名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤誠之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤誠之のプロフィール

加藤誠之、かとう・せいし。日本の経営者。トヨタ自販社長・会長。関西学院大学卒業後、日本ゼネラルモータース入社。その後、豊田自動織機に移り、のちに分離独立してトヨタ自動車になる自動車部門で働く。その後、トヨタ自販に移り、大阪・東京事務所長、専務、副社長を経て社長・会長。

加藤誠之の名言 一覧

トヨタの給料は、GM時代の半分だった。朝は7時に出社して、夜は星を抱くまで働く。しかも休みは月に二日だけである。それでも酷使されているとは思わなかった。


加藤誠之の経歴・略歴

加藤誠之、かとう・せいし。日本の経営者。トヨタ自販社長・会長。関西学院大学卒業後、日本ゼネラルモータース入社。その後、豊田自動織機に移り、のちに分離独立してトヨタ自動車になる自動車部門で働く。その後、トヨタ自販に移り、大阪・東京事務所長、専務、副社長を経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

川村勝巳

銀行や生保に食い込むために、私が意欲的に心がけたのは、相手と親密になるため、自分をさらけ出し、安心して付き合っていただくことだった。初対面の人でも、私は自分の経歴や家族のこと、仕事に対する考え方などを全部話してしまう。そうすると相手方は「こいつはあまり学問はないが、そう裏表もない人間だな」と考え心安くなってくれる。


藤田晋

飲み会で「羽目を外すな」と注意をするのは簡単ですが、そんな当たり前のことを言っても効果は期待できそうにない。考えた結果、羽目を外しそうな社員旅行や大勢の飲み会がある時は、酒癖の悪い人に「風紀委員のワッペン」を配ることにしました。率先して騒いだりする「トラブルの起点」になりそうな人は、あらかじめ風紀委員に指名して「取り締まる側」にしてしまう。起点そのものを事前に潰す策です。これは大きな効果がありました。


森永卓郎

専売公社時代の話ですが、街のタバコ屋さんを回るルート営業を担当しました。最初は楽しかったんですが、慣れてくるとやはり飽きてしまった。そこで、仕事のスピードを上げて空き時間をつくって、自分のルート以外の、百貨店やパチンコ店の営業を手伝わせてもらったんです。同僚について回ると、百貨店の館内放送にはどんな意味があるかとか、パチンコ店の裏事情などについて、直接見聞きすることができた。どんな業界や会社にも、独特のローカル・ルールがありますよね。そのルールがどういうもので、なぜそのルールができたのかなど、背景を知っていくことがじつに面白かったんですね。だから、もし自分の仕事がつまらなければ、面白そうなところに足を運んでみればいいと思うのです。日本の会社は身内にはガードが甘いですから、仕事の邪魔さえしなければ、聞くといろいろ教えてくれます。


作田久男

社員に対しても、どんな仕事をするときも「何のためにやるか」と自らの意志を持って、自らの頭で考え、自ら行動することが大切だと日ごろから話しています。


舟竹泰昭

スマートフォンの普及や新たな決済サービスの登場など、金融業界は激変の時代を迎えています。セブン銀行はこれまで安全で先進的な決済インフラを築いてきましたが、現状に安住するわけにはいきません。社会のキャッシュレス化が進めば、現金もATMも要らなくなるからです。


寺田千代乃

女性経営者として「自分が女性だからできなかった」とは絶対に言わない、考えないようにしてきました。昔は銀行に行ってもお金が借りられないことがありましたが、その理由を「私が女性だから」と考えたら、二度と借りに行くことはできません。そうではなく、「銀行がお金を貸してくれるような会社にしよう」と考えを切り替えたのです。むしろ女性だから得をした場面もたくさんありますので、女性経営者だから損をしたとか、男性よりも不利だということはなかったと思いますよ。


吉越浩一郎

「何日まで」というデッドライン(締め切り)は会社や上司、顧客から与えられますが、「この作業は何時まで」という1日のデッドラインは自分で決められます。これを決めると、時間がきたら次の作業に移らなければならないので、集中力は嫌でも高まるし、思考のスピードも速くせざるを得ません。迷っている余裕もないから、判断も早くなります。


川村茂邦

新規分野に参入するのは誰でもできる。しかし、我に利あらずと見たらただちに退く決断こそトップに求められる最高の経営判断だ。


臼井由妃

何でも「思い込み」を信じて行動することが、私の性格であり習慣。昔はネガティブで気が弱い性格でした。当然、社員に社長として扱われず、悔しい思いもしましたね。でも「一人前の社長になってやる」と思い込み、自分を変えてきた結果がいまの私なんです。


高橋俊介

信頼関係のことを、社会心理学の言葉で「社会関係資本」という。多様で開放的な人たちとの人間関係が築けている人、なおかつ単に知っているというだけでなく、そこにおける信頼関係が構築できている人は、良いチャンスが転がり込んでくるだけでなく、チャンスがピンチになりかけたときでも、その人たちが協力してくれることでピンチを切り抜ける確率が高まる。


大野直竹

我々よりも歴史が古くて立派な会社はたくさんあるじゃないですか。その会社と競争して、やっぱり金メダルを取らないといけないですね。銀メダルや銅メダルではどうしようもないわけですよ。


青野慶久

仕事が速い人というのは、仕事の仕方が「ツイッター的」。つまり、少量のアウトプットを細かく出すことで、他人をうまく巻き込むんです。このやり方だと、相手とやりとりをする時間はかかりますが、見当違いのものをつくってしまう危険は減ります。結果的に大幅な時間ロスを防げるわけです。