名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤雅史(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤雅史(経営者)のプロフィール

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

加藤雅史(経営者)の名言 一覧

新たな目標に取り組めば社員の士気も高まる。


強みは、やはり営業力。私自身、独立前まで大手企業やベンチャー企業で営業に携わっていて、社員には提案力や顧客の懐に飛び込めるコミュニケーション力を磨くように説いています。


当社は下請けを行わずに、顧客企業と直接取引をしています。企業を間に入れるよりも、自社の裁量で仕事を行いやすく、キャッシュフローが安定するメリットがあります。


加藤雅史(経営者)の経歴・略歴

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

他の記事も読んでみる

松井道夫

「人の行く 裏に道あり 花の山」という相場の格言がありますが、これは経営にも当てはまります。他人と同じことをやっていたら、たいした利益は上がらないんです。


植村甲午郎

23年余の官僚生活と戦後の経団連を通じて私が痛感したのは、一億同胞の資質が優秀でしかも勤勉なこと、貯蓄性向が高いこと、自由経済性のもとで創意工夫と自由活発な活動ができること、この三本柱こそが明治以来日本経済を今日まで発展させた原動力であったということである。この三本柱が揺るがない限り、日本経済の前途は洋々たるものと信ずる。


向後千春

五月病も含めた新天地での心と身体の変調は、所属の課題であることがわかる。職場という共同体と同僚・上司という人間関係の中にうまく自分の所属を見いだせないとき、そのサインとして心身の不調が表れてくる。


橋本孝之

グローバル化のためには、文化や国教というものを超えたダイバーシティー(多様性)そのものを受け入れる素養が必要です。


永井浩二(経営者)

野村にとってのグローバルビジネスとは何なのか、考え直しました。これまでは、自分たちがグローバルになりたいからグローバルビジネスをやるのだという部分が正直ありました。でも、今は違う。お客様のニーズがあるビジネス、求められているサービスありきだと考えています。


小笹芳央

極端な考え方をすることで、物事の本質が見えてくることがある。最適解は極論と極論の間にあることが多い。


前川孝雄

部内の調整事は、「できればやりたくない」というのが本音ではないでしょうか。近年はダイバーシティを推進する流れもあり、仕事や会社に対する考え方が異なる人たちが同じ職場で働いているため、調整事は以前より難しくなっています。しかし、面倒くさい調整事をいつも人に押しつける困った部下や同僚は、チャンスを自ら逃しているとも言えるのです。調整事は、リーダーシップを鍛えるトレーニングになるからです。


知識賢治

優れたリーダーは、暗黙知を言葉やノウハウ、仕組みといった「形式知」に置き換えさせ、身につけさせるように仕向けなければなりません。そうなれば、組織の他の人も共有することができます。


マックス・シュティルナー

私は人を愛するが、それは利己心からの自覚があって愛するのだ。つまり、人を愛することが気持ちよく、自分を幸福にするからだ。


ジェームス・カルダー

経営者がビジョンを掲げ、自分たちに合った戦略と計画を立てることが重要。人まねはダメ。


榎本雅一

会社人は価値観が会社中心で、組織への忠誠度が高いほど評価されると考えています。だから60歳を迎えると、「今まで会社に貢献したのだから、あとの5年間はご褒美みたいなものだろう」と勘違いをして、ただ会社に居座るだけの人材になってしまいます。しかし、成果を出さない社員を雇い続けるほどの余裕がある企業はほとんどありません。会社が期待する役割を果たせない高齢者は、当然評価されず、雇用継続も危うくなる可能性があります。


松本晃(経営者)

資料づくりも数値データに偏りすぎるのではなくて、読む人の気持ちや感性に訴えるアナログの側面を大切にすると、説得力のある効果的な資料になる。