名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加賀田晃の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加賀田晃のプロフィール

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

加賀田晃の名言 一覧

営業とは、いやがるお客様に平身低頭して買ってもらうというような、卑しい仕事ではありません。お客様の生活にプラスになる商品を、売ってさしあげる、お客様から感謝されて当然の仕事なのです。


セールスでは、変えられない条件を嘆くより、いいところを探し、自信をもって伝えればいいのです。


頑張っているのに売れない人は、まず「自分のために」から「お客様のために」へと、発想を180度転換することです。


セールスマンとしての実績を積んだ後、営業の指導を始めて29年。指導に当たった中で、「売れない営業マン」に共通しているのは、「自分のことしか考えていない」ということです。どんなにへりくだろうがお世辞を言おうが、相手のことをまったく考えていないのは、不思議なほどお客様に伝わります。「所詮は自分の成績を上げたいだけでしょ」と即座に見抜かれてしまう。だから信用されず、「この人から買おう」と思ってもらえない。


多い少ないは別として、どんな商品にしてもそれを持つことによるメリットと、その商品がないことで被るデメリットが絶対にあります。営業マンは「その商品があることの喜びと、それがないことの恐怖」の両方をお客様にお伝えしなければならない。そこさえはっきりさせてあげれば、お客様は必ず買うのです。だからまずはお客様にとってのメリットを語ること。商品説明などは二の次でいいんです。


バブル崩壊直後に、とあるメーカーに売れ残っていたマンション販売を依頼されたときのことです。後方は山、前方は海、買い物の便はなしという物件で一年経過しても5戸しか売れず、社員が「なんでこんなところに建てたんでしょうね」とつぶやいていました。私はこのマンションを立て続けに27戸売ったのです。買い物の便が悪くても、駅から遠いのは足腰の鍛錬になり、通勤が遠いのも読書の時間になる。自然の宝庫で眺めはいい、空気はきれいで子供の教育にも申し分はありません。そんなメリットに加え、賃貸のデメリットもお伝えしました。家賃をどれだけ払い続けても持ち家でないと自分のものにはならない。来場者にそうやって「メリットと恐怖」を訴え続けたところ、あっという間に売れたのです。


加賀田晃の経歴・略歴

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

他の記事も読んでみる

渋谷陽一

ファン目線で王道の評論を書いているつもりなのに、どうも編集部から認めてもらえないんです。次第に音楽業界の中では仕事が成立しなくなるんだけど、図々しいから自分に反省を求めないんですね。ダメなやつの典型例で「周囲が駄目なんだ」と思っちゃった。それで、自分の正しさを証明しよう、業界の目線ではなくてファンの目線で雑誌をつくれば、既存のものより指示されるに違いない、と自分で創刊することにしたんです。
【覚書き|雑誌『ロッキング・オン』を創刊したときを振り返っての発言】


荒川静香

圧倒的な強みを持つことは大事です。しかしルールが変わり、その技が加点対象にならない可能性もあります。だからこそ、できる技はたくさん持っておいた方がいい。多くの技を普段からバランスよく磨けば、「どんな状態でも勝てる戦略」が立てやすくなります。


川越達也

店では料理の味はもちろん、いらしてくださったお客様のテーブルにうかがって挨拶をしたり、ご要望をお聞きしたりするなど、一人一人のお客様に精一杯のおもてなしを心がけています。


大塚寿

30代になると部下もでき、指導する立場にもなります。すると、不思議なものでただ学ぶ立場よりも実務能力が向上する速度が上がります。何か指導する際、実務に精通していないと、実務の体験不足の20代に一から教えることができないため、しっかりとした準備をしようと実務に関する知見も深めていくことになるからです。


大塚英樹(経営者)

Speeeでは会社自体をひとつのプロダクトとして捉えています。多様な領域でイノベーションを起こす存在として、メガベンチャーを目指します。


やましたひでこ

断捨離は、たんなる片づけとは異なります。「使えるか、使えないか」といったモノを軸とした考え方ではなく、「このモノは自分にふさわしいか」と問いかけるのです。つまり、主役は「モノ」ではなく「自分」なのです。そして、時間軸はつねに「いま」。「将来、いずれ、そのうちに、必要になるかも……」と考えるのは曖昧な選択、決断ですよね。いま、自分に不必要なモノを手放し、必要なモノを選んでいく。その結果、自分自信を深く知ることにつながり、心までもが軽くなって、ありのままの自分を肯定できるようになります。


池谷裕二

一般に、豊富な知識や経験があると、それが「殻」をつくってしまって発想の邪魔をします。


井上英明

答えを見つけるために考える時間はとても大切にしています。ベンチャー企業の経営者は忙しいから「考える時間」を後回しにしがちです。しかし誰の真似でもない事業で身を立てていくためには、自分で考えるしかないと思います。とくに新しいことを始めるときは、頭でわかるだけでなく、腑に落ちるところまでいかないと、確信を持って動き出せません。


小沼大地

現実に目を向けると、自分が身を置く小さな世界で専門性を磨くうちに、ともすれば視野狭窄に陥り、本来持っていたはずのクリエイティビリティも失ってしまう人が非常に多いわけですね。僕らがやりたいのは、まずそんな人たちに理念や情熱を思い出してもらうこと。実際、途上国ですさまじいまでの熱意を持ったリーダーと仕事をすると、どんな人でもスパークします。


テリー伊藤

そもそも、成功者なんて、「恐れずに足らず」なのだ。たとえば、イチローは大成功者ではあるが、野球しかできない。もし学校だったら、「野球部ではヒーローだけど、それ以外は何もできないじゃん」と言われてしまう。プロになって、たまたま金を稼いでいるかもしれないが、それだけのことだ。だから、私たちはイチローの前で、何も緊張することなどない。恐れずに足らずなのである。


桜井博志

安くすれば売れる、というのは嘘です。安売りはもう二度とやりません。


松岡修造

僕が知る限り、プロ意識が高い選手ほど、感謝の気持ちをハッキリと表現しています。そういう人と接するのは気持ちがよいので、多くの人が周りに集まってきます。自然と人との出会いが多くなり、そこからさらに支えや助けが広がっていく――という好循環が生まれます。これは、ビジネスの世界でもまったく同じではないでしょうか。