名言DB

9419 人 / 110788 名言

加藤裕之の名言

twitter Facebook はてブ

加藤裕之のプロフィール

加藤裕之、かとう・ひろゆき。日本の経営者。「IBC」社長。茨城県出身。東洋大学工学部卒業。ダイニック勤務、アライドテレシス営業部長、ベンチャー企業取締役などを経てIBCを設立。

加藤裕之の名言 一覧

ベンチャー企業は、大手と同じことをやっても勝ち目はないですから、独自の価値を提供することを考えました。


システムは重要な経営判断事項。性能情報の把握は、設備投資の立案に重要です。システムの状態を経営陣が把握していないわけにはいかない。


加藤裕之の経歴・略歴

加藤裕之、かとう・ひろゆき。日本の経営者。「IBC」社長。茨城県出身。東洋大学工学部卒業。ダイニック勤務、アライドテレシス営業部長、ベンチャー企業取締役などを経てIBCを設立。

他の記事も読んでみる

川西勝三

経営者に必要なのは、何をやったらどうなるのかということを正しく判断する「推測判断力」です。これが大事です。現在やっていることをベストを尽くしてやるだけではダメなのです。


藤田田

健全なる肉体に健全なる精神が宿るように、笑顔の店には金が宿る。


リアム・ケイシー

私は、かつて輝いていた製造業を「殺した」のは流通業だと思っている。巨大流通業の販売力に依存したことで、流通チェーンに支払うマージンの条件ばかり考えるようになり、最終顧客である消費者についての想像力を失ってしまった。


大井川和彦

「(魅力度が)下から何番目の位置に、ちょっとだけ上がればいいや」という意識があるとしたら、それこそが茨城県の魅力を一番損ねている。茨城県民のいいところであり悪いところでもあるのですが、現状に満足してしまう気持ちがある。そうではなく、常にトップを目指すという気迫と行動力と挑戦意欲を持たなければいけないと思っています。


石川和男(税理士)

「完璧に理解してから進もう」とは思わないこと。理解できなければとりあえず覚えておくだけでいいのです。その先で知識が深まれば、自然と理解できるようになります。「わからないから進めない」という思い込みは、時間のムダを招きます。


大野直竹

僕はそんなに長いこと、そばで仕えたわけではありませんが、石橋(信夫)オーナーは話した通りにやることを望んでいないでしょう。その通りにすればよいという甘い時代ではないし、ご自身も結構変わり身が早かったですしね。


大野直竹

石橋(信夫)オーナーの言葉や考え方の中にある「世の中のためになることをやる」というのは絶対崩してもらいたくないし、崩せないと思う。そうした言葉や方針を僕らが体の中に入れて消化させ、時代に沿った経営をしていくべきです。


かわぐちかいじ

ずっと好きなものを描いてきたのでヒット作が出なかった時期も不遇だとは思っていませんでしたが、ひとつ大きかったのは双子の弟がいたことかな。金銭的・状況的に苦しいときでも漫画を描き続けていられたのは、「同じように漫画が好きだったのに、弟はひとりだけ漫画をやめてオヤジの跡を継いだ」ということに申し訳ないと思っていたからでしょう。仕事が軌道に乗らないうちは、弟に対して「負けた」ことになる。いつも、それは悔しいなぁ、負けたくないなぁと思って漫画を描いていました。


熊谷正寿

運動をしていることは、仕事にも間違いなくプラスになっています。ウォーキングをしたあとは血の巡りが良くなって、いろんなアイデアがどんどん浮かんできます。筋力があるぶん、背筋を伸ばして仕事に取り組めますから、疲れを感じることなく何時間でも集中できます。ですから、これからも良い仕事をするために、あえて運動の優先順位を上げることにしたのです。


小泉光臣

私が本社にいたって、何の付加価値にもなりません。現場・現物主義なので、自分の目で見たもの、触ったもの以外は信じられないんです。