名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

加藤薫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤薫のプロフィール

加藤薫、かとう・かおる。日本の経営者。ドコモ社長。大阪出身。名古屋工業大学大学院工学研究科電子工学専攻終了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関西移動通信網総務部担当部長兼設備部担当部長、NTTドコモ特別参与、NTTドコモ関西・常務取締役経営企画部長、NTTドコモ取締役常務執行役員経営企画部長、モバイル社会研究所長などを経て社長に就任。そのほか、三井住友カード代表取締役兼専務執行役員などを務めた経営者。

加藤薫の名言 一覧

失敗したら頭を切り替えてやり直せばいい。


「ストレスが多いでしょう?」とよく言われますが、「何事も七分でよしとせよ」という性格。人生なるようにしかならないという考えのせいか、あまりストレスはたまりません。


社長就任前から社員には「七分で良しとせよ」という声をかけています。発売時点の完成度は高くなくても、消費者の要望や意見を反映して、あとから磨きをかければいいのです。


社内にはすべてを完璧にやろうとする意識が強すぎます。変化の激しい時代に供給者の都合で100%の完成度になるまでサービスをつくり込んだら、競争に出遅れてしまいます。


「最近のドコモのM&A(企業の買収・合併)は脈絡がないのではないか」という指摘はよく受けます。しかし、モバイルを活かすことで企業価値を高められるケースは数多くあります。最初は点同士にしか見えなかった出資先が、次第に面につながって見えてくるはずです。


最大のライバルは1社に絞り込めません。グーグルやフェイスブック、アマゾン・ドットコムなど多くのネット企業がモバイルをカギとしながら、より多くの顧客との質の高い関係構築にしのぎを削っています。各社とも経路は異なるが、目指すべき到達点はドコモとよく似ています。各社が目指すポジションにいち早くたどり着くことで、我々の存在感を示したい。


女性社員の活躍が鍵。女性ならではの視点や、出産や育児といったライフイベントから得られる生活実感を開発に生かし、新たなサービスを創り出すことが重要。女性社員本人の成長が促され、重要な戦力となることが業績につながる。


加藤薫の経歴・略歴

加藤薫、かとう・かおる。日本の経営者。ドコモ社長。大阪出身。名古屋工業大学大学院工学研究科電子工学専攻終了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関西移動通信網総務部担当部長兼設備部担当部長、NTTドコモ特別参与、NTTドコモ関西・常務取締役経営企画部長、NTTドコモ取締役常務執行役員経営企画部長、モバイル社会研究所長などを経て社長に就任。そのほか、三井住友カード代表取締役兼専務執行役員などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

佐々木靜

仕事は仕事でもちろんやりますが、仕事以外の場で腹を割って話す、コミュニケーションを取る場を定期的に設けたのは非常に良かった。


和田秀樹

曖昧さこそ、物事を幅広くとらえられる日本人の特質。本当に賢い人は、白か黒かのような短絡的情報を参考にしないし、曖昧さの中から真理を導き出している。曖昧さをうまく活かせば、混迷の時代をサバイブできるはず。動物は二分割思考でしか認知できない。そうじゃないのが人間のすごいところ。


森正文(経営者)

自分の周りの人を観察して感じるのは、相手の心をつかむのが上手い人は、相手のことをよく記憶していると思います。しかも、努力して覚えているのです。一度会っただけの相手の特徴や好みをよく覚えていて、次に会ったときに「そういえば、あの件はどうなりましたか?」とさらりと話題に乗せてくる。言われた方は、「そんなことまで覚えていてくれたんだな」と感動します。会話をゼロから組み立てるよりも、相手との距離をぐっと縮めることができるのです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

せっかくの休憩時間に、「身体は休んでいても頭や心が休んでいない」状態になってはいないでしょうか。そんなときは、休みなのだから頭を無にしようなどと思うのではなく、「たわいない楽しいこと」を考えるのが早道。「今日の夕飯はなんだろう」「週末は何をして遊ぼうか」など、呑気かつポジティブなことを考えましょう。これは「リプレイスメント」と呼ばれるやり方で、頭の中にあるイメージを別のイメージに置き換えることにより、疲労感を頭の外に「押し出す」方法です。単純ですが、手っ取り早く休息モードに入るのに有効です。


樹なつみ

『マルチェロ物語』は「友情・努力・勝利」で、ちょっと少年誌的テーマですね(笑)。無償の愛が加わっているのが、少女マンガっぽい。途中からはキャラがああだこうだ言い出して、勝手に成長していくような感じでした。長期連載が初めてだったので、右も左もわからず、与えられたページ数をハーハー言いながら描いていました。連載を続けるテクニックを、ここで学んだと思います。


加藤俊徳

記憶する時には意味のない言葉の羅列よりも、思考系部位を刺激する「ストーリーとして理解できる情報」や、感情系部位を刺激する「これは面白い、共感できるといった感情を伴う情報」が定着しやすい。覚えた内容を人に話すなど、コミュニケーションを伴うアウトプットができればなおいい。


木村惠司(木村恵司)

いまの状況(不況期)は、人材の養成に適しています。縮小均衡でただ座って待つということではなく、足元を固めながら次の時代の課題にチャレンジしていくのです。そのためには意思決定を速くしたり、決済の権限をなるべく下に降ろしていくことも必要でしょう。チャレンジするから新しい発想・技術も生まれ、人材も育ってくると思います。


出原洋三

長期的に、しかもグローバルに考えて「ここまでもっていきたい」という明確な夢やビジョンがないと、大きな環境の変化の中では揺らいでしまいます。どの山に登るかがハッキリしていれば、「目指すのはここだ」と、あとについてくる人にいつでも言うことができます。


井上理(ホテル経営者)

我々が考えなければならないのは、長期的な時間軸の中で、このビジネスをいかに成立させるのかということ。そのためには、まず差別化されたマーケットの変化に対応できる、選択されるホテルを作ること。


堤康次郎

俗に「かさけと自惚れのないものはない」というが、人一倍自惚れの強い私も、度重なる失敗にもはや精根尽きた。堤の家を立派にしてくれと慈愛の権化のように私を育ててくれた祖父に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
【覚書き|多くの事業に手をだし失敗した当時を振り返っての発言。かさけとは梅毒系の皮膚病で、おできの原因となる病気。昔は一般的な病気だった】


井出健義

金融や商社のビジネスでは、時に大化けというのがあります。いわゆる一発当たるというものですが、小売りには大化けはありません。一人ひとりのお客さまと向かい合って、1台1台、自動車を売っていく。その積み重ねだけが営業実績をつくっていくということに気付かされました。


田中裕輔

商談では相手に何をしてほしいのかを事前によく考え、それを冒頭で伝えることがとても重要です。新商品を買ってもらうのでも、なぜ買ってほしいと思うのか、その理由を明確にすることで相手に強力なインパクトを与えることができるようになります。