名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

加藤芳夫(アートディレクター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤芳夫(アートディレクター)のプロフィール

加藤芳夫、かとう・よしお。日本のアートディレクター、クリエイティブディレクター。愛知県出身。愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業後、サントリーに入社。同社デザイン室で「BOSS」「なっちゃん」「DAKARA」などをはじめ、数々の飲料製品パッケージをデザインした。そのほか日本パッケージデザイン協会理事長、複数の大学のデザイン科で非常勤講師を務めた。著書に『なっちゃんの秘密 商品デザインは人間を見つめることから始まる。』ほか。

加藤芳夫(アートディレクター)の名言 一覧

デザインは人間の生活とともにあります。


食べ物や飲み物のパッケージについていえば、生活の不満を解消するデザインでなければなりません。


ペットボトルの握りやすさと潰しやすさなど、相反する条件を製品として成立させるためには、各部門の連携が必要不可欠です。サントリーの場合、私一人ではなく、技術担当、宣伝担当など複数のチームで商品のデザインを決めていきます。デザイナーを社内に置く体制を「インハウスデザイン」と呼びますが、そのことがサントリーの強いブランドづくりに繋がっていると思います。


いいパッケージデザインとは、消費者が思わず手に取りたくなるもの。そのためには商品と消費者との距離感が重要です。もし、サントリー天然水のラベルに山や氷だけが描かれていたとすると、そのデザインをクールなものと捉え、自分と距離を感じてしまう人もいるかもしれません。それを防ぐため、花や烏のイラストを入れ、暮らしの中の身近な存在として受け入れてもらうよう工夫しました。


喉が渇くというのは人間の自然な、生理的な欲求です。そんなときに、「この水にはこんな成分が含まれている」などという蘊蓄(うんちく)は消費者に響きません。「サントリー天然水」は機能面を強調しすぎず、自然を感じさせるようなものにデザインしました。山のイラストをラベルに描いているのもそのためです。イメージを補足するための言葉として、「天然水」という3文字を選びました。今でこそ天然水という言葉は一般的に使われていますが、それまでは「名水」という表現しかなかったのです。1991年の発売時から、名称もデザインも少しずつリニューアルを重ねているのですが、天然水という言葉は一貫して使い続けています。


加藤芳夫(アートディレクター)の経歴・略歴

加藤芳夫、かとう・よしお。日本のアートディレクター、クリエイティブディレクター。愛知県出身。愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業後、サントリーに入社。同社デザイン室で「BOSS」「なっちゃん」「DAKARA」などをはじめ、数々の飲料製品パッケージをデザインした。そのほか日本パッケージデザイン協会理事長、複数の大学のデザイン科で非常勤講師を務めた。著書に『なっちゃんの秘密 商品デザインは人間を見つめることから始まる。』ほか。

他の記事も読んでみる

鎌田靖

最近のビジネスマンはプレゼンテーションのときに上手にパワーポイントで資料をつくりますが、プレゼンで強調したいキーワードや数字が資料から抜けていることがときどきあります。話が重複するから書かなくてもいいと思っている人もいるようですが逆です。強調するためには重複させなければなりません。よりわかりやすくするために、耳から入る情報と見る情報の相乗効果を持たせるべきです。


原晋

その数字にたどり着けないとき、阻害要因がある場合には、なぜそれが起こるのか、いつになったら乗り越えられるのかを伝えますね。それらを伝えるのが管理職の役割だと思います。


西田厚聰

コモディティーの定義は様々ですが、「競合相手が必ずいる」と定義してみると東芝製品の90%以上がコモディティーに分類されます。火力発電所でさえも該当します。つまり、グローバル市場での競争で勝つためには、大半を占めるコモディティーに対応した経営が必要になります。


岩切章太郎

位階勲等が上がるとか、大会社の社長になるとか、大金持ちになるとか、そういった中央でなければ得難いことや、私のような考え方では獲得の難しいことは捨ててしまわねばならぬことになる。私はそう思って、それらのすべての望みを捨てきってしまった。


恵俊彰

TBSのお昼の情報番組のMCを打診されたとき、何人かの諸先輩に相談しても、みんながみんな反対でした。「プロ野球でいえば、何年も何年も最下位の球団の監督をやるようなもんだぞ」って。でも「まあ、やったとしても2年ぐらいでやめれば、お前も傷つかないで済むんじゃないか」とも言われたり。かといって、バラエティでほかに打って出て、次のチャンスがあるかというと思いつかない。だからもう、紙一重のギリギリまで追い詰められてのスタートだったんです。


村田昭治

企業体質が強化され、社内の空気も乱れがなく、「心一致」「政策一致」「考動一致」がみられることが本当の企業成長だ。


プレム・ラワット

私はいつも、皆さんの前で絵を描いているような気持ちで講演しています。話している間に、皆さんに私の言葉が伝わっていることがわかると、どんどん絵ができあがってくる。素晴らしい場ができると、いい絵が描けるんです。


奥田務

百貨店は将来もなくならないでしょうし、努力をすればもっと経営効率を高めることもできるでしょう。けれど、成長の余地は限られています。我々が今後も成長を続けるには、ビジネスラインを広げる必要があったんです。
【覚書き|パルコを700億円で買収した理由を尋ねられての発言】


西野浩輝

ポジティブな言葉を口に出すことで、自分の思考モードを前向きにできます。私は「ツイてる!」「忘れよう!」「しゃーない!」という3つの言葉を口癖にしています。さらに、ジェスチャーと合わせて言葉を口にすると、行動と思考の両方に効果があります。


阿部寛

役者は技術だけじゃなくて、いままで生きてきた人生の塊みたいなものが出る。


山下茂(経営者)

タイでは、厳しい環境を生き抜くためには工夫が必要だと痛感しました。工場立ち上げ直後に事故が起きましたが、どうしたら改善できるか分からない。そこで、現場からアイデアを募集し、それに報酬を出しました。こうした取り組みの結果、タイ政府から表彰を受けるほどの安全な工場が誕生したのです。


渡邉幸義

いくら高邁な理念を唱えても、唱えているだけで実現できるほど甘いものではありません。そこには、何らかの工夫が必要。私はその工夫を、経営者としての私個人と組織、それぞれにおいて仕組み化しています。