名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤順彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤順彦のプロフィール

加藤順彦、かとう・よりひこ。日本の経営者。広告代理店の日広創業者。東京出身。関西学院大学在学中、学生起業家として様々なビジネスの立ち上げに参加。徳間書店のグループ会社勤務を経て雑誌広告専門広告代理店日広(のちのGMO NIKKO)を創業。雑誌広告、インターネット広告分野で同社を大きく成長させた。その後、同社をGMOに売却し、シンガポールで日本のベンチャー支援活動を行っている。

加藤順彦の名言 一覧

資本の参画先を選ぶときに決めている条件があります。それは、自分より若い起業家に投資することです。若い世代に投資して、新しい産業をアジア規模、世界規模でつくっていく。それが、いまの自分の使命だと思っています。


海外進出を手伝うとしても、中小の経営者と二人三脚でやる方が楽しいし、お金を出すだけではつまらないので、経営にもボードメンバー(役員)として参加させてもらっています。


取引先だったグーグルのカンファレンスに毎年参加していたのですが、06年になってアジアのパートナー企業が急激に増えました。そこで話題にのぼっていたのは中国の検索エンジン大手バイドゥのロビン・リー社長や、アリババのジャック・マー社長です。二人は海外で成功して中国に帰るウミガメ族のシンボル的な存在でした。彼らの活躍を耳にして、ビジネスをやるなら国内より、外で成功して日本に貢献するやり方の方がいいし、自分も若い日本のウミガメを支援したいと考えるようになりました。


最近、思い切って会社の近くに引っ越したんです。通勤時間が短くなったので、そのぶんじっくり眠れるようになりました。いまは最低でも1日5時間は確保するようにしています。


大学生時代、先輩や知り合いの起業にいろいろと参加させてもらって、ビジネスの面白さや仕組みを学ぶことができました。私が会社を興したのは7年後の25歳でしたが、それまでのさまざまな経験と人脈が現在に活かされていることは間違いありません。


運転免許は、学生がお金の使いみちの中でも、最も額が大きい買い物のひとつです。私も大学に入る前、それまで大事に貯めていた貯金をはたいて免許を取りましたから。これはビジネスになると思いました。ただ、学生起業でお金がないから、広告も打てないし、パンフレットもばら撒けない。そこで各大学の合格発表の日に出向いて、合格したと思われる表情の明るい人に絞ってパンフレットを配布。その結果、なんと160人の申込みがありました。これが私の初めてのビジネス体験でした。


商売の勉強をしようと思って商学部に進学したのですが、ケインズを読んでも実際の商いには何の役にも立たないことに、入学してから気がつきました。入学早々、五月病でしたよ(笑)。その後、イベントを企画している先輩と知り合い、行動を共にするようになりました。19歳のころに、その先輩が学生向けに運転免許合宿の斡旋をするビジネスを立ち上げたので、そのお手伝いをしていました。


じつは私はサプリメントマニアです。健康のために1日11種類のサプリを飲んでいます。実際の効果はよくわからないのですが、精神的な部分が大きいのかも。病は気から、といいますが、サプリを飲むととにかく健康になった気がするんですよね。ビジネスマンは体が資本。これからも元気に働きたいですね。


加藤順彦の経歴・略歴

加藤順彦、かとう・よりひこ。日本の経営者。広告代理店の日広創業者。東京出身。関西学院大学在学中、学生起業家として様々なビジネスの立ち上げに参加。徳間書店のグループ会社勤務を経て雑誌広告専門広告代理店日広(のちのGMO NIKKO)を創業。雑誌広告、インターネット広告分野で同社を大きく成長させた。その後、同社をGMOに売却し、シンガポールで日本のベンチャー支援活動を行っている。

他の記事も読んでみる

大久保恒夫

リーダーの役割は、部下に事細かく指示するのではなく、方向づけて導くことです。そのためにはリーダーはすべきことの優先順位を明確にして、上位の項目を決める。部下に何をすべきか、最大3つまでを、シンプルで分かりやすい言葉で伝えるのです。


