加藤薫の名言

加藤薫のプロフィール

加藤薫、かとう・かおる。日本の経営者。ドコモ社長。大阪出身。名古屋工業大学大学院工学研究科電子工学専攻終了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関西移動通信網総務部担当部長兼設備部担当部長、NTTドコモ特別参与、NTTドコモ関西・常務取締役経営企画部長、NTTドコモ取締役常務執行役員経営企画部長、モバイル社会研究所長などを経て社長に就任。そのほか、三井住友カード代表取締役兼専務執行役員などを務めた経営者。

加藤薫の名言 一覧

失敗したら頭を切り替えてやり直せばいい。


「ストレスが多いでしょう?」とよく言われますが、「何事も七分でよしとせよ」という性格。人生なるようにしかならないという考えのせいか、あまりストレスはたまりません。


社長就任前から社員には「七分で良しとせよ」という声をかけています。発売時点の完成度は高くなくても、消費者の要望や意見を反映して、あとから磨きをかければいいのです。


社内にはすべてを完璧にやろうとする意識が強すぎます。変化の激しい時代に供給者の都合で100%の完成度になるまでサービスをつくり込んだら、競争に出遅れてしまいます。


「最近のドコモのM&A(企業の買収・合併)は脈絡がないのではないか」という指摘はよく受けます。しかし、モバイルを活かすことで企業価値を高められるケースは数多くあります。最初は点同士にしか見えなかった出資先が、次第に面につながって見えてくるはずです。


最大のライバルは1社に絞り込めません。グーグルやフェイスブック、アマゾン・ドットコムなど多くのネット企業がモバイルをカギとしながら、より多くの顧客との質の高い関係構築にしのぎを削っています。各社とも経路は異なるが、目指すべき到達点はドコモとよく似ています。各社が目指すポジションにいち早くたどり着くことで、我々の存在感を示したい。


女性社員の活躍が鍵。女性ならではの視点や、出産や育児といったライフイベントから得られる生活実感を開発に生かし、新たなサービスを創り出すことが重要。女性社員本人の成長が促され、重要な戦力となることが業績につながる。


加藤薫の経歴・略歴

加藤薫、かとう・かおる。日本の経営者。ドコモ社長。大阪出身。名古屋工業大学大学院工学研究科電子工学専攻終了後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT関西移動通信網総務部担当部長兼設備部担当部長、NTTドコモ特別参与、NTTドコモ関西・常務取締役経営企画部長、NTTドコモ取締役常務執行役員経営企画部長、モバイル社会研究所長などを経て社長に就任。そのほか、三井住友カード代表取締役兼専務執行役員などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

鈴木与平(8代目)

現在、事業が横に広がりすぎていますから、もう少し集約していかなければならないと考えています。ローカルでは、事業がどうしても横へ横へ広がる形になりますから。


古市幸雄

支出に占める割合が多いのは、住宅費、クルマ、保険の3つです。この3大支出を収入の2割程度に収めるのが節約への近道となります。逆にいえば、3大支出にメスを入れずして、支出を抑えるのは難しいのです。玉子が10円安く買えたとしても、家賃の高いマンションを借りていたら節約も何もないでしょう。交通の便が良い都心に住んでいれば車はいらないし、専業主婦の生命保健は不要なはずです。「普通」の幻想に惑わされずに、必要なものは残し、不要なものは切り捨てましょう。


ウォルター・クライスラー

成功の本当の秘訣は熱心さである。


斎藤工

なんていうんですかね……、僕は、テレビと映画の違いというのは「平面」と「奥行き」の違いのような気がしているんです。


曽野綾子

人間は一人で生まれてきて、一人で死ぬ。原則としては、あくまで生きることは一人である。それを思うと、よく生きよく暮らし、みごとに死ぬためには、限りなく自分らしくあらねばならない。それには他人の生き方を、同時に大切に認めなければならない。その苦しい孤独な戦いの一生が、生涯、というものなのである。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

あなた自身の考えを信ずること、あなた一人の心の中で真理であるものは、すべての人にとっても真理だと信ずること―――それが天才というものである。内心に潜む確信を語れば、それはきっと万人に通づるであろう。


岡田慎一郎

介護の本質は、相手のニーズを的確にとらえて応えること。


泉谷直木

私は何も言わなかったことで叱られた経験がある。相手は当社の社長だった樋口廣太郎さんだ。「何か困っていることばないか?」と聞かれたので「ありません」と答えたら「部長だったら困っていなければおかしい。困っていないのは仕事をしていない証拠だ」と言って(笑)。


石倉洋子

今日の経営戦略とは、大まかな方針だけを決めて、細部は走りながら状況に応じて考える「軌道修正型」であるべきです。


川越達也

僕は幼い頃あまり身体が強いほうではなかったので、今でも健康管理には気を使っています。だから、「いつ何が起こるかわからない」と思っていますし、それなりの覚悟もできています。


濱田秀彦

仕事でミスやトラブルを起こしたときの報告は一刻も早いほうがいい。経営者や管理職は、常に“バッドニュースファースト”を求めます。時間がたってしまうと、「なぜもっと早く報告しなかったのか!」と怒りの火に油を注ぐ結果になってしまいます。上司が席にいれば間髪を入れずに、どんなに遅くとも半日以内には何らかの方法で伝えてください。


朝倉千恵子

「愛される人財」の条件のひとつは、礼儀・礼節がきちんとできることであり、人を喜ばせるのが上手なこと。それはなにも、お金をかけてプレゼントをするとか、食事をごちそうするということをさすのではありません。些細なことでもいい、相手に喜んでもらうためにできることは何かをとことん考え、動くことではないでしょうか。


辻本春弘

開発の過程で何か問題が起きることも当然あるでしょう。その場合はとにかく早めに情報を開示しなさいと言っています。早い段階で遅れがわかれば、いろいろと修正が可能です。そうした対応が徹底されているので、当社では近年、発売日を発表したあとの発売延期はほぼありません。


有馬利男

我々はサービスの提供によって、お客様がイノベーションの種を生み出し、企業品質を高めていただくことに貢献したいと考えています。


徳重徹

仕事に取りかかるとき、まず基本となるのが、ゴールから考えることです。目的は何なのか、どういう結果が得たいのかを考え、仕事全体の流れを「ビッグ・ピクチャー」として把握するのです。そうすれば、いつ、何をすべきかがわかるようになります。


ページの先頭へ