名言DB

9419 人 / 110788 名言

加藤薫の名言

twitter Facebook はてブ

加藤薫のプロフィール

加藤薫、かとう・かおる。日本の経営者。ドコモ社長。大阪出身。名古屋工業大学大学院工学研究科電子工学専攻終了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関西移動通信網総務部担当部長兼設備部担当部長、NTTドコモ特別参与、NTTドコモ関西・常務取締役経営企画部長、NTTドコモ取締役常務執行役員経営企画部長、モバイル社会研究所長などを経て社長に就任。そのほか、三井住友カード代表取締役兼専務執行役員などを務めた経営者。

加藤薫の名言 一覧

失敗したら頭を切り替えてやり直せばいい。


「ストレスが多いでしょう?」とよく言われますが、「何事も七分でよしとせよ」という性格。人生なるようにしかならないという考えのせいか、あまりストレスはたまりません。


社長就任前から社員には「七分で良しとせよ」という声をかけています。発売時点の完成度は高くなくても、消費者の要望や意見を反映して、あとから磨きをかければいいのです。


社内にはすべてを完璧にやろうとする意識が強すぎます。変化の激しい時代に供給者の都合で100%の完成度になるまでサービスをつくり込んだら、競争に出遅れてしまいます。


「最近のドコモのM&A(企業の買収・合併)は脈絡がないのではないか」という指摘はよく受けます。しかし、モバイルを活かすことで企業価値を高められるケースは数多くあります。最初は点同士にしか見えなかった出資先が、次第に面につながって見えてくるはずです。


最大のライバルは1社に絞り込めません。グーグルやフェイスブック、アマゾン・ドットコムなど多くのネット企業がモバイルをカギとしながら、より多くの顧客との質の高い関係構築にしのぎを削っています。各社とも経路は異なるが、目指すべき到達点はドコモとよく似ています。各社が目指すポジションにいち早くたどり着くことで、我々の存在感を示したい。


女性社員の活躍が鍵。女性ならではの視点や、出産や育児といったライフイベントから得られる生活実感を開発に生かし、新たなサービスを創り出すことが重要。女性社員本人の成長が促され、重要な戦力となることが業績につながる。


加藤薫の経歴・略歴

加藤薫、かとう・かおる。日本の経営者。ドコモ社長。大阪出身。名古屋工業大学大学院工学研究科電子工学専攻終了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関西移動通信網総務部担当部長兼設備部担当部長、NTTドコモ特別参与、NTTドコモ関西・常務取締役経営企画部長、NTTドコモ取締役常務執行役員経営企画部長、モバイル社会研究所長などを経て社長に就任。そのほか、三井住友カード代表取締役兼専務執行役員などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

錣山矩幸(元関脇・寺尾)

現役時代、目が悪いことをマイナスとは思っていませんでした。視力が0.03とかなりの近眼でしたが、相撲を取るときはむしろ好都合。周囲がよく見えないから集中できるし、恐怖心を抱かずにすむ。正直、立ち合い時に自分の2倍以上もある小錦関などがはっきり見えていたら、相当怖かったと思います(笑)。


ピーター・ドラッカー

原因は何十年かのちに学者が明らかにするだろうが、行動する経営者としては待っていられないだろう。使えるもの、分かったことはどんどん使いなさい。


アレックス・ラミレス

日米の野球の違いは、文化の違いに関係があると思い、まずは普段から使う言葉から学ぶことを考えました。そこで、最初に覚えたのは、3つの言葉でした。「しょうがない」「ハイ、わかりました」「頑張ります」です。「しょうがない」や「ハイ、わかりました」は、組織の中では組織のルールに従う姿勢。「頑張ります」は「Do my best」の意思表示と理解しました。そうやって適応していく努力が、成功の要因のひとつだと思います。


飯田亮

「失速感」「閉塞感」。その言葉が若い経営者の口から出る度に私は怒っていました。それは自分で閉塞感を勝手に感じてるだけのことで、他の人はそんなこと構わず頑張っているぞと。


大橋徹二

お客様以上にお客様の現場を我々が知らなければ駄目。


黒田如水(黒田官兵衛)

私一人の注意では、多くの家来たちに届くまいから、見のがすことも多いだろう。よくないことがあったなら、遠慮なく早く知らせてほしい。


殿村美樹

提案書に入れるイラストは、商品の購入が課題解決につながると瞬時に伝わればいい。最もシンプルなのは、課題が解決して楽しそうにしている姿をイラスト化すること。購入前と後を対比させたり、ストーリーを4コマ漫画にしてもいいですよ。


黒土始

社是は会社の憲法。これをしっかりと社員に伝えていくことで、労使の信頼関係が固まっていく。


森永卓郎

たとえ興味本位の動機であっても、身近なところから自分の知見を広げていくと、だんだんと仕事の全体像がみえてくる。そうして、自分の仕事の位置づけがわかれば、つまらないと思っていた仕事も、捉え方が変わってくることは十分あり得ます。


門川義彦

アメリカの経営者などは、ビジネスで最も必要なことはコミュニケーション力であり、そのための最大の技術は笑顔だと言っています。逆に言えば、気持ちのよい笑顔ができる人は、それだけで差をつけることができる。そして、笑顔はトレーニングで身につけることのできる技術なのです。