名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

加藤辮三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤辮三郎のプロフィール

加藤辮三郎、かとう・べんざぶろう。協和発酵工業創業者。日本の経営者、起業家、化学者。京都大学工学部卒業後、四方合名会社(現:宝酒造)に入社。同社で14年勤めた後、協和化学研究所(現:協和発酵工業)を設立。

加藤辮三郎の名言 一覧

欲望に限りがなく、些細なことにも腹を立て、おかげさまを忘れて自分の行為には高い値をつけようとする。


加藤辮三郎の経歴・略歴

加藤辮三郎、かとう・べんざぶろう。協和発酵工業創業者。日本の経営者、起業家、化学者。京都大学工学部卒業後、四方合名会社(現:宝酒造)に入社。同社で14年勤めた後、協和化学研究所(現:協和発酵工業)を設立。

他の記事も読んでみる

藤川太(ファイナンシャルプランナー)

妻や子供にねだられてつい奮発、ということが続くと、貯蓄はできない。年間の予算を決めて、その範囲で楽しむようにすれば貯蓄と両立できる。


榎本博明

他人の性格を変えるのは無理です。ましてや、自分のことを評価する上司だからこそ、部下は意見しにくい。であれば、部下はイライラによるダメージを減らすようにするのが得策です。


後藤忠治

水泳を本格的に始めたのは大学時代からです。どうすれば他の選手を追い越せるか。そればかり考えていた。人より泳いだ時間が少なかったのですから、人一倍泳ぐしかなかった。


泉谷直木

リーダーシップを発揮するには、部下を説得するのではなく、納得させなければなりません。それには質問が有効です。「君の担当するお客様は、いまどんな課題を抱えておられるんだろう? そのために、君ができることとは何だろうか?」。このように部下に質問をしながら、やるべきことを本人に考えさせることが大切です。


海老一染之助

親父が終戦を迎えると「これからは、西洋から歌手や音楽の大家がやってくる。とても敵わないから、日本独特の芸をやらなくては駄目だ」と言って、私たちにお神楽を習わせたんです。


田路和也

まさに九死に一生を得た、人生観に大きな影響を与える出来事でした。それ以来、この「生かされた命」を社会に役立つことだけに使いたいと思うようになりました。
【覚え書き|スマトラ島沖地震で津波にのまれたが奇跡的に救出されたことを振り返っての発言】


岩崎日出俊

今は誰もがリスクに直面しているが、別の見方をすれば、誰にとってもチャンスは訪れる時代が来ている。あるテクノロジー系の大企業の役員は、「能力の高いエンジニアほど、もっと良い職場を見つけてどんどん転職していく」と話していました。実際、優秀なプログラマーとそうでないプログラマーでは、生産性に百倍も差があるそうです。それでも、その役員は「こちらも優秀な従業員は、2年くらいで辞めると覚悟して採用する。それでも、優秀ではない人を長く雇う以上の成果を十分出してくれるから」と話していました。それくらい必死で優秀な人材を雇わないと、競争に負けてしまうという危機感を会社側も持っているということです。これはつまり、会社に滅私奉公する時代は終わったということ。実際にすぐ転職するかどうかは別として、他でも通用する能力を磨き続けなければ、会社から必要とされなくなります。40代からプログラミングを学んだって、決して遅くない。大事なのは、自分を変えていこうとする意識を持つことです。


団野村

代理人は基本的にネガティブシンキング。交渉で「NO」と言われた場合の別プランを常に準備している。「NO」と言われてすぐ心が折れる人はポジティブシンキングすぎるんです。


澤穂希

現役時代、休みは週に一日だけだったのですが、その日はチームメイトにはほとんど会わずに、学生時代の友人や違う分野の人たちに会って、サッカー以外のいろいろな話をしていました。「仕事も全力」「遊びも全力」を意識していて、それが精神的にもよかったように思います。それに、サッカーだけでなく、違う世界の人とも接したほうが、人生はより豊かになるという思いもありました。


和田秀樹

最初のチャンスを待っているときから、それに続くチャンスもモノにできるように、十分に勉強や準備をして実力を磨いておかなければ、あきらめずに持っていることでチャンスは必ず訪れるし、そのチャンスを見事にモノにできるはずだ。


大山のぶ代

脇目も振らずこの道一筋、というのも立派なことだと思いますが、興味の赴くままにたくさんの「わらじ」を履いてみるというのも、ひとつの方法ではないでしょうか。


土井健資

当社の社是は、「ものづくり」「人づくり」「組織づくり」各5項目の計15項目で構成されています。社是と経営理念は毎日の朝礼で全社員が唱和し、心にしっかりと刻み込んでいます。これらの言葉には、社員たちにものづくりの心を磨き続けてほしい、全員が調和して成長してほしい、組織として正しく行動し、働く喜びを感じてほしいという私の想いが込められているのです。