加藤雅史(経営者)の名言

加藤雅史(経営者)のプロフィール

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

加藤雅史(経営者)の名言 一覧

新たな目標に取り組めば社員の士気も高まる。


強みは、やはり営業力。私自身、独立前まで大手企業やベンチャー企業で営業に携わっていて、社員には提案力や顧客の懐に飛び込めるコミュニケーション力を磨くように説いています。


当社は下請けを行わずに、顧客企業と直接取引をしています。企業を間に入れるよりも、自社の裁量で仕事を行いやすく、キャッシュフローが安定するメリットがあります。


加藤雅史(経営者)の経歴・略歴

加藤雅史、かとう・まさし。日本の経営者。システム構築・保守・運営・コンサルティング会社「ファースト」社長。神奈川県出身。

他の記事も読んでみる

星野佳路

付き合いのゴルフや会食はビジネスのネットワーク作りには必要だ、という意見もあるかもしれませんが、ネットワークが本当に自分のパフォーマンスに好影響を与えるのかはずっと疑問でした。あちこち顔を出してネットワーク作りに励んでも、すぐに成果が出るわけでもないので効率が悪い。だったら、興味のない会食や、得意でもないゴルフにわざわざ行く必要はないだろうと思いました。


スティーブ・ジョブズ

あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。


松井道夫

会議をやって、全会一致で「それはいいですね。ぜひやりましょう」ということになったら、むしろそれを理由にしてやめます。経営者はひねくれていないとダメなんです。意外性がないのとオリジナリティがないのとは同義です。


千原せいじ

バブルが崩壊した頃、巨人の桑田投手が24歳のときに親族の不動産投資の失敗で、10億円以上の借金を抱えたというニュースがあったじゃないですか。僕はなぜかあれをよく覚えていて、自分が24歳になったとき、「なんぼ金を貸してくれるんやろう?」と思ったんですよ。当時、千原兄弟は関西でそこそこ顔を知られていて、ラジオも入れてレギュラーは7、8本。大阪では知らん人がいないくらい売れていました。それで、仕事の合間にふとヒマな時間ができたとき、「そうや、金借りに行こう」「なんぼ貸してくれるやろ?」と。銀行に行って「融資を受けたいんやけど」と相談したら、出てきたのは学生ローンのパンフレットでした。もちろん、千原せいじとわかっています。自分ではまあまあ稼いでいると思っていたので、がく然としましたよ。それで、「バカにすんな!」言うて出てきたものの、同時に「世間のモノサシではこんな感じかー」とも思うて。怒りようがなかった。正直、若くてアホやから、芸人になって売れればなんでも手に入ると思っていたわけです。でも、それは全部、自分に都合のいいイメージで、リアルな社会とはズレますよね。


前田晃伸

私は、企業のステークホルダー(利害関係者)に優先順位をつけるならば、やはり1番目はお客様。次に株主、最後に従業員になると思うんです。サービス業は、お客様があってこそ成り立っています。


ソクラテス

暇な時間は、かけがえのない財産である。


樋口武男

私が大和団地の社長に就いたとき、新聞記者が何人も取材に来ましたが異口同音に「社長、まずはリストラですね」と言いました。しかし私は、世間一般で言われるリストラ、つまりクビ切りをするつもりは毛頭ありませんでした。弱っている会社で人員整理をしたところで何の解決にもなりません。


サミー・ソーサ

次の時代を担うのは君たちなんだ。夢をあきらめないで突き進めば、きっと願いが叶うよ。


金井壽宏

日本でもその激務を考えると、若くて有能な人がCEOになるべきではないでしょうか。それに若ければ、長期の視点から経営もできます。


ドナルド・トランプ

人づての情報はあくまで人づての情報にすぎない。自分で情報源にあたろう。


心屋仁之助

上手くいった結果を当然と見なせばハッピーな気分になり、上手くいかない結果に照準を合わせると憂鬱になる。


岸見一郎

僕は学生のころから古代ギリシア哲学、とくにプラトンを研究してきたのですが、紀元前から続く哲学のテーマは「よりよく生きるにはどうしたらいいのか」です。「人生が思うようにいかない」と悩むすべての人に幸せになれる道筋を教えるアドラー心理学も、「どう生きたらいいのか」「どうすれば幸福になれるのか」というギリシア以来のテーマを扱いますから、並行してアドラー心理学を学ぶことには何ら違和感もありませんでした。


河内幸枝

何枚もグラフを作るうち、数字を見るだけで、流れがつかめるようなった。


田中靖浩

「ビジネスシーンの数字をイメージできる能力」を身につけるためには、日ごろから目や耳に飛び込んでくるビジネスの数字に敏感になることです。もし、あなたが、なかなか具体的に数字をイメージすることができないというのであれば、まずは自分に関わる数字に興味をもつことから始めましょう。たとえば、雑誌をつくる仕事に関わっているのなら、発売日からの売上や売れた冊数が気になりますね。それは、数字の興味を広げるチャンスです。「雑誌全体の売上はどうなのか?」「同分野の他誌はどうなのか?」「メディアはどうなのか?」「メディアにおける出版の割合は?」といったように、身近な数字から興味を広げていくことで、数字のセンスを磨くことができます。こういった感覚は、将来大きな仕事を任されたときに、とても大切になってきます。


後藤玄利

創業数年後、当時、ファンケルやDHCが急伸していて、売上はうちの2桁も上。彼らのあとを細々と追っても面白くない。そう思い始めた頃、アメリカのダイレクトマーケティング協会の年次大会に参加したのです。会場には「21世紀はEコマース(電子商取引)の時代」という熱気が充満していました。このイベントに参加したことで衝撃を受けた私は、数年以内に日本にもEコマースの時代が訪れることを確信。ビジネスの方向転換を決意しました。


ページの先頭へ