加藤隆生の名言

加藤隆生のプロフィール

加藤隆生、かとう・たかお。日本のミュージシャン、編集者、経営者。岐阜生まれ、京都育ち。同志社大学文学部卒業後、印刷会社、リクルートなどを経てバンド「ロボピッチャー」を結成。その後、参加型イベント「リアル脱出ゲーム」を開催し好評を博した。

加藤隆生の名言 一覧

僕らはビジョンをあえて持たない。ブームは一過性だときちんと認識しているし、ビジョンや計画書通りに進めると、面白さは生まれません。


お金を生むか生まないかは、世の中が決めることで、僕らが戦略として考えることではありません。


誤解を恐れずに言えば、「面白い」よりも「面白そう」の方がずっとエライ。どんなに面白いゲームを作っても動員できなかったら負けです。例えば、ポスターのキャッチひとつとっても、シンプルで分かりやすく一瞬で「面白そう」「参加してみたい」と顧客の動機に結びつけられるかが重要なポイント。


皆が何を面白いと思うのか、今この瞬間に何があれば、世の中がポジティブな方向に向かうのかを回を凝らして見て、「これだ」と思えるアイデアを世に提示する方が、僕には向いていた。


それまで僕は、自己投影したものを世に出すのがかっこいいと思っていました。それが許されるのは音楽だと思いミュージシャンを目指したんです。でも、リアル脱出ゲームという一つの成功で自己を投影することと、世にエンターテインメントを提供することの間には乖離があると気づきました。


肩書きは「28歳、自称ミュージシャン」。世間体も気になるし、これでいいのかなと……。後がないからこそ、自分の現状を棚卸しし、今の力でできることを必死に考えました。


加藤隆生の経歴・略歴

加藤隆生、かとう・たかお。日本のミュージシャン、編集者、経営者。岐阜生まれ、京都育ち。同志社大学文学部卒業後、印刷会社、リクルートなどを経てバンド「ロボピッチャー」を結成。その後、参加型イベント「リアル脱出ゲーム」を開催し好評を博した。

他の記事も読んでみる

本多均

私は、人間の元からの能力には大差がないと考えています。だからこそ、重要視すべきはモチベーションなのです。


長倉顕太

世の中の成功者といわれている人は、一般的な価値観(=他人の価値観)の外にいるものだ。それは会ってみて、ものの見方、言葉の選び方、話し方、興味のあるもの、こだわり……などをつぶさに見ているとよくわかる。


蒲島郁夫

私がいっているのは、国に頼らないと。一律にやるのではなく、ユニークなもので勝負していこうということ。


島田晴雄

いま、社会は傷つきやすく壊れやすくなっています。行け行けドンドンの時代は終わり、知恵を使って助け合う必要が高まっている。知恵と工夫で対応していかないといけない。


竹中平蔵

日本には幸運なことに、ポピュリズムに対する強力な歯止めがあります。それは民主党政権の失敗です。民主党政権の3年間で、変な人に政治を任せたら大変なことになることを国民は学びました。あの失敗は予防接種だったと言えるでしょう。そういった意味では民主党政権の貢献は素晴らしい(笑)。


大島昭彦(経営者)

時代の変化の中で事業は大きく舵を切らなければならないときがある。それを成功させるのは、いつも技術開発であり、異業種との協業、それにM&Aで常に新しい血を入れること。


柳井正

僕らは、信頼できるパートナーとともに、その国に行ったら、その国のために仕事をする。アメリカへ行ったら、アメリカのために。ロシアへ行ったら、ロシアのために。中国へ行けば、中国のために仕事をする。それが僕らの主義です。


和田明広

足せば引くものが必ずある。つい昨日も、見せられた新製品が見栄えにやたらお金をかけたうえ、ふたまで被せる明らかな過剰品質だったので、とっちまえと怒ったところでした。


藤森義明

私は、リーダーがするべき3大柱は、「ビジョン」「コミットメント」「実行」だと考えています。まずは会社がどの方向に向かっていくのかを社員に語り、理解はもちろん、共感してもらう。そこまでいって初めて、社員の心に「自分の力を最大限に発揮して、目標を達成しよう」というコミットメントが芽生えます。そして、実際に実行してもらう。ここまで持っていくのがリーダーの役目だと思っています。


吉田春樹

復興とは、この国難を機として、新しい時代へ向け、これまでの社会組織やインフラを超えた国土や自治体を構築していくことではないだろうか。ただ従前の村や町を復旧するだけでは不十分なのだ。


小林一雅(小林製薬)

褒めるも叱るも、簡単なことではありません。バランスも難しい。ただ、基準を明確に決めるのが最優先です。何のために叱るのか。それが大事です。


奥山清行

僕の一番の仕事道具は手描きの絵です。これは会議や対話でいい発想を引きだせる人が「言葉」を大切にしているぐらいに重要なものですよ。仕事で顧客の希望に応えるためには、そのように主観と客観の間を往復するための道具を手に入れなければダメなんじゃないでしょうか。


御木本幸吉

長生きの方法は、自分より長生きした人の書でもなんでもいいから飾って、俺はそれよりも長生きするんだという意欲を燃やしていなければならない。俺はこのように渋沢男爵(渋沢栄一)の書を飾り、毎日これを見て、渋沢より長生きするようにしているのだ。
【覚書き|上記発言通り御木本氏は渋沢氏より長生きした。御木本氏没年齢96歳、渋沢氏91歳】


遠藤功

プレゼンや営業、会議、講演などで、初対面の人の多くは、あなたに対して、心を開いていないはず。その状態のままでは、相手に有益な情報を言ったとしても、聞く耳をもってくれないでしょう。そこで、できる人は、初対面の相手に対しては、本題に入る前に心を開いてもらえる工夫をします。いわばウォーミングアップのようなものです。笑いがとれれば最高ですが、それは普通は難しいですよね。素性がわかるだけでも十分です。


古田敦也

判断力を高めて成長するためには、変化や状況に対応しなければならないことを受け入れ、他人の話を聞くことも含めて、多くの情報を柔軟に採りいれていくしかないと思うのです。そのうえで最終的な取捨選択を自分の判断で行っていく。この作業が大切ですよね。


ページの先頭へ