加賀田晃の名言

加賀田晃のプロフィール

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

加賀田晃の名言 一覧

営業とは、いやがるお客様に平身低頭して買ってもらうというような、卑しい仕事ではありません。お客様の生活にプラスになる商品を、売ってさしあげる、お客様から感謝されて当然の仕事なのです。


セールスでは、変えられない条件を嘆くより、いいところを探し、自信をもって伝えればいいのです。


頑張っているのに売れない人は、まず「自分のために」から「お客様のために」へと、発想を180度転換することです。


セールスマンとしての実績を積んだ後、営業の指導を始めて29年。指導に当たった中で、「売れない営業マン」に共通しているのは、「自分のことしか考えていない」ということです。どんなにへりくだろうがお世辞を言おうが、相手のことをまったく考えていないのは、不思議なほどお客様に伝わります。「所詮は自分の成績を上げたいだけでしょ」と即座に見抜かれてしまう。だから信用されず、「この人から買おう」と思ってもらえない。


多い少ないは別として、どんな商品にしてもそれを持つことによるメリットと、その商品がないことで被るデメリットが絶対にあります。営業マンは「その商品があることの喜びと、それがないことの恐怖」の両方をお客様にお伝えしなければならない。そこさえはっきりさせてあげれば、お客様は必ず買うのです。だからまずはお客様にとってのメリットを語ること。商品説明などは二の次でいいんです。


バブル崩壊直後に、とあるメーカーに売れ残っていたマンション販売を依頼されたときのことです。後方は山、前方は海、買い物の便はなしという物件で一年経過しても5戸しか売れず、社員が「なんでこんなところに建てたんでしょうね」とつぶやいていました。私はこのマンションを立て続けに27戸売ったのです。買い物の便が悪くても、駅から遠いのは足腰の鍛錬になり、通勤が遠いのも読書の時間になる。自然の宝庫で眺めはいい、空気はきれいで子供の教育にも申し分はありません。そんなメリットに加え、賃貸のデメリットもお伝えしました。家賃をどれだけ払い続けても持ち家でないと自分のものにはならない。来場者にそうやって「メリットと恐怖」を訴え続けたところ、あっという間に売れたのです。


加賀田晃の経歴・略歴

加賀田晃、かがた・あきら。日本のセールストレーナー。和歌山県出身。17社で営業を経験し、全社でトップ記録を樹立。その後、セールストレーナーになり、多くの営業マンに「加賀田式セールス」を教えた。著書に『営業マンはお願いするな!』『営業マンは商品を売るな!』ほか。

他の記事も読んでみる

安倍昭恵

以前は政治家の妻らしく振る舞うことで精いっぱいでした。特に2006年、主人が最初に総理大臣になってからの1年間は、「総理夫人らしく」と自分で自分を型にはめていたんです。考え方が変わったのは、翌年、主人が総理の職を辞して「総理夫人」という型がなくなったとき。50歳からの人生に向けて、一人の女性、安倍昭恵として私らしく生きようと心に決めたんです。


西澤ロイ

行動のアクセルを増やすのは結構難しい。簡単なのはブレーキをとること。苦手意識の解消です。


キム・キヨサキ

どんな女性でも、自分自身の経済的な面をきちんと自分でコントロールしようと本気で覚悟を決めれば、必すその目標を達成できると私は確信している。


唐池恒二

豪華寝台列車「ななつ星」は30年ほど前、社外の友人に「九州に豪華な寝台列車を走らせたらヒットしますよ」と言われて、「これはいいアイデアだな」と思っていたんです。しかし当時の私は営業部販売課の副長。社長になるまで密かに企画をあたためていました。そして、社長就任後すぐに検討を指示しました。これは社長でないとできませんからね。


犬丸徹三

前後9年間にわたるこの通学が、ある意味では、その後の私の心身に大きな影響を与えたことは確かである。私の早起きの習慣はそのころ養われた。私は現在も一年を通じて毎日必ず日の出とともに起き出で、午前7時過ぎには田園調布の自宅を出て帝国ホテルへ向かうのを常としている。
【覚書き|旧制小学校中学校9年間について語った言葉。犬丸氏は往復16キロの道のりを徒歩通学し、無遅刻無欠席で卒業した】


哀川翔

仕事をやり遂げた先に、その結果として別の何かがある。そんな生き方が、俺には一番合っているよ。


柴田励司

ミーティングや商談では常に自ら「ネクストステップ」の確認をするといいでしょう。打ち合わせ後に、「次の打ち合わせは来週金曜日に行なうので、水曜までにAさんが資料をまとめて、木曜日にBさんがチェックして、夕方までにご指示いただく」という感じで次のスケジュールを確認するのです。こうしておけば、予想外のタイミングで予想外の方向から球が飛んできて慌てる、という事態をある程度防げます。


野村克也

野球なら「走る」「打つ」「守る」。ビジネスなら「売る」「つくる」などだろうか。しかし、そんな王道の戦力だけが組織に必要なのではない。たとえば口が抜群に上手い人間、ユーモアを持つ人材だって、一芸に秀でるほどならば、必ず組織にとって替えが利かない戦力となる。主役だけじゃなく名脇役がいてこそ、物語は光るんだよ。


冨山和彦

経営陣の暴走を防ぐ役割を担う独立取締役にとっては、社内の情報にどうアクセスできるかも大切なことです。


赤塚保正

BSE(狂牛病)問題の時にもリストラをしなかったのは、「企業は人があってこそ、人はお金に変えられない」という当社の考えからです。だからBSEを乗り切ることもできたんです。


北島義俊

未来から見れば当たり前にあるような事業を創造するという気概で頑張っていきたい。


ジョン・スタインベック

弾圧は、弾圧される者を強くし、結束させる作用がある。


佐藤可士和

僕も正直、日々悩みながらやっています。


カンニング竹山

「カンニング」を結成した後、オーディションをやっている事務所をいくつか見つけてきて、最初に行ったのが渡辺プロダクションのネタ見せだったんですよ。その一発目に「預かる」となって、初っぱなから月に2日間あったライブに2日続けて出られた。初めは調子よかったんですよ。半年ぐらい経つと、二人も若かったから、そこそこの人気も出てね。博多弁でいうところの「のぼせもん」というか、なんか調子こいてる感じでしたかね。まだ若く、何もできないくせに。それまで二人っきりで遊んでいたけど、お笑いの先輩や仲間ができてきて、一緒に飲んだりするのが、楽しくて楽しくてしょうがなかったんですね。でも、ネタづくりもせず、ただただ遊んでばかりいたから、そのうちライブでの出番もなくなっていって。1年半でクビになってしまったんです。ただ、オレも中島も裏の政治がうまいというか(笑)、「クビになる」という話を3か同前に掴んでいて、サンミュージックがお笑い班をつくるというので、そこに移ることに話をつけてたんです、裏で。


小山勝弘(経営者)

僕は一見すると「回り道」のような人生を歩んできた。その時々では、次のことなど考えていなかった。今その瞬間にやるべきことを自分自身の全人格を注ぎ込んで取り組んでいた。長期で見るとすべてのことがつながっていて、何一つ無駄なものはなかった。


ページの先頭へ