加藤辮三郎の名言

加藤辮三郎のプロフィール

加藤辮三郎、かとう・べんざぶろう。協和発酵工業創業者。日本の経営者、起業家、化学者。京都大学工学部卒業後、四方合名会社(現:宝酒造)に入社。同社で14年勤めた後、協和化学研究所(現:協和発酵工業)を設立。

加藤辮三郎の名言 一覧

欲望に限りがなく、些細なことにも腹を立て、おかげさまを忘れて自分の行為には高い値をつけようとする。


加藤辮三郎の経歴・略歴

加藤辮三郎、かとう・べんざぶろう。協和発酵工業創業者。日本の経営者、起業家、化学者。京都大学工学部卒業後、四方合名会社(現:宝酒造)に入社。同社で14年勤めた後、協和化学研究所(現:協和発酵工業)を設立。

他の記事も読んでみる


清家篤

どんなにIT化やロボット化が進んでも、人にしかできない仕事がある。


岡本正善

目標は大きくなくても構いません。短期的な業務の場合でも、「どうしたいのか」という目標を明確にするだけで、集中できます。


前田伸

学校の遠足の定番である牧場も、雨が降るとすべてキャンセルになってしまいます。これもどうにかしなくてはと思いました。考えたのが、ニュージーランドの観光牧場との提携です。羊の毛刈りや牧羊犬の活躍などを1時間のシープショーにして、大変成功していた観光牧場がニュージーランドにあったのです。私が社長になって2、3年後からマザー牧場でもシープショーを見てもらえるようになりました。ショーは1000人が座れるドームの中で演じますから天候に左右されません。牧羊犬に追われて階段を上る羊のコミカルな動作を楽しんでもらったり、化粧品に使われるラノリンオイルは羊の毛から採るといった知識を学んでもらったりしています。


井岡一翔

ああすれば勝てた、こうすれば勝てたという試合ではダメだ、確実に勝てる試合をしなきゃ。


王貞治

監督就任当時のホークスは万年Bクラスで「そこそこ頑張って、そこそこ給料がもらえればいい」という体質に染まっていたのです。そうしたチームの意識を変えるのが、大変でした。とにかく、言い続けるしかないわけです。優勝を目指そう、この世界で生きていける技術を身につけよう。それには練習しかない。


川北英貴

悪くなったときに包み隠さず銀行に相談してくれる社長、そして悪くなったらどのように会社を良くしていくのか、計画を立てられる社長を、銀行員は信用します。多少業績が悪くなっても、融資は行ってくれることが多いですし、また融資が行えなくても、一方で既存の融資の返済負担が大きい、その返済を減額・猶予するリスケジュールという方法を検討してくれます。


フィロラオス

知られているあらゆることに数がある。数がなければ考えることも知ることもまったくできないだろう。


ページの先頭へ