家元を継承。

勅使河原茜の名言 一覧

「私は何をやるべきなのか」と、当初は迷い悩みました。16年という歳月を経て思うのは、経験こそが私の宝だということ。今では様々な体験を踏まえて、「これで大丈夫」と言える場面が増えてきました。


初代家元である祖父の蒼風は、型通りにいけるいけばなに疑問を持ち、華道家である父親と決別して草月流を創流した型破りな人。「建築が変われば空間が変わり、花も変わる。時代とともにいけばなも進化する。床の間だけで花をいけてはダメだ」というのは、創流当時からの教えです。


私は家元を継ぐ前に、幼稚園教諭として4年間勤めたことが今とても役に立っているので、息子たちにもやりたいことをやってもらいたい。うちはそういう教育方針なんです。私も自由に育てられて、すごく助かった。ですから2人にも社会勉強をして経験を積んで、客観的に草月流を見られるようになってから、今後を決めればいいと思っています。


勅使河原茜の経歴・略歴

勅使河原茜、てしがはら・あかね。日本の華道家。「草月流」家元。幼稚園教諭を4年間務めたのち、草月会に入会。家元を継承。

他の記事も読んでみる

ルー大柴

僕は、若い人たちとトゥギャザーしていこうと、常に心がけているんです。そうはいっても僕ももう53歳。いまのお笑い芸人の人たちは、若い方が多いので、僕に対して構えてしまうことが多々あるんです。ですから、楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。


鑄方貞了(鋳方貞了)

「褒める」ことは、相手の人格を肯定し、その存在を認めているという力強いメッセージ。


内藤誼人

私たちは、相手から恩を受けすぎたり、逆に損をするのは嫌なのであって、対等の関係の相手を最も好ましいと評価する。


長堀慶太

父(創業者)は仕事に対して人一倍厳しい人ですから、親子の言い争いもありつつ、勉強させられることも多いです。


坂東眞理子

メンター(師)を見つけるのは簡単ではありません。直属の上司だと利害関係があるでしょうし、他部門の先輩には相談しにくいものです。たとえば元上司なら、かつてのあなたの仕事ぶりを見ていますから、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。その意味でも、元の上司や同僚とのネットワークを維持することは大切です。年賀状を送る、異動のときに挨拶をするという程度で構いません。他の組織にまたがった、緩やかなソフトネットワークの方が何かのときに役立つことが多いものです。


松下正幸

私は小さい頃から、祖父(松下幸之助)の話をよく聞いていましたが、子供の頃に聞いたのと、10年後、20年後に聞くのと、受け取り方がだんだん変わってきました。同じ言葉でも、自分の成長に伴って響く意味が変わってくるのです。


安部修仁

経験論でいいますが、自分の限界を小さく設定するほど、仕事はつまらなくなっていき、やらされ感が増大していきます。反対に、会社から与えられた仕事の範囲をはみ出して、周囲の仕事にまで好奇心をもって積極的に提案活動を行っていくと、仕事はどんどん面白くなっていきます。


小林誠(物理学者)

忘れてはいけないのは、どのような研究分野であれ、趣味ではなく職業として、仕事として取り組むものだということです。私に限らず、責任ある立場の人は同じような考え方をしていると思います。


経沢香保子

リクルートの営業時代、本当によく働きました。在籍したのは1年と少しですが、それこそ休みなく働きました。自分に負けたくなかったのが、一番大きな理由かな。同じ商品を扱っているのに、新人だから売れない、結果が出せない、というのはカッコ悪いと思っていました。普通に働いていたら先輩に追いつけるわけがありませんから、人の5倍働こうと。


松井忠三

大抵うまくいかないことが多い。そこで、うまくいかなかったことはどんどん変えていく。仕組みをどう実質化させていくかを考えていく。


松本晃(経営者)

常に結果に執着することが大切です。ビジネスは結果を出さないと、誰も幸福にならないんです。


山田真哉

ものごとをわかりやすく表現するためには、ざっくりした数字を使いましょう。日本の人口について「1億2776万7944人」というのと、「1億2千万人」というのでは、後者の方が断然わかりやすいはずです。前者のように細かい数字にこだわる必要がある状況は、ほとんどないでしょう。キーとなる数字をいくつか覚えておくと、説明をするときに便利です。


蟹瀬誠一

資料の管理については、「書類が机に積み上がっていったら負け」と決めています。整理整頓は必ずしも得意な方ではありませんが、これも自分なりの基準をつくっておかないと収拾がつきません。


ジェームズ・ダイソン

「本当にできるのか」という疑問の声がある? 声の主が我々の何を知っているかは分かりませんが、今は「できる」とだけ答えておきましょう。


仲代達矢

20代の終わりまでは、それこそ寝る間もないくらい仕事をしました。そのせいか、30代に入って一息つくと、なんとも言いようのない疲れを感じました。それまでは夢中でやっていたのが、ふと気がつくと自分の進むべき方向が見えない。役者として行き詰まったという感覚がありました。そんなこともあってか、30代前半のおよそ2年間、仕事はほどほどにして、ゴルフに興じていた時期があります。ほぼ毎日、ゴルフバッグを担いでゴルフ場に出掛けていきました。いま思い返せば、30代に息抜きをしたおかげで、40代、50代は、役者として一番面白い時代を過ごすことができました。ですから、結果として、あの時期に休むことも必要だったのでしょう。


ページの先頭へ