名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤芳郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤芳郎のプロフィール

加藤芳郎、かとう・よしろう。日本の漫画家、タレント。東京出身。東京都立新宿高等学校定時制を卒業後、都職員として公園緑地課で仕事をしながら漫画を描き始める。朝日新聞夕刊で4コマ漫画「まっぴら君」を47年間執筆。ユーモラスな作風で多くのファンを持つ。ニッポン放送の「テレフォン人生相談」の相談役などでも活躍した。

加藤芳郎の名言 一覧

一生懸命のコンクリート詰めになると、かえってものが見えなくなってしまう。ちょっとだけ一生懸命という余裕があると、物の本質や形がわりと見えてくるものだ。人生意気込まないで肩の力を抜いて、ぽつぽつと楽しくやろう。この心の余裕が人生の知恵だと思うがどうだろうか。


加藤芳郎の経歴・略歴

加藤芳郎、かとう・よしろう。日本の漫画家、タレント。東京出身。東京都立新宿高等学校定時制を卒業後、都職員として公園緑地課で仕事をしながら漫画を描き始める。朝日新聞夕刊で4コマ漫画「まっぴら君」を47年間執筆。ユーモラスな作風で多くのファンを持つ。ニッポン放送の「テレフォン人生相談」の相談役などでも活躍した。

他の記事も読んでみる

田村友一

現在、経営の体制をトップダウンからボトムアップに変えていきたいと考えています。もちろん最後に決めるのは社長ですが、それぞれの持ち場は担当者の責任で判断できる体制をつくりたいのです。目下、30代、40代の管理職を対象に「高志塾」と名付けた勉強会を主催し、次代の経営幹部を鍛えているところです。


戸塚隆将

海外のグローバルファームは競争原理が徹底していて、仕事ができる人は周りを蹴落としながら出世していくイメージがあるかもしれませんが、実態は異なります。グローバルファームで評価されるのは、個人の実績よりチームへの貢献を優先する人です。たとえば他部門の人から何か質問や相談が来たときに、「自分には関係ない」と冷たくあしらう人はダメ。時差のあるオフィスからの質問に対しても、自分のことのようにすぐ対応する人が評価されます。個人プレイよりチームプレイが重視されるという点では日本と変わりません。


殿村美樹

賛否両論をどんどん出してもらって、出来ることと出来ないことがはっきりしたら、企画書を作り直せばいいんです。修正のチャンスがもらえるのは、相手が自分と組みたいと思った証拠。企画自体は通ったようなもの。


近藤史朗

等身大の自分であることをやめてしまうと、誰も話してくれなくなります。すごくいいヒントになる話をしてもらえる機会があっても、そのチャンスを逃してしまうことになる。


ビンセント・ローチ

お客様による製品開発の初期段階から私たちが関与し、お互いの技術を擦り合わせることで、一歩進んだ製品を開発できた成功例が数多くあります。日本のお客様には、当社を、高度なアナログ技術を提供する最も信頼できるリソースと考えていただければと切望しています。


モリエール

学のある馬鹿は、学のない馬鹿より馬鹿である。


佐々木かをり

自分が今までに、これが得意だとかこれをやったら褒めてもらえたとか、そういうことを思い出したり見つけたりするということも、すごく重要なことです。ビジョンを見つけるっていうのはそこから始まるんです。みんな、ビジョンがないと思い込んでいるだけなんですよ。


村口和孝

言い古されているが、事業選択、人との付き合い、設備投資と、仕入れ、そして経費、人件費にはいつも浪費を避け、コストダウンに注意。価格と品質はよく考えて、費用対効果を考え、ボトルネックの観察や機会損失の撲滅に努めることが大切だ。


小笹芳央

トップ自身も、運動神経のよさが必要です。経営者のセンスのよしあしとは、会社にとっての最適化のために、タイミングを外さずに英断できる力ではないかと思います。


下村朱美

お客様の期待に応えられる本物のプロフェッショナルをさらに増やしていくため、当社グループで5つの専門学校をつくり、世界に照準を合わせたカリキュラムを作成しました。若い技術者たちも、どんどん海外へ飛び出してチャレンジしてほしいと思っています。


小笠原清忠

立ち居振る舞いはその人の品格を表し、相手への誠意を示すもの。立ち居振る舞いを見れば、その人の誠実さや、己を厳しく律して鍛錬してきた人かどうかがわかります。


Mr.マリック

若いマジシャンがたくさん出て、業界を盛り上げてくれるのは喜ばしいことだと思っています。ただ彼らの多くは、トランプならトランプと、自分の専門を極めていくタイプが多いようですが、私はどちらかといえば、オールラウンドプレーヤーを目指しています。もはやマジックの原理はほとんど発明しつくされていて、あとはそれらをいかに組み合わせるかが勝負になっているからです。