名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤隆生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤隆生のプロフィール

加藤隆生、かとう・たかお。日本のミュージシャン、編集者、経営者。岐阜生まれ、京都育ち。同志社大学文学部卒業後、印刷会社、リクルートなどを経てバンド「ロボピッチャー」を結成。その後、参加型イベント「リアル脱出ゲーム」を開催し好評を博した。

加藤隆生の名言 一覧

僕らはビジョンをあえて持たない。ブームは一過性だときちんと認識しているし、ビジョンや計画書通りに進めると、面白さは生まれません。


お金を生むか生まないかは、世の中が決めることで、僕らが戦略として考えることではありません。


誤解を恐れずに言えば、「面白い」よりも「面白そう」の方がずっとエライ。どんなに面白いゲームを作っても動員できなかったら負けです。例えば、ポスターのキャッチひとつとっても、シンプルで分かりやすく一瞬で「面白そう」「参加してみたい」と顧客の動機に結びつけられるかが重要なポイント。


皆が何を面白いと思うのか、今この瞬間に何があれば、世の中がポジティブな方向に向かうのかを回を凝らして見て、「これだ」と思えるアイデアを世に提示する方が、僕には向いていた。


それまで僕は、自己投影したものを世に出すのがかっこいいと思っていました。それが許されるのは音楽だと思いミュージシャンを目指したんです。でも、リアル脱出ゲームという一つの成功で自己を投影することと、世にエンターテインメントを提供することの間には乖離があると気づきました。


肩書きは「28歳、自称ミュージシャン」。世間体も気になるし、これでいいのかなと……。後がないからこそ、自分の現状を棚卸しし、今の力でできることを必死に考えました。


加藤隆生の経歴・略歴

加藤隆生、かとう・たかお。日本のミュージシャン、編集者、経営者。岐阜生まれ、京都育ち。同志社大学文学部卒業後、印刷会社、リクルートなどを経てバンド「ロボピッチャー」を結成。その後、参加型イベント「リアル脱出ゲーム」を開催し好評を博した。

他の記事も読んでみる

橋本雅治

ビジネスは苦しい時に諦めたらそこで終わりです。そこで諦めずに壁を乗り越えようとすること自体が成長に繋がります。


田川博己

どの市場もそうですが、稲刈りの前に開墾し、田植えをしなければマーケットは育たない。


長島徹

帝人の歴代社長は逆張りをしてきました。景気が悪いときは設備投資が安くできますから、景気が悪くなって業績が下がったときこそ積極的に動く。好景気のときは長く続かないだろうと考えて、将来に備えていろいろな仕掛けを仕込んでおく。こうした逆張りの経営ができるか否かは、経営者の勘と度胸にかかっています。


小山昇

会社とプライベートを分けるのは間違い。家庭に問題を抱えていたら、仕事に集中できるはずがない。そのためには、私が社員のプライベートの情報を把握しておく必要がある。職場にいるときの情報だけで、社員の精神の好不調を確認することは難しい。奥さんと揉めて悩んでいるときに大きな仕事を任せたりしたら、彼の精神的なストレスが増すだけ。その影響が仕事に出れば、会社としても不利益になりますから。


川村元気

強い拒否反応が返ってきたときはチャンス。感情を大きく揺さぶったということには、何かヒントがある。


和泉秀俊

幸いスタッフにも恵まれ、お客様のありがとうを聞くために全員が知恵を絞り、汗を流しています。一人一人のスキルとハートを通じてお客様に当社の意識や熱意が伝わったとき、ありがとうという最高のお言葉がいただける。仕事をさせていただいた上に感謝されるなんて、本当にありがたいことです。


渋谷和宏

仕事を通して社会とつながること、人から必要とされ、感謝の言葉をいただくこと、これは人の実存にもかかわる喜び。


宗次徳二

経営は没頭し、身を捧げるだけの価値があります。景気もライバルの動向も関係ありません。社長が先頭を切ってやる。誰よりも早く出社して仕事をすることです。私は自称三流経営者。そう思うくらいのほうがいいですね。能力がないと思えば、謙虚にひたむきにやり続けられます。


清沢光司

必要な能力は企業再生業務の実績を重ねてきた中で築かれてきたと自負しています。再生業務では一般の不動産仲介業務と違って、調整相手が数多い。しかも、一定の期間内で完了させるスピード感を求められます。当社に依頼するとそれがうまく運ぶという評価を得ながら、実績を積み重ねてきました。


森泉知行

勉強ばかりして、いつまでも判断しないというのでは困りますけれど、業界を完全に理解し、何が自社の強みかをきちんと理解することが、地道ではありますが判断力を磨くことにつながると思います。


西脇俊二

ストレスのほとんどが、人間関係から生じると私は思います。つまり、コミュニケーションが上手になれば、ストレスは大きく減るでしょう。


柴田励司

私がやってよかったと思うのは、人脈作り。これは単なる名刺集めではなく、何かあったときに、電話一本でお願いごとや相談をし合える人をどれだけ作れるかという意味です。そのために実践しているのが、自分の知り合い同士をつなげること。「あの人とあの人を会わせたら面白そうだな」と思ったら、すぐ紹介します。ここで「この人脈を営業に役立てよう」などとは考えない。すると、利害関係のない純粋な人と人とのつながりが広がり、それが今では私の大きな財産となって、ハッピーな50代を送っています。