名言DB

9412 人 / 110637 名言

加藤辮三郎の名言

twitter Facebook はてブ

加藤辮三郎のプロフィール

加藤辮三郎、かとう・べんざぶろう。協和発酵工業創業者。日本の経営者、起業家、化学者。京都大学工学部卒業後、四方合名会社(現:宝酒造)に入社。同社で14年勤めた後、協和化学研究所(現:協和発酵工業)を設立。

加藤辮三郎の名言 一覧

欲望に限りがなく、些細なことにも腹を立て、おかげさまを忘れて自分の行為には高い値をつけようとする。


加藤辮三郎の経歴・略歴

加藤辮三郎、かとう・べんざぶろう。協和発酵工業創業者。日本の経営者、起業家、化学者。京都大学工学部卒業後、四方合名会社(現:宝酒造)に入社。同社で14年勤めた後、協和化学研究所(現:協和発酵工業)を設立。

他の記事も読んでみる

細谷英二

性格は思春期までにおおむね決まるものです。40代になった人が、人格的に優れたリーダーを目指そうと思ったら、相当自覚して努力する必要があるでしょう。そこで、人事評価の結果を本人に積極的にフィードバックするという仕組みをつくりました。社内での360度評価や、人材コンサルタントからのアセスメントも含めて、評価を本人に伝えるのです。短所を評価したうえで克服してもらうというわけです。


井原勝美

社会人になってからは、自分の時間の中でも大きな割合を占める仕事の時間をいかに充実して過ごすかということを大切にしてきました。仕事での充実感が、心身の健康に与える影響は大きいと思うからです。


高橋がなり

いまがどんなにつらい環境でもその辛さに耐え、「将来成功者として勝利者インタビューを受けている自分」をイメージして、そのときに言うであろうコメント通りの行動をいますればいい。その選択が、必ず試練を乗り越えさせてくれる。


吉山勇樹

上司と共通の認識や価値基準をもつことは非常に重要です。仕事を進めるうえでは、上司と現場が優先順位を共有することも大事ですが、その基準も互いに食い違っていることが多いのです。


寺田直行

商品開発のベースは「自然」です。自然の恵みを活かす技術が強みとなっています。その強みを生かすことで健康寿命の延伸に貢献できると考えています。例えば、地方自治体と連携し、県産品を使用した商品を開発したり、野菜摂取や減塩促進に係る啓発活動を進めたりしています。


稲本健一

「飲み屋での約束は絶対に守る」が私の信条。


臼井由妃

私の場合、月曜日の朝はかならずテンションの高い音楽をかけて、モチベーションを上げます。今週もがんばろう、と前向きな気持ちになれるんです。そんな小さなことでも、意外と効果がありますよ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

ビジョンとはチームの将来像であり、自分たちがこれからどこに向かうのかをわかりやすく示したもの。その土台となるのは当然あなたがいまチームでやろうとしていること。現実させたいと思っていることだ。ビジョンはあなただけでなく全員にとって魅力的であること。あなたが高い志をもっていても、メンバーにその視点に立つことばかりを求めてはいけない。


むらかみかずこ

礼状の個性は、内容よりも、便せんや封筒を工夫することで出します。文一房具店に行って、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、自らも楽しんで選ぶのがコツです。


羽生善治

基本的な能力や知識、判断する力は、人はだいたい皆同じです。では何が違うのか。人にはそれぞれ、自分のスタイルや個性というものがあります。一方で、将棋の世界にもその時々のトレンドというものがある。活躍できるかどうかは、その時に流行っている最先端のものと自分のスタイルが合っているかどうかというマッチングの要素が大きいのです。トレンドにあまりに合わせすぎてしまうと、自分のスタイルが崩れてしまう。自分のスタイルは崩さない範囲で微調整して、合わせていく。両者をピッタリ合致させる必要はありません。その方向に向かって努力していけばいい。


眞鍋政義

日本の選手は、日本選手には高さやパワーを望めないが、外国の選手に比べて手先が器用でボールコントロールが上手いという強みもある。長所をより一層強化する。それしか活路はないと思い定めて、レシーブの上手な選手を集めて、全員で拾いまくるチームを目指した。


神田昌典

私は今、全国で「読書会」という活動を行なっているのですが、そこでまず教えるのは「目的意識」の大切さです。


マツダミヒロ

話し上手になるために「しなくていい7つのこと」

  1. 話をしなくていい
  2. 理解しようとしなくていい
  3. 全部聞こうとしなくていい
  4. ネタを集めなくていい
  5. 台本にとらわれない
  6. 頑張らなくていい
  7. 相手の反応を気にしすぎない

岡崎富夢

MBA的なアプローチでは、オペレーションの向上とか、どう競合をやっつけるかとか、枠の中でどう勝つかを考える。しかし、現実は、既存の枠を外して考えることを求めている。


和田秀樹

伸びる人は「準備」してきた人。プレーヤーとして前線で仕事をすることだけに没頭していた人が、いきなりマネジメントなどできるわけがない。30代のうちに自分の将来のモデルとなる上司や先輩を見つけておく。その人に付いていって一挙手一動を盗み学ぶことが有効。