名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤雅史(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤雅史(経営者)のプロフィール

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

加藤雅史(経営者)の名言 一覧

新たな目標に取り組めば社員の士気も高まる。


強みは、やはり営業力。私自身、独立前まで大手企業やベンチャー企業で営業に携わっていて、社員には提案力や顧客の懐に飛び込めるコミュニケーション力を磨くように説いています。


当社は下請けを行わずに、顧客企業と直接取引をしています。企業を間に入れるよりも、自社の裁量で仕事を行いやすく、キャッシュフローが安定するメリットがあります。


加藤雅史(経営者)の経歴・略歴

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

カッとなっている瞬間は前頭葉に血流がいかない脳の窒息状態。だから、ツバを飲み込むとか、深呼吸をすれば血流を回復させて、怒りのレベルを下げる効果がある。あるいは、怒っているときに気持ちが和むような家族の写真や、子供の絵など、自分が笑顔になるためのアイテムを用意しておくのも手。


中山讓治(中山譲治)

先日、米国に行ってきましたが、面白いなと思ったのは、米国では企業が大学と連携したい場合、大学の壁を越えて、いろんな人たちと連携できるNPOのプラットフォームがあることです。研究もどんどん進化し、産学連携で桁違いに凄いものが動き出す予兆を感じました。


緒川修治

越えなければならないハードルが多く、正直言ってかなりきつい。ですが、多くの仲間が支えてくれている。HISの澤田秀雄会長をはじめ、スポンサーも応援してくれている。ここで諦めるわけにはいきません。


鑄方貞了(鋳方貞了)

経理や総務などの管理部門の仕事を経験することは、「ヒト」「モノ」「カネ」の3つの側面から、会社の全体像を客観的に把握するいい機会になります。専門知識の習得は大変ですが、経営者になるための修業の一環と考えて、ぜひ経験させるべきでしょう。


丸谷智保

セイコーマートの発祥が酒販店だったことから、ワインの販売は古くから手掛けていました。しかし、売り上げは思うように伸びませんでした。それでも私はワインに可能性を感じていました。北海道は酪農が盛んで乳製品の消費量も多く、チーズと合うワインの潜在需要は大きいとみていました。しかもワインはビールにはない売り場の特徴を出せるという利点があります。ビールは寡占化が進んでおり、小売りが他社と差別化できるのは価格しかありません。一方、ワインは種類が豊富で、価格と品ぞろえで売り場の差別化ができます。そこで、ワイン売り場を目立たせるために陳列棚を入り口付近に移し、「500円」で買えるワインの品ぞろえも増やしました。商品説明も充実させて、他のコンビニやスーパーとの差別化を徹底しました。その結果、人気に火が付き、売上高は約7年で2.5倍に増えました。「ワインを買うならセイコーマート」という意識が、北海道の消費者に浸透したのです。


山下孝一

大事なことは社長が自分で決めなくてはいけません。最終責任はたった一人、社長のみ。責任がある人間に決定権があるのです。これは明確です。


吉山勇樹

周囲の協力を上手に得るのも大事な段取り力です。多すぎる仕事は周囲と分担。未知の分野は先輩に聞く。取引先のキーパーソンについては前任者に教えてもらう。このように、上手に頼みごとをして、負荷を減らしましょう。それには、頼む相手の得意分野を把握しておくことが大切です。日ごろから観察して、それぞれの長所を見つけ出しておきましょう。


大塚万紀子

働き方改革のヒントは、やはり日々の仕事の現場にある。いつもやっている仕事には何も課題はないと思いがちですが、そこに課題が隠れていることが実に多いのです、日々の仕事に対しても、「本当に必要なのか」「何のための仕事なのか」と疑問を持ってみることが大切です。


為末大

大阪ガスを辞めてから、賞金が出る海外のレースで走りました。日本の整備された練習環境で育った選手とは違い、海外の選手は貪欲で「しのぎを削る」という言葉がよく似合う雰囲気がありました。そこでの戦いは、やはり興奮します。高いレベルで戦いを挑まないと、成長しないと実感しました。


佐藤浩志(コンサルタント)

熱意や社会性の高い企業にはコスト度外視で協力しています。ブランディングをすれば必ず結果が出る企業をきちんと伸ばしていきたい。


安藤宏基

これは創業者の安藤百福がいつも言っていた言葉なのですが、「成長一路、頂点なし」だと。企業も個人も同じで、ひとつ成長したら、またひとつ上のレベルに上がりたくなる。人間というものはひとつの欲望を果たしたら、もっと欲が出てきて、より高いものを求めるものだと。だから、これで終わりということは永遠にない。創業者は、いつもそういうことを言っていました。


花光雅丸

人の意見は素直に取り入れます。でも自分のやり方を貫く。僕は素直だけど、負けず嫌いのあまのじゃくなんです。