勅使河原茜の名言

勅使河原茜のプロフィール

勅使河原茜、てしがはら・あかね。日本の華道家。「草月流」家元。幼稚園教諭を4年間務めたのち、草月会に入会。家元を継承。

勅使河原茜の名言 一覧

1 / 11

「私は何をやるべきなのか」と、当初は迷い悩みました。16年という歳月を経て思うのは、経験こそが私の宝だということ。今では様々な体験を踏まえて、「これで大丈夫」と言える場面が増えてきました。

勅使河原茜の名言|経験こそが私の宝


初代家元である祖父の蒼風は、型通りにいけるいけばなに疑問を持ち、華道家である父親と決別して草月流を創流した型破りな人。「建築が変われば空間が変わり、花も変わる。時代とともにいけばなも進化する。床の間だけで花をいけてはダメだ」というのは、創流当時からの教えです。

勅使河原茜の名言|「時代とともにいけばなも進化する」というのは、創流当時からの教え


私は家元を継ぐ前に、幼稚園教諭として4年間勤めたことが今とても役に立っているので、息子たちにもやりたいことをやってもらいたい。うちはそういう教育方針なんです。私も自由に育てられて、すごく助かった。ですから2人にも社会勉強をして経験を積んで、客観的に草月流を見られるようになってから、今後を決めればいいと思っています。

勅使河原茜の名言|自由に育てられて、すごく助かった


勅使河原茜の経歴・略歴

勅使河原茜、てしがはら・あかね。日本の華道家。「草月流」家元。幼稚園教諭を4年間務めたのち、草月会に入会。家元を継承。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