カルロス・ゴーン

もし、利益の追求が会社の基本的な目的となっていないのであれば、利益がもたらされるというのは偶然の結果でしかありません。利益を上げようと努力しないで、どうやって利益を得ることができるでしょう?魔法でも使わない限り、そんなことはできません。


大山健太郎

基本的に、リスクとは身の丈にあったものだと。私はよくそう言っています。ですから、利益の半分を投資して、それがたとえ空振りしても、税金を払わなくて済むと思えばいいんです。ですから、赤字のリスクではなくて、儲けた内から投資をする限りにおいては問題ないと。この40年間ずっと10%近い利益率を保ってこられたのも、この考えがあるからです。


佐藤優

昔、モスクワのイラン大使館に行ったときのことです。暗い部屋に通され、やたらに低いソファーに座らされました。向こうは高い椅子に座って、その後ろにはホメイニ師の大きな肖像画がこちらを睨んでいる……。思わずビビってしまうでしょ? ただ、そのとき僕はチャップリンの有名な『独裁者』という映画を思い出しました。チャップリン扮する独裁者ヒンケルが他国の独裁者のナパロニと会う場面。ヒンケルは背が低いから、相手に低い椅子を用意して座らせます。ところがナパロニは、椅子の低さを嫌ってテーブルに座り、立場が逆転してしまう。そんな滑稽なシーンがよみがえってきたんです。ビビる前に心の中で笑ってしまった。じつに原始的な方法だなぁと。


松本淳志

大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


マザー・テレサ

すぐにお国にお帰りなさい。家に帰って家族を大切にしなさい。
【覚え書き|「世界平和のために私たちは何をしたらいいですか」という問いに対する返答】


野村均

当社はここ数年、都心のタワーマンションの供給が続いているが、売れ行きは好調そのもの。しかし、業界全体でみると、駅距離があったり、やや特徴の乏しい物件に関しては売れ行きが鈍いものがあることは否めない。ただ、郊外でも「駅直結」だったり、大規模商業施設が近接しているなど、特徴のある物件は想定以上の単価で早期に売れている。


木村惠司(木村恵司)

ビジネスは日進月歩の勢いで変化しています。ふと立ち止まるだけで、変化についていけなくなりかねません。この激動の中で、チャレンジする精神を持ち続けることは、たしかに容易なことではありません。そのために必要なのが、先見力、先を見通す力です。ライバルたちより一歩先を読めれば、優位に立つことができるはずです。気持ちに余裕も生まれます。


藤原智美

パソコンで打った文章を、そのまま関係者に配るのは間違いのもとです。できれば一度は印刷して、読み直したほうがいいでしょう。多くの場合、画面で見ているときには気づかなかった構成の歪みが発見できるものです。文章を客観的に見る仕掛けが必要です。


野村忠宏

本来の僕は「ビビリ」なんですよ(笑)。だからこそ勝つための徹底した準備をします。でも、この時は気持ちがマイナスに働いて、持ち前の攻撃的な柔道ではなく負けないための柔道になっていたようです。それで何が残るかというと、逃げて負けた惨めさだけ。だったら負けても納得できる攻めの柔道をすべき。そう気持ちを切り替えてから徐々に勝てるようになり、最終的にアテネへの切符を勝ち取ることができたのです。


ビル・ゲイツ

知的資産を主力商品としている会社の例にもれず、我が社も最高の人材を探し出し、引き留めておくことに骨を折らなければならない。昔から大学や先見の明のある企業は、最高の人材を集め、引き留めておくために、定期的に長期休暇を設ける必要があることを理解していた。その制度の下で、ハードワークに疲れた人は息抜きに旅行したり、地域活動に参加したりと、自由に使うことができる。
【覚書き|マイクロソフトで長期休暇制度を導入した理由について語った言葉】


ベルンハルド・ツェプター

日本駐在も自分から希望して実現しました。母が日本文化に興味を持っていたこともあり、個人的にも日本についてたくさんの本を読みました。ですが、生活してみなければ理解することはできないと考えました。