加藤芳夫(アートディレクター)の名言

加藤芳夫(アートディレクター)のプロフィール

加藤芳夫、かとう・よしお。日本のアートディレクター、クリエイティブディレクター。愛知県出身。愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業後、サントリーに入社。同社デザイン室で「BOSS」「なっちゃん」「DAKARA」などをはじめ、数々の飲料製品パッケージをデザインした。そのほか日本パッケージデザイン協会理事長、複数の大学のデザイン科で非常勤講師を務めた。著書に『なっちゃんの秘密 商品デザインは人間を見つめることから始まる。』ほか。

加藤芳夫(アートディレクター)の名言 一覧

デザインは人間の生活とともにあります。


食べ物や飲み物のパッケージについていえば、生活の不満を解消するデザインでなければなりません。


ペットボトルの握りやすさと潰しやすさなど、相反する条件を製品として成立させるためには、各部門の連携が必要不可欠です。サントリーの場合、私一人ではなく、技術担当、宣伝担当など複数のチームで商品のデザインを決めていきます。デザイナーを社内に置く体制を「インハウスデザイン」と呼びますが、そのことがサントリーの強いブランドづくりに繋がっていると思います。


いいパッケージデザインとは、消費者が思わず手に取りたくなるもの。そのためには商品と消費者との距離感が重要です。もし、サントリー天然水のラベルに山や氷だけが描かれていたとすると、そのデザインをクールなものと捉え、自分と距離を感じてしまう人もいるかもしれません。それを防ぐため、花や烏のイラストを入れ、暮らしの中の身近な存在として受け入れてもらうよう工夫しました。


喉が渇くというのは人間の自然な、生理的な欲求です。そんなときに、「この水にはこんな成分が含まれている」などという蘊蓄(うんちく)は消費者に響きません。「サントリー天然水」は機能面を強調しすぎず、自然を感じさせるようなものにデザインしました。山のイラストをラベルに描いているのもそのためです。イメージを補足するための言葉として、「天然水」という3文字を選びました。今でこそ天然水という言葉は一般的に使われていますが、それまでは「名水」という表現しかなかったのです。1991年の発売時から、名称もデザインも少しずつリニューアルを重ねているのですが、天然水という言葉は一貫して使い続けています。


加藤芳夫(アートディレクター)の経歴・略歴

加藤芳夫、かとう・よしお。日本のアートディレクター、クリエイティブディレクター。愛知県出身。愛知県立芸術大学デザイン専攻卒業後、サントリーに入社。同社デザイン室で「BOSS」「なっちゃん」「DAKARA」などをはじめ、数々の飲料製品パッケージをデザインした。そのほか日本パッケージデザイン協会理事長、複数の大学のデザイン科で非常勤講師を務めた。著書に『なっちゃんの秘密 商品デザインは人間を見つめることから始まる。』ほか。

他の記事も読んでみる

長谷川博己

一番は気力ですね。大抵は気力で何とかなるんですよ(笑)。


遠山敦子

決めたら逃げずに断行。壁ができたら説得して突破していく。過去にとらわれていては未来の展望は開けません。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

社名を変えたのは、我々がもはや「ガリバー」という単一のチャネルで中古車を扱う会社ではないという決意を、社員や取引先に伝えたかったからだ。これからは小売りの販売チャネルを増やす。ネットを活用した新規事業にも取り組むし、海外事業も本格化させる。自動車という領域で、時代とともに様々な分野に挑んでいく。そんなメッセージを込めたつもりだ。


渡瀬謙

相手の知識レベルを知ったうえで、万人向けの説明ではなく、あなた向けの説明をする。そうすることで初めて、相手から「この人の言うことは信用できる」と思ってもらえるのです。


木村多江

セリフを発した途端、自分の心の中がわ1つと動き出すのを感じたのは、初めてのことでした。言葉が眠っていた力を起こしてくれた。なかでも好きなセリフは「何がハッピーエンドかは、自分で決めるわ」。すっかり気に入って、撮影が終わったいまも、ちょっと落ち込んだときにこのセリフを言ってみるんです。そうすると、どうしてダメなんだろう……と塞いでしまっている考えが、がらっと変わる。自分なりのハッピーエンドに向かって、心も体も動き出す。まるで、私の性格自体が、その言葉を発する性格に変わったみたいなパワーをもらえる。できないと思っていたことの扉がパッと開いていくんです。

【覚え書き|映画『東京島』の撮影を振り返って】


太宰俊吾

海外に行くなら欧米よりも、同じ東洋人として親しみの持てるアジアがいいと思っていました。当時はインドネシアを進んで希望する社員がいなかったので、私でいいということになったんです。
【覚書き|52歳でインドネシア法人の社長として現地へ赴いた当時を振り返っての発言】


南淵明宏

ネガティブな考えから目をそらしたら、平常心にはなれません。目をそらしたら、不安は見えないところでどんどん膨らんでいきます。


梅原勝彦

発注元を自由に選べる立場の下請け業者になるためには、大企業から必要とされる高い技術力を持っていなければならない。その町工場が存在しないと、大手メーカーの製造戦略が成り立たない。そのぐらいの存在にならないとダメだ。


リスト・シラスマ

現場から正しい情報が上がってこなければ、どんな優れた経営陣も盲目だ。


遠藤結蔵

DVDのレンタルやゲームの販売・買取をはじめとする私たちのビジネスの使命は、お客様の財布に入っている1000円や1万円の価値をいかに高め、有効に使っていただくかにあります。例えば映画館で映画を1本見るお金で、レンタルなら新作DVDが数本借りられる。新品なら手の出しづらい価格の服でも、リユース(中古)品なら1万円で何着も買える。あるいは中古端末と格安SIMカードを組み合わせることで、携帯電話やスマートフォンの通信代を格段に安くすることができます。


松下幸之助

知識なり才能なりは必ずしも最高でなくてもいい。しかし、熱意だけは最高でなくてはならない。


原礼之助(禮之助)

どうも我々は頭が固い。手段を目的化してしまうかと思えば、世間常識とのズレが見えない。まともなスピーチひとつ未だに英語でできる人は少ない。70代半ばを迎えたいま、半世紀前の自分が憤ったり、怪訝に思ったことの過半がそのまま解決されていないことに焦る思いです。


住野よる

大人になってきて、正しいことを正しいと言い切れる強さが自分になくなってきたんです。「他の人から見たら正しいのかな?」と疑問が浮かぶ。それは他の人に対しても同じで、「なんでこの人たちは自分が正しいと信じ切ってるんだろう?」と疑問に思うことが多いんです。正しいと思っていたものが、実は正しくなかったかもしれない。その感覚を、ちゃんと書いてみたかった。


住友政友

人がどのようなことを言おうとも、短気を起こして言葉を荒げてはならない。落ち着いて重々しく話すこと。


岩崎裕美子

仕事環境を整えるため、弊社では改善提案制度を導入しています。ホームページ改善、書籍代負担など、改善提案をした社員には1件につき500円を支給する制度です。昨年は600件寄せられました。もちろん、何でも採用するわけではありません。少しでも迷いが生じる提案には期間を設けて試験的に実施していますし、反響がない制度は随時廃止しています。


ページの先頭へ