名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤誠之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤誠之のプロフィール

加藤誠之、かとう・せいし。日本の経営者。トヨタ自販社長・会長。関西学院大学卒業後、日本ゼネラルモータース入社。その後、豊田自動織機に移り、のちに分離独立してトヨタ自動車になる自動車部門で働く。その後、トヨタ自販に移り、大阪・東京事務所長、専務、副社長を経て社長・会長。

加藤誠之の名言 一覧

トヨタの給料は、GM時代の半分だった。朝は7時に出社して、夜は星を抱くまで働く。しかも休みは月に二日だけである。それでも酷使されているとは思わなかった。


加藤誠之の経歴・略歴

加藤誠之、かとう・せいし。日本の経営者。トヨタ自販社長・会長。関西学院大学卒業後、日本ゼネラルモータース入社。その後、豊田自動織機に移り、のちに分離独立してトヨタ自動車になる自動車部門で働く。その後、トヨタ自販に移り、大阪・東京事務所長、専務、副社長を経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

和田裕美

最近は、会話が続かないという人がとても多い気がします。相手の表情を読んで、流れの中で、自然に話をすることが苦手な人が多いようです。でも、生まれたばかりの話すことができない赤ちゃんだって、ちゃんとお母さんの表情を読んでコミュニケーションできるんですから、表情を読む力というのは誰もが本来持っている能力なんです。


澤田秀雄

私は、世界が驚くようなものを作りたいのです。3~4割はまだ夢の段階ですが、実現の可能性は十分あります。私は事業家ですから、問題点があったり、失敗を経験したりしても、いずれは利益を出せる事業にする。それが、私の仕事なのです。決して夢だけでは終わらせません。


金光サリィ

日頃から「でも」「だって」「どうせ」のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう。


小寺圭

私の若いころは、鬼課長と呼ばれた上司の下で10年働いたこともあって、毎日が修羅場のようでした。とくに中近東に駐在していたときは、代理店契約を続けるか打ち切るかといった判断もせざるを得ず、それこそ、一歩間違えば大叱責を受けかねないような状況で仕事をしていました。ゲームにたとえれば、文字どおりサバイバル・ゲームの日々。それだけ際どい状況に身を置くと、いろいろ考えるようになります。


羽生善治

将棋の対局は時間が長いので、何かアクシデントが起きて心が乱れても、わりとリカバリーしやすいです。テニスの試合を見ていると、不利な場面で審判にクレームをつけて試合を止める選手がいますよね。なぜ判定が覆らないのに文句をいうのか。あれは心を落ち着かせるための時間稼ぎでしょう。心がざわついても、時間が解決してくれることは多いと思います。


チャールズ・ケタリング

我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


齋藤直美

必要なのは、的確で具体的なアドバイスです。それがなければ、「頑張れ」という前向きな表現も曖昧な指示にしかなりません。


武田邦彦

自力で稼がずに受信料で食べているNHKのような古い組織はみんな潰してしまえばいい。残したいなら、借金してでも新しい事業や自己変革に取り組むようにする。ところが、今は小学校でも節約が美徳で借金はダメだと教えているし、経営者の会合でもそう。投資や消費なくして発展はあり得ません。ガッカリしますよ。


福沢諭吉

心の働きは、努力して進めれば進歩しないものはありません。その進歩の仕方は、手足を使ってその筋力を強くする肉体の鍛錬と同じです。話し方や容貌も心の働きですから、これをいい加減にしていては上達するわけがありません。


花上哲太郎

化粧品一つを取ってみても、エステティック業界と一般消費者向けの化粧品業界とでは製品が異なります。製品のターゲット層の違いということではありますが、もっとお互いの業界のニーズを知ることができれば、そこに新しい製品が生み出せるかもしれません。


榎本勝仁

キーボードや携帯では、あるいは手書きでもキレイに書いていては、発想のスピードにとても追いついていけない。だからパソコンや電子ツールではなく、あえてアナログのノートに日々思いついたことをなぐり書きします。こうして手でガシガシ書いているうちに、発想がどんどん降りてくるんです。もしコレがなかったら、指導の幅も広がらなくて、いまのように、本も出せていなかったでしょう。


三浦善司

私はリコー入社以来、ハンディーサイズの手帳をずっと使い続けていますが、毎年最初に、手帳の1ページ目にある年間カレンダーの横に「今年実行すること」として決意表明を書き込むようにしています。経営方針に関わるものから、プライベートなものまで大体10項目くらい書きます。書いておけば、忙しさに紛れて忘れることもない。常に目に入るので、決意を実行するよう促される。毎年、この目標をクリアできるように努力し続けたからこそ、今があると思っています。