名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤裕之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤裕之のプロフィール

加藤裕之、かとう・ひろゆき。日本の経営者。「IBC」社長。茨城県出身。東洋大学工学部卒業。ダイニック勤務、アライドテレシス営業部長、ベンチャー企業取締役などを経てIBCを設立。

加藤裕之の名言 一覧

ベンチャー企業は、大手と同じことをやっても勝ち目はないですから、独自の価値を提供することを考えました。


システムは重要な経営判断事項。性能情報の把握は、設備投資の立案に重要です。システムの状態を経営陣が把握していないわけにはいかない。


加藤裕之の経歴・略歴

加藤裕之、かとう・ひろゆき。日本の経営者。「IBC」社長。茨城県出身。東洋大学工学部卒業。ダイニック勤務、アライドテレシス営業部長、ベンチャー企業取締役などを経てIBCを設立。

他の記事も読んでみる

ガー・レイノルズ

パワーポイントは、適切な方法で使えば役に立つツールです。しかし、プレゼンターが話しているのと同じ情報をスライドにも書くような、不適切な方法で使えば、最悪なプレゼンになってしまいます。


安藤浩之

職務範囲外の行動を「OCB(組織市民行動)」と呼びますが、日本の企業では、組織のために「報酬に関係ない行動」を積極的にできる人を高く評価する風潮がある。体育会系の人は、大学時代の体育会で組織行動の規範を厳しく叩き込まれ、OCBの実践能力が高い点が、企業での評価方針に合致したのです。言い換えれば、「出世」は自己犠牲としての対価だったとも言えます。


小宮一慶

反省のない人は、物事がうまくいかない原因を自分の外に求める。たとえば、リーマンショックで倒産した経営者の多くは、環境が悪かったと嘆いていました。でも、リーマンショックでも99%の会社は倒産していません。倒産の原因は環境ではなく、あくまで自分にあるのです。


河合敦

幕末は国家存続の危機でした。だから身分序列を超越し、有能な下級武士を抜擢して藩政に参画させる必要が出てきたのです。松陰、西郷、大久保、龍馬はみんな下級武士ですが、彼らが活躍できた背景には、そうした時勢が関係しているのです。


桃山透

書類のファイリングが下手な人によくあるのが、手元にある書類が多すぎるケースです。8~9割が、実は、紙で持っておく必要がない書類だということさえあります。今は誰もがパソコンを使う時代。わざわざプリントアウトして紙で持つ必要がある書類が、どれほどあるでしょうか? まずは、不要な書類の処分をするべきです。


猪塚武

この都市(カンボジア・キリロム)にはこれまでの私の夢がすべて詰まっています。IT技術者としての経験もそうですが、大学院では博士を目指してかなわなかったけれど、大学の学長になれた。かつて政治家を目指して都議選と総選挙に出馬した経験はこの都市の市長になることで実現しました。またデジタルフォレストでは上場を目指しながら売却してしまいましたが、ここで上場の夢がかなえられそうです。自分がやりたかったことが全部できる。私にとってキリロムはそういう場所なのです。


原谷隆史

ストレスなんて感じるのは、気持ちがたるんでいるからだ。昔はそんなことを言う人もいました。けれども職場でのストレスは決して個人の問題ではありません。職業性ストレスは企業の経済的損失をもたらすこともある現代社会の重要な健康問題なのです。


澤上篤人

お勧めするのは、自分が好きな企業を応援する意味で投資すること。世の中にずっとあってほしい会社に、長期投資するのです。その会社がみんなにそっぽを向かれているとき、つまり株価が暴落しているときは大きく買い増す。逆にみんなにチヤホヤされているとき、つまり高騰しているときは、一時的に応援を任せて自分は売る。このリズムを覚えれば、仮に毎月3万円を投じていくだけでものすごい財産となります。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

どこを登ったとしても、登ったら頂上に辿り着く。とにかくどこから登るかを決めたら登り切りなさい。


佐藤公平

当社はお店を標準化しているので、それによって無駄を減らせたり、非効率さを減らせます。従業員の給料をカットするのではなく、仕事をシンプルにして、1店舗あたりの労働時間数を減らすなど、経費削減はまだまだ可能です。


上田渉

私の出張のコンセプトは、「どこにいても普段と同じ環境を再現する」に尽きます。新幹線でもカフェでもホテルでも、ネットにさえつながれば、オフィスにいるときと同じ環境が作れる。そうすれば、オフィスと変わらぬ効率や生産性を再現できます。


杉山全功

コスト管理と情報開示も大事。開発費を資産計上する会社もあるが、当社は毎月経費で計上。コスト管理を徹底し、数字は四半期ごとに開示。通期で業績を大きく下方修正することがないよう努めている。