名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤隆生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤隆生のプロフィール

加藤隆生、かとう・たかお。日本のミュージシャン、編集者、経営者。岐阜生まれ、京都育ち。同志社大学文学部卒業後、印刷会社、リクルートなどを経てバンド「ロボピッチャー」を結成。その後、参加型イベント「リアル脱出ゲーム」を開催し好評を博した。

加藤隆生の名言 一覧

僕らはビジョンをあえて持たない。ブームは一過性だときちんと認識しているし、ビジョンや計画書通りに進めると、面白さは生まれません。


お金を生むか生まないかは、世の中が決めることで、僕らが戦略として考えることではありません。


誤解を恐れずに言えば、「面白い」よりも「面白そう」の方がずっとエライ。どんなに面白いゲームを作っても動員できなかったら負けです。例えば、ポスターのキャッチひとつとっても、シンプルで分かりやすく一瞬で「面白そう」「参加してみたい」と顧客の動機に結びつけられるかが重要なポイント。


皆が何を面白いと思うのか、今この瞬間に何があれば、世の中がポジティブな方向に向かうのかを回を凝らして見て、「これだ」と思えるアイデアを世に提示する方が、僕には向いていた。


それまで僕は、自己投影したものを世に出すのがかっこいいと思っていました。それが許されるのは音楽だと思いミュージシャンを目指したんです。でも、リアル脱出ゲームという一つの成功で自己を投影することと、世にエンターテインメントを提供することの間には乖離があると気づきました。


肩書きは「28歳、自称ミュージシャン」。世間体も気になるし、これでいいのかなと……。後がないからこそ、自分の現状を棚卸しし、今の力でできることを必死に考えました。


加藤隆生の経歴・略歴

加藤隆生、かとう・たかお。日本のミュージシャン、編集者、経営者。岐阜生まれ、京都育ち。同志社大学文学部卒業後、印刷会社、リクルートなどを経てバンド「ロボピッチャー」を結成。その後、参加型イベント「リアル脱出ゲーム」を開催し好評を博した。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

私は、前提として同じ情報量を持っていれば、90%位同じ結論に至るはずだと思っています。なぜ意見が異なるかというと情報量に差があったり、立場によって見えているものが違うからです。残りの10%は価値観など、ある程度しかたのない部分だと考えます。


國分文也(国分文也)

今の世の中、だんだん真ん中の部分がなくなりつつあります。いいか悪いか、好きか嫌いか、友達か敵かと両極端に走りがち。その点、日本は中庸を大事にするところがあるし、日本の中が二分されるようになるのはいやなんじゃないかと。そうした考えは悪くないと思いますよ。文化が発展している所は、そこのところを許容するし、そういう要素を必ず持っていますから。


佐渡島庸平

僕にはやりたいことがたくさんあります。出版不況のなかで、才能ある新人たちが未来に希望を感じるしくみを作っていくこともそのひとつ。僕にはこうしたゴールしか見えていません。ですから、ゴールにたどり着く過程で、ときに土下座をするとしても、ときには強硬な態度をとって反感を買うことになったとしても、かまいません。ゴールを見据えれば、手段としての行動についてはこだわりやプライドがなくなります。


近藤淳也

人ってそんなに悪い人、ヘンな人っていないじゃないですか? 会って、話して、それでもわかり合えない、ずっとヘンだ、っていう人はそうそういません。


似鳥昭雄

挑戦しようと思うから、必死になる。自分の力でどうにもならないから、誰かの力を借りようとする。


庄野直之

私は企業も人も「つなぐ」という考えが大事だと考えています。企業を野球で例えたら、創業者は先発投手です。それを2代目、3代目の経営者が中継ぎしていく。つまり、私は現在、中継ぎ投手の役割を担っているわけです。セットアッパーとも言われる中継ぎは先発と同じくらい重要で、文字通り組織をセットアップすることが求められます。


藤口光紀

経験と知恵を出し合って練った計画なら、結果が目標から大きくブレることは滅多にないはずです。しかし、それでもブレが生じたときは、ミッションに立ち返って弁印を見極め、改善するしかありません。無理につじつま合わせをしてミッションを見失ってしまうくらいなら、目先の目標を諦めて、次の目標に向けて進んだ方がいいでしょう。


藤田晋

大事なのは、1つでも構わないから、「恐らく(きっと)~ではないか」という考察を入れること。単なる「知っている」だけで終わってしまうと、たとえ流れを察知してもそこまでです。自分なりに本質を見抜こうとする努力が必要です。


菊池寛

二十五歳未満の者、小説を書くべからず。
【覚書き|小説は人生経験を積んだあとに、その人生観をもとに書くべきだという主張からの言葉。】


榊原健太郎

米国シリコンバレーでは、成功した企業家が投資家側になり、スタートアップ企業に経営のノウハウを指導する好循環があります。日本でも企業家が支援する仕組みが、今の100倍は必要だと考えています。そこで、私たちは支援先の経営者に対して、将来的には支援者になって欲しいと話をしています。


小野寺佑太

私はお客様ごとの目的、目標に最適な保険をオーダーメードで組み立てます。たとえ机を挟んで対面でお話ししていても、意識のなかではお客様の隣りに座って、つまり同じ方向を見て、一緒に真剣に将来を考えるようにしています。この姿勢を認めていただき、おかげさまで保険以外に税務や財務戦略、資産管理、事業継承などの相談も受けるようになりました。


オグ・マンディーノ

人生は競争ではない。急がずに注意深く前進すれば、いかなる道もあなたにとって長すぎることはない。