名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

加藤芳夫(アートディレクター)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

加藤芳夫(アートディレクター)のプロフィール

加藤芳夫、かとう・よしお。日本のアートディレクター、クリエイティブディレクター。愛知県出身。愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業後、サントリーに入社。同社デザイン室で「BOSS」「なっちゃん」「DAKARA」などをはじめ、数々の飲料製品パッケージをデザインした。そのほか日本パッケージデザイン協会理事長、複数の大学のデザイン科で非常勤講師を務めた。著書に『なっちゃんの秘密 商品デザインは人間を見つめることから始まる。』ほか。

加藤芳夫(アートディレクター)の名言 一覧

デザインは人間の生活とともにあります。


食べ物や飲み物のパッケージについていえば、生活の不満を解消するデザインでなければなりません。


ペットボトルの握りやすさと潰しやすさなど、相反する条件を製品として成立させるためには、各部門の連携が必要不可欠です。サントリーの場合、私一人ではなく、技術担当、宣伝担当など複数のチームで商品のデザインを決めていきます。デザイナーを社内に置く体制を「インハウスデザイン」と呼びますが、そのことがサントリーの強いブランドづくりに繋がっていると思います。


いいパッケージデザインとは、消費者が思わず手に取りたくなるもの。そのためには商品と消費者との距離感が重要です。もし、サントリー天然水のラベルに山や氷だけが描かれていたとすると、そのデザインをクールなものと捉え、自分と距離を感じてしまう人もいるかもしれません。それを防ぐため、花や烏のイラストを入れ、暮らしの中の身近な存在として受け入れてもらうよう工夫しました。


喉が渇くというのは人間の自然な、生理的な欲求です。そんなときに、「この水にはこんな成分が含まれている」などという蘊蓄(うんちく)は消費者に響きません。「サントリー天然水」は機能面を強調しすぎず、自然を感じさせるようなものにデザインしました。山のイラストをラベルに描いているのもそのためです。イメージを補足するための言葉として、「天然水」という3文字を選びました。今でこそ天然水という言葉は一般的に使われていますが、それまでは「名水」という表現しかなかったのです。1991年の発売時から、名称もデザインも少しずつリニューアルを重ねているのですが、天然水という言葉は一貫して使い続けています。


加藤芳夫(アートディレクター)の経歴・略歴

加藤芳夫、かとう・よしお。日本のアートディレクター、クリエイティブディレクター。愛知県出身。愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業後、サントリーに入社。同社デザイン室で「BOSS」「なっちゃん」「DAKARA」などをはじめ、数々の飲料製品パッケージをデザインした。そのほか日本パッケージデザイン協会理事長、複数の大学のデザイン科で非常勤講師を務めた。著書に『なっちゃんの秘密 商品デザインは人間を見つめることから始まる。』ほか。

他の記事も読んでみる

森岡毅

マーケッターは消費者を理解する専門職。消費者の日々の悩みだけでなく、潜在的な悩みや欲求を解き明かし、解決策となる技術を探していく。これを突き詰めることが、イノベーションを生み出す確率を高めてくれます。逆にマーケティングがなければ、消費者無視の自己満足に陥ってしまいます。残念ながら、日本の大企業、とりわけ製造業ではこうした傾向が強いのではないでしょうか。


スタンレー・ホー

金を稼ぐのに一番いい方法は、本当に美しくて、世間を知らなくてもいいから、高くていいものばかり買ういい女と結婚することだろうね。そうすれば、男は必死になって稼ぐから。まあ、そんなもんだろうな、金持ちになる一番の方法というのは。


青木宣親

高校時代の僕は無名の選手でした。大学もスポーツ推薦ではなく、指定校推薦。1年からレギュラーを期待されるようなエリートではありませんでした。そこから実際に個人タイトルの取れるトップの選手になれたのは、いろんな人の話を素直に聞けるタイプだったからだと思います。


神成文彦

「水飲み場効果」という言葉を使っているのですが、毎週土曜日、メンターの方11名と教授陣、そして学生約50名がフェイス・トゥ・フェイスで顔を見ながら議論を交わすことも大いに意味がある。学問や経験など、様々なバックグラウンドを持った先輩方と侃々諤々の議論をすることで、学生たちが様々な気づきをしていくことが非常に重要なことだと思います。


若林正恭

ラジオとエッセイについては仕事だと思っていないんです。考えて、考えて、「これで、いいかな」と、自分自身が納得した地点で終わることができるというところに、プラモデルをつくる面白さみたいなものがあるんです。


守島基博

人材マネジメントとは、人の心に働きかけ、幸せにかつ意欲的に会社に貢献してもらうための経営活動である。そのためには、働く人のココロに訴えかける必要がある。


石渡美奈

新しい宣伝の可能性を探し続けたところ、目に留まったものがありました。車体を広告にしたラッピングバスです。さっそく、ホッピーの物流トラックを走る広告塔「ホピトラ」に変えたところ、マスコミでも話題となり、ホッピーへの興味を高めることに成功しました。


清水信次

安穏と余生を楽しむつもりはさらさらない。まだまだやらなければならない大事なことがあるからだ。
【覚え書き|83歳のときの発言】


野口健

成功したければ、努力をコツコツ積み重ねるしかない。皆さんがテレビで見る「登頂に成功して旗を広げている映像」は、山頂に滞在できるたった15分間だけの姿。それまでに長い準備、数年間の努力があるわけです。


新渡戸稲造

人間というものは社交的な動物であるから、相手を考えなければいけない。しいて人に不快感を与えるような服装までする必要はなかろう。
【覚書き|一高校長時代の発言】


シェイクスピア

貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。


有本均

部下を褒める一方で、できなかったことはきちんとダメ出しをしないと、本人も成長しないし、自信を失うことになります。「若い人を怒るとすぐ辞めてしまう」と、何もいわない上司が増えているようですが、それは本人のモチベーションにとって逆効果。「成長したい」という意欲はどんな人にも必ずあるので、その人が仕事でスキルアップできるようにダメ出しをすることは、むしろやる気につながります。