名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加賀田晃の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加賀田晃のプロフィール

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

加賀田晃の名言 一覧

営業とは、いやがるお客様に平身低頭して買ってもらうというような、卑しい仕事ではありません。お客様の生活にプラスになる商品を、売ってさしあげる、お客様から感謝されて当然の仕事なのです。


セールスでは、変えられない条件を嘆くより、いいところを探し、自信をもって伝えればいいのです。


頑張っているのに売れない人は、まず「自分のために」から「お客様のために」へと、発想を180度転換することです。


セールスマンとしての実績を積んだ後、営業の指導を始めて29年。指導に当たった中で、「売れない営業マン」に共通しているのは、「自分のことしか考えていない」ということです。どんなにへりくだろうがお世辞を言おうが、相手のことをまったく考えていないのは、不思議なほどお客様に伝わります。「所詮は自分の成績を上げたいだけでしょ」と即座に見抜かれてしまう。だから信用されず、「この人から買おう」と思ってもらえない。


多い少ないは別として、どんな商品にしてもそれを持つことによるメリットと、その商品がないことで被るデメリットが絶対にあります。営業マンは「その商品があることの喜びと、それがないことの恐怖」の両方をお客様にお伝えしなければならない。そこさえはっきりさせてあげれば、お客様は必ず買うのです。だからまずはお客様にとってのメリットを語ること。商品説明などは二の次でいいんです。


バブル崩壊直後に、とあるメーカーに売れ残っていたマンション販売を依頼されたときのことです。後方は山、前方は海、買い物の便はなしという物件で一年経過しても5戸しか売れず、社員が「なんでこんなところに建てたんでしょうね」とつぶやいていました。私はこのマンションを立て続けに27戸売ったのです。買い物の便が悪くても、駅から遠いのは足腰の鍛錬になり、通勤が遠いのも読書の時間になる。自然の宝庫で眺めはいい、空気はきれいで子供の教育にも申し分はありません。そんなメリットに加え、賃貸のデメリットもお伝えしました。家賃をどれだけ払い続けても持ち家でないと自分のものにはならない。来場者にそうやって「メリットと恐怖」を訴え続けたところ、あっという間に売れたのです。


加賀田晃の経歴・略歴

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

他の記事も読んでみる

夏野剛

初めて管理職になったとき、いままでの延長線上で上役の顔色をうかがっていると、一生そういう生き方に落ち着いてしまいます。つまり、自分がリードできないのです。恐れることはありません。初級管理職は、失敗してもいいのです。自分のチームが120%の力を発揮できるような環境づくりに専念してください。


原田武夫

日本人は個別案件ごとに交渉しようとする。ところが、米国や中国、EUの手法は、「パッケージディール」だ。「1~10のうち、7つは譲るから3つは要求をのんでほしい」というやり口である。土俵が異なるのだ。彼らは痛手を負わない形で譲歩する部分をつくっておき、相手に花を持たせる。一方、自らの「隠されたアジェンダ(行動計画)」を遂行するときに、相手に求める譲歩の質はすごく深い。


白戸太朗

学生時代の部活とは違って、ビジネスパーソンの運動は楽しむことに主眼を置くべき。遊びのカードは多い方がいい。がんじがらめに「どちらか」と決めず、気が向いた方をやる。


井原勝美

私は自分のゴルフスタイルを「アスリートゴルフ」と呼んでいます。プレーを楽しむ一方、スコアにもこだわる。「競技」としてのゴルフが好きなんですね。1カ月に3回程度はコースを回りますが、メンバーより1時間半ほど早く到着して真剣に練習をしているので、よくあきれられてしまいます。


ロバート・キヨサキ

いくら学校の成績が良くても人生の成功者になれるとは限らない。重要なのは、変化を敏感に捉え、将来のニーズを予見し、新たなビジネスチャンスや試練に、想像力と情熱をもって機敏に立ち向かうことだ。そのために必要なのは、言うまでもなく「ファイナンシャル教育」だ。お金の世界について今すぐ学び始めよう。


飯塚哲哉

エレクトロニクス産業は世界で見れば7%の成長を続けているのに、日本企業は大きく沈んでいる。これも、経営者がリスクを伴う決断ができなかった結果と言えるのではないでしょうか。


竹内規彦

残念ながら部下は自分の上司を選ぶことはできません。きちんとした評価のできない上司に仕えるのは大変だと思います。しかしそこで投げやりになってはいけません。組織のなかでは、評価のできない上司も、実力のある部下も、周囲の人間がきちんと見ています。そして実力のある人はどこかのタイミングで引っ張りあげられるものです。


大坪勇二

いいアイデアを思いつくには、前日夜の準備がものをいいます。私は就寝前、翌日に会うお客様の資料などをざっと眺めることを習慣にしています。そこでどのような提案をするのかを簡単に考えておくと、睡眠中に脳が働いてくれるのか、翌日お客様の心に刺さりそうなキラートークがふっと思い浮かぶことがあるのです。そのままでは商談に出向く前に忘れてしまいます。そこで、手帳のフリースペースを使い、自宅にいるうちにメモをします。この習慣を身につけてから成約率はグッと上がりました。


小杉俊哉

会社が親、社員が子であっても、親が一方的に子の面倒を見る時代は終わった。たいして成果を挙げられない、すねかじりの息子を会社は雇い続けるわけにはいかない。でも会社を儲けさせる孝行息子はいつまでも手元に置きたがるだろう。


富野由悠季

「興味のない本でも読まなければならないのですか」当たり前です!興味がないから本を読んで、興味がもてないなりに勉強をして知るという行為をしなくてはいけません。知らないことを学習することが、自分の得につながるのです。その得が、その先の人徳というところにまでつながっていくのです。


本田宗一郎

経営から退くと決めた後、重役会に出ないようにした。出なかったら、自分たちで決めるより、しょうがないでしょう。辞めることにしたって、邪魔になるより、いなくなってもいいんですよ。


浜田宏

プロの仕事師とは、世界のどこにいっても通用する、正真正銘、プロフェッショナルのビジネスパーソンです。そのためには留学して勉強したい。その貯金ができる収入を求めて、外資系保険会社に転職しました。転職先では毎晩11時まで働いて、月に100時間を超えるほど残業していました。それでも毎日4時間は、留学のために集中して勉強していました。