名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

助野健児の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

助野健児のプロフィール

助野健児、すけの・けんじ。日本の経営者。「富士フイルムホールディングス」社長。兵庫県出身。京都大学法学部卒業後、富士写真フイルム(のちの富士フイルムホールディングス)に入社。英国駐在員、米国法人CFO(最高財務責任者)、本社取締役経営企画部長、取締役常務執行役員などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

助野健児の名言 一覧

「相手の目線に合わせて考える」という英国で学んだことが役立った。相手が理解してくれないとコミュニケーションは成立しない。


買収先の企業は先生です。我々が持っていないものを持っているわけですから。ガバナンスを利かせることは必要でしょうが、無理矢理押さえつけても上手く機能しません。


医薬品では、血液がんなどの抗がん剤やアルツハイマー病治療薬の開発、再生医療ではiPS細胞を用いた創薬支援や細胞治療などを推進している。これらを早く花咲かせるために、M&Aが必要ならばやる。


経営のさらなる効率化に取り組む。売上高に対するSG&A(販売管理費)や、研究費の比率はまだ下げることができる。ただ闇雲に減らすのではなく、投資対効果を見ながら、研究テーマも見直したい。


助野健児の経歴・略歴

助野健児、すけの・けんじ。日本の経営者。「富士フイルムホールディングス」社長。兵庫県出身。京都大学法学部卒業後、富士写真フイルム(のちの富士フイルムホールディングス)に入社。英国駐在員、米国法人CFO(最高財務責任者)、本社取締役経営企画部長、取締役常務執行役員などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

三浦惺

国際事業はこれまではグループ会社が独自に進めていました。反省すべき点もあり、今後は、グループ全体のことと考えて判断する必要があります。そのうえで、仮に数千億円規模の投資であっても決断することはあるでしょう。


諸富祥彦

親が子供に大声を張り上げる。それだけでもう暴力なのです。恐怖を味わわせているだけで、子供は萎縮してしまい、話の中身を理解できなくなり、なにがいけなかったのかもわからないままです。恐怖心を植え付け、いつもビクビクしている子供に育てたいならば、どうぞ耳元で怒鳴ってください。


小宮一慶

仕事とは、本来、社会貢献。自己満足ではいけない。


宮内義彦

10年くらいは見たいという意識はあるんですが、これまで金融関連の事業が主体だったオリックスの場合、5年後、7年後に実るような事業に向けて布石を打つ必要があると思っています。これが短期的すぎてもおかしくなりますし、20年先まで見通すのも難しい。金融業界は常に法整備や改正と隣り合わせですから。


石橋信夫

会いやすい人間とばかり会っている人間は進歩がない。緊張して肩が凝るような人のところに行かないと駄目だ。


朝倉千恵子

「あなたはどうして、そんなに頑張るの?」私はときどき人からこう聞かれることがあります。「お客様のため」「部下たちのため」「会社の将来に夢があるから」……。どれも私の偽らざる気持ちではありますが、もう一つ、ほとんど人には話したことがない理由があります。それは、「いつか子どもたちに会ったときに、『母は一所懸命生きてきた』と言いたいから」。


午堂登紀雄

ビジネスマンには、日常のあらゆる事柄が勉強の教材になります。


村上憲郎

「人に認められるには」などと考えてしまう人というのは、あまりにも人の評価にとらわれすぎている面があるように思います。それよりも、「自分で自分を認められるか」という視点が大切です。


小倉広

人は誰でも自己重要感、つまり「自分を認めて欲しい」「自分を大切にして欲しい」という欲求を持っている。そこをないがしろにされると、相手のことを嫌いになってしまう。


山口悟郎

私は1冊読んで面白いと思ったら、だいたいその著者の本は全部読むんです。藤沢周平とか、吉村昭とか、あと新田次郎の本も全部読みましたね。読み出すとどんどん読んで、(新田次郎の)息子さん(藤原正彦)の本も読みました。


永守重信

日本の若者の現状を、政府のせいだ、大学のせいだと言っても始まりません。研究費の不足など、いろいろな要因があるでしょう。京都大学にモーターなどを研究する講座を寄付させていただいたのは、微力ながら大学教育を応援したかったからです。京都大学だけでなく、京都学園大学にも寄付をしていますが、私はここで新しい大学教育の試みを行なうつもりです。いっぺん自分で教育をやってみようと考えたのです。やってみれば「やっぱり人材を育てるのは難しい」となるのか、「いや、こんなふうにすれば企業が欲しがる人材を育てられる」となるのか、はっきりしますからね。


深田晶恵

マネー関連の本は、まず1冊、個人にまつわるお金の話を幅広く扱ったものを読むといい。網羅性が高い本なら、貯蓄、保険、ローン、投資などの話を人生のマネープランの中でどう位置づけていけばいいかが理解できる。基本を押さえる本は既に知っている話が入っていたり、個別のテーマについては中身が浅いかもしれないが、最初は網羅性を重視するため、その点は無視していい。次に、「保険に入りたい」「住宅ローンを組みたい」「投資を始めたい」といった目的に沿って、それぞれのジャンルを深掘りした本を読んでみよう。