名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加賀田晃の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加賀田晃のプロフィール

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

加賀田晃の名言 一覧

営業とは、いやがるお客様に平身低頭して買ってもらうというような、卑しい仕事ではありません。お客様の生活にプラスになる商品を、売ってさしあげる、お客様から感謝されて当然の仕事なのです。


セールスでは、変えられない条件を嘆くより、いいところを探し、自信をもって伝えればいいのです。


頑張っているのに売れない人は、まず「自分のために」から「お客様のために」へと、発想を180度転換することです。


セールスマンとしての実績を積んだ後、営業の指導を始めて29年。指導に当たった中で、「売れない営業マン」に共通しているのは、「自分のことしか考えていない」ということです。どんなにへりくだろうがお世辞を言おうが、相手のことをまったく考えていないのは、不思議なほどお客様に伝わります。「所詮は自分の成績を上げたいだけでしょ」と即座に見抜かれてしまう。だから信用されず、「この人から買おう」と思ってもらえない。


多い少ないは別として、どんな商品にしてもそれを持つことによるメリットと、その商品がないことで被るデメリットが絶対にあります。営業マンは「その商品があることの喜びと、それがないことの恐怖」の両方をお客様にお伝えしなければならない。そこさえはっきりさせてあげれば、お客様は必ず買うのです。だからまずはお客様にとってのメリットを語ること。商品説明などは二の次でいいんです。


バブル崩壊直後に、とあるメーカーに売れ残っていたマンション販売を依頼されたときのことです。後方は山、前方は海、買い物の便はなしという物件で一年経過しても5戸しか売れず、社員が「なんでこんなところに建てたんでしょうね」とつぶやいていました。私はこのマンションを立て続けに27戸売ったのです。買い物の便が悪くても、駅から遠いのは足腰の鍛錬になり、通勤が遠いのも読書の時間になる。自然の宝庫で眺めはいい、空気はきれいで子供の教育にも申し分はありません。そんなメリットに加え、賃貸のデメリットもお伝えしました。家賃をどれだけ払い続けても持ち家でないと自分のものにはならない。来場者にそうやって「メリットと恐怖」を訴え続けたところ、あっという間に売れたのです。


加賀田晃の経歴・略歴

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

他の記事も読んでみる

山田淳

灘中学時代に私は山と出会いました。小児喘息を患い体が弱かった私は、体を鍛えようとワンダーフォーゲル部に入部しました。合宿で行った屋久島。360度の自然に囲まれるという圧倒的な風景に身を置いて「人間も自然の一部なんだ」という思いが湧き起こりました。この体験が、私がライフワークとして登山に取り組むきっかけであり、「もっと多くの人が山を楽しめるようにしたい」という夢の原点です。マッキンゼーを退社して登山道具の宅配レンタルを行う「やまどうぐレンタル屋」を起業したのも、そんな夢を実現するための手段でした。


ガブリエル・ベルチ

誰にでも、どんな場面でも、新しいことにチャレンジする姿勢を私は求めます。


中山雅史

競り合いでボールを奪うには、気持ちの強さが左右する。僕なんか下手くそだったから、気持ちの部分がなければ全く勝負にならない。それは敵チームに対してだけではなく、自分自身にもです。


小島慶子

私は労働組合の執行委員だったので、それなりに会社の制度作りに携わったりしましたけど、基本、会社員って、自分から働く環境を変えられないので、言われるがまま。自分は組織の歯車だと思い知らされるうちに、ただただ文句と悪口だけを言って過ごす……みたいになってくる。15年働いて、それをこの先20年やるのかと思ったら、それはやだな、と思ったんですね。不健全だなと。

【覚え書き|独立のきっかけについて】


山口悟郎

京セラでは部内で責任者を決めて、あるグループを任せられると、その中で「君は、徹底的に電話代を削減しなさい」「あなたは運送費、荷造り運賃を徹底的に削減しなさい」というふうに担当を決めていく。担当者はデータを取って、どうしたら安くなるのかを徹底的に研究する。そうした工夫を新入社員のころからずっとやっているのです。


小池正一郎

何事もうまくなるには自分で学ぶとともに、人から教わることも大切。


植西聰

嫌なことにずっとこだわり続けるのか、発想を転換して自分の受け取り方を変えてしまうのか。相手や対象を変えるより、自分を変える方がはるかに簡単。


徳岡邦夫

長く継続しているものは、やはりそれだけの価値があります。なぜなら世の中から必要とされていないものは、いずれ淘汰される運命にあるからです。


徳重徹

地頭で劣っていても素直さがある社員は、叱られながらも、私の仕事の仕方を全部吸収しようとします。このような社員が徹底的に仕事の量を積み重ねていくと、あるとき、それが質に転化します。すると、大きな成長角度で伸びていき、地頭は良いけれども素直でない社員を追い抜いてしまいます。


吉田たかよし

光(日の出)によって人が自然に目覚めるようになっているのは、やはり外敵に襲われないようにとの本能ゆえ。太陽が地平線から出てからではなく、むしろ出る前、東の空が白んでくる頃の光が脳の体内時計のスイッチを入れるのです。さあ、朝だ、起きるぞと体のほうから目覚め始めるのです。


川口直昭

専門家の意見を待っている時間はありません。30年以内に80%の確率で発生するといわれている南海トラフ地震。数々の災害で様々なことを学んできた私たちは、二度と同じ過ちを繰り返さないためにできることは何かを問い続け、そして実行していかなければなりません。


荻上チキ

偏っていないメディアなどそもそもない。そして特定のメディアが「偏向している」などといわれることに疑問を感じる。メディアとは人のコミュニケーションを媒介するものなので何らかのメッセージ性があるものです。