名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤雅史(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤雅史(経営者)のプロフィール

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

加藤雅史(経営者)の名言 一覧

新たな目標に取り組めば社員の士気も高まる。


強みは、やはり営業力。私自身、独立前まで大手企業やベンチャー企業で営業に携わっていて、社員には提案力や顧客の懐に飛び込めるコミュニケーション力を磨くように説いています。


当社は下請けを行わずに、顧客企業と直接取引をしています。企業を間に入れるよりも、自社の裁量で仕事を行いやすく、キャッシュフローが安定するメリットがあります。


加藤雅史(経営者)の経歴・略歴

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

他の記事も読んでみる

太田彩子

大切なのは、素直で謙虚な視点を持っておくこと。柔軟に視点の切り替えができれば、どんな場もうまく乗り切ることができるはずです。


瀧本哲史

革新とは、覇気ある非エスタブリッシュメントが、エスタブリッシュメントから支援を引き出した時に起きる。例えば、明治維新の陰には、若い下級武士たちを引き立てた藩主たちの存在があったように。


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

加入者同士の助け合いでもある生保は、契約者が出資者にもなる相互会社の形態を取るところがほとんどです。それを株式会社化し、さらに上場をするとなると、これは大変なことでした。約820万人に上る契約者の皆様に株主になる了解を頂き、さらにそれを実行する膨大な事務作業が必要になるからです。それでも取り組んだのは、人口減で国内の生保市場が縮小していく中で持続的に成長するために、新たな価値を作らなければならないと考えたからです。


荻原浩

作家としてやっていけるかもと思えるようになったのは、2002年に『ハードボイルド・エッグ』が文庫になって、初めて増刷されたときかな。それまで増刷された作品って一つもなかったんですから。単行本が増刷されたのは10冊目ぐらいの『メリーゴーランド』か『明日の記憶』のどっちかですから。逆にいうと、売れてないのに、僕の作品を「面白い」といって、支え続けてくれた編集者には、本当に感謝しかないです。


松木安太郎

僕の解説迷言集なんてツイッターのアカウントがあるらしいけど僕はいまだにアナログな人間で、ツイッターどころかインターネットもほぼやらないんですよ。日本代表戦で解説をした後、周囲から「松木節、楽しんでますよ」と言われても、どこがウケているのか。これまでも松木は良い悪い、好き嫌いと何度も浮き沈みがあっただろうし、今はたまたま日本代表の状態と同じく好調なのかな。そんなわけで自分の解説の評判について、本人が一番ピンときていないんです。というのも、解説のスタンスは変わっていませんから。


神津里季生

企業の永続的な発展を実現するのが労使関係の真骨頂。苦しいときに労働者は我慢するだけではなく経営にビジョンを出させる、それを受け取って目標に向かって頑張り、成果が出たら配分を上げてもらう。こうした約束を取り付けて発展していくのが労使関係の基本。


柴田昌治(コンサルタント)

「自分は正しい」と思い込まず、安易に答えを出しそうになったときは、「そもそも、この答えでよかったのか?」と考える習慣をつけるべき。


石橋康哉

入社3年目、同期が久しぶりに集まったのですが、頭がよかったはずのヤツが輝きを失っていました。本人も同期と話して、そのことに気付いたらしく、「オレは3年間、何もしてこなかった」と反省していました。


アンドリュー・カーネギー

人間は、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りるほうが良いものだと悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。


山久瀬洋二

日本人は起承転結の流れで話を進めますね。このスタイルを米国人や英語圏の人たちは、知りません。スモールトークは別として、会話の本題は結論を切り出すことが常ですから、日本人が前置きから話を始めたら、「この人は一体何が言いたいんだろう」と思われるだけ。


鳥羽博道

最近、私のところに持ち込まれる話には「会社を興し、発展させる秘訣を教えてほしい」といった内容が多い。そんなとき、松下幸之助氏の言葉を引用しながら、こう話すことにしている。「成功するにはコツがある。それは成功するまでやめないことだ」


むらかみかずこ

断わるのは「悪いこと」ではないのです。安請け合いの結果、期日に間に合わない……となると、かえって相手に迷惑をかけます。この場合、「断わったほうが相手のメリットになる」とも言えるのです。ですから、何かを依頼されたときは冷静に状況を分析し、断わらねばならない理由を自分の中で言語化することが大切です。